2015年 試合速報

2015 J2リーグ 19節 vs.FC岐阜

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

11 勝
3 分
4 敗
29 得点
18 失点
勝点 36
順位 2

2
  • 2
  • 1

  • 0
  • 2

3
gifu
gifu

4 勝
3 分
11 敗
18 得点
36 失点
勝点 15
順位 20

前半
上田 康太
1分
アダイウトン
29分
38分
高木 和道
ジェイ
42分
ハーフタイム 後半
10分
益山 司
11分
難波 宏明
駒野 友一
坪内 秀介
12分
22分
難波 宏明
松井 大輔
太田 吉彰
25分
阿部 正紀
宮崎 智彦
川辺 駿
31分
34分
小野 悠斗
太田 圭輔
38分
難波 宏明
清本 拓己
45分
岡根 直哉
21
カミンスキー
5
駒野 友一
19
伊野波 雅彦
25
櫻内 渚
33
藤田 義明
4
小林 祐希
7
上田 康太
13
宮崎 智彦
15
アダイウトン
22
松井 大輔
8
ジェイ
SUB
1
八田 直樹
14
坪内 秀介
9
太田 吉彰
11
松浦 拓弥
40
川辺 駿
20
森島 康仁
34
中村 祐輝
監督
名波 浩
21
太田 岳志
2
阿部 正紀
3
高木 和道
17
野垣内 俊
20
岡根 直哉
6
髙地 系治
15
ヘニキ
19
益山 司
23
小野 悠斗
33
レオミネイロ
24
難波 宏明
SUB
50
石井 綾
40
鈴木 潤
8
宮沢 正史
14
太田 圭輔
25
清本 拓己
32
小川 雄大
11
遠藤 純輝
監督
ラモス 瑠偉

10,028
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハスタジアム 6/21(日) 18:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、水含み 古賀 満 山本 雄大
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 佐藤 貴之 関谷 宣貴
気温 湿度 第4の審判員 記録員
20.3度 76% 松澤 慶和 花澤 秀登
18 シュート 8
5 ゴールキック 14
5 コーナーキック 0
22 直接FK 9
6 間接FK 2
5 オフサイド 2
0 PK 0

雨のヤマハスタジアム。連勝を『3』に伸ばし、首位・大宮アルディージャを追い駆ける。

スタメン発表を踏まえ、ジュビロ磐田の予想フォーメーションは[4-2-3-1]。GKはカミンスキー。最終ライン右から櫻内 渚、伊野波雅彦、藤田義明、駒野友一。ダブルボランチに上田康太と宮崎智彦。中盤2列目右から松井大輔、小林祐希、アダイウトン。1トップにジェイという並びか。
3試合連続で同じスタメンとなった。ベンチには昨季までFC岐阜でプレーした中村祐輝が入っている。

対するFC岐阜の予想フォーメーションは[4-2-3-1]。GKは太田岳志。最終ライン右から阿部正紀、岡根直哉、高木和道、野垣内 俊。ダブルボランチにヘニキと小野悠斗。中盤2列目右から益山 司、高地系治、レオミネイロ。1トップに難波宏明という並びか。

FC岐阜は今季ここまで4勝3分11敗。勝ち点15の20位。前節はホームでコンサドーレ札幌と対戦し、0-1で敗れている。

試合の舞台はヤマハスタジアム。
天候は雨。
キックオフは18時。

前半1分、ジュビロボールで前半キックオフ。天候は晴れ。試合開始2時間前頃までは雨だったが、止んでいる。
前半1分、ジュビロに先制点。敵陣左サイドの深い位置で小林祐希のパスを受けた駒野友一がクロス。このこぼれ球に反応したのは上田康太。ゴール正面の位置から左足でシュート。グラウンダーの鋭いシュートがゴールネットを揺らした。【1-0】
前半2分、ジュビロの布陣は[4-2-3-1]。GKはカミンスキー。最終ライン右から櫻内 渚、伊野波雅彦、藤田義明、駒野友一。ダブルボランチに上田康太(キャプテン)と宮崎智彦。中盤2列目右から松井大輔、小林祐希、アダイウトン。1トップにジェイ。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはサックスブルー。
前半5分、岐阜、敵陣右サイドの深い位置からロングスロー。これはゴール前の松井大輔が大きくクリア。
前半6分、岐阜の布陣は[4-2-3-1]。GKは太田岳志。最終ライン右から阿部正紀、高木和道、岡根直哉、野垣内 俊。ダブルボランチにヘニキと小野悠斗。中盤2列目右から益山 司、高地系治(キャプテン)、レオミネイロ。1トップに難波宏明。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーは緑。
前半7分、岐阜に決定機。敵陣右サイドのレオミネイロがドリブル突破からクロス。これをゴール前の難波宏明が合わせるが、カミンスキーがブロック。
前半9分、岐阜、敵陣中央でパスカット。すぐさまヘニキが右サイドへスルーパス。益山 司を走らせるが、合わず、ジュビロのゴールキックに。
前半10分、ジュビロ、中盤中央でボールを持った松井大輔が右足でロングシュート。これは大きく枠の上。
前半11分、ジュビロ、敵陣でロングボールのこぼれ球を拾い、小林祐希が右サイドへ展開。これを受けた櫻内 渚が右足でミドルシュート。これは枠の上に外れた。
前半12分、ジュビロ、自陣でボールを持った伊野波雅彦がパスミス。難波宏明にカットされるが、藤田義明と上田康太がすぐさまカバーに入り、マイボールとした。
前半13分、ジュビロにチャンス。敵陣右サイドでボールを持った松井大輔が右足で縦にスルーパス。これを受けたアダイウトンが右足でシュート。これは枠の横に外れた。
前半16分、岐阜、自陣からビルドアップ。最後は高地系治が右サイドへ展開するが、これは小林祐希がスライディングでカット。マイボールとした。
前半17分、岐阜、中盤左サイドの野垣内 俊が右サイドへ大きく展開。これを敵陣右サイドの益山 司が折り返すが、藤田義明がクリア。
前半18分、ジュビロ、敵陣で櫻内 渚、松井大輔、小林祐希とつなぎ、CKを獲得。バックスタンド側からのCKを上田康太がキック。これはニアサイドの難波宏明がクリア。
前半20分、ピッチ上空には巻くような弱い風が吹く。
前半21分、岐阜、ジュビロDFラインの背後へロングパス。これにFW陣が走り込むが、カミンスキーが飛び出し、大きくクリア。
前半22分、ジュビロ、敵陣中央のミドルレンジで小林祐希がファウルを受け、ジュビロのFKに。これを小林祐希が左足で直接狙う。強烈なシュートが枠内に飛ぶが、太田岳志にブロックされた。ジュビロのCKに。
前半24分、ジュビロ、バックスタンド側からのCKを上田康太がキック。これをニアサイドのジェイが頭でタッチし、ゴール前にこぼれたボールを小林祐希が頭で合わせるが、バーに当たり、外れた。岐阜のゴールキックに。
前半25分、岐阜にチャンス。中盤中央でボールを奪い、ショートカウンター。最後はヘニキがゴール前の高地系治にパスを出すが、カバーに入った櫻内 渚が大きくクリア。
前半27分、ジュビロにチャンス。敵陣右サイドの櫻内 渚が右足でクロス。これをゴール前のジェイが頭で合わせるが、枠の上に外れた。
前半28分、夕日がバックスタンドを強く照らす。やや気温が下がってきた。
前半29分、ジュビロ、カウンターから追加点。敵陣右サイドの松井大輔のクロスを、ニアサイドのアダイウトンが右足で押し込んだ。【2-0】
前半30分、岐阜に決定機。カウンター、最後は高地系治のパスを受けたレオミネイロが右足でシュート。これは枠の横に外れた。
前半32分、ジュビロにチャンス。敵陣右サイドの深い位置のジェイがクロス。これをニアサイドのアダイウトンが頭で合わせるが、これは惜しくも太田岳志にブロックされた。ジュビロのCKに。
前半33分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から上田康太がキック。ファーサイドへ。これを櫻内 渚が合わせるが、太田岳志にキャッチされた。
前半34分、岐阜、右サイドから攻撃。最後はレオミネイロのパスを受けた益山 司が右足でクロス。これはカミンスキーがキャッチ。
前半35分、ジュビロ、敵陣左サイドの高い位置で駒野友一がファウルを受け、ジュビロのFKに。これを駒野友一がキック。ゴール前に合わせる。これをジェイが頭で合わせるが、太田岳志にキャッチされた。
前半38分、岐阜にゴール。敵陣左サイドの高い位置でFKを獲得。これを高地系治が左足でキック。ニアサイドに合わせる。このこぼれ球に反応したレオミネイロが左足でシュート。ゴール前の高木和道がこのシュートに反応し、左足でコースを変えてゴール。【2-1】
前半41分、ジュビロ、敵陣右サイドのジェイがアーリークロス。これをアダイウトンが競り、こぼれ球を松井大輔が拾い、パス。これを受けた駒野友一が左サイドからクロス。このこぼれ球にジェイが詰めるが、最後は岐阜にクリアされた。
前半42分、ジュビロ、敵陣中央でジェイと高木和道が激しくコンタクト。ジェイにイエローカード。高木和道はピッチに倒れ込み、担架でピッチの外へ運ばれた。
前半45分、前半のアディショナルタイムは3分。高木和道はしばらくしてピッチの中に戻った。
前半アディショナルタイム1分、ジュビロに決定機。敵陣右サイドでパスを受けたジェイがドリブル。そして、鋭い切り返しで相手をかわし、シュート。これは惜しくも太田岳志にブロックされた。
前半アディショナルタイム3分、岐阜、敵陣右サイドの高い位置からロングスロー。これは伊野波雅彦がクリア。
前半アディショナルタイム3分、中盤で両チームがボールを競り合ったところで前半終了のホイッスル。【2-1】
後半1分、岐阜ボールで後半キックオフ。
後半1分、両チーム、ハーフタイムでの選手交代はなし。
後半2分、ジュビロ、自陣左サイドからFK。前線へロングキック。これをジェイが競るが、こぼれ球を太田岳志にキャッチされた。
後半4分、ジュビロ、敵陣右サイドから攻撃。最後は小林祐希が櫻内 渚とのワンツーで突破を狙うが、惜しくも合わず、岐阜のゴールキックに。
後半5分、岐阜に決定機。敵陣左サイドの高い位置からのスローインをつなぎ、最後は高地系治がドリブルし、パス。これを受けた右サイドの益山 司が左足でシュート。これは枠の上に外れた。
後半6分、ジュビロにチャンス。敵陣左サイドの高い位置から駒野友一がクロス。ファーサイドへ。これを拾ったジェイがドリブルでインサイドへ切れ込み、左足でシュート。これは太田岳志の正面。
後半8分、岐阜に決定機。ヘニキのパスを敵陣中央で受けたレオミネイロがドリブル。このこぼれ球をエリア内で拾った高地系治がクロス。これはジュビロがクリアした。
後半9分、岐阜、DFラインからビルドアップ。右サイドへミドルパスを出すが、ジュビロがしっかりと対応し、マイボールのスローインに。
後半10分、岐阜、中盤右サイドでのコンタクトプレーで益山 司にイエローカード。
後半11分、岐阜、カウンターからゴール。敵陣右サイドのレオミネイロがクロス。これをゴール前でフリーとなった難波宏明が左足で決めた。【2-2】
後半12分、ジュビロ、選手交代、駒野友一に代わり坪内秀介を投入。そのまま左サイドバックに。
後半15分、岐阜にチャンス。ジュビロゴール前・正面でFKを獲得。これを高地系治が左足で直接狙うが、ジュビロの壁がブロック。
後半15分、ハーフタイムコメント。ジュビロ、名波 浩監督、「相手のカウンターのケアを全体的に意識すること」、「スローインの質を上げて、不要なファウルをしないように」、「奪った後のファーストプレーをもっと丁寧にいこう」。

岐阜、ラモス瑠偉監督、「もっと落ち着いてやろう」、「動き出しを早く、相手の裏を突こう」、「気持ちで負けない」。
後半18分、ジュビロ、中盤左サイドでのコンタクトプレーで坪内秀介が頭部を強打。一度ピッチの外で頭部にテーピングを施し、ピッチの中に戻った。
後半22分、岐阜にゴール。自陣中央の宮崎智彦がレオミネイロにボールを奪われる。そのまま岐阜のショートカウンターに。高地系治のパスを受けたレオミネイロが左サイドからクロス。これをゴール前の難波宏明に左足で押し込まれた。【2-3】
後半25分、ジュビロ、敵陣右サイドの高い位置からFK、上田康太がゴール前に合わせるが、太田岳志にパンチングでクリアされた。
後半25分、岐阜、中盤中央でのコンタクトプレーで阿部正紀にイエローカード。
後半25分、ジュビロ、選手交代、松井大輔に代わり太田吉彰を投入。
後半26分、ジュビロ、CK、メインスタンド側から上田康太がキック。ファーサイドへ。これを伊野波雅彦が合わせるが、シュートは枠の上。
後半28分、ジュビロに決定機。敵陣右サイドの櫻内 渚がクロス。これをアダイウトンが右足で合わせるが、ライン上で岐阜にクリアされた。ジュビロは川辺 駿がスタンバイ。
後半31分、ジュビロ、選手交代、宮崎智彦に代わり川辺 駿を投入。岐阜は太田圭輔がスタンバイ。
後半32分、ジュビロ、敵陣中央の小林祐希がドリブルから縦にスルーパス。しかし、合わず、太田岳志にキャッチされた。
後半34分、岐阜、選手交代、小野悠斗に代わり太田圭輔を投入。
後半34分、ジュビロ、太田吉彰は中盤右サイドに、川辺 駿はボランチに入っている。
後半36分、ジュビロ、岐阜のゴール前・正面やや右でFKを獲得。これを小林祐希が左足で直接狙うが、枠の上に外れた。
後半38分、岐阜、選手交代、難波宏明に代わり清本拓己を投入。
後半39分、ジュビロ、敵陣右サイドでジェイ、太田吉彰とつないで突破を狙うが、太田岳志にキャッチされた。
後半40分、ジュビロ、敵陣左サイドの高い位置で小林祐希が粘ってクロス。しかし、ファーサイドへ抜けた。
後半41分、ジュビロ、敵陣左サイドの高い位置で太田吉彰が上田康太のパスを受け、クロス。これに櫻内 渚が飛び込むが、合わず、岐阜のゴールキックに。
後半43分、ジュビロ、敵陣右サイドから伊野波雅彦がクロス、さらにこぼれ球をつないで太田吉彰がクロス。しかし、いずれも岐阜にクリアされた。
後半44分、ジュビロ、敵陣右サイドの深い位置でパスを受けた櫻内 渚がドリブル突破を狙うが、岐阜に対応され、岐阜のゴールキックに。
後半45分、ジュビロ、敵陣左サイドの高い位置でジェイがFKを獲得。直接狙える位置。これをジェイが左足で直接狙うが、枠の横に外れた。
後半45分、後半のアディショナルタイムは3分。
後半アディショナルタイム2分、ジュビロ、敵陣左サイドの藤田義明がクロス。これをジェイが競り、こぼれ球に反応した櫻内 渚が左足で反転シュート。これは枠の横に外れた。
後半アディショナルタイム3分、ジュビロの自陣からのロングボールを岐阜がクリアしたところで試合終了のホイッスル。【2-3】
名波 浩 監督

――感想
主導権を握れた立ち上がりでした。(先制点の)時間帯も早かったですし、2点目も理想的な形で入りました。我々のコンセプト、ゴールに向かっていく姿勢という意味では非常にいい入りをしたと思います。ただ、1本伊野波が滑って、岐阜のシュートが左に外れたシーンと、カミック(カウンター)の正面にクロスが入ってきて弾いてくれたシーンと、あのあたりからちょっと最終ラインがどたばたしているなと。そこでセットプレー、カウンターには気を付けろという中で、無駄なファウルからやられてしまいました。前半2-0か2-1では全く意味合いが違うと思いますが、あの1点目の失点がポイントだったかなと。
それから後半は3点を取られるまで、終始後ろがバタついていたので、ちょっと難しいゲームになってしまったかなと思います。

――最終ラインがバタついていたというお話ですが、そのあたり、岐阜の攻撃の部分ですか、ジュビロの守備の部分ですか?
相手の2列目の守備が個で守備をしていくと。それから両ボランチのところもヘニキ選手が個で守備をしてきて、小野選手がバランスを取ると。それをはがすとスペースがあったので、中盤、ボランチも含め、高い位置で顔を出したくなってしまうような、そういった戦い方をされたと言うか、そういう戦い方だったなと。その中で難波選手とレオミネイロ選手が2トップ気味に残っていて、最終ラインのところで2対2が非常にたくさんあって、何度もバランスを取らなければ怖いぞと言っていましたが、そこから徐々に綻んでしまったかなと。怖がって潰しにも行かず、下がることも拒否したような、終始ちょっと中途半端な守備だったと思います。

――苦しい試合だからこそ、リーダー的な存在が必要だったのでは?
苦しい状況にしたのは自分たちです。2-0からとにかく奪ったボールのファーストプレーのロストが多過ぎたと。しかもロストする位置の部分で、相手にパワーを持たれてしまうようなロストの仕方で、そのままピンチになると。相手が押し込もうとした時にはだいたい岐阜にとってチャンスになっていて、我々にとってはピンチになっていたなと。奪った後のファーストプレーの質はシーズンを通してより高めていかなければいけないと思います。特にホームゲームでピッチの状態もわかっていますし、そのあたりは認識してほしいと思います。

――2点リードした中で、どうゲームをコントロールすべきだったのでしょうか?
先ほど言ったピンチのシーンに関して、相手が前から追いかけてきて、それは個で追いかけてきているのですが、組織でいなせないとなったからには、ラインを下げる必要もあったかもしれません。下げた気でいたかもしれませんが、中途半端な状況が多々あり、なぜあそこが2対2になるのかというシーンが多かったと。あとは潰すべきところで潰せず、というシーンもたくさんありました。2点目の失点もそうですが、潰しどころを間違えた場面がたくさんあったなと。そのあたりは改善する余地があったと思います。

上田 康太 選手

上田 康太 ――序盤で2点のリードを奪いましたが?
攻守ともにアグレッシブにプレーできていました。いい攻撃ができていましたし、2点取るまではよかったと思います。ただ、リスクマネージメントのところだったり、相手のカウンターを何度か受けてピンチになっていたところがあるので、そこでしっかり前半(失点)ゼロで抑えることが大事だったと感じています。

――試合中の修正について
1点取られた時にはみんなで大丈夫だと声をかけていましたし、後半いい入りをして、自分たちのリズムに持っていこうという気持ちでやりましたが、よくない形で2点目を取られ、ちょっとバタついたかもしれません。

アダイウトン 選手

アダイウトン ――ゴールシーンについて
サイドの高い位置から必ずいいクロスが来ると思っていましたし、それを信じて走り込みました。ゴールを決めたことは嬉しいのですが、それ以上にホームで逆転負けをしてしまったことが悔しいです。序盤に2点を奪い、さらに3、4点目を取りに行くという気持ちでいましたが、相手のGKのファインセーブもあり、“運”もなかったと思います。

藤田 義明 選手

藤田 義明 序盤、いい形で2-0になったのですが、その後の試合運びがもっともっとよくならなければいけないと感じています。前半に1点を返され、後半しっかり入ろうと話していましたが、(相手の)2、3点目はもったいなかったと思います。同点にされた後、もっと落ち着ければよかったのですが、相手をより勢いに乗せてしまいました。そこで流れを変えることができませんでした。

――守備面について
2点リードした後、何度かカウンターを受けてゴール前に行かれてしまった場面がありましたし、攻めている時のリスク管理をもう一度確認しなければいけないと感じています。

小林 祐希 選手

小林 祐希 勝ち点を逃してしまった試合です。入りはよかったと思いますが、2点取った後にすぐに1点返されるとか、いろいろな状況がありましたが、次の試合に向けてやっていくしかありません。集中力と、ここで気持ちを切らさないことが大事だと思います。

松井 大輔 選手

松井 大輔 先に2点を取りましたが、その中で3点目を取れなかったということはあると思いますし、流れをこちらに引き寄せることがなかなかできませんでした。どう試合をコントロールするかが大事だという話もしていたのですが、そこもなかなかできなかったと思います。ただ、ポジティブに考えながら、次に試合に向けてやっていければと思います。

FC岐阜 ■ラモス瑠偉監督
 

――逆転勝利となりましたが、監督の評価は?
選手たちのおかげだと思っています。どんなに難しい試合かということをみんながわかっていました。波に乗ることは難しいですが、それにはここに勝つことが一番いいと思っていました。ただ、1点を先制された後にどうなるかと思いましたけど。ただ、今週、どんなことがあってもぶれず、最後まで諦めず、粘り強く点を取りに行くというテーマで練習を行いました。こんなに怖ろしい相手に引き分けでもすごいことですが、逆転勝利ということで選手たちを褒めてあげるべきだと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯