2016年 試合速報

ナビスコカップ第5節 vs.大宮アルディージャ

ardija
ardija

3 勝
2 分
4 得点
1 失点
勝点 11
順位 1

1
  • 1
  • 0

  • 0
  • 0

0
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

1 勝
1 分
2 敗
2 得点
3 失点
勝点 4
順位 5

前半
大山 啓輔
25分
45分
上田 康太
上原 力也
ハーフタイム
岡田 隆
石田 崚真
後半
奥井 諒
和田 拓也
12分
16分
大井 健太郎
アダイウトン
32分
清水 貴文
太田 吉彰
泉澤 仁
沼田 圭悟
33分
マテウス
小島 幹敏
45分
21
塩田 仁史
4
山越 康平
19
奥井 諒
20
大屋 翼
25
高山 和真
15
大山 啓輔
16
マテウス
18
横山 知伸
39
泉澤 仁
7
江坂 任
9
ネイツ ペチュニク
SUB
50
松井 謙弥
22
和田 拓也
28
福田 俊介
5
沼田 圭悟
26
小島 幹敏
8
ドラガン ムルジャ
29
川田 拳登
監督
渋谷 洋樹
1
八田 直樹
3
大井 健太郎
14
高木 和道
24
小川 大貴
33
藤田 義明
7
上田 康太
11
松浦 拓弥
17
清水 貴文
19
岡田 隆
30
上原 力也
16
齊藤 和樹
SUB
36
奥田 達朗
28
石田 崚真
9
太田 吉彰
13
宮崎 智彦
15
アダイウトン
23
山本 康裕
34
中村 祐輝
監督
名波 浩

5985
スタジアム名 試合日 キックオフ
NACK 5/18(水) 19:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 中村 祐 荒木 友輔
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 中野 卓 間島 宗一
気温 湿度 第4の審判員 記録員
23.2度 40% 大友 一平 齋藤 あずさ
5 シュート 7
12 ゴールキック 5
2 コーナーキック 7
13 直接FK 4
1 間接FK 3
1 オフサイド 3
0 PK 0

ヤマザキナビスコカップグループステージ第5節、ジュビロは現在Aグループの首位につけている大宮アルディージャとの一戦に臨む。大宮はここまで4試合を戦い、2勝2分で勝点8。得点は3、失点は1と、持ち前の堅守を生かした戦いを続けている。ジュビロは1試合少ない3試合を終えて勝点は4。グループの2位以内に入り、決勝トーナメント進出を果たすためにも、今日はアウェイでの勝利が求められる。

ジュビロの予想フォーメーションは【3-4-2-1】。GKに八田直樹。最終ラインは右から大井健太郎、高木和道、藤田義明。ダブルボランチは、 上原力也と上田康太。中盤右ワイドに小川大貴、左ワイドに岡田隆。2シャドーに、松浦拓弥と清水貴文。ワントップに、齊藤和樹という並びか。
ボランチのポジションに入るジュビロユース出身、プロ2年目の上原は、公式戦初出場。持ち味のミドルシュートや展開力、攻撃の起点となるようなプレーをデビュー戦で披露したい。また、左ワイドでのプレーが予想される岡田も、今季公式戦初出場となる。これまで、どんな場面でもチームのことを第一に考えながら、日々トレーニングに励んできたチームキャプテンのプレーにも注目だ。

対する大宮アルディージャの予想フォーメーションは【4-4-2】。GKに塩田仁史。最終ラインは右から、奥井諒、山越康平、高山和真、大屋翼。ダブルボランチに、横山知伸、大山啓輔。中盤右のワイドに、マテウス、左に泉澤仁。2トップに江坂任とネイツ ペチュニクという並びが予想される。

キックオフは、このあと19:00。NACK5スタジアム大宮の天気は晴れ。日中は25度を超えるなど、夏を感じさせる陽気に包まれたが、試合開始時刻頃には20度を少し下回り、過ごしやすい気温となりそうだ。

ジュビロ磐田
前半1分、ホームの大宮ボールで前半キックオフ。天候は晴れ。
前半2分、ジュビロ、敵陣左サイド深い位置で岡田隆が倒されてFKを獲得。蹴るのは上田康太。ゴール前に送ると、高木和道がヘッドで合わせるが、ゴール右に外れた。
前半6分、大宮、左サイドから泉澤仁が中心となり攻撃を仕掛ける。裏に浮き球のスルーパスを送るが、横山知伸がオフサイドの判定となった。
前半7分、大宮、ペチュニクの横パスを受けたマテウスが右サイドを駆け上がる。ゴール前にグラウンダーの早いクロスを送るが、大井健太郎がクリアして防いだ。
前半9分、大宮、エリア内右でパスを受けた江坂任がドリブルで仕掛ける。藤田義明に倒されるが、ここはノーファールの判定に。
前半10分、大宮、左サイドでペチュニクからのポストプレーを受けた泉澤仁が縦パス。オーバーラップした大屋翼に渡り、グラウンダーのクロスを送るが、ジュビロ守備陣がクリアした。
前半12分、大宮に決定機。左サイドから泉澤仁がクロス。一度はクリアされるが、エリア内でルーズボールを拾った江坂任が近距離からシュートを放つ。しかし、枠を捉えることはできなかった。
前半14分、大宮、左サイドから大山啓輔のCK。ゴール前に送るが、味方に合わず。ファーサイドに流れてタッチラインを割った。
前半16分、ジュビロ、大宮の攻撃を粘り強く防ぐと、縦に素早くパスを送る。清水貴文が抜け出し、ドリブル突破を仕掛けるが、相手DFに潰されてしまった。
前半17分、ジュビロ、敵陣左サイドで齊藤和樹が大宮DFに潰されてFKを得る。蹴るのは上田康太。精度の高いボールをゴール前に送るが、惜しくも味方には合わなかった。
前半22分、大宮、敵陣右サイド深い位置でマテウスが松浦拓弥に倒されてFKを獲得する。
前半23分、大宮、FKを蹴るのは大山啓輔。ファーサイドに送るが、ジュビロ守備陣がクリアする!
前半24分、大宮、マテウスが右サイドをドリブルで駆け上がると、奥井諒とのワンツーでエリア内右に抜け出す。しかし、ここは高木和道が懸命のスライディングで阻止した。
前半25分、大宮、敵陣右サイドでボールを持った奥井諒が縦パス。マテウスがエリア内右に抜け出すと、鋭い切り返しから左足でマイナスのパス。これに走りこんだ大山啓輔が左足で冷静に先制点を奪った。1-0
前半27分、大宮、ジュビロのCKを防ぐと、素早くカウンター。前線の泉澤仁へボールが渡り、チャンスを作るが、ジュビロが懸命に戻り、ピンチをしのいだ。
前半35分、ジュビロ、敵陣で細かくパスをつなぐと、バイタルエリアで松浦拓弥がパスを受ける。松浦拓弥は齊藤和樹とのワンツーからエリア内に侵入するが、あと一歩というところでGK塩田仁史にセーブされてしまった。
前半39分、大宮、カウンターから敵陣右サイドのマテウスへボールが渡る。マテウスはカットインからスルーパスを送るが、パスは繋がらなかった。
前半42分、ジュビロ、バイタルエリアで松浦拓弥がパスを受けると、左サイドへ展開。岡田隆が受けると、左足でゴール前にクロス。しかし、大宮守備陣に阻まれてしまった。
前半45分、ジュビロ、右サイドからのCK。上田康太がニアに低いボールを送るが、クリアされてしまった。
前半45分、前半アディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム1分、大宮、GK塩田仁史にバックパスが渡り、大きく前線へロングパスを放り込んだところで前半終了のホイッスル。
後半1分、アウェイのジュビロボールで後半キックオフ。ジュビロは岡田隆に代わって、石田崚真がピッチへ。小川大貴が左サイドへ、石田崚真は右サイドにポジションを取っている。
後半2分、ジュビロ、敵陣中央、ゴールまで距離のある位置から藤田義明がロングシュートを放つ。しかし、枠をとらえることはできなかった。
後半3分、ジュビロ、齊藤和樹がドリブルでエリア内右に侵入するが、大宮DFにブロックされてしまった。
後半4分、ジュビロ、ゴール前で齊藤和樹からの縦パスを受けた清水貴文がラストパス。エリア内左に走り込んだ松浦拓弥が左足でシュートを放つが、ミートしなかった。
後半6分、ジュビロ、敵陣中央でパスを受けた上田康太が左サイドへ展開。小川大貴がボールを受けると、縦に突破を仕掛けるが、マテウスのディフェンスに阻まれてしまった。
後半8分、ジュビロ、敵陣左サイド深い位置まで駆け上がった小川大貴が中央へパスを送る。清水貴文が受けて、左足でミドルを放つが、枠を大きく外れてしまう。
後半10分、ジュビロ、敵陣右サイドでルーズボールを拾った石田崚真がゴール前にクロス。これはGK塩田仁史がパンチングするが、こぼれ球を上田康太が拾いミドルシュートを放つ。しかし、惜しくもゴールには結びつかなかった。
後半13分、大宮、敵陣右サイドでボールを受けたマテウスがスピードに乗ったドリブルで仕掛ける。鋭い切り返しでDFを振り切りシュートを放つが、石田崚真が戻り、クリアした。
後半15分、両チームハーフタイムコメント
磐田・名波監督
「シンプルに相手の背後を使っていくこと。攻守ともにポジションが重ならないようにすること。シュートを積極的に打っていこう」

大宮・渋谷監督
「慌てずにゲームをコントロールしていこう。守備はリスクマネジメントを徹底していこう。最後まで粘り強く戦おう」
後半16分、ジュビロ、大井健太郎に代わりアダイウトンを投入。4バックに変更し、同点ゴールを狙う。アダイウトンは最前線のセンターフォワードに入っている。
後半17分、ジュビロ、左サイドから齊藤和樹がゴール前にクロス。アダイウトンのポストプレーから松浦拓弥がシュートを放つが、枠をとらえきれず。
後半20分、ジュビロ、右サイドからのCK。ファーサイドのアダイウトンには、わずかに合わなかった。
後半22分、ジュビロ、右サイド深い位置で縦パスを受けた清水貴文が右足でゴール前にクロス。中央のアダイウトンが飛び込むが、大宮DFにヘディングでクリアされてしまった。
後半24分、ジュビロ、ゴール前で松浦拓弥、アダイウトンと繋ぎ、最後は齊藤和樹が右足でミドル。グラウンダーのシュートはGK塩田仁史のファインセーブに阻まれてしまった。
後半26分、大宮、敵陣右サイドからFKのチャンスを得る。マテウスが左足で直接狙うが、枠を外れた。
後半30分、ジュビロ、敵陣左サイド深い位置まで小川大貴が攻め上がり、左足でクロスを送る。しかし、ファーサイドに流れてしまった。
後半34分、ジュビロ、太田吉彰が左サイドからゴール前に折り返す。松浦拓弥が左足でグラウンダーのシュートを放つが、惜しくもGK塩田仁史にキャッチされてしまった。
後半36分、ジュビロ、敵陣右サイドからゴール前にクロス。アダイウトンとGK塩田仁史が競り合う。セカンドボールを大宮がクリアした。
後半41分、ジュビロ、ゴール前でボールを受けた松浦拓弥がミドルシュートを放つが、GK塩田仁史が落ち着いてキャッチする。
後半43分、ジュビロ、敵陣右サイドから高木和道がシンプルに前線にロングボールを送る。しかし、アダイウトンには合わず。GK塩田仁史がキャッチして大宮ボールに。
後半45分、後半アディショナルタイムは3分。
後半アディショナルタイム3分、敵陣右サイドからのスローイン。石田崚真、上原力也と繋ぎ、攻撃を仕掛けようとするが、大宮がクリア。セカンドボールを拾い、再び攻撃を組み立てようとするが、ここで後半終了のホイッスル。
名波 浩 監督

――試合の総括
前半、怖がったサッカーをしてしまいました。攻撃に対しての後ろ向きのプレーというのは、ボールを保持している時間がそんなに無かったので目立たなかったかもしれませんが、守備が高い位置で捕まえに行けず、また自分の背後に走られる選手を怖がってしまって、ズレ切れないと。縦ズレ、横ズレのリズムが非常に悪くなった時に失点してしまったなと。その前の危険なシーンでも、ズレが甘いとフィニッシュまで来られてしまうと思いました。
攻撃にパワーを持っていくためには、シュートの意識が無ければいけなかったと思うのですけど、前半はシュート0。それに伴い、後半は「まずシュートを打たなくては勝てないぞ」ということ、あとは崩すエリアを上手く使っていこうと。4バックにしたことによって、相手は疲労がかなり溜まってきて、うちの後ろから出ていく選手たちが自由に飛び出せた、その辺りのポジティブな部分が(後半)押して行けた要因だったのかと思います。
大宮の守備の堅さ、それから奪った後のプレー、それから前へのパスの正確さというものを我々も学んでいかなくてはいけないと思いますし、その質プラス、守り切ろうという時間帯を必死になって守っている姿は、非常に勉強になったなと思います。

清水 貴文 選手

清水 貴文 ――今日の試合を振り返って
前半は、チームも苦しい展開の中で、自分自身も攻撃では何もできませんでした。後半に入って少しずつ自分たちのペースになってきた中で何度かチャンスもあったのですが、自分自身まだまだシュートの意識が足りなかったので、今日の試合は反省点ばかりです。ただ、この一戦で課題も見つかったので、また練習から課題を克服できるように、次の一戦に向けて取り組んでいきたいと思います。

――見えた課題とは?
特に前半は、相手のハイプレスの中でボールを奪われてはいけない所で失ってしまい、味方の守備にすごく負担をかけてしまいました。あそこでボールをキープして、もっと前を向いて仕掛けるということを何度も繰り返さないといけないと感じました。前を向いた瞬間のシュートの意識も低かったですし、もっと経験を積んで改善していきたいなと。自分がもっと相手にとって怖い存在になっていけるように、ここで結果を残せなかったことは悔しいですが、次のチャンスに必ず生かしていきたいと思います。

石田 崚真 選手

石田 崚真 ――今日の試合を振り返って
負けている状況だったので、とにかく仕掛けることを意識してピッチに入りました。ここまでの試合の中で、自分はクロスの本数が少ないと感じていたので、今日は数を増やそうと。以前よりは多くあげることができたかなと思います。とにかくがむしゃらに、ボールを持ったらあげようという意識でした。ただ、中の選手に合っているかと言えば、まだまだ合っていないと思うので、もっと中と合わせられるようにしっかりやっていきたいと思います。自分の現状に満足することなく、もっと努力して、リーグ戦に出場してアシストしたいなと。今日は敗戦してしまいましたが、苦しい時こそ、若手の力が必要だと思うので、自分ももっとチームに貢献できるように頑張ります。

上原 力也 選手

上原 力也 ――ジュビロでの公式戦デビューとなりました
今日は残念な結果となってしまったのですが、試合前は緊張というよりも楽しみな気持ちが強かったです。最高のピッチで、相手もJ1で上位にいるチームだったので、どれだけ自分ができるのか楽しみだなと。そういう気持ちで臨みました。

――試合を振り返って
こんな緊張感に包まれた舞台でサッカーをしたことは今までなかったのですが、自分の持ち味である展開力というものは場面場面で出たと思いますし、縦パスをとられて失敗したこともありましたが、積極的にチャレンジできたことは、良かったかなと思います。名波さんには試合前、「思い切ってやれ」と言われました。「思いきりやった時に、得るものがある。やらないと何も得られないぞ」と。また映像を見返して、自分自身良かったところと悪かったところを探していきたいと思います。ボランチを組んだ(上田)康太くんは、「思い切って好きなようにプレーしてくれれば、あとはカバーするから」と言ってくれました。お互いをしっかり見ながらできたかなと思います。ただ、まだ始まったばかりなので、まだまだこれからだと感じています。

大宮アルディージャ 渋谷洋樹監督
 

――試合の総括
今日戦うにあたって、ナビスコの名古屋戦以来ホームで勝利を(サポーターに)届けていないので、まずは勝利を届けることを目標に戦ってほしいと選手を送り出しました。
試合に関しては、前半私たちのボールの動かしは相手にとって嫌なところがあったのかなと。特にボランチを経由しての、またストライカーのボールの納め、ワイドからの攻撃というところでは前半は非常にアグレッシブに出来ていたのではと思います。後半はアダイウトン選手が入ってパワーを守備に使わなくてはいけなくなったかと思いますが、選手たちはディフェンスラインを下げず、全員がひとつのボールに対して守備の意識が高いゲームだったと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯