2014年 試合速報

2014 J2リーグ 33節 vs.水戸ホーリーホック

mito
mito

9 勝
10 分
13 敗
31 得点
32 失点
勝点 37
順位 18

4
  • 1
  • 0

  • 3
  • 1

1
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

16 勝
8 分
8 敗
55 得点
40 失点
勝点 56
順位 3

前半
田中 雄大
9分
22分
小林 祐希
27分
チンガ
ポポ
吉田 眞紀人
32分
ハーフタイム 後半
吉田 眞紀人
3分
10分
松井 大輔
金 聖基
24分
鈴木 隆行
33分
鈴木 隆行
三島 康平
34分
山村 佑樹
35分
吉田 眞紀人
38分
40分
松井 大輔
松浦 拓弥
山崎 亮平
阿部 吉朗
46分
フェルジナンド
21
笠原 昂史
5
金 聖基
17
新里 亮
24
細川 淳矢
2
広瀬 陸斗
3
田中 雄大
6
石神 幸征
10
船谷 圭祐
34
吉田 眞紀人
19
山村 佑樹
30
鈴木 隆行
SUB
1
本間 幸司
4
尾本 敬
7
鈴木 雄斗
22
内田 航平
28
小澤 司
11
三島 康平
39
オズマール
監督
柱谷 哲二
1
八田 直樹
25
櫻内 渚
30
坪内 秀介
33
藤田 義明
35
森下 俊
4
小林 祐希
22
松井 大輔
28
チンガ
32
フェルジナンド
9
山崎 亮平
18
前田 遼一
SUB
39
藤ヶ谷 陽介
2
菅沼 駿哉
5
駒野 友一
3
岡田 隆
11
松浦 拓弥
7
ポポ
14
阿部 吉朗
監督
シャムスカ

7,033
スタジアム名 試合日 キックオフ
Ksスタ 9/23(火) 16:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
良芝、乾燥 高橋 信光 吉田 寿光
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 中野 卓 堀越 雅弘
気温 湿度 第4の審判員 記録員
21.9度 51% 俵 元希 藤田 秀人
10 シュート 5
7 ゴールキック 9
7 コーナーキック 2
21 直接FK 26
6 間接FK 3
4 オフサイド 3
0 PK 0

「グループ全体にいいイメージを残すことができた」(ペリクレス シャムスカ監督)。久々に白星を手にし、サックスブルーの調子は上向き。ここで連勝し、さらに波に乗りたい。

前節はホームでギラヴァンツ北九州と対戦し、3-1で勝利。リーグ戦で5試合ぶりの白星を手にした。この試合では櫻内 渚が序盤に2得点をマーク。さらに前半終了間際にはフェルジナンドが強烈なミドルを叩き込んだ。この試合では、第31節のV・ファーレン長崎戦(9月14日)までの3バックから4バックへ布陣変更したことも功を奏した。試合後、ペリクレス シャムスカ監督は「攻守両面でバランスよくプレーできた」と評価している。

この試合は前節から中2日の連戦となるが、「強いメンタルを持っていれば、乗り越えることができる」と指揮官。2位・松本山雅FCとの勝ち点差は『7』。残りの試合でこの差を逆転するためにも、何としても勝ちたい。
ジュビロ磐田の予想フォーメーションは[4-4-2]。GKに八田直樹。最終ライン右から櫻内 渚、藤田義明、森下 俊、坪内秀介。ダブルボランチに小林祐希とフェルジナンド。中盤2列目右にチンガ、同左に松井大輔。2トップに前田遼一と山崎亮平という並びか。

対する水戸ホーリーホックは第32節終了時点で9勝10分13敗。勝ち点37の18位であり、リーグ終盤戦で巻き返しを狙う。前節はアウェイで湘南ベルマーレと対戦し、2-4で敗戦。ただし、一時は吉田 眞紀人、小澤 司の連続ゴールで追い上げるなど粘りを見せている。
水戸ホーリーホックの予想フォーメーションは[3-4-3]。GKに笠原昂史。3バック右から新里 亮、金 聖基、細川淳矢。ダブルボランチに船谷圭祐と石神幸征。中盤右アウトサイドに広瀬陸斗、同左に田中雄大。3トップ右から吉田 眞紀人、鈴木隆行、山村佑樹という並びか。

注目選手はナンバー『10』を背負う船谷圭祐。かつてジュビロ磐田でプレーしたレフティーに自由を許してはならない。その船谷圭祐は前回の対戦(第17節)でジュビロ磐田ユースの後輩・八田直樹にPKを止められているだけに、リベンジに燃えているに違いない。また、田中雄大は櫻内 渚と同じ関西大出身。学生時代の先輩(田中)、後輩(櫻内)のマッチアップにも注目だ。チームトップスコアラーは8得点の吉田 眞紀人。

水戸ホーリーホックとの前回の対戦は第17節(6月7日)のホームゲーム。前半、山崎亮平のクロスをポポが押し込み、1-0で勝利している。

試合会場はケーズデンキスタジアム水戸。天候は晴れ。風は弱風。気持ちのいい秋晴れだ。
試合開始は16時。
ご声援よろしくお願いします!

前半1分、水戸ボールで前半キックオフ。天候は晴れ。秋らしい涼しさを感じる。
前半1分、ジュビロのフォーメーションは[4-4-2]。GKに八田直樹。最終ライン右から櫻内 渚、藤田義明、森下 俊、坪内秀介。ダブルボランチに小林祐希とフェルジナンド。中盤2列目右にチンガ、同左に松井大輔(キャプテン)。2トップに前田遼一と山崎亮平。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはホワイト。
前半1分、水戸に決定機。自陣右サイドからFK。笠原昂史がロングキック。ゴール前へ。このこぼれ球をゴール左の田中雄大がシュート。これはライン上で坪内秀介がクリアした!
前半3分、水戸の攻撃。敵陣右サイドの広瀬陸斗が浮きパスでサイドチェンジ。これを受けた敵陣左サイドの田中雄大がクロス。これはそのままラインを割り、ジュビロのゴールキックに。
前半4分、ジュビロ、チンガが中盤中央でのコンタクトプレーでピッチに倒れ込み、一時プレー中断。チンガはしばらくして立ち上がり、プレーを再開させた。アウェイゴール裏からは「バモ!チンガ!オレ!」のチャント。
前半5分、水戸のフォーメーションは[3-4-3]。GKに笠原昂史。3バック右から新里 亮、金 聖基、細川淳矢。ダブルボランチに船谷圭祐と石神幸征。中盤右アウトサイドに広瀬陸斗、同左に田中雄大。3トップ右から吉田 眞紀人、鈴木隆行(キャプテン)、山村佑樹。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーは青/紺。
前半6分、ジュビロ、八田直樹のゴールキック。このこぼれ球を中盤中央で拾ったフェルジナンドが縦パス。これは前線と合わず、水戸の笠原昂史がキャッチ。
前半8分、ジュビロ、中盤左サイドで藤田義明のパスを受けた森下 俊が左足でロングパス。左サイドの坪内秀介を走らせるが、長く、水戸ボールに。
前半9分、水戸、敵陣中央のロングレンジでFKを獲得。これを田中雄大が左足で直接狙い、ゴールに突き刺した・・・。【0-1】
前半12分、水戸、CK、メインスタンド側から船谷圭祐が左足でキック。ファーサイドへ。これはジュビロがしっかりブロックし、ジュビロのゴールキックに。
前半14分、水戸、敵陣左サイドで金 聖基のフィードを受けた田中雄大がアーリークロス。これはゴール前のフェルジナンドがヘディングでクリアした。
前半16分、ジュビロ、敵陣左サイドの坪内秀介のドリブル突破でFKを獲得。フェルジナンド、松井大輔、フェルジナンドと短くつなぐ。最後はフェルジナンドが敵陣左サイドへスルーパス。これにチンガが走り込むが、オフサイドの判定。
前半17分、水戸、敵陣右サイドから攻撃。最後は船谷圭祐が突破を狙うが、ジュビロ守備陣がしっかりブロックし、八田直樹がキャッチ。
前半19分、ジュビロ、自陣左サイドからFK。前線へロングボール。このこぼれ球を松井大輔が競るが、相手にブロックされ、水戸のスローインに。
前半20分、ジュビロ、中盤の中央でボールを持った小林祐希が左足で右サイドへ展開(浮きパス)。これを櫻内 渚が競るが、水戸ボールに。
前半21分、水戸にチャンス。敵陣左サイドの吉田 眞紀人がドリブルからクロス。これをゴール前の鈴木隆行が頭で合わせるが、シュートはファーサイドへ流れた。
前半22分、ジュビロ、自陣ゴール前の小林祐希がパスミス。水戸のショートカウンター。これを小林祐希が止め、小林祐希にイエローカード。
前半23分、水戸、ゴール正面からFK。直接狙える位置。これを船谷圭祐が左足で直接狙うが、これはジュビロの壁がブロックした。
前半25分、水戸、CK、バックスタンド側から船谷圭祐がショートコーナー。これを受けた田中雄大がクロス。これはジュビロがクリアした。
前半26分、ジュビロ、中盤中央からFK。前線へロングボール。これを相手ゴール前の前田遼一が競るが、こぼれ球を笠原昂史がキャッチ。
前半27分、ジュビロ、選手交代、チンガに代わりポポを投入。
前半27分、ジュビロ、途中出場のポポはそのまま中盤の右サイドに入った。
前半28分、ジュビロ、敵陣右サイドで松井大輔がFKを獲得。これをポポが右足でキック。ゴール前に合わせたが、長く、そのままゴールラインを割った。水戸のゴールキックに。
前半30分、水戸、中盤でパスをつなぎ、敵陣左サイドへ展開。最後は田中雄大がクロスを上げるが、これはジュビロがクリア。
前半31分、ジュビロ、敵陣右サイドの深い位置で前田遼一のパスを受けた櫻内 渚がクロス。これは水戸にクリアされた。
前半32分、水戸、吉田 眞紀人にイエローカード。遅延行為によるもの。
前半34分、水戸、敵陣右サイドへロングパス。吉田 眞紀人を走らせるが、これは対応した森下 俊がしっかりクリア。
前半34分、水戸、敵陣右サイドから攻撃。石神幸征のパスを受けた吉田 眞紀人がクロスを上げるが、これはジュビロがクリアした。
前半38分、水戸、CK、2本連続。いずれも船谷圭祐がキックしたが、これはジュビロがしっかりクリア。
前半40分、前半は残り5分。ジュビロはここまでなかなかチャンスを作れない・・。
前半42分、ジュビロ、敵陣でボールを動かし、最後は藤田義明が右サイドの櫻内 渚へフィード。しかし、パスミスとなり、水戸ボールに。
前半43分、水戸、吉田 眞紀人の惜しいシュートからCKを獲得。メインスタンド側から船谷圭祐がキック。このこぼれ球を拾った船谷圭祐がクロス。これはジュビロがクリアした。
前半45分、ジュビロ、森下 俊が中盤の中央でボールカット。そのままカウンターへ。ポポ、山崎亮平とつなぎ、CKを獲得。バックスタンド側から小林祐希がキック。ゴール正面に。これは笠原昂史にパンチングでクリアされた。
前半45分、前半アディショナルタイムは2分。
前半アディショナルタイム2分、ジュビロ、敵陣右サイドのポポがアーリークロス。これは水戸にクリアされた。その後、前半終了のホイッスル。【0-1】
後半1分、ジュビロボールで後半キックオフ。
後半2分、水戸、CK、バックスタンド側から船谷圭祐が左足でキック。ニアサイドへ。これはジュビロがクリア。
後半3分、水戸に追加点。敵陣右サイドの船谷圭祐がドリブルから右足でクロス。ニアサイドへ。これを吉田 眞紀人に頭で押し込まれた・・・。【0-2】
後半5分、両チームのハーフタイムコメント。ジュビロ、ペリクレス シャムスカ監督、「シュートをもっと積極的に打っていこう」、「サイドからの攻撃、クロスボールを増やしていこう」、「セカンドボールをしっかり拾うこと」。

水戸、柱谷哲二監督、「後半、入りから続けていくこと」、「セカンドボールを拾いにいくこと」、「2点目を取りにいくこと」。
後半9分、ジュビロ、中盤の中央のフェルジナンドが右足で右サイドへ展開。櫻内 渚を狙うが、長く、水戸のスローインに。
後半9分、ジュビロにチャンス。敵陣右サイドへのスルーパスに反応した松井大輔がクロス。これを前田遼一が頭で合わせるが、ゴール横に外れた。
後半10分、ジュビロ、1点を返す。敵陣右サイドで相手のパスをカットした山崎亮平がドリブルからクロス。これをゴール前の前田遼一が左足で合わせ、そのこぼれ球を松井大輔が右足で押し込んだ!【1-2】
後半14分、ジュビロ、中盤の小林祐希が敵陣左サイドへロングフィード。ポポを狙うが、これは水戸にクリアされた。
後半16分、ジュビロ、敵陣で山崎亮平、小林祐希、松井大輔とパスをつなぎ、最後は櫻内 渚が右足でクロス。ファーサイドへ。これを坪内秀介が頭で折り返すが、笠原昂史にキャッチされた。
後半17分、水戸、中盤の左サイドからFK。船谷圭祐が前線へロングキック。これはジュビロがクリアした。
後半18分、水戸、敵陣右サイドでFKを獲得。船谷圭祐が左足でキック。ゴール前に合わせてきたが、これはジュビロがクリア。
後半19分、水戸、敵陣左サイドの高いでFKを獲得。船谷圭祐が左足でキック。ゴール前に合わせてきたが、これは八田直樹がパンチングでクリア!
後半20分、ジュビロ、敵陣左サイドの高い位置で松井大輔が坪内秀介とのパス交換から突破を狙うが、水戸にブロックされ、ボールロスト。
後半22分、ジュビロ、敵陣左サイドのポポが松井大輔とのパス交換から突破を狙うが、水戸にカットされた。
後半23分、水戸、中盤の左サイドからFK。船谷圭祐が前線にロングキック。これはジュビロがクリアした。
後半24分、水戸、中盤でのコンタクトプレーで金 聖基にイエローカード。
後半26分、ジュビロ、中盤の中央のフェルジナンドが縦にスルーパス。前線のポポを狙うが、長く、笠原昂史がキャッチした。
後半26分、水戸、敵陣左サイドからクロス。これをゴール前で石神幸征が受け、横パス。ゴール右の広瀬陸斗が右足でシュートを打つが、ゴール横に外れた。
後半28分、ジュビロ、敵陣左サイドでFKを獲得。ポポが右足でキック。ゴール前に合わせるが、長く、水戸のゴールキックに。
後半30分、水戸、敵陣左サイドの高い位置で吉田 眞紀人のロングパスを受けた田中雄大が左足でミドル。これは枠の外。
後半31分、ジュビロ、自陣ゴール前の八田直樹がロングキック。前線で山崎亮平、ポポが粘りつなごうとするが、水戸ボールに。
後半33分、ジュビロ、櫻内 渚が敵陣右サイドからロングスロー。ゴール前で混戦となり、松井大輔が右足でシュートを打つが、水戸にブロックされた。
後半33分、水戸、中盤のコンタクトプレーで鈴木隆行にイエローカード。
後半34分、水戸、選手交代、鈴木隆行に代わり三島康平を投入。
後半35分、水戸に3点目。笠原昂史が自陣ゴール前からパントキック。これを前線の三島康平が頭でおとし、山村佑樹が右足で押し込んだ。【1-3】
後半38分、水戸、CK、バックスタンド側から船谷圭祐が左足でキック。ゴール前へ。このこぼれ球を吉田 眞紀人に左足で押し込まれた・・・。【1-4】
後半40分、ジュビロ、選手交代、2枚同時。松井大輔に代わり松浦拓弥、山崎亮平に代わり阿部吉朗を投入。
後半44分、ジュビロ、自陣からビルドアップ。最後はDFラインの森下 俊がロングキック。これは水戸にカットされた。
後半45分、ジュビロ、中盤の中央のポポがドリブルで持ち上がり、右サイドへ展開。しかし、短く、水戸にカットされた。
後半45分、後半のアディショナルタイムは4分。
後半アディショナルタイム1分、ジュビロ、敵陣右サイドの高い位置でパスを受けた松浦拓弥が右足でクロス。しかし、中と合わず、水戸ボールに。
後半アディショナルタイム1分、ジュビロ、ラフプレーでフェルジナンドにイエローカード。
後半アディショナルタイム3分、ジュビロ、自陣右サイドでパスを受けた櫻内 渚が縦パス。小林祐希を狙うが、これは水戸にカットされた。
後半アディショナルタイム4分、水戸、敵陣右サイドからアーリークロス。これをゴール前の三島康平が頭で落とすが、こぼれ球は八田直樹がキャッチ。
後半アディショナルタイム5分、ジュビロが敵陣右サイドでボールを持ったところで試合終了のホイッスル。【1-4】
シャムスカ 監督

――感想
コンバンハ。このピッチを言い訳にしたくないですし、素直に敗戦を認めたいと思います。選手たちにセットプレーが大事になると声をかけましたし、外からのシュートも伝えたつもりでしたが、そういうところから失点してしまいました。前節に比べ、悪い意味で見違えるようなチームになってしまい、このピッチに上手く対応できませんでした。素直に敗戦を認めたいと思います。前半早々にチンガを捻挫の影響で下げざるを得ない状況となり、そこにシュート力・決定力のあるポポを入れました。ポポはエリアの外からシュートを打つことができます。そして、後半、(松井)大輔と山崎を代えて、阿部と松浦を入れました。連戦のところで疲れが見えたので、彼らを投入しました。
――残り9試合ですが、ここまでのチーム作りは思い通りにいっていますか?何か問題がありますか?
ジュビロというクラブは去年は4勝しかしていないクラブです。カテゴリーが一つ下がり、イチから再建しなければいけない状況にいます。我々はJ2をしっかりと戦わないといけません。ずっとJ1でプレーしてきた選手がJ2になると少し肌で感じてしまうところがあると思います。ただ、この8か月の中で我々の選手たちはどう戦うべきかわかっていると思います。そして、残り9試合ですが、我々の最終目標であるJ1昇格のために松本をしっかりとらえなければいけませんが、それを達成できるチャンスはまだ残っています。ただ、その最終目標を達成するために本来であれば一定の力を出さなければいけませんが、今日の試合は技術的なところも戦術的なところもあまりにひどかったので、そこは素直に認め、試合についてはあまり言うことはありません。
――連戦の中で同じスタメンでしたが、その影響は?
短い準備期間でしたが、コンディションのところでは後半の入りがよかったという部分で、そういったことはあまり影響なかったと思います。練習量を非常に抑えてやってきたので。後半、よくなった要因はボールのタイミングなどピッチコンディションにどんどん慣れてきたということで、よくなったのかなと思います。
――勝負の分かれ目となった時間帯は?
時間帯ということではなく、一発目のFKかなと。こういった試合ではああいった失点は悪影響があると思います。ただ、1-2にしてから我々の方に試合が転がってきましたが、そこで彼らにまた得点を与えてしまいました。しっかりと戦っていましたが、そこをものにできませんでした。

松井 大輔 選手

松井 大輔 応援していただいている方に申し訳ないです・・・。プレッシャーを受けた中でももう少しボールをつなぐことができないと。

藤田 義明 選手

藤田 義明 後ろが我慢することができませんでした。もっと粘らないと。相手の守備に出しどころを潰されてしまいました。後半の立ち上がりに1点を返し、流れがこちらに傾いたと思いましたが、その後の失点してしまいました。前節と同じように集中して試合に入ろうと思っていたのですが・・・。

坪内 秀介 選手

坪内 秀介 やはりこういった試合ではいつも以上にセカンドボールをしっかりと拾わないといけません。この結果をしっかり受け止めなければいけません。

八田 直樹 選手

八田 直樹 セカンドボールで競り勝つことができませんでした。そのあたりの執着心のところだと思います。
(1失点目について)自分自身、止めなければいけないと思っています。

櫻内 渚 選手

櫻内 渚 立ち上がりに押し込まれ、失点してしまいました。
(攻撃面について)相手が引いた時にさらに連動してサイドをはがすことができればと思います。
(次節へ向けて)準備期間はあるので、気持ちを切り替えていきたいです。

水戸ホーリーホック ■柱谷 哲二監督
 

――感想
キックオフから前回と違ってしっかりと入り、いい状態で90分いけたと思います。(田中)雄大の素晴らしいシュートが我々の流れをより引き込んだと思います。90分通して非常に集中力があり、一人ミスして相手にプレゼントしてしまった細川もいますが、それ以外のところはよかったと思います。とてもいいゲームだったと思います。またコンディションを整えて、今度の岡山戦で連勝できるように持っていきたいと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯