2012年 試合速報

2012 ヤマザキナビスコカップ vs.川崎フロンターレ

frontale
frontale

1 勝
1 分
3 敗
7 得点
10 失点
勝点 4
順位 6

0
  • 0
  • 1

  • 0
  • 0

1
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

3 勝
0 分
1 敗
9 得点
7 失点
勝点 9
順位 2

前半
25分
山崎 亮平
登里 享平
田中 雄大
39分
ハーフタイム 後半
柴崎 晃誠
小林 悠
レネ サントス
稲本 潤一
32分
21
西部 洋平
4
井川 祐輔
15
實藤 友紀
23
登里 享平
25
レネ サントス
3
田中 裕介
16
楠神 順平
19
柴崎 晃誠
6
田坂 祐介
9
矢島 卓郎
10
レナト
SUB
1
杉山 力裕
24
田中 雄大
20
稲本 潤一
28
田中 淳一
11
小林 悠
17
小松 塁
26
谷尾 昂也
監督
風間 八宏
31
竹重 安希彦
13
宮崎 智彦
20
山本 脩斗
22
菅沼 駿哉
33
藤田 義明
6
ロドリゴ ソウト
7
小林 裕紀
10
山田 大記
11
松浦 拓弥
23
山本 康裕
9
山崎 亮平
SUB
21
八田 直樹
4
千代反田 充
16
金沢 浄
15
菅沼 実
34
黄 誠秀
14
押谷 祐樹
30
阿部 吉朗
監督
森下 仁志

7,970
スタジアム名 試合日 キックオフ
等々力陸上競技場 6/9(土) 16:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝 十河 正博 飯田 淳平
天候 試合時間 副審 副審
90分 五十嵐 泰之 間島 宗一
気温 湿度 第4の審判員 記録員
19度 95% 安元 利充 大高 常勝
6 シュート 13
17 ゴールキック 5
2 コーナーキック 8
12 直接FK 9
0 間接FK 3
1 オフサイド 3
0 PK 0

「自分たちでどうにでもできる状況」

森下仁志監督の言い回しである。
カップ戦の決勝トーナメントへの切符は目の前にある。それを掴むか、否か――。久々の公式戦はサックスブルーの力量を改めて問われる重要な一戦となる。

6月最初の公式戦はヤマザキナビスコカップ。ジュビロ磐田が属するAグループは大混戦である。第5節を終えた段階で3チームが勝点9で並び、得失点差でセレッソ大阪、ジュビロ磐田、サガン鳥栖という順位で今節を迎えることになる。勝点6で追うベガルタ仙台、浦和レッズにも決勝トーナメント進出の可能性が残されており、計5チームがしのぎを削っている。グループリーグの順位は残り2節で決まることになる。他会場の結果にも左右されることになるが、今節・川崎フロンターレ戦、次節・ベガルタ仙台(6月27日)で勝点6を獲得できればグループリーグ突破は大きく近づく。「勝たなければグループリーグを突破することは難しい」と話していたのは山崎亮平。勝点の計算など時間の無駄でしかない。2戦2勝。目指すのは勝利のみだ。

5月下旬のリーグ・大宮アルディージャ戦に勝利したジュビロ磐田はこの中断期間も森下仁志監督と選手が一体となってタフなトレーニングを継続してきた。メニューにさらなるバリエーションを加えながら練習を指揮してきた森下仁志監督は「選手間の関係性が増えてきた」とこの2週間を振り返り、ゲームキャプテン・山田大記は「チームの成長を感じられるような試合にしたい」と意気込む。

今季、川崎フロンターレとはすでに公式戦で一度対戦しており、先月上旬のリーグ戦ではアウェイ・等々力で点の取り合いを制することができなかった。今回の対戦では代表で前田遼一、駒野友一、チョ ビョングクが不在。川崎フロンターレも中村憲剛を欠く布陣となり、互いに前回の対戦とは異なるメンバーがピッチに立つことになるが、リーグ戦のリベンジを懸けたゲームであることに変わりはない。等々力は今日も雨。1か月前と同じ場所、同じ天候で迎える一戦はけして同じ結果にはならない。今季2度目の“サックスブルーダービー”はチームの進化を見せつけるための一戦だ。

前半0分、ジュビロボールで前半キックオフ!
前半1分、等々力は雨。スタジアムに両チームサポーターの声援が響く。
前半4分、川崎F、敵陣左からのクロス、矢島卓郎が競ったこぼれ球を小林裕紀が大きくクリア!
前半5分、ジュビロ、敵陣でボールを動かす。左サイドで小林裕紀が縦パス。松浦拓弥が上手く反転してドリブルを仕掛けるが、これは相手にカットされシュートまで持っていくことはできず。
前半5分、ジュビロ、敵陣でボールを動かす。左サイドで小林裕紀が縦パス。松浦拓弥が上手く反転してドリブルを仕掛けるが、これは相手にカットされシュートまで持っていくことはできず。
前半7分、両チーム監督がテクニカルエリア前方で戦況を見つめている。共にジャージを着用。
前半8分、ジュビロ、この試合最初のシュート。松浦拓弥、小林裕紀、山田大記が巧みにトライアングルを作り左サイドで起点を作る。ゴール前のパスワークから最後はロドリゴソウトからのパスを受けた山崎亮平が右足シュート。これは相手にブロックされ、こぼれ球を山本康裕が右足で狙うがこれはゴールの上に外れた。
前半11分、ジュビロ、この試合最初のゴールキック。この試合がプロデビュー戦となる竹重安希彦が落ち着いたキックを見せる。ただし、この直後、自分の前にこぼれてきたボールをクリアしようとするもジャストミートできず、クリアが小さくなってしまった・・・。雨でスリッピーなピッチには十二分に注意していきたい。
前半14分、川崎F、レナトが右サイドを突破し、左足でシュート。これは藤田義明がしっかりブロック!
前半15分、ジュビロ、敵陣左サイドから攻撃。山田大記のクロスに山崎亮平が飛び込むが、これは相手ボールのゴールキック。
前半16分、ジュビロ、松浦拓弥が敵陣中央で力強いドリブルを見せ、ラストパス。これに山崎亮平が走り込むが相手にクリアされ、CKを獲得。キッカーは小林裕紀、これを菅沼駿哉が頭で合わせるが、シュートは惜しくも西部洋平の正面・・・。
前半19分、川崎F、敵陣左から攻撃を仕掛けるが、山本脩斗がカット。マイボールにした後にバックパス。これを竹重安希彦が大きく蹴り出した。
前半20分、ジュビロ、中央でパスをつなぎリズムを作る。最後は山本康裕が右サイドから逆サイドへ展開。タッチライン際で山田大記がボールを胸でコントロールをするも、これは相手ボールのスローインの判定。
前半22分、川崎F、レナトと楠神順平がパス交換でリズムを作るが、最後はロドリゴソウトが体を張った守備を見せ、山本康裕がこぼれ球を拾い前線の山崎亮平へ。このパスはつながらなかったが集中力の高い守備を継続できている。
前半23分、ジュビロ、右サイドから攻撃。山本康裕が縦パスをヒールで後方に流し、そこへ山本脩斗が走り込む。いい形の攻撃だったが、山本脩斗のドリブルは惜しくも相手にカットされた。
前半25分、ジュビロに待望の先制ゴール!!!山田大記が鋭いドリブルで敵陣左サイドを駆け上がり、左へパス。このパスを受けた宮崎智彦が左足でクロス。これを山崎亮平が左足で押し込み、先制!!!【1-0】
前半28分、ジュビロ、先制後もしっかりとボールキープできている。ボールを動かしながら最後は宮崎智彦が縦パス。これを受けた山田大記が敵陣左からドリブルで切れ込むが、シュートまで持っていくことはできなかった。
前半30分、ジュビロ、小林裕紀のインターセプトから一気にカウンター!小林裕紀からパスを受けた山田大記が敵陣左サイドからクロスを上げるが、これは惜しくも相手にカットされた。
前半32分、山崎亮平と接触した登里享平がピッチに座り込み、一時プレーが中断。再開後、川崎Fの攻撃を受けるが、シュートは打たせず。登里享平はプレーを続行している。
前半34分、ジュビロ、決定的なチャンス!宮崎智彦のクロスを受けた山本脩斗がシュート!これは惜しくもポスト直撃!山本康裕が接触プレーで一時ピッチに倒れ込んでいたが、しばらくしてプレーを再開させた。
前半36分、ジュビロ、前線でパスを受けた山本康裕が右足でシュート!これは相手にブロックされたがその直後にも山本康裕が松浦拓弥のクロスにフリーで飛び込みシュートを打つが、これは枠の外へ・・・。
前半39分、川崎F、1枚目の選手交代、負傷した登里享平に代わり田中雄大を投入。
前半41分、川崎F、右サイドから攻撃。レネ サントスのクロスのこぼれ球を矢島卓郎がバイシクルシュート!これは大きく枠の上。
前半42分、ジュビロ、決定機! 敵陣左でボールを持った山田大記が深い位置から左足でクロス。これを受けた松浦拓弥が左足でシュートを放つが、これは惜しくも西部洋平にブロックされ、追加点はならず。
前半45分、ジュビロ、ボールを動かしながら攻撃を仕掛ける。この時間帯、ボール支配はほぼジュビロ。前半アディショナルタイムは3分。
前半アディショナルタイム1分、ジュビロ、メインスタンド側からCK、キッカーは小林裕紀、ゴール正面を狙ったキックは相手にクリアされた。ここまでCKは両サイドとも小林裕紀がキッカーを務めている。
前半アディショナルタイム3分、ジュビロ、敵陣でボールを動かしてチャンスを作る。最後は縦パスを山本康裕がヒールで流し、山田大記が左足でシュート!このリフレクションを山崎亮平が頭で押し込みゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定・・・。ここで前半終了のホイッスル。
後半0分、川崎Fボールで後半キックオフ!勝負はまだわからない。まずは追加点だっ!!!
後半0分、川崎F、ハーフタイムに2枚目の選手交代、柴崎晃誠に代わり小林 悠を投入。
後半3分、ジュビロ、敵陣左に流れた松浦拓弥が起点を作る。ロドリゴソウトを経由して最後は小林裕紀が縦パスを狙うがこれは相手にカットされた。
後半4分、川崎F、レナトが遠目からシュート!これは大きく枠を外れたが、相手の攻撃には十二分に注意していきたい。
後半8分、川崎F、前線にロングボールを入れるが、これは山本脩斗がしっかりブロック。その後、反撃を仕掛け、ゴール前で山田大記が山崎亮平へスルーパス。これは相手にカットされたが惜しいシーンだった。
後半10分、ジュビロ、ハーフタイムの指示は3点。「落ち着いて攻撃を急がない」、「守備は自分たちからアクションを!」、「ボール際の戦いで負けない」。
後半13分、ジュビロ、敵陣左でボールを持った松浦拓弥がレネ サントスに1対1を仕掛ける、突破したかに見えたが、あと一歩のところで相手に防がれ、ボールロスト。ただし、攻守の切り替えのところでロドリゴソウトが的確な”潰し”を見せ、相手に反撃させなかった。
後半15分、ジュビロ、山田大記が敵陣左から右足でアーリークロス。際どいボールとなり、西部洋平がキャッチできずにこぼすが、そこへつめることはできず相手にクリアされた。
後半19分、川崎F、敵陣左サイドでボールを持った田中雄大が小林 悠へスルーパスを入れるが、これは山本脩斗がしっかり体を入れてマイボールに。
後半20分、残り25分。雨はだいぶ弱くなった。
後半22分、ゲームは膠着状態。互いにシュートまで持っていくことはできていない。
後半23分、ジュビロ、ロドリゴソウトが中央を突破し、左へパス。このパスを受けた山田大記がドリブル突破から左足で強引にシュート!これはゴール横に。
後半24分、ジュビロ、メインスタンド側からCK、キッカーは山本康裕。クリアボールを山田大記が右足で合わせるが、これは大きく枠の外・・・。
後半27分、川崎F、こぼれ球を拾ったレナトがミドルシュート。これは大きく枠を外れたが、常にゴールを意識しているレナトは要注意だ。
後半29分、川崎F、左サイドから攻撃。田中雄大がドリブルで突破し、クロス。際どいところにクロスが飛ぶが、これは竹重安希彦がパンチングでブロックした!
後半30分、ジュビロに決定機!菅沼駿哉のスルーパスを受けた山本脩斗がボールキープ。山本脩斗のパスを受けた松浦拓弥が1タッチでクロス。ファーサイドで山田大記が頭で合わせるが、これは西部洋平にブロックされた・・・。
後半31分、ジュビロ、左右から連続でCK。キッカーは共に山本康裕。これはいずれも相手にクリアされた。後半は山本康裕がCKのキッカーを努めている。
後半32分、川崎F、3枚目の選手交代、レネ サントスに代わり稲本潤一を投入。
後半34分、川崎F、ゴール前で数本のパスがつながりジュビロDFラインを突破。決定的なシーンとなるが、これはオフサイドの判定。
後半37分、ジュビロ、敵陣右サイドの高い位置でボールを持った山本脩斗がクロス。これをファーサイドで山田大記が合わせるがシュートは枠へ行かず、相手ボールのゴールキックに。
後半42分、ジュビロ、メインスタンド側からCK、キッカーは小林裕紀、これは相手にクリアされた。
後半44分、川崎Fにスルーパスから決定機を作られるが、これは間一髪のところで藤田義明がクリア!
後半45分、ジュビロ、カウンターから決定機。山崎亮平のボールカットから一気に攻撃を仕掛け、最後は松浦拓弥が西部洋平と1対1になるもシュートは決めきれず・・・。後半アディショナルタイムは4分。
後半アディショナルタイム3分、ジュビロ、再びカウンターから山田大記がフリーでボールを受けるが、シュートまで持っていくことはできず・・・。
後半アディショナルタイム4分、川崎Fが自陣でボールを持ったところで試合終了!!!決勝トーナメント進出へ向けて大きな勝利!!!ゴール裏のサックスサポーターが大歓声で選手たちを迎える!!!
森下 仁志 監督

――感想
まず、この天候の悪い中、たくさんのサポーターの方たちに来ていただき本当に感謝しています。選手にはそういったことを伝えましたし、やはり感謝の気持ちを持ち、ジュビロ磐田のサポーターのみなさんの思いを無駄にしないようにという思いでした。もちろんグループリーグ突破という目標はありますが、まずはサポーターの方の思いを無駄にしない姿勢で入ろうと。選手たちもその姿勢を貫いて粘り強く勝点3を取ってくれたと思います。
――竹重選手がプロデビュー戦となりましたが、起用はどういったタイミングで考えていたのですか?
もちろん八田もいいプレーを続けていますが、竹重もプロ3年目でここまで2年半、本当に真摯にトレーニングに励み、先発で出てもらえるパフォーマンスを練習から十分発揮してくれていたので、特に今日はナビスコにおいて大事な試合でしたが、僕自身、自信を持って送り出せましたし、期待以上のプレーを見せてくれ、初めてとは思えないような落ち着きだったと思います。
――山本康裕選手、小林選手、ロドリゴ選手の3枚を先発させましたが、布陣は[4-2-3-1]のままか、3ボランチに近い形だったのか、そのあたりはいかがですか?
システムで言えばそれぞれの選手の立ち位置でいろいろなシステムを言えると思いますが、(山本)康裕が右をやることで(ペク)ソンドンと違った特長と言うかより変化を起こすという意味では非常に長けているので、そういう意味ではよく動いてくれました。ただ、あのポジションでも(山本)康裕であれば僕自身もっとやれると思いますし、そのあたり、チームとしてもそうですが、彼自身にももっともっと要求していきたいと思っています。
――山本康裕選手の右サイド起用は今後も続ける可能性はありますか?
(前田)遼一は今いませんがまた来週帰ってきますし、戻ってくればどのポジションも本当に競争が激しいので、来週の練習を見て状態のいい選手を選んでいきたいと思っています。
――交代カードを切らなかった意図は?
さきほどテレビのインタビューでも言わせていただきましたが、ベンチには経験のある優れた選手たちがいますが、やはりグラウンドに立っている22、23歳の選手たちが苦しい状況でも乗り越えなくてはいけない時もありますし、今日の試合に関してはそういう部分でベンチに座っている選手には申し訳なかったです。代えればもっと簡単だったかもしれませんが、やはり彼らにやりきらせると言うか、まだまだ甘い部分もたくさんありましたし、そういうメッセージを含めて最後までやってもらいました。
――山崎亮平選手の評価は?
山崎はつい最近キャンプが終わったぐらいのタイミングだと思いますし、徐々によくなってきていて日が経てば経つほど彼らしいプレーが出てきているので、今日も時間を追うごとに彼らしいプレーが出てきていますし、才能という部分では間違いありません。ただ、彼に対しても(山本)康裕と同様に高い要求をしていきたいと思います。
――後半のゲーム運びを含め、チームが今後さらに高いレベルに行くために必要な部分は?
守備に関してはスタートのポジショニングを取るのも遅れている場面もありましたし、球際の部分でも入れ替わる部分もありましたし、連続性という部分でも連続していない場面もありましたし、守備面では特にそのあたりを追求してやりたいと思います。
攻撃に関しては代表選手がいない分、外からのクロス、ヘディングの強い選手という部分では前線は小柄な選手が多いので、今日のように崩しきるということが必要だと思いますし、本来チームを立ち上げた時からそこを目指してやってきていますし、やはり今日もチャンスを作ってまだまだ決めきれていない部分もたくさんありますし、そのあたり攻守で自分たちが少し難しくしている部分があるので、そこは甘さを含めてあると思うので練習から追求していきたいと思います。

松浦 拓弥 選手

松浦 拓弥 もっと崩せたと思いますし、やることは多いと思いますが、まずは勝点3が取れたことはいいことだと思います。
――代表組がいない中で意識したことは?
やはりコマ(駒野)さんと(前田)遼一くんがいればセンタリングのボールも変わってくると思いますが、やはり中が小さいのでより相手を崩してプレーしなければいけないと思いますし、より精度を上げていかなければいけません。やはりセンタリングにしても低い、今日の試合の先制点のようなボールも増えてくると思いますし、(前田)遼一がいれば高いボールもあると思いますし、そのあたりで変わってくることもあると思うので、そのあたりを意識しました。
――山本康裕、小林裕紀、ロドリゴソウトが同時に先発することになりましたが、布陣は[4-2-3-1]のまま?
そうですね。(山本)康裕は右に入って。(山本)康裕もどのポジションでもプレーできると思いますし、中央でパスを受けられますし、流動的にポジションを変わる中でそこで役割を果たせばいいという感じでプレーしていました。特に難しいことはありませんでしたが、もっともっと点を取りたかったですね。

竹重 安希彦 選手

竹重 安希彦 ――スリッピーなピッチコンディションでしたが?
逆に雨ならロングボールが向けてくるので、その点ではやりやすいと思っていました。
――キックの面でもピッチコンディションは気にならなかったですか?
気になってなかったのですが、あまりいいキックではなかったですね(苦笑)
――自分自身のデビュー戦で勝ち切ったことは大きいのでは?
しっかりみんなで協力して完封できたのでよかったですね。思ったよりは落ち着いてプレーできたのでよかったです。
――試合前、森下申一GKコーチに助言されたことは?
いつも通り落ち着いてやれば大丈夫だと言ってくれたので、落ち着いて入れました。
――改めて加入してから今までを振り返ると?
長かったような短かったような、というような感じです。ただ、これからがスタートなのでしっかりやっていきたいです。

山崎 亮平 選手

山崎 亮平 チャンスを作っていた中でこうした短期間のリーグで得失点差も大事だと思いますし、やはりもっと点を取らなくてはいけないと思いました。
途中ルーズになったりみんな動きがなくなってリズムがなかなか掴めない時もありました。そこで踏ん張れたことはよかったですが、やはりそういった時間を少なくし、もっと90分を通して主導権を握れるサッカーができればと思います。
――背番号9として初めてのゴールとなりましたが?
試合中は特別意識することはありませんが、やはり特別な番号だと思うのでもっともっと得点が取れるように頑張ります。
――竹重選手のデビュー戦を白星で飾ることができました。
竹重くんだったり、ディフェンス陣が頑張って0点に抑えてくれたので、もっと点を取ってもっと楽なゲームにできればと思います。
自分もそうですが、リーグになかなか出ていなかったり、ナビスコでもベンチに座っている選手でもみんな出ればやってやろうという気持ちがあると思います。そういった中でナビスコをここまで戦ってきていろいろな選手が出ましたが、それでも今グループ首位に立っていられるということはみんなの一体感と言うか普段からの姿勢が結果につながっていると思います。

山田 大記 選手

山田 大記 決めるところで決めなかったり、攻撃の終わり方が悪かったりという部分で、自分たちで自分たちの首を絞めてしまった部分もありました。やはり決めるところを決めていい形で攻撃を終えることができれば後ろの選手ももっと楽だったと思いますし、自分たちも慌てて戻る場面が少なかったと思うので、そういったところは反省点です。
――山崎選手のゴールもありましたが?
ヤマちゃん(山崎)に限らず、けがで苦労している選手をずっと見てきましたし、今日3年目で初めて試合に出たタケさん(竹重)にしてもヤマちゃんにしてもそういった選手が活躍してくれるということはチームがすごくいい雰囲気になっていくと思いますし、嬉しいです。

川崎フロンターレ ■風間八宏監督
 

今日はやはり前半から…。久しぶりにまだまだ試合勘が戻っていない選手もいますし、それからケガで行ったり来たりしてる選手がいるということもありますが、前半からしっかりボールを持てませんでした。特に受け手が非常に少なかったということでちゃんとボールを持てなかったというのが、この1試合を通しての感想です。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯