2013年 試合速報

2013 J1リーグ 33節 vs.大宮アルディージャ

ardija
ardija

12 勝
3 分
17 敗
41 得点
48 失点
勝点 39
順位 14

3
  • 1
  • 0

  • 2
  • 0

0
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

3 勝
11 分
18 敗
37 得点
52 失点
勝点 20
順位 17

前半
33分
菅沼 駿哉
長谷川 悠
36分
ハーフタイム 後半
渡邉 大剛
12分
17分
松浦 拓弥
山崎 亮平
青木 拓矢
22分
25分
田中 裕人
渡邉 大剛
富山 貴光
36分
長谷川 悠
37分
38分
山本 康裕
前田 遼一
ズラタン
橋本 早十
39分
菊地 光将
片岡 洋介
45分
46分
山田 大記
31
清水 慶記
2
菊地 光将
8
下平 匠
17
高橋 祥平
30
渡部 大輔
6
青木 拓矢
9
曺 永哲
13
渡邉 大剛
23
金澤 慎
11
ズラタン
32
長谷川 悠
SUB
35
川田 修平
22
ニール
26
村上 和弘
34
片岡 洋介
7
上田 康太
18
橋本 早十
28
富山 貴光
監督
小倉 勉
21
八田 直樹
2
菅沼 駿哉
5
駒野 友一
33
藤田 義明
37
安田 理大
6
田中 裕人
7
小林 裕紀
10
山田 大記
11
松浦 拓弥
23
山本 康裕
17
金園 英学
SUB
1
川口 能活
20
山本 脩斗
24
チョ ビョングク
8
ペク ソンドン
22
チョン ウヨン
9
山崎 亮平
18
前田 遼一
監督
関塚 隆

11,325
スタジアム名 試合日 キックオフ
NACK 11/30(土) 14:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 福田 寛 井上 知大
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 安元 利充 蒲澤 淳一
気温 湿度 第4の審判員 記録員
13.4度 25% 細尾 基 梶 貴博
12 シュート 17
16 ゴールキック 7
5 コーナーキック 10
15 直接FK 13
4 間接FK 2
4 オフサイド 2
0 PK 0

サックスブルーにとっては、服部健二GM、関塚 隆監督、長澤 徹ヘッドコーチの今季限りの退任が発表されてから初の公式戦となる。ゲームキャプテン・駒野友一は「選手たちにも責任がある…」と唇をかみ締めた。しかし、まだシーズンが終わったわけではない。リーグ残り2試合を全力で戦い抜き、勝利で今季を締めくくりたい。

アウェイ・ジュビロ磐田の予想フォーメーションは[4-2-3-1]。GKに八田直樹。最終ライン右から駒野友一(キャプテン)、菅沼駿哉、藤田義明、安田理大。ダブルボランチに小林裕紀と田中裕人。中盤2列目右から山本康裕、松浦拓弥、山田大記。1トップに金園英学という並びか。
やはり注目は出場停止明けの山田大記。今夏に大宮アルディージャより期限付き移籍加入したカルリーニョスは契約上、この試合に出場できないが、その分、勝利に飢えた背番号10に期待したい。また、前田遼一をベンチに置くフレッシュな攻撃陣となっているだけに、その勢いを存分に発揮してほしい。

対するホーム・大宮アルディージャは第32節終了時点で勝点39の14位。予想フォーメーションは[4-4-2]。GKは清水慶記。最終ライン右から渡部大輔、菊地光将、高橋祥平、下平 匠。ダブルボランチに金澤 慎と青木拓矢。右MFに渡邉大剛、左MFに曺 永哲。2トップに長谷川 悠とズラタンという並びか。
この試合、エース・ノヴァコヴィッチを累積警告による出場停止で欠くことになるが、今季ホーム最終戦ということもあり、いつも以上に気合が入っているに違いない。シーズン途中よりチームの指揮を取る小倉 勉監督はロンドンオリンピックでU-23日本代表のコーチを務めた人物。同代表の監督を務めた関塚 隆監督の手の内は知り尽くしているだろう。両指揮官の“駆け引き”にも注目だ。

大宮アルディージャとの前回の対戦は第2節のヤマハスタジアム。ジュビロ磐田の攻撃陣が数多くの決定機を生み出し、ゴールまであと1歩まで迫ったが、惜しくもノーゴール。逆にCKから菊地光将にゴールを許し、0-1と今季初黒星を喫した。その借りをアウェイで何としても返したい。

試合の舞台となるのはNACK5スタジアム大宮。ご声援よろしくお願いいたします。

前半1分、大宮ボールで前半キックオフ。
前半1分、ジュビロ、布陣は[4-2-3-1]。GKに八田直樹。最終ライン右から駒野友一(キャプテン)、菅沼駿哉、藤田義明、安田理大。ダブルボランチに小林裕紀と田中裕人。中盤2列目右から山本康裕、松浦拓弥、山田大記。1トップに金園英学。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはサックスブルー。
前半2分、ジュビロ、山田大記のドリブル突破からCKを獲得。メインスタンド側から山本康裕がキック。このこぼれ球を拾い、右サイドからクロス。これに反応した山本康裕がファーサイドでヘディングシュートを打つが、ゴール上に外れた。
前半3分、大宮、布陣は[4-4-2]。GKは清水慶記。最終ライン右から渡部大輔、菊地光将(キャプテン)、高橋祥平、下平 匠。ダブルボランチに金澤 慎と青木拓矢。右MFに渡邉大剛、左MFに曺 永哲。2トップに長谷川 悠とズラタン。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはオレンジ。
前半5分、大宮に決定機。ゴール前でボールを持ったズラタンがシュート、さらにこぼれ球を長谷川 悠が狙うが、これは八田直樹が体を張ってブロック!その後のCKもジュビロがしっかりとクリアした。
前半8分、ジュビロ、CK、メインスタンド側から山本康裕がキック。このこぼれ球をつなぎ、最後はゴール正面の小林裕紀が左足でミドルを狙うが、これは枠の外。
前半10分、ピッチ上空は晴れ。風はほぼない。
前半11分、ジュビロ、敵陣右サイドの深い位置からクロス。これに金園英学が飛び込むが、清水慶記にパンチングでクリアされた。
前半12分、ジュビロ、安田理大のボールロストから大宮にCK。メインスタンド側から渡邉大剛がキック。これはジュビロがしっかりとクリアした。
前半13分、ジュビロに決定機。敵陣右サイドで横パスを受けた松浦拓弥がゴール正面へ切れ込み、左足でミドル。これは清水慶記にパンチングでクリアされた。ジュビロのCKに。
前半14分、ジュビロのCK。しかし、大宮にクリアされ、カウンターを受ける。左サイドを曺 永哲にドリブルで突進されるが、小林裕紀がカバーに入り、カットした。
前半16分、ジュビロ、敵陣左サイドでボールを持った安田理大がドリブルで仕掛ける。しかし、マッチアップした渡部大輔にブロックされ、大宮のゴールキックに。
前半17分、ジュビロ、安田理大が自陣左サイドでズラタンにボールを取られる。しかし、松浦拓弥が戻り、すぐさまカットした。
前半18分、ジュビロ、敵陣右サイドでFKを獲得。駒野友一がキック。これはニアサイドで大宮にクリアされた。
前半20分、ジュビロにチャンス。中央から攻撃を仕掛け、最後は金園英学がスルーパスに反応。GKと1対1になりかけたが、これはオフサイドの判定。
前半22分、大宮、前線でズラタンが起点を作り、左サイドへ展開。曺 永哲がドリブルからクロス。これは菅沼駿哉がヘディングでクリア。
前半24分、ジュビロ、駒野友一のミドルからCKを獲得。メインスタンド側から山本康裕がキック。これはニアサイドで大宮にクリアされた。
前半25分、互いに譲らず、ここまでは均衡した展開。
前半26分、ジュビロ、ゴール正面でパスを受けた山田大記が左足でミドル。これは味方に当たり、大宮のゴールキックに。
前半27分、ジュビロ、ゴール右で横パスを受けた山田大記が右足でミドル。これはゴール横に外れた。
前半31分、関塚 隆監督、小倉 勉監督は共にベンチコートを着て、ベンチ前に立って戦況を見つめている。
前半32分、ジュビロ、敵陣右サイドの高い位置でボールを持った駒野友一が横パス。これを受けた山田大記がドリブルでインサイドへ切れ込み、左足でシュート。これは大宮にブロックされた。
前半33分、ジュビロ、菅沼駿哉にイエローカード。自陣で長谷川 悠と競り合った際にややエキサイトしてしまった。
前半36分、大宮に先制ゴール。敵陣右サイドでボールを持った渡部大輔が右足でクロス。これをゴール前に走り込んだ長谷川 悠が右足で押し込んだ。【0-1】
前半38分、ジュビロ、敵陣左サイドで山田大記、小林裕紀とつなぎ、最後は安田理大がドリブルを仕掛けるが、大宮にブロックされ、クロスを上げることはできず。大宮のゴールキックに。
前半40分、ジュビロ、敵陣で短いパスをつなぎ、最後は中央の山田大記が縦にスルーパスを出すが、これは大宮にカットされた。
前半41分、大宮、自陣でボールをカットし、一気に前線へスルーパス。これに青木拓矢が走り込むが、八田直樹が飛び出し、クリア。
前半43分、ジュビロ、この時間帯ボールは保持できているが、思うように大宮の守備ブロックを崩すことができない・・・。
前半44分、大宮、敵陣左サイドでボールをキープし、中央へパス。これを受けた金澤 慎が右足でミドルを狙うが、これは大きく枠の外。
前半45分、前半アディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム1分、大宮、清水慶記がゴールキックを大きく蹴ったところで前半終了のホイッスル。【0-1】
後半1分、ジュビロボールで後半キックオフ。
後半3分、ジュビロ、敵陣右サイドから山本康裕が右足でクロス。これに反応した小林裕紀が左足でミドルを狙うが、枠の外。
後半5分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から駒野友一がキック。ファーサイドを狙うが、これは大宮にクリアされた。しかし、こぼれ球をつなぎ、左サイドからクロス。これを松浦拓弥が頭で合わせるが、シュートは枠の外。
後半7分、ハーフタイムコメント、ジュビロ・関塚 隆監督、「前を向いて勝負すること」、「裏やインサイドを狙い、フィニッシュまで行こう!」、「これでは終われないぞ!後半から行くぞ!」。
大宮・小倉 勉監督、「サイドのスペースを狙って攻撃していこう」、「中盤をコンパクトにしてカバーリングをはっきりとすること」、「残り45分、気持ちで勝つこと。強気でいこう!」。
後半9分、ジュビロ、安田理大のドリブル突破からCKを獲得。バックスタンド側。キッカーは駒野友一。ショートコーナーから右足でクロス。ファーサイドを狙うが、清水慶記に直接キャッチされた。
後半12分、大宮、接触プレーで渡邉大剛にイエローカード。
後半13分、ジュビロ、大宮・渡邉大剛のファウルで得たFK(ミドルレンジ・ゴール正面)を駒野友一が右足で直接狙う。しかし、これは枠の上に外れた。
後半15分、大宮、敵陣左サイドで長谷川 悠が起点を作り、CKを獲得。メインスタンド側から下平 匠が左足でキック。これをニアサイドの菊地光将が頭で合わせるが、安田理大がクリア!
後半17分、ジュビロ、選手交代、松浦拓弥に代わり山崎亮平を投入。
後半18分、ジュビロに決定機。山田大記が中盤をドリブルで駆け上がり、左サイドへ展開。これを受けた安田理大が左足でクロス。大宮・清水慶記のパンチングのこぼれ球に反応したのは山崎亮平。左足でゴールを狙うが、シュートは枠の外・・・。
後半20分、ジュビロ、敵陣右サイドを駒野友一がドリブルで突き、インサイドへパス。これを受けた山崎亮平が左足でシュートを打つが、惜しくも清水慶記にブロックされた・・・。
後半22分、大宮、CK、メインスタンド側から下平 匠がキック。ニアサイドの菊地光将がヘディングシュート。このこぼれ球をつなぎ、最後はゴール前の青木拓矢が右足で押し込んだ。【0-2】
後半23分、ジュビロに決定機。敵陣右サイドからのクロスに反応した山崎亮平がヘディングシュート。清水慶記にパンチングで弾かれたこぼれ球を金園英学が押し込むが、これはオフサイドの判定・・・。
後半25分、ジュビロ、接触プレーで田中裕人にイエローカード。大宮のFK。ゴール右から下平 匠がキック。これをゴール前でフリーとなったズラタンが頭で合わせる。これは八田直樹が正面でキャッチ。
後半28分、ジュビロ、敵陣で山崎亮平のボール奪取から反撃。最後は敵陣左サイドから田中裕人がクロス。これに反応した山本康裕が左足でシュート。これは枠の外。
後半30分、ジュビロ、相手ゴール前・中央で短いパスをつなぎ、最後は小林裕紀が右足でシュート。これは枠の上に外れた。
後半30分、大宮、自陣からのFKからチャンス。清水慶記のロングキックに反応したズラタンが右足でシュート。これは八田直樹がブロック!その後も立て続けにシュートを打たれるが、しのぎきり、ジュビロのゴールキックに。
後半33分、ジュビロ、駒野友一のクロスからCKを獲得。バックスタンド側から山本康裕がキック。これをニアサイドの山田大記がヒールで合わせるが、清水慶記にパンチングで防がれた。再びCKとなるが、これは大宮にクリアされた。
後半34分、ジュビロ、駒野友一のドリブルからCKを獲得。メインスタンド側から駒野友一がキック。これは大宮にクリアされた。
後半36分、大宮、選手交代、渡邉大剛に代わり富山貴光を投入。
後半37分、大宮に追加点。ゴール正面からのFKを下平 匠が左足でキック。これを長谷川 悠が頭で押し込んだ。【0-3】
後半38分、ジュビロ、選手交代、山本康裕に代わり前田遼一を投入。
後半39分、大宮、選手交代、ズラタンに代わり橋本早十を投入。
後半42分、ジュビロ、前線は金園英学と前田遼一の2トップ。右MFに山田大記、左MFに山崎亮平という並びへシフトした。
後半45分、大宮、選手交代、菊地光将に代わり片岡洋介を投入。
後半45分、後半アディショナルタイムは4分。
後半アディショナルタイム1分、ジュビロ、山田大記にイエローカード。
後半アディショナルタイム3分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から山崎亮平がキック。ショートコーナーを試みるが、相手にカットされてしまった。
後半アディショナルタイム4分、大宮、右サイドを突破し、最後は曺 永哲が右足でシュート。これは八田直樹がキャッチ。
後半アディショナルタイム5分、大宮、清水慶記がゴールキックを大きくキックしたところで試合終了のホイッスル。【0-3】
関塚 隆 監督

――感想
残り2試合ということで、今日も多くのサポーターのみなさんがアウェイまで駆けつけてくれましたし、非常に残念な戦いです。申し訳ないという気持ちでいっぱいです。
今日のメンバー、戦い方のところでは、大宮さんとの戦い、そして、我々の今いるメンバーを考えると、この試合、ボールを握る時間は我々の方があるだろうと。そして、今得点を奪えていないという意味でも、得点を取りに行きながら試合に勝つという形で試合に臨みました。その意味では前半、相手のゴールマウスの近くまでに行っていましたが、こじ開けることができず、大宮さんの縦に速い攻撃を3、4回と食らっている間に失点してしまいました。
後半、メンバーを入れ替えつつ、さらに圧力を加えながらゴールを取りに行きましたが奪えず、今度はセットプレーから2失点と。僕自身、5月から戦ってきた中でそこをもう一つ克服しきれなかった部分かなと。そういった試合になってしまいました。ホームでの試合があと1つ残っています。何としてもこの形で勝ちきりながら次につながる試合をしていきたいと思っています。
――スタメンから前田選手を外した意図は?
金園が練習試合で5点取ったり、ここのところ好調だったので、彼にチャンスを与えたという試合でした。
――田中選手が久々のスタメンとなりましたが、彼の評価は?
久々の試合でしたが、彼のボール回収と言いますか、そういった部分ではいいところを見せてくれました。マイボールのところでも後半何度か危ない場面もありましたが、以前と比べ成長が見られたと彼を評価したいと思っています。

山田 大記 選手

山田 大記 失うものはありませんし、攻撃的で、前向きに、自発的にサッカーをすると中で話していたのですが、結果というところでは失点のタイミングもよくなったですし、決めきることができませんでした。90分を通じてミスなくプレーするということは難しいとは思いますが、結果的に1点も取れなかったことは課題です。ゲームコントロールという意味でも積極的にできましたが、攻守両面でゴール前のところで・・・という試合でした。

田中 裕人 選手

田中 裕人 最悪の結果ですし、自分が出た意味がなかったと感じています・・・。チームとしていい入りができていたのですが、チャンスを決めきることができず、相手に1発を決められてしまいました。後半も攻めている時間帯で1発でやられてしまいました。そういったことを防ごうと意識していましたし、変えようとしていましたが・・。結果として出せなかったので、悔しいです。

金園 英学 選手

金園 英学 ミドルシュートもありましたが、攻撃陣が前を向いてからが思うようにいかなかったと言うか・・・。
(前節からメンバーが入れ替わったが?)やることはあまり変わらず、攻撃的にいくことを意識していました。
(松浦選手との関係は?)僕が深さを作れればその分スペースができると思っていたので、そこは意識してやりました。ただ、やはり前の4人が決めないと勝てません。それに尽きると思います・・・。

八田 直樹 選手

八田 直樹 後ろから見ていても得点が入る雰囲気がありました。その分、もう少し後ろが我慢しなければいけませんでした。前半に失点がありましたが、その後に2、3点取れるチャンスもありましたし、こちらの失点を減らすことができればと。そこが課題です。・・・と、言葉ではいくらでも話せますけど、行動で示さなければいけません。

山崎 亮平 選手

山崎 亮平 チャンスで決めることができなかったということで、自分の責任は大きいと思います。DFラインの前にスペースがあったので、ボールは持てると思っていましたし、同点のチャンスもありましたが、チャンスの後に追加点を取られました。その意味でも自分の責任は大きいと思います。

大宮アルディージャ ■小倉 勉監督
 

――感想
久々に勝利できたということで、選手たちの頑張りに感謝したいと思っています。どちらに転んでもおかしくない試合でしたし、お互いにチャンスを作りながら得点できない中で、耐えるところは耐え、セットプレーを含めて得点を取れる時に取れたことが勝因かもしれません。
ただ、今までの流れからすると2点を取った後にすぐにピンチがあり、オフサイドになりましたが、あれが入っていれば、試合の展開としてどう転んでもおかしくないという試合でした。ただ、今日はGKの清水選手がリーグ初出場ということで、僕は期待していたので、あれぐらいのプレーはしてくれると思っていましたが、予想以上のプレーをしてくれました。そのことで守備の安定感も出たと思いますし、そういう意味でもよかったと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯