2008年 試合速報

サテライト Dグループ 第17日

spuls
spuls

2 勝
1 分
3 敗
5 得点
7 失点
勝点 7
順位 3

2
  • 0
  • 1

  • 2
  • 0

1
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

4 勝
1 分
1 敗
13 得点
6 失点
勝点 13
順位 2

前半
18分
西 紀寛
27分
森野 徹
マルコス パウロ
大前 元紀
30分
ハーフタイム
市川 大祐
佐野 克彦
戸田 光洋
長沢 駿
後半
矢島 卓郎
12分
20分
名波 浩
藤井 貴
カレン ロバート
押谷 祐樹
矢島 卓郎
永畑 祐樹
23分
27分
西 紀寛
高木 純平
31分
40分
河村 崇大
中島 良輔
44分
西 紀寛
21
西部 洋平
3
山西 尊裕
15
辻尾 真二
25
市川 大祐
27
廣井 友信
6
マルコス パウロ
14
高木 純平
16
本田 拓也
18
マルコス アウレリオ
9
矢島 卓郎
11
戸田 光洋
SUB
30
武田 洋平
32
佐野 克彦
24
永畑 祐樹
22
大前 元紀
31
長沢 駿
監督
田坂 和昭
1
松井 謙弥
2
森野 徹
4
大井 健太郎
5
岡田 隆
3
山本 修斗
6
河村 崇大
7
名波 浩
10
成岡 翔
11
西 紀寛
9
カレン ロバート
14
萬代 宏樹
SUB
16
八田 直樹
15
中島 良輔
8
藤井 貴
13
押谷 祐樹
監督
柳下 正明

1030
スタジアム名 試合日 キックオフ
三保G 10/19(日) 14:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 - 北村 央春
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 唐紙 学志 勝又 弘樹
気温 湿度 第4の審判員 記録員
24.8度 50% 西野 崇 山崎 光太郎
17 シュート 12
8 ゴールキック 14
9 コーナーキック 2
16 直接FK 9
3 間接FK 3
3 オフサイド 3
0 PK 0

2008サテライトリーグDグループ清水エスパルス戦。サテライトリーグも残り2試合となり終盤戦、ここまでジュビロ磐田は4勝1分1敗で2位。今日のメンバーを見てもらってわかるようにトップチームに出ていてもおかしくない顔ぶれで好成績を残している。晴天の三保グラウンド(エスパルス練習場)での14時キックオフという試合。昨日の大阪遠征から帰ってきた名波浩・大井健太郎・岡田隆・カレン ロバートらも合流、今日もそうそうたるメンバーが並んだ。GKは松井謙弥、3DFは真ん中に大井健太郎・右に森野徹・左に岡田隆、ボランチは河村崇大と成岡翔。右のアウトサイドで西紀寛、左に山本脩斗。そしてトップ下には名波浩が出場。FWはカレン ロバートと萬代宏樹が入った。ベンチにも八田直樹・中島良輔・藤井貴・押谷祐樹と注目選手が多くいる。ここからのJリーグ残り試合を考えてもこの試合の重要度が分かる。その想いはサポーターの数を見ても一目瞭然。グラウンド両面にある観覧席もサポーターでいっぱいになった。会場にはオフト監督も視察に来る予定で大事な一戦、サテライトリーグが清水エスパルス戦が始まる。

前半0分、ジュビロボールでキックオフ。カレン ロバートと萬代宏樹がボールを動かす。
相手GKからのロングボールを岡田隆が競る。後ろにボールがこぼれるがGK松井謙弥が飛び出しカバーする。
両チームのサポーターが太鼓と声援で応援が始まる。
前半2分、前線から名波浩・萬代宏樹・カレン ロバートがボール追いかけプレッシングをかけていく。右サイドから西紀寛のクロス、名波浩が展開し左の山本脩斗へ。両サイドからの攻撃が組み立てられる。
前半4分、最終ラインの大井健太郎がボールを持ち落ち着かせる。
前半5分、清水FW矢島のスピードとパワーあるドリブルに森野徹・西紀寛らが身体を当てていく。気をつけたい選手のひとり。
前半6分、清水の右サイドから戸田が突破、中央へ展開しミドルシュートの体勢となるが河村崇大がスライディングでカット。
前半8分、西紀寛のインターセプトから速攻、逆サイドの萬代宏樹へパス。ドリブルで左45度から左足シュートを放つがゴールバー直撃。
前半9分、清水の右サイド市川からのクロスボール矢島と松井謙弥が競りボールは流れていく。注意の必要な展開。
前半10分、ロングボールを矢島が受ける。大井健太郎が厳しく行くがファールとなる。
前半11分、清水左サイドDFの山西がロングシュート!ゴール右へ外れる。
前半12分、右DFへ入った森野徹から縦にロングボール、カレン ロバートが走り粘りCKを奪う。このCKを名波浩がショートで西紀寛へ。中へ切り込みながら左足シュートを放つがGKにキャッチされる。
前半14分、清水がDFラインからロングボールでジュビロDFラインの裏へ。矢島が飛び出すがGK松井謙弥がキャッチ。
前半15分、中盤で河村崇大が厳しくプレス、ボールを奪い萬代宏樹へ預け前線へ飛び出すがファールの判定。
前半16分、西紀寛が右サイドからドリブル、縦に飛び出したカレン ロバートへスルーパス。ゴールライン際からカレン ロバートが折り返し萬代宏樹へ。しかし足に当てられずボールが流れてしまう。
前半18分、萬代宏樹が左サイドでロングパスを受け裏へ飛び出す。カレン ロバートがニアに走りファーサイドの西紀寛がフリーになる。西紀寛の右足からのシュートが綺麗にゴール左隅へ決まり先制点![1-0]
前半19分、左ストッパーの岡田隆の判断が遅れミスからCKへ。マルコス アウレリオの右からのCKを矢島が頭で合わせる。GK松井謙弥の頭上を超えるがバー直撃。
前半21分、ロングボールで飛び出したマルコス アウレリオが右45度からフリーでシュートを放つがゴール上を超える。
前半22分、中盤でカレン ロバートと廣井が接触。廣井が倒れタンカが入る。一度外に出たが問題ないようだ。
前半24分、高木純平がキレのあるドリブルで右サイドを突破、大井健太郎のスライディングで何とかCKに逃げるが危険展開。
前半26分、マルコス パウロが足を痛めピッチを出る。
前半28分、相手のバックパスを狙った萬代宏樹がドリブルでゴールへ向かうが倒される。ノーファールの判定に選手たちが抗議するが変わらない。
前半30分、戸田からのアーリークロスを矢島がボレーシュート!ゴールマウスを外れるが危険な選手。
前半30分、マルコス パウロが左足首を痛め退く、準備しているのは大前元紀。
前半31分、名波浩と西紀寛でのパス交換、西紀寛がドリブルで上がりカレン ロバートへスルーパス。GKと1対1になるがシュートがGK西部の手に引っかかる。
前半32分、名波浩が右からCKを蹴る。ニアで山本脩斗が頭に合わせるが味方とかぶりフリーでシュートが打てない。名波浩から「声を出せ」と指示がでる。
前半34分、清水の右からのCK。ゴール前ではなくペナルティアークのところで大前がフリーでワントラップシュート!西紀寛がマークの確認を徹底させる。
前半37分、清水の右CKをニアで矢島と大井健太郎が競る。流れたボールを西紀寛が拾うと一枚前線に残っていたカレン ロバートへ展開。オフサイドギリギリの位置からドリブルで仕掛ける。左サイドから逆の萬代宏樹へ。DFを前にするが強引にシュート!こぼれ球を名波浩が左足でシュートするがゴール上を超えてしまう。
前半39分、ミドルレンジから萬代宏樹がシュートを放つがゴール左へ外れる。
前半41分、清水の戸田がDFライン裏へ突破し松井謙弥も交わしてシュートを決めるがオフサイド。この時間、中盤も広がりスペースが生まれている。
前半42分、ボランチの河村崇大が萬代宏樹へそして西紀寛へボールを配給しながらリズムを作っていく。最終ラインの大井健太郎を使い、逆サイドへ展開しながらポゼッションを上げていく。
前半44分、名波浩から成岡翔へそして左サイドの山本脩斗へ。一度下げて河村崇大から名波浩へ、アウトサイドで萬代宏樹へスルーパス。サポートに入った山本脩斗へ渡すがオフサイドを取られる。左アウトサイドというオフサイドラインの見えるポジションだけに注意してほしいところ。
前半アディショナルタイム1分、前線でカレン ロバートが身体を張りながら名波浩へ繋げ逆サイドの西紀寛へ展開。萬代宏樹の飛び出しへスルーパスを送るが後一歩。前線で山本脩斗とカレン ロバートが絡み仕掛けたところでオフサイドを取られ前半終了。
後半0分、清水は長沢と佐野を投入する。磐田の交代はなし。
後半1分、西紀寛かロングボールでカレン ロバートが走る。萬代宏樹がポストプレーで身体を張りファールを奪う。
後半3分、森野徹が長沢からボールを奪い西紀寛に繋げる。名波浩のヒールパスからカレン ロバートへ繋ぎ、逆サイドの山本脩斗へ展開するが、そこからが形を作れない。
後半4分、清水マルコス アウレリオのCK。ショートを使い矢島がポストになる。アウレリオへ戻しシュートを放つ。ゴール左ポスト直撃、後半立ち上がり清水の攻撃陣に押されている。
後半7分、ジュビロがボールを左右へ展開しながら回す。名波浩を基点にポゼッションを上げ左右のプレーヤーからクロスを上げられるようになるが決定機を作れるまではいけない。
後半8分、逆に清水の速攻が効果的になってきている。矢島・アウレリオのスピードと長沢の高さ。大井健太郎を中心に凌ぐ時間帯。
後半10分、左サイドでカレン ロバートが相手DFにプレス。粘りボールを奪うと萬代宏樹を経由して名波浩と大きなワンツー。ゴール前で萬代宏樹が競るがシュートを打てず足を痛めて倒れてしまう。
後半12分、清水の左から高木がドリブルで中へ入ってくる。ペナルティエリア内で混戦となりこぼれたボールを矢島が振り向きざまでのシュート!これがゴール左隅へ決まってしまい同点。[1-1]
後半13分、大前のドリブルに対し森野徹が身体をぶつけファール。ゴールから30mの位置でFK。アウレリオが直接狙ってくるが壁に入った河村崇大が頭に当てクリア。
後半15分、清水が左からCK、長沢が折り返し中央で大前らが飛び込む。最後は廣井がフリーでシュートを打つがゴール上を超える。この時間帯、完全に清水ペース。
後半17分、大きな展開で清水が攻撃を仕掛けてくる。矢島が起点となり出てくる清水。対する磐田は名波浩を起点に中盤から展開するシーンが増える。
後半18分、清水の前線での動きが激しくなっていく。矢島・アウレリオ・長沢・大前・高木の動きが目立つようになる。
後半20分、名波浩・カレン ロバートを下げ、藤井貴・押谷祐樹を投入!ポジションはそのまま代わった場所へ入っていく。
後半21分、清水の左サイド、高木がドリブルで中へ切り込みながらミドルシュート。GK松井謙弥がパンチングで弾く。
後半23分、清水矢島が下がり永畑が入る。成岡翔が左足でロングシュト!GK正面だが、弾いたところを萬代宏樹が詰めるが決めきれない。
後半27分、ジュビロが前線からボールを追い西紀寛が激しさを増していく。接触プレーの後、講義をした西紀寛へイエローカード。激しさを増していくゲーム展開で警告だけは避けたいところ。
後半28分、右サイドから西紀寛がFKを蹴る。ニアで河村崇大が足に合わせシュートを放つがゴールマウスは捕らえられない。
後半29分、右から西紀寛のクロス。左から山本脩斗のクロスに萬代宏樹が高さで、押谷祐樹が反応の速さでゴールを狙っていくがGKのファインセーブもあり決められない。
後半31分、アウレリオのドリブルに大井健太郎が振り切られる。切り替えしを繰り返し仕掛けられ、大井健太郎の体勢が崩れる。最後は中央にいた高木にゴール右隅へ決められ失点。[1-2]
後半33分、ジュビロDFラインのバランスが崩れてきている。成岡翔・河村崇大のボランチで基点を作り展開していくが、萬代宏樹へのロングパスが多くなってしまう。
後半34分、左から高木だドリブルで仕掛けセンタリング。中で長沢の高さとアウレリオのテクニックに翻弄されシュートチャンスを作ってしまう。GK松井謙弥の好セーブに助けられるが危険な時間帯が続く。
後半36分、森野徹が足を痛め伸ばしながら対応する。大井健太郎も含め、DF陣の負担が多くなり疲労度が増していく。
後半37分、清水の左サイド高木のポジションが捉まえきれない。大外でボールを受け、スピードにのってのドリブル。西紀寛の森野徹の疲れを感じる。
後半39分、清水、右サイドからのクロスボール。ファーサイドで長身189cmの長沢が飛ぶ。大井健太郎と河村崇大が身体を寄せセーブ。
後半40分、河村崇大に代わり中島良輔を投入する。足の止まってきたジュビロ守備陣。アウレリオがドリブルで次々と交わし一人でシュートまで持っていく。
後半41分、右サイドに入った中島良輔。西紀寛はトップ下へ入り、藤井貴が少し下がったポジションを取る。
後半44分、前へ展開を急ぎボールを動かしていく。右サイド、中島良輔から受けたボールを西紀寛がクロス。萬代宏樹の高さに合わせるが決められない。ロスタイム3分、西紀寛が右サイドからドリブルで中へ仕掛け左足シュート。DFに当たりゴールへ届かない。前線から萬代宏樹・押谷祐樹らがボールを追い、ラストチャンスを狙っていく。右コーナーで中島良輔が身体を張りファールを奪う。キ
ッカーは西紀寛。中央で萬代宏樹が飛び、その後ろで押谷祐樹が触るがシュートにはならない。ラストプレー、西紀寛が強引にドリブルで勝負。DFへ向かい身体をぶつけたところでイエローカード、本日2枚目となり退場処分。そしてここで試合終了。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯