2010年 試合速報

天皇杯2回戦

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

2
  • 0
  • 0

  • 2
  • 1

1
shimanami
shimanami

前半
28分
山口 純
松浦 拓弥
成岡 翔
42分
ハーフタイム 後半
14分
稲田 圭哉
16分
北森 陽介
22分
山本 幸太
柏木 健太郎
菅沼 実
32分
荒田 智之
山崎 亮平
山本 康裕
34分
中原 大志
尾花 俊基
36分
小笠原 宏樹
本田 慎之介
古賀 正紘
38分
44分
木村 惇
金 賢
21
八田 直樹
4
大井 健太郎
16
金沢 浄
20
山本 脩斗
30
本田 慎之介
3
岡田 隆
15
菅沼 実
24
松浦 拓弥
28
船谷 圭祐
19
荒田 智之
25
山崎 亮平
SUB
31
竹重 安希彦
17
犬塚 友輔
34
黄 誠秀
50
古賀 正紘
10
成岡 翔
23
山本 康裕
8
ジウシーニョ
監督
柳下 正明
1
土井 康平
2
斉藤 誠治
3
稲田 圭哉
4
谷東 磨
8
中原 大志
15
木村 惇
17
山本 幸太
24
北森 陽介
28
山口 純
9
柏木 亨太
10
小笠原 宏樹
SUB
21
清水 秀平
13
松田 寿人
22
植村 公亮
25
尾花 俊基
11
金 賢
16
児玉 剛
26
柏木 健太郎
監督
八木 邦靖

1,730
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハスタジアム 9/5(日) 19:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 川上 覚 今村 義朗
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 中原 美智雄 中野 卓
気温 湿度 第4の審判員 記録員
28.4度 89% 澤田 健 花澤 秀登
28 シュート 2
4 ゴールキック 16
14 コーナーキック 3
19 直接FK 9
4 間接FK 1
4 オフサイド 1
0 PK 0

今シーズンのジュビロ磐田の天皇杯がいよいよ開幕する。
初戦(2回戦)の相手は格下と愛媛FCしまなみ。
しかし、格下相手とは言え油断は大敵。
しっかりと勝利を収め、3回戦へと進出したところである。

4日前にナビスコカップを戦ったばかりのジュビロ磐田、今日の試合を入れて8日間で3試合とかなりのハードスケジュールとなってしまったが、強いチームにとってはこれは当たり前。
上位チームとなればACLなどでさらに試合数は増加する。
今シーズンはワールドカップの影響もあるが、夏場のこのシーズン、乗越えなければならない試練である。

ここで大事になってくるのが、普段バックアッパーに入っている選手達。
レギュラーの選手が疲労を考慮され、今回の試合では出場しない可能性がある。
それだけに、バックアッパーの選手達にとっては勝負所となる一戦だ。
ここでしっかりとアピールし、一歩でもレギュラーに近づけるように全力で試合に臨みたいところだ。これは選手達が一番分かっているだけに、試合ではしっかりやってくれることだろう。

2回戦の対戦相手の愛媛FCしまなみ。
J2の愛媛FCが2008年まで四国リーグに在籍していた「愛媛しまなみFC(本拠地・今治市)」と手を組み、愛媛FCのアマチュアチームとして立ち上げたチームである。
ほとんどの選手が20代前半と若手が多く、やってやろう精神はそれだけでチームを強くするだけにジュビロは警戒して試合に入りたいところ。

試合開始は19:00
熱いご声援宜しく御願いいたします。

前半0分、ジュビロボールで前半キックオフ!
前半1分、ジュビロ、最終ラインで攻撃を組み立てていく。プロ入り初先発の本田慎之介がボールにタッチ。落ち着いてパスをつないだ。
前半2分、ジュビロ、船谷圭祐のコーナーキックに菅沼実がヘディングシュート!惜しくも相手GKの正面。
前半4分、愛媛FCしまなみ、フリーキックのこぼれ球を拾い、クロス。ゴール前でマークを外しフリーとなった選手が走りこむが、ボールに触れず。
前半5分、ジュビロ、菅沼実が左サイドからクロス、松浦拓弥が走り込むが惜しくも触れず。
前半7分、ジュビロ、相手ゴールキックをジュビロDFがヘディングクリア。このボールに反応した山崎亮平が相手DFの背後に抜け出し、フリーでヘディングシュートを放つが、惜しくも相手GKに防がれた。
前半10分、愛媛FCしまなみ、コーナーキックで際どいボールをニアサイドに合わせるが菅沼実がクリア。
前半11分、愛媛FCしまなみ、コーナーキックをゴール中央に合わせるが、本田慎之介が大きくクリア。
前半12分、ジュビロ、右サイド、船谷圭祐がボールキープして時間を作り、走り込んだ松浦拓弥にスルーパス。松浦拓弥が中央にクロスを送るが相手DFにクリアされた。
前半14分、この時間帯、ジュビロがボールを支配。トーナメントならではの緊張感がスタジアムを包む・・・。
前半16分、ジュビロ、船谷圭祐のショートコーナーを受けた松浦拓弥がファーサイドのクロス。荒田智之が折り返すも、このボールを押し込むことはできず。
前半17分、ジュビロ、自陣ゴール前で相手選手のドリブル突破を受けるも、これに対して本田慎之介が冷静な対応を見せてマイボールにした。ゴール裏のジュビロサポーターから大きな声援が上がる。
前半19分、ジュビロ、右サイド、パスを受けた山本脩斗がアーリークロスを送るも、中で合わせることはできず。
前半20分、ジュビロ、大井健太郎が自陣で落ち着いたビルドアップを見せている。最終ラインからチームを統率している。
前半22分、ジュビロ、左サイドから松浦拓弥がドリブルで切れ込みシュート!惜しくも枠を捉えることはできず。
前半22分、ジュビロ、山崎亮平のスルーパスを受けた荒田智之が右足でシュート。相手GKのファインセーブでゴールならず。
前半24分、ジュビロ、船谷圭祐のフリーキック。ファーサイドへの柔らかいボールを本田慎之介が打点の高いヘディンで中に折り返す。これに荒田智之が右足で合わせたが、惜しくも相手DFにブロックされた。
前半26分、ジュビロサポーターが大きな声援を送り続けている。愛媛FCしまなみのサポーターも少人数ながら声援を送り続けている。
前半28分、センターサークル付近、松浦拓弥へのファウルで愛媛FCしまなみの山口純にイエローカード。
前半29分、ジュビロ、センターサークル付近、パスを受けた大井健太郎が遠目から左足で強烈なシュート!低い弾道のボールは惜しくもゴール横に外れた。
前半30分、ジュビロ、柳下正明監督の指示がフィールド内に響いた。緊迫した展開が続いている。
前半33分、愛媛FCしまなみ、コーナーキックのチャンスもジュビロ磐田の選手にクリアされた。
前半34分、ジュビロ、自陣から大井健太郎が左サイドの展開。パスを受けた船谷圭祐がクロスボールを送るも相手DFにクリアされた。
前半36分、ジュビロ、この時間帯、ジュビロ磐田がボールを支配。ショートパスをつなぎ、相手ゴールを目指す。左サイドでパスを受けた金沢浄が荒田智之へパス。荒田智之が強烈なシュートを放つが相手GKのファインセーブで得点ならず。
前半39分、ジュビロ、敵陣中央で岡田隆が右サイドの山本脩斗へフィールド。山本脩斗のスルーパスを受けた荒田智之が滑り込みながら右足でシュートを放つも、相手GKに防がれた・・・。
前半42分、ジュビロ、松浦拓弥に代わり成岡翔を投入。
前半42分、ジュビロ、成岡翔はそのままボランチの位置に入った。
前半43分、ジュビロ、右サイド、成岡翔のクロスボールをゴール前の荒田智之が胸トラップし、そのままバイシクルシュート!惜しくも相手GKの正面。
前半44分、ジュビロ、成岡翔が遠目からミドルシュート。惜しくもゴール横に外れる。

アディショナルタイムはなし。0-0で前半終了。ドレッシングルームに入るジュビロ磐田の選手達にベンチメンバーが声を掛けている。
後半0分、愛媛FCしまなみボールで後半キックオフ!
両チームに交代はない。
後半2分、ジュビロ、右サイドで山本脩斗→船谷圭祐とつなぎ、最後は荒田智之がシュート!惜しくも相手GKの正面。
後半3分、ジュビロ、左サイドの金沢浄が荒田智之へスルーパス。飛び出してきた相手GKにクリアされるが、このこぼれ球を山本脩斗がシュート。これも相手GKにキャッチされた。
後半5分、ジュビロ、センターライン付近、大井健太郎のビルドアップを相手選手にカットされるが、菅沼実がすぐさま奪い返しマイボールとし、再び攻撃を組み立てる。
後半7分、ジュビロ、右サイドから山本脩斗がオーバーラップ。成岡翔とのコンビネーションで打開を図るも相手DFにカットされた。
後半8分、ジュビロ、右サイド、フリーキック、船谷圭祐がファーサイドの本田慎之介に合わせるが、相手DFがクリア。
後半11分、ジュビロ、船谷圭祐のコーナーキック、大井健太郎が飛び込むも惜しくも触れず、相手DFがクリア。こぼれ球を山本脩斗がダイレクトでシュートを放つが相手GKに正面でキャッチされた。
後半13分、ジュビロ、船谷圭祐のコーナーキックをファーサイドで荒田智之が頭で合わせるも、ゴール横に外れる。
後半14分、ジュビロ、左サイドの金沢浄が自陣からドリブルで持ち上げる。深い位置まで侵入し、相手のファウルを受けフリーキックを獲得。愛媛FCしまなみの稲田圭哉にイエローカード。船谷圭祐のフリーキックは相手DFにクリアされた。
後半16分、愛媛FCしまなみ、北森陽介に対してイエローカード。
後半17分、ジュビロ、敵陣中央でセカンドボールを拾った成岡翔が左サイドへ展開。パスを受けた金沢浄が菅沼実にパスを送ったが、タッチラインを割った。
後半19分、ジュビロ、左サイドの深い位置から金沢浄がセンタリング、ファーサイドに抜けたボールを拾った山本脩斗が再びクロスを上げるも、中央で合わせることができない。
後半20分、ジュビロ、右サイドの深い位置で山崎亮平がドリブルを仕掛けたが、複数の相手DFに囲まれ、ボールを失った。
後半21分、ジュビロ、船谷圭祐のコーナーキックのリフレクションを岡田隆がボレーシュート!相手DFがヘディンでクリアし、再びコーナーキック。
後半22分、ジュビロ、船谷圭祐のコーナーキックのリフレクションを山本脩斗がボレーで合わせたが、相手DFにクリアされた。
後半22分、愛媛FCしまなみ、選手交代、山本幸太に代わり、柏木健太郎を投入。
後半24分、愛媛FCしまなみ、途中投入された柏木健太郎は前線に入った。
後半26分、ジュビロ、敵陣中央で得たフリーキックを船谷圭祐がキック。直接ゴールを狙ったが、ゴール上に外れた。
後半27分、ジュビロ、船谷圭祐が中央から左サイドに展開。走りこんでパスを受けた金沢浄がドリブル突破を試みるも、相手選手2人に囲まれクロスを上げられず。
後半30分、ジュビロ、相手を押し込み敵陣でボールを動かすことができている。守備の陣形を整えた相手からいかに得点を取るか。
後半32分、ジュビロ、荒田智之からパスを受けた菅沼実がゴール中央から右足でシュート!強烈なシュートがゴールネットに突き刺さり、ジュビロ磐田が先制!!!【1-0】

選手交代、ジュビロ、山崎亮平に代わり山本康裕を投入。愛媛FCしまなみ、中原大志に代わり、尾花俊基を投入。
後半34分、ジュビロ、スルーパスを受けた荒田智之がシュート!一度は相手GKに防がれたが、こぼれ球を荒田智之が倒れこみながら押し込みジュビロが追加点!!!【2-0】
後半36分、愛媛FCしまなみ、ゴール前のこぼれ球を小笠原宏樹が右足ボレーで合わせ、1点を返す。【2-1】
後半38分、ジュビロ、本田慎之介に代わり、古賀正紘を投入。
後半40分、ジュビロ、右サイドからのフィールドを受けた荒田智之が成岡翔へ落とす。成岡翔が左足でシュートを放つも、相手GKのファインセーブでゴールならず。
後半42分、ジュビロ、攻め続けるジュビロは右サイドの山本康裕が左サイドに大きく展開。パスを受けた菅沼実がセンタリングを上げるも相手選手にクリアされた。
後半43分、ジュビロ、相手のクリアボールを岡田隆→菅沼実→荒田智之とつなぎ、相手ゴールに迫るが、最後は相手選手にクリアされた。
後半44分、愛媛FCしまなみ、選手交代、木村惇に代わり金賢を投入。アディショナルタイムは3分。
後半アディショナルタイム2分、ジュビロ、八田直樹が自陣からフリーキック。セカンドボールを拾い、マイボールに。
後半アディショナルタイム3分、愛媛FCしまなみ、自陣フリーキックからジュビロDFラインの背後に抜け出すも八田直樹にクリアされた。

ジュビロ、センターライン付近からの愛媛FCしまなみのフリーキックをクリアしたところで試合終了のホイッスル。ジュビロ磐田が勝利を決めた。【2-1】

試合終了、愛媛FCしまなみにスタンドから大きな声援が送られている。
柳下 正明 監督

――感想
まずは90分でゲームを終われたことは良かったかなと。それと大きな負傷者を出すことなく乗り切ることができたので良かったと思います。ゲームの内容については、立ち上がりに1点でも入っていれば流れも変わっていたと思いますが、こういう展開もある程度予測はしてはしました。もう少しの落ち着きと決定力があればトップチームのゲームにも絡めそうな選手も何人かいましたし、必死になってアピールしている選手も見られたので、これから残りのリーグ戦、ナビスコカップに向けてしっかり準備していきたいと思っています。

――得点を挙げた選手に対する評価は?
得点のみでプレーの出来を判断したり、評価したりはしないのですが、前半から非常に良いところに動いてボールを受けていましたし、得点にはつながりませんでしたがシュートは打っています。そういう動きは彼の良いところだと思います。ただ、後半などはボール保持者に対するサポートの動きに足りなさもあります。山崎亮平を交代させましたが、どちらにしようかと考えた部分もありました。ゴールに向かう動き、スペースを見つけて動くというプレーは彼の非常に良いところですし、それは得点場面以外にも何度か見られているので、これで状態が良くなってくれればと思っています。

山崎 亮平 選手

山崎 亮平 立ち上がりのチャンスで得点を取れていればという思いもあります。もう少しシュートシーンに絡みたかったですし、自分から動き出してパスを引き出すというプレーをもっと増やしたかったです。得点を取ることができず、アピールすることができなかったのでまた練習していきたいです。周りとの連係のところで、さらにボールを引き出し、シュートチャンスの数を増やしていくことが課題です。

荒田 智之 選手

荒田 智之 前半のチャンスを決め切ることができていればという思いもあります。後半得点を決めることができ、その他にもチャンスを作ることができましたが、課題もありましたし、まだまだだと感じた部分もありました。結果的に勝つことはできましたが、Jリーグやナビスコカップに向けてまたトレーニングしていきたいです。

岡田 隆 選手

岡田 隆 今日の収穫は勝ったことだけだと感じています。もっとアピールしたかったですし、Jリーグやナビスコカップにつなげていきたかったのですが、個人的にも物足りない部分もありましたし、プレーの質をもっと上げていかなければならないと感じています。前半に何度かあったシュートチャンスを決めていれば、という思いもありますが、さらに突き詰めてプレーしていかなければトップチームでプレーすることができないと感じました。より速い判断でプレーしていかなければいけないと感じましたし、相手の強みや弱みを試合の中で判断していくようなプレーをしていかなければといけないと感じています。

菅沼 実 選手

菅沼 実 勝てて良かったです。なかなかシュートが打てずチャンスがあればと思っていましたが、後半のチャンスで思い切り打つことができました。ジュビロ磐田に加入して早く1点取りたかったので、ほっとしている部分もあります。スコア的に物足りなさもありますが、天皇杯ということでなかなか難しい大会になることはわかっていましたし、先制点が大事になると思っていました。コンディションも良いですし、Jリーグやナビスコカップで暴れたいと思います。

本田 慎之介 選手

本田 慎之介 自分にとって初めての公式戦でしたが、気負い過ぎずいつも通りにプレーすることを意識していました。緊張しましたが、先輩方が声を掛けてくれましたし、楽しめてプレーできた部分もあります。ただ、無失点で抑えたかったですし、得点も取りたかったので、出来としてそこまで良くなかったです。自分が思っていたよりもやれたと感じる部分もありましたが、大きなアピールにはなりませんでした。ロングボール一本でピンチを作られたり、セカンドボールを拾われてピンチを作られないように注意していましたが、失点につながらなかった場面でも危ない場面を作られてしまいましたし、反省していかなければなりません。次はリーグ戦に出たいです。今日の試合でもさらにチームの助けになりたかったですし、そういった意味では得点の取れるディフェンダーになりたいです。

愛媛FCしまなみ 八木邦靖監督
 

中1日という厳しい日程、さらに1回戦を120分間フルに戦った中で、今のコンディション、今持っている力はジュビロさんに対して出し切れたかなと思います。ただ、やはりプロのセカンドチームとして、実際にプロでやっている選手との基本的な技術の差、ちょっとした隙を突くずる賢さ、そのあたりにはやはり差を感じました。思い出を作りに来たわけではなく、勝つということを意識して試合に臨み、最後ジュビロさんを少しは慌てさせることができたかなと思います。これぐらいの戦う気持ち、集中力を地元に持ち帰り、どんな相手でもどんな場所でも今日ぐらいのゲームができるようにまた頑張っていきたいと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯