2010年 試合速報

2010 J1リーグ 3節 VS.名古屋グランパス

grampus
grampus

1 勝
0 分
1 敗
4 得点
4 失点
勝点 3
順位 9

2
  • 1
  • 0

  • 1
  • 0

0
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

0 勝
1 分
1 敗
1 得点
2 失点
勝点 1
順位 14

前半
ブルザノビッチ
1分
ハーフタイム 後半
ブルザノビッチ
9分
17分
西 紀寛
荒田 智之
25分
成岡 翔
山本 康裕
玉田 圭司
28分
ブルザノビッチ
吉村 圭司
29分
中村 直志
マギヌン
35分
玉田 圭司
千代反田 充
42分
ケネディ
43分
1
楢崎 正剛
4
田中 マルクス闘莉王
5
増川 隆洋
32
田中 隼磨
38
三都主 アレサンドロ
7
中村 直志
9
ブルザノビッチ
10
小川 佳純
11
玉田 圭司
16
ケネディ
25
金崎 夢生
SUB
21
西村 弘司
3
千代反田 充
6
阿部 翔平
8
マギヌン
14
吉村 圭司
17
巻 佑樹
19
杉本 恵太
監督
ストイコビッチ
21
八田 直樹
2
加賀 健一
5
駒野 友一
13
イ ガンジン
14
パク チュホ
6
那須 大亮
10
成岡 翔
11
西 紀寛
24
松浦 拓弥
18
前田 遼一
33
イ グノ
SUB
31
竹重 安希彦
16
金沢 浄
20
山本 脩斗
23
山本 康裕
27
上田 康太
28
船谷 圭祐
19
荒田 智之
監督
柳下 正明

12,749
スタジアム名 試合日 キックオフ
瑞穂陸 3/21(日) 16:03
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 高橋 信光 井上 知大
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 岡野 宇広 数原 武志
気温 湿度 第4の審判員 記録員
7.9度 61% 山口 博司 渡辺 輝久
12 シュート 13
14 ゴールキック 10
1 コーナーキック 5
26 直接FK 19
1 間接FK 6
1 オフサイド 6
0 PK 0

2010年Jリーグ、第3節がまもなく始まる。
開幕から2試合を終えて1分1敗と未だに勝利がないジュビロ磐田。
早めに勝利を奪い、上昇気流に乗りたいところである。

そんなジュビロ磐田が今節対戦するのはストイコビッチ監督率いる名古屋グランパス。
今シーズン初の東海ダービーである。
今シーズンの名古屋は田中 マルクス闘莉王、金崎 夢生に千代反田 充と大型補強を行った。
それに、現有戦力の玉田圭司、ケネディ、小川佳純、マギヌンらが絡みあった布陣はまさにタレントの宝庫。
上位争いはもちろんのこと、優勝まで狙える布陣が整っている。

しかしジュビロからしてみたら決して相性は悪くなく、ここ3年間での7試合で3勝3分1敗と勝ち越し、Jリーグのみに限れば、3年間負けていない相手なのである。
当然選手達もコレを理解しているはずで、たとえ強豪とはいえ嫌な印象は持たずにゲームに臨むことができるだろう。
前節には前田遼一も復活し、チームの状態も徐々に上向いており、名古屋相手にもいい形で試合に入ることができるだろう。

2試合連続してアウェイでの試合となったが、今日の試合が行われるのは瑞穂。
静岡からも決して遠くは無く、ジュビロサポーターも沢山スタジアムに足を運んでくれることが予想される。
東海地区の主役になるためにも、この試合は決して落とすことができない。

キックオフは16時00分。
熱いご声援宜しく御願いいたします。

前半0分、ジュビロボールで前半キックオフ!
前半1分、名古屋、ブルザノビッチの超ロングシュート。
風にのったボールが八田直樹の頭上を越えネットに吸い込まれてしまう。【0-1】
前半4分、ジュビロ、エリアのすぐ外からのFK。
駒野友一が蹴ったボールは相手DFにあたりコーナーキックをゲット!

しかし駒野友一が蹴ったボールはミスキックとなってしまう。
前半5分、ピッチ上は風が強くなっており、ボールが風の影響を受けている。
前半8分、名古屋、三都主のFK。
左足で蹴ったボールが、ケネディへ。
ケネディがバックヘッドで狙うが、枠には入らず。
前半9分、名古屋、金崎夢生から田中隼磨につなぎ玉田圭司へ。
玉田圭司が左足でシュート。
ボールはポストに当たり、ゴールならず!
前半13分、名古屋、やはりサイドからの攻撃を多様し、センターで構える長身のケネディを狙ってくる。
加賀健一、イ ガンジンにはしっかり対応してもらいたい。
前半14分、名古屋、玉田圭司からのスルーパスに抜け出したケネディが、ループでゴールを狙うが、枠に入らず!
前半19分、ジュビロ、松浦拓弥がドリブルで仕掛けるが横へのパスがミスとなり相手ボールのスローイン。
前半21分、ジュビロ、最終ラインからのロングボール。
前田遼一が頭で落とすが、走りこむ選手がいない。
前半22分、ジュビロ、左サイドからの松浦拓弥の突破。
相手DFを一人かわしイ グノへラストパス!

しかしイ グノが珍しくシュートミス…
前半24分、名古屋、ゴール正面からのFK。
ブルザノビッチがグラウンダーのシュートで直接狙うが、八田直樹がファインセーブでなんとか死守!
前半28分、ジュビロ、左サイドでボールを持った西紀寛からパク チュホに繋ぎ、ラストパスを前田遼一へ!
前田遼一がフリーでシュートを放つが楢崎正剛に止められてしまう。
前半30分、ジュビロ、右サイドからのFK。
西紀寛が蹴ったボールに那須大亮が頭で合わせるが、バー直撃!

惜しくもゴールならず…
前半34分、名古屋が、最終ラインでボールを繋ぎ攻めの機会をうかがっている。
前半36分、またもや、ゴール正面からのFK。
三都主がケネディに合わせるが、ヘディングシュートが浮き球となりなんとか助かる…
前半38分、ジュビロ、ケネディにつぶされた加賀健一が出血しピッチに倒れこんでしまう。

その後立ち上がり、一旦ピッチの外へ。
止血をした後、ピッチに復帰し事なきをえる。
前半44分、ロスタイムは1分。
前半アディショナルタイム1分、ジュビロが自陣でボールをキープしたところで前半終了のホイッスル。
後半1分、後半開始早々の名古屋ボールのセットプレー。
三都主のFKはミスキックとなってしまう。
後半3分、ジュビロ、右サイドでボールを繋ぐが西紀寛のパスにイ グノが追いつかず…
後半5分、ジュビロ、玉田圭司からボールを奪った松浦拓弥がミドルシュート!
風で威力が増したボールが楢崎正剛を襲うが、弾かれてしまいゴールならず。
後半6分、名古屋、エリアのやや外からのFK。
玉田圭司が蹴ったボールに闘莉王が頭で合わせゴール・・・かと思いきや主審の笛が吹かれオフサイドの判定!
後半9分、名古屋、ジュビロの選手を倒したブルザノビッチに対してイエローカード。
後半11分、名古屋、左サイドからのコーナーキック。
玉田圭司のボールに闘莉王がニアで合わせるが、ヘディングシュートは枠に入らず。
後半17分、ジュビロ、西紀寛に代わり荒田智之を投入!
後半18分、名古屋、スローインからケネディ、玉田圭司と繋ぎ、玉田圭司がシュートを放つもポスト。
弾かれたところをケネディが詰めてゴール…かと思いきやまたもやオフサイドの判定!
後半22分、名古屋、三都主からのスルーパスに玉田圭司と加賀健一が反応。
競り合いとなったが加賀健一が勝ち、ジュビロボールのゴールキック!
後半25分、ジュビロ、成岡翔に代わり山本康裕を投入!
後半28分、名古屋、玉田圭司に対してイエローカード。
後半29分、ジュビロ、右サイドからのコーナーに前田遼一が合わせるが、枠にはいらず。

名古屋、ブルザノビッチに代わり吉村圭司を投入。
後半31分、名古屋、闘莉王からのFK。
ケネディが競り勝ち、そのまま右足でシュートを放つが、ボールはバーの遥か上を越えていく!
後半33分、ジュビロ、ゴール正面からの駒野友一のFK。
思い切ったシュートは、ゴール左に外れてしまう。
後半35分、名古屋、中村直志に代わりマギヌンを投入。
後半37分、ジュビロ、スローインから、ボールを繋ぎ最後は山本康裕がシュート!
ボールは枠に入ったものの、楢崎正剛にセーブされてしまう。
後半38分、ジュビロ、左サイドからのコーナーにファーサイドで那須大亮が合わせるが、ゴール前でクリアされてしまう。
後半41分、名古屋、途中出場のマギヌンからのクロス。
玉田圭司がヘディングで狙うが、ゴールならず。
後半42分、名古屋、玉田圭司に代わり千代反田充を投入。
後半43分、名古屋、左サイドからの金崎夢生のクロスに、頭一つ抜け出したケネディが合わせる。
ボールはポストギリギリに決まり名古屋追加点【0-2】
後半44分、ロスタイムは3分。
後半アディショナルタイム2分、ジュビロ、右サイドからの駒野友一のクロス。
ファーサイドでイ グノがフリーで合わせるもゴールならず…
後半アディショナルタイム3分、マギヌンがボールをキープしたところで試合終了のホイッスル。
柳下 正明 監督

――感想
立ち上がりに失点して、選手達が攻守において、前への意識を出さざるを得ませんでした。ただ、それが、良い形のプレーにつながっていたと思いますし、前後半でチャンスもありました。失点場面以外は、自分達のプレーができていたと思います。それよりも、チャンスを作りながら、得点を決められなかったので、これからトレーニングで修正していきたいと思います。

――荒田選手投入の狙いについて
得点をとるために攻撃的に出ました。彼自身、チームでボールを奪った後の動き出しは非常に早く、ゴールへ向かう動きがあるので、得点に絡むプレーを期待して投入しました。

――2トップの動きについて
攻守において、非常に運動量がありましたし、相手の嫌なところにも顔を出してプレーしていました。チャンスに得点できなかったこと以外はよかったと思います。

――サイドでのコンビネーションについて
90分を通じて、頻繁に良いコンビネーションをできるわけではないですし、グランパスも強力なアタッカーがいるのでなかなか難しい面はありましたが、今季やろうとしていることに関しては、何回かできたと思っています。

――ミドルシュートについて
グランパスのプレッシャーがありましたし、フリーでゴールに向かうプレーができませんでした。後半の立ち上がり、松浦選手のシュートもありましたが、もっと狙ってほしいという気持ちもありました。

――風の影響について
後半は追い風になるのでミドルシュートを遠くからでも積極的に打っていこうと伝えました。それから、前半と違って、背後へのボールが止まったり、浮き球の処理を注意することを伝えました。

松浦 拓弥 選手

松浦 拓弥 失点が早すぎた、チャンスを決めきれれば良かったが残念。シュートへの意識をもっと持たないといけない。ラストパスの精度ももっと上げていかないといけない。早く勝利がほしい

イ グノ 選手

イ グノ 試合に関して皆頑張りました。FW陣の頑張りがもっと必要です。(次節へ向け)集中して全力を尽くすしかない。何より勝ちたい

駒野 友一 選手

駒野 友一 1失点目の後は、どちらかと言うと自分達のペースだったと思います。チャンスを作ることはできたと思います。ただ、2点目を奪われたことが、チームとしては一番、気持ちの上でも痛かったと思います。

パク チュホ 選手

パク チュホ 前半立ち上がりの失点は、不運な形での失点だったと思います。ペース的には問題なかったと思います。得点が入ればもっと良かったと思います。相手のチャンスもありましたが、守るところはしっかりと守ることができたと思います。

イ ガンジン 選手

イ ガンジン 全体的に良かったと思いますが、チャンスで得点することができませんでした。加賀選手が相手と競り合った時には、必ずカバーリングに入ることを意識していました。今季、まだ勝つことができていませんが、内容的には悪くないと思いますし、続けていきたいです。

名古屋グランパス ストイコビッチ監督
 

今日は守備が本当に安定していましたし、決定力を見せることができました。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯