2012年 試合速報

2012 Jリーグプレシーズンマッチ vs FC岐阜

gifu
gifu

1
  • 0
  • 0

  • 1
  • 0

0
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

前半
43分
ロドリゴ ソウト
ハーフタイム 後半
染矢 一樹
14分
黄 誠秀
23分
ロドリゴ ソウト
山本 康裕
黄 誠秀
菅沼 実
服部 年宏
28分
押谷 祐樹
ペク ソンドン
廣田 隆治
ブルーノ
29分
地主園 秀美
佐藤 洸一
37分
関田 寛士
43分
1
野田 恭平
2
野田 明弘
3
池田 昇平
17
野垣内 俊
25
関田 寛士
6
服部 年宏
7
地主園 秀美
11
染矢 一樹
20
三田 光
14
井上 平
29
廣田 隆治
SUB
22
多田 大介
4
田中 秀人
24
村上 一樹
8
李 漢宰
15
山崎 正登
18
佐藤 洸一
28
ブルーノ
監督
行徳 浩二
21
八田 直樹
20
山本 脩斗
22
菅沼 駿哉
24
チョ ビョングク
33
藤田 義明
6
ロドリゴ ソウト
7
小林 裕紀
10
山田 大記
11
松浦 拓弥
34
黄 誠秀
14
押谷 祐樹
SUB
1
川口 能活
4
千代反田 充
13
宮崎 智彦
8
ペク ソンドン
15
菅沼 実
23
山本 康裕
26
松岡 亮輔
監督
森下 仁志

2,810
スタジアム名 試合日 キックオフ
長良川 2/25(土) 13:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、水含み 永田 亨 松尾 一
天候 試合時間 副審 副審
くもり 90分 竹田 明弘 岩田 浩義
気温 湿度 第4の審判員 記録員
13.1度 43% 数原 武志 児野 孝之
5 シュート 9
13 ゴールキック 4
2 コーナーキック 8
17 直接FK 12
2 間接FK 1
2 オフサイド 1
0 PK 0
前半1分、ジュビロボールで前半キックオフ!
前半2分、FC岐阜、ゴールキックのこぼれ球をつなぎ右サイドからクロス!これは藤田義明がしっかりクリアした!
前半4分、ジュビロ、布陣はGKに八田 直樹、最終ライン右から藤田義明、チョ ビョングク、菅沼駿哉、山本脩斗、ボランチにロドリゴソウト、小林裕紀、中盤2列目に松浦拓弥、山田大記、黄 誠秀、1トップに押谷祐樹。
前半6分、FC岐阜、自陣最終ラインから前線に大きくフィード、ジュビロ最終ラインの背後を一発で突いた染矢一樹がGKと1対1となり右足でシュート。これに八田直樹が鋭い反応を示し、シュートストップ。大きなピンチをしのいだ・・・。
前半8分、FC岐阜、敵陣左サイドからのFKのこぼれ球を野垣内 俊がオーバーヘッドシュート!これは八田直樹が正面でしっかりキャッチ。
前半10分、ジュビロ、敵陣左サイドでボールを持った山本脩斗がスルーパス。これに山田大記が反応し、シュート。これは惜しくもゴール右に外れ、CKに。小林裕紀のCKをファーサイドでチョ ビョングクが頭で押し返すが、相手にクリアされた。
前半12分、ジュビロ、敵陣左からFK。小林裕紀のキックに藤田義明が飛び込み、さらにチョ ビョングクがフリーでシュートを放つが、枠を外れた・・・。
前半14分、FC岐阜、敵陣右サイドからのクロスをニアサイドの井上平がヘディングシュート。このこぼれ球をゴール前でフリーとなった廣田隆治がへディングシュート!これは八田直樹の正面に・・・。
前半16分、ジュビロ、チョ ビョングクが最終ラインで縦パス。押谷祐樹→ロドリゴソウト→山田大記と細かいパスがつながる。
前半21分、FC岐阜はシンプルな[4-4-2]。前線からタイトなプレスをかけてきている。
前半22分、ジュビロ、松浦拓弥が中盤中央へ下がってパスワークに絡みリズムを作る。最後は敵陣右から藤田義明が山田大記へ横パス。山田大記がヒールで松浦拓弥へ流すが、松浦拓弥のところでボールロスト。
前半24分、ジュビロ、ロドリゴソウトが自陣で小林裕紀へパス。小林裕紀がボール持ったところでFC岐阜に囲まれ、ボールロスト。ボールを奪った服部年宏がそのままミドルシュートを放つが、これは大きく枠を外れた。
前半26分、ジュビロ、相手の左サイドからのスローインのセカンドボールを拾い、攻撃。右サイドの松浦拓弥がオーバーラップした藤田義明へパス、CKを獲得。小林裕紀のキックに藤田義明が頭で合わせるが、枠を捉えることはできず。
前半28分、この日の長良川はくもり。風はほとんどない。
前半30分、ジュビロ、最終ラインからビルドアップ。小林裕紀が下がってボールを受け、リズムを作る。最後は菅沼駿哉の縦パスを受けた押谷祐樹が右サイドへ展開するが、その後つながらず。
前半32分、ジュビロ、再び、最終ラインからビルドアップ。藤田義明、チョ ビョングク、菅沼駿哉が3バックのような形になって攻撃を組み立てる。菅沼駿哉の縦パスを押谷祐樹が正確に落としロドリゴソウトが展開するなどパスにリズムが生まれてきた。
前半33分、ジュビロ、敵陣右サイドで攻撃を作り、最後は松浦拓弥の浮きパスをファーサイドを駆け上がった山本脩斗が頭で合わせるが、惜しくもゴール右に外れた。
前半34分、ジュビロ、敵陣右サイドで押谷祐樹がオーバーラップした藤田義明へパス。相手GKにクリアされるも、CKを獲得。小林裕紀のキックは相手にクリアされてしまった。
前半36分、ジュビロ、最終ラインからビルドアップ。チョ ビョングクの浮きパスを押谷祐樹が相手の至近距離で足を高く上げてトラップに行くが、これはファウルの判定。ただし、マイボールの時間帯は確実に増えている。
前半38分、FC岐阜、カウンター攻撃。敵陣右サイドへ抜け出した廣田隆治が中央へクロス。これはロドリゴソウトがしっかりとクリアした。
前半39分、FC岐阜、敵陣右から染矢一樹がクロス。立て続けにクロスを入れられたが、これもしっかりゴール前でクリアした。
前半40分、ジュビロ、相手のスローインのセカンドボールを拾いマイボールに。ロドリゴソウトの柔らかいスルーパス(浮きパス)に黄 誠秀が走り込み、トラップするが、これはハンドの判定。
前半42分、FC岐阜、右サイドを突破した染矢一樹がクロス。これに井上平がオーバーラップした気味に足を伸ばし触るが、ボールはファーサイドへ流れた。
前半43分、染矢一樹を倒したロドリゴソウトへイエローカード。
前半44分、FC岐阜、ゴール前右からFK。服部年宏がキック。このクリアボールを拾った押谷祐樹がカウンターへ持ち込む。黄 誠秀とのパス交換で敵陣右へ切れ込むが、ボールをキープできず。
前半45分、前半アディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム1分、ジュビロ、最終ラインからビルドアップ。小林裕紀が松浦拓弥へ縦パスを送るも、相手に囲まれ、松浦拓弥のところでボールロスト。再びマイボールにし、再び最終ラインからビルドアップしたところで前半終了。
後半1分、FC岐阜ボールで後半キックオフ!両チーム交代なし。
後半2分、FC岐阜、染矢一樹がチョ ビョングクのスライディングをかわし、左サイドを突破。中央へクロスを上げるが、これはジュビロがクリア。
後半2分、ジュビロ、敵陣でボールを持った山田大記が松浦拓弥へスルーパス。これは惜しくも長く、ゴールキックに。
後半3分、FC岐阜、敵陣中央でFK。服部年宏がファーサイドに合わせるが、だれも触ることができず、ジュビロのゴールキックに。
後半4分、FC岐阜、ハーフライン付近からFK。野垣内 俊がゴール前に浮きパスを送るが、チョ ビョングクが頭でクリア。このこぼれ球をカウンターにつなげたジュビロは、山田大記が前線へスルーパスを送るが、惜しくも通らず。
後半6分、ジュビロは前半と同じフォーメーション、配置。FC岐阜も[4-4-2]の形を変えていない。
後半7分、敵陣左からのセンタリングのこぼれ球に山本脩斗がつめ、CKを獲得。小林裕紀のキックをファーサイドへ走り込んだチョ ビョングクが頭で合わせるが、ゴールは大きく枠を外れた。
後半8分、ジュビロ、小林裕紀のサイドチェンジパス(左→右)を受けた松浦拓弥と山田大記が右サイドでパス交換から攻撃を作るも、フィニッシュには至らず。
後半8分、ジュビロ、最終ラインからビルドアップ。チョ ビョングクが中盤中央のロドリゴソウトへパスを送るが、相手のプレスを受け、ロドリゴソウトのところでボールロスト。ボールを奪った井上平がそのままミドルシュートを放つが、これはしっかりブロックして防いだ。
後半12分、前線中央へ走り込んだ山田大記がゴール前でフリーに。右足でシュートを放つが、惜しくもGKに防がれCK、小林裕紀のキックに菅沼駿哉、チョ ビョングクが飛び込むが、惜しくも触れず・・・。
後半15分、ジュビロ、自陣右からの小林裕紀のフィード(浮きパス)に押谷祐樹が走り込むが、キープはできず、相手にボールに。
後半16分、FC岐阜、相手のビルドアップにしっかりとした守備を見せる。服部年宏が小林裕紀のボールを狙い、セカンドボールを激しく競り合う。激しいコンタクトに一度ピッチに座り込み、プレーが切れるが、すぐさま立ち上がりプレー再開。FC岐阜サポーターから大きな声援が送られている。
後半20分、ジュビロ、相手を激しく競り合った黄 誠秀がピッチに倒れ込み、プレー中断。しかし、すぐ立ち上がりプレー再開。
後半21分、FC岐阜、CK、三田光のキックはジュビロがニアサイドでクリア。そのこぼれ球を拾った地主園秀美がミドルシュートを狙うが、これはミートせず、ジュビロボールに。
後半23分、ジュビロ、交代(2枚)、ロドリゴソウトに代わり山本康裕を投入、黄 誠秀に代わり菅沼 実を投入。
後半24分、ジュビロ、山本康裕はボランチに、菅沼 実は中盤右へ入った。
後半25分、ジュビロ、ペク ソンドンが交代の準備を進めている。
後半25分、FC岐阜、敵陣右でFKを獲得。FKを頭で合わせるが、ファウルの判定、ジュビロボールに。
後半27分、ジュビロ、押谷祐樹がぺナルティーエリア左からドリブル突破、1人をかわすが、その後相手に囲まれシュートを打てず。
後半28分、ジュビロ、交代、押谷祐樹に代わりペク ソンドンを投入。昨季までFC岐阜でプレーした押谷祐樹には会場から大きな声援が送られている。
後半29分、FC岐阜、交代、廣田隆治に代わりブルーノを投入。
後半30分、敵陣左でボールを持ったペク ソンドンが中央へクロス、これにファーサイドから菅沼 実が飛び込むが、惜しくも相手にクリアされた。
後半32分、ジュビロ、ペク ソンドンはそのまま1トップの位置に入っている。
後半33分、ジュビロ、自陣からビルドアップ、山本康裕がペク ソンドンへ縦パスを送るが、惜しくも服部年宏にカットされ、ボールロスト。
後半34分、ジュビロ、自陣からビルドアップ、山本康裕→ペク ソンドン→小林裕紀とつなぎ、右から左へ展開。最後は山本脩斗のクロスのこぼれ球を拾った菅沼 実がシュートを放つが、惜しくもゴールならず。
後半35分、ジュビロ、敵陣右でボールを持ったペク ソンドンが相手を揺さぶりゴール前へクロス、これを松浦拓弥が頭で落とすが、その後つながらず。
後半37分、FC岐阜、交代、地主園秀美に代わり佐藤洸一を投入。
後半38分、自陣でボールを拾った小林裕紀がペク ソンドンへつなぎ、カウンターへ。敵陣左で攻撃を作り、最後は山田大記がファーサイドの藤田義明へ浮きパス。これを受けた藤田義明が頭でゴール前へ落とすが、惜しくも相手にクリアされた。
後半40分、ジュビロ、自陣でボールを小林裕紀が前線のペク ソンドンへロングフィード。相手最終ラインの裏でボールを受けたペク ソンドンが起点を作る。その後パスをつなぎ、再びボールを受けたペク ソンドンが中央からミドルシュート。これは大きく枠を外れた。
後半43分、FC岐阜、CK、これはジュビロがニアサイドでクリア。しかし、そのこぼれ球を拾われ、チョ ビョングクのファウルで相手にFKを与えてしまう。野田明弘のキック(ゴール左)を関田寛士 に頭で押し込まれ、失点。【0-1】
後半45分、後半アディショナルタイムは4分。
後半アディショナルタイム2分、ジュビロ、敵陣中央、菅沼 実、ペク ソンドンのワンツーでゴールを目指すが、ボールロスト。
後半アディショナルタイム4分、ジュビロ、ゴール前の混戦からペク ソンドンがシュート、さらにこぼれ球をチョ ビョングクがボレーシュート!これは枠を捉えられず、ここで試合終了のホイッスル・・・。【0-1】
森下 仁志 監督

――感想
結果は残念なものになりましたが、僕自身、選手を責める要素は全くなく、特に後半の出来に関しては自分たちが目指している形ができていたと思いました。最後のところでやられましたが、そこはトレーニングで判断を高めるということが大切だと思いました。『やり続ける』ということを選手たちには伝えました。

――後半かなりボールが回るようになったと思いますが、特に交代選手を入れてからボールが回るようになったと思います。(途中投入した)3選手にはどのような指示を出されたのか、また、その3選手の動きをご覧になっていかがでしたか?
もちろん交代した選手の出来は素晴らしかったです。ハーフタイムに伝えましたが、縦の動きということも大事になってきますし、(ペク)ソンドンはそれが非常に判断よくできる選手なので、それによってチームが動いたのではないかなと思います。

――岐阜にとってなじみ深い押谷祐樹選手についてですが、今季どんな活躍を期待されていますか?また、服部年宏選手についてですが、対戦チームの監督として改めてどんな印象をお持ちになりましたか?
まずは服部くんについてですが、僕はそこまで見る余裕もなかったですし、チーム全体の動きを見ることで精一杯でしたし、僕が改めてここで言う選手ではないと思います。
押谷に関しては今日前田遼一がおらず、金園もケガをして、山崎もいない中、あのポジション(1トップ)を任せられる選手だと思いますし、あと、ワイドのところもやれると思います。僕は(押谷を)ユースの頃から知っていますが、岐阜さんのところから帰ってきて非常に大人になったと思いますし、人間として成長したことがあいつのプレーの成長につながっていると思います。今年はそういう意味でもいろいろなポジションで期待しています。

藤田 義明 選手

藤田 義明 前半は(前線の)動き出しを増やせない部分もあり、後半に動き出しが出てきたと思います。やはり足元のパスだけではなく、裏があってのボール回しかなと。そのあたり、(ペク)ソンドンが入り、相手の背後を突くことで相手が下がり、足元のパスがより有効になってきた部分もあったと思います。
(試合全体を通じて)いい時間帯もあったので、それを続けていければと思います。

菅沼 駿哉 選手

菅沼 駿哉 後ろから怖がらずにつなげた時にはボール保持の時間を増やせましたが、前の動き出しと(後方からのパス出し)が合わなかった場面もありました。その点、岐阜のプレスというより、(自分たちが)噛み合っていない部分もありましたし、その点は課題です。
(失点シーンについて)足が止まってしまった部分もありましたし、もったいないと思っています。一人一人が自分の前のマークに対してさらに責任を持つことができればと思います。

八田 直樹 選手

八田 直樹 (失点シーンについて)セットプレーはどのチームも狙ってくると思います。もう一度気を引き締めてやっていかなければいけないと思っています。ただ、流れの中で崩されたわけではないので、そのことも意識しながら次につなげていきたいです。

黄 誠秀 選手

黄 誠秀 結果がついてこなかったですし、点も入っていないので、やはり前線のポジションで出た以上、満足はできません。ただ、個人的にはリラックスして、過度に気負わずピッチに立つことができました。
(試合を振り返り)自分たちで焦れてしまい、無理にパスを入れてしまった部分もあったと感じましたし、そのあたり、自分たちでリズムを作ることができなかった場面もありました。
(来月の開幕戦へ向けて)今回はスタメンという形でしたが、結果を出さなければ次はないと思っています。これに満足せず、やはり開幕戦のピッチに立たなければという思いが強いですし、一日一日の練習に励んでいきたいです。

ペク ソンドン 選手

ペク ソンドン 今日出場できてゲームの流れも掴めましたし、チームメイトとのコンビネーションも合ってきたのでよかったです。もう少し出たかったというのが本音です。
最初よりどんどんよくなっていると思いますし、チームメイトの名前も覚えましたし、特徴やタイミングなどもわかってきました。ただ、ゴールを決められなかったことは残念ですが。
ここからもっとコンディションも上げ、チームに機能できるように頑張ります。

山本 康裕 選手

山本 康裕 今年はまだチーム練習へ参加する時間が少ないのですが、今日は手応えもありました。途中出場だったのでベンチから見ていてなかなかボールがうまくつながっていないと感じていましたし、そのあたりを出場した時は意識してやろうと思っていました。
ゴールを奪えなかったことは残念ですが、チームのやり方をやり通すことが今は大事です。監督もそう言っていますし、それを信じてチームを作っていきたいと思っています。開幕スタメンを目指し、またここから頑張ります。

押谷 祐樹 選手

押谷 祐樹 結果的に負けてしまったことが非常に残念です。2年半いた岐阜なので感謝の気持ちを持って試合に挑みました。せっかくのスタメンでしたが前半なかなかうまく行かない時間帯もあり、シュートを打てなかったことが悔しいです。開幕まであと2週間なのかもう2週間なのかわかりませんが、時間はまだあるのでしっかりトレーニングを積んで戦っていきたいと思います。

FC岐阜 行徳浩二監督
 

――感想
選手たちは少しずつ仕事の役割を理解して、最後まで諦めないで戦うことができたと思います。
結果については勝ったことで勢いがついてくれればと思いますが、まだ修正点がたくさんありますし、まだなにも始まっていないので、開幕までにまた修正していきたいと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯