2008年 試合速報

2008 Jサテライトリーグ Dグループ 第10日

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

3 勝
1 分
1 敗
11 得点
6 失点
勝点 10
順位 1

2
  • 1
  • 0

  • 1
  • 0

0
spuls
spuls

2 勝
1 分
0 敗
3 得点
0 失点
勝点 7
順位 2

前半
山西 尊裕
萬代 宏樹
7分
ハーフタイム
松浦 拓弥
永井 鷹也
戸田 光洋
望月 恭平
後半
3分
山本 真希
12分
山本 真希
18分
原 一樹
長沢 駿
前田 陽平
永畑 祐樹
藤井 貴
森野 徹
犬塚 友輔
松井 優人
21分
松井 謙弥
八田 直樹
25分
山本 康裕
44分
1
松井 謙弥
3
森下 俊
4
大井 健太郎
5
岡田 隆
6
河村 崇大
7
犬塚 友輔
8
山本 康裕
10
藤井 貴
14
松浦 拓弥
9
萬代 宏樹
12
押谷 祐樹
SUB
16
八田 直樹
15
永井 鷹也
11
森野 徹
13
松井 優人
監督
柳下 正明
29
山本 海人
3
山西 尊裕
11
戸田 光洋
14
高木 純平
15
辻尾 真二
16
本田 拓也
18
マルコス アウレリオ
28
山本 真希
45
前田 陽平
19
原 一樹
22
大前 元紀
SUB
30
武田 洋平
44
望月 恭平
46
望月 卓馬
24
永畑 祐樹
31
長沢 駿
監督
田坂 和昭

334
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハ 8/28(木) 16:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 - 大西 弘幸
天候 試合時間 副審 副審
くもり 90分 朝比奈 茂樹 西野 崇
気温 湿度 第4の審判員 記録員
27,3度 83% 横山 高志 北本 章
17 シュート 8
8 ゴールキック 15
4 コーナーキック 0
8 直接FK 10
5 間接FK 2
3 オフサイド 2
0 PK 0

曇り空のヤマハスタジアム。時折涼しい風が吹き、暑さは感じない。ウォームアップ後に、鈴木秀人選手が足に違和感を感じ、メンバーが交代になった。代わりに岡田隆がスタメンで出場する。
昨日のトップチームの試合にも出場し、積極的なプレーを見せた松浦拓弥がスタメンで出場。日本U-19代表から戻ってきた山本康裕もスタメンに名を連ねる。調子の出ないトップチームに、どれだけ新しい風を吹きこめるか。若い選手たちの勢いのあるプレーを期待したい。
ジュビロの布陣は、GKが松井謙弥、3バックの右から大井健太郎、森下俊、岡田隆、ボランチが河村崇大と犬塚友輔、中盤は右が山本康裕、左が藤井貴、トップ下に松浦拓弥、2トップは萬代宏樹と押谷祐樹。

前半0分、山西 尊裕に対してイエローカードが出される。
前半1分、立ち上がり早々ジュビロFKのチャンス。距離、角度共に大きなチャンス。キッカー・山本康裕の蹴ったボールは大きく枠の上。
前半4分、エスパルスゴール裏からおなじみのサンバが響く中、エスパルスのシュート!ここは松井謙弥がキャッチ。
前半6分、中盤の松浦拓弥から左サイドにスルーパスが出るが、ここには誰もいない。
前半7分、 山本康裕がゴール前でパスを受けシュート!GK山本海人がはじいたところにつめていた萬代宏樹がシュート。ゴール右上に決まりジュビロ先制!【1-0】
前半8分、今度はゴール前で押谷祐樹がチャンス!パスを胸トラップしたが、わずかに流れエスパルスGKがキャッチ。
前半9分、エスパルスカウンター攻撃。GKと一対一になってしまうが、わずかにオフサイド。
前半11分、ジュビロ、ゴール正面でFK。藤井貴が直接狙った強いキックは、エスパルスGK山本がキャッチできずパンチング。こぼれ球に萬代宏樹がまたもやつめているが、なんとここで空振り。決定的なチャンスだった!
前半13分、エスパルス原一樹が左からシュート!ここは松井謙弥がクリア。こぼれ球が再びエスパルスに渡るが、ここは守りきる。
前半16分、中盤でボールを受けた山本康裕。周りを大きく見渡してから、前線に鋭いスルーパス。感じていた押谷祐樹が走りこむが、パスが少し長い。しかしタイミングはよかった。
前半19分、右サイドの藤井貴がドリブルシュートするが、清水DFに当たってCKに。CKのキッカーは松浦拓弥。ゴール前にスピードのあるボールが上がるが、味方はあわせることができなかった。
前半21分、エスパルス原一樹がドリブル突破の際、足を痛めたのか倒れたまま起き上がらない。少し痛そうだが、しばらくして立ち上がってプレーに戻る。
前半23分、松浦拓弥が右の山本康裕にナイスパス。ドリブルで攻めあがった山本康裕、中央にクロスを出すが、中には誰もいない。スタンドから「あ~」というため息が漏れる。
前半25分、エスパルスがパスをつないで、ジュビロゴール前に攻めあがる。ゴール正面でマルコス・アウレリオにボールが渡った瞬間、大井健太郎がすばやくチェックに入り、クリア。
前半26分、松浦拓弥が中盤でエスパルスボールをカット。押谷祐樹とのワンツーで前に出ようとするが、わずかにパスが長くつながらない。しかし狙いはよかった。松浦拓弥は積極的に動いている。
前半28分、エスパルスがゴール正面からシュート!DFにわずかにあたってゴールラインを割る。CKのピンチだが、ここはジュビロが守りきる。
前半29分、相手との接触プレーで、押谷祐樹が相手に乗りかかられるようにして倒れる。痛そうにしていたが、しばらくして起き上がった。
前半31分、松浦拓弥→犬塚友輔とパスがつながり、ゴール前へ。最後は押谷祐樹がシュートするが、エスパルスDFに身体でブロックされる。
前半33分、中盤でボールを受けた萬代宏樹が自分でドリブル突破。最後まで自分で粘ってシュートするが、味方に当たってゴールラインを割ってしまう。
前半35分、エスパルスのCKだが、守りきる。クリアボールを再び拾われて再攻撃。河村崇大のパスミスを拾われて、鋭いシュートを放たれるが、わずかに枠の外。
前半36分、ゲームが途切れた瞬間、両チームの選手たちがいっせいに給水。スタンドは風がありそれほど暑さは感じないが、ピッチ上は風がないのかもしれない。
前半38分、左の藤井貴から右の山本康裕に長いサイドチェンジパスが出る。ゴール前でパスをつないで攻撃を組み立てようとするが、なかなか決定機がない。最後は相手のこぼれ球を押谷祐樹が強引にシュートするも、ゴールラインを割る。
前半40分、ジュビロがボールをキープし、エスパルスがカウンターを狙うという展開が多くなってきた。簡単なミスでボールを失わないようにしたいところ。
前半43分、山本康裕の右からのクロスに押谷祐樹が頭で飛び込むが、わずかに合わない。惜しい!しかし二人ともいいタイミングだった。
前半44分、松浦拓弥が走りながら、押谷祐樹の前のスペースにパス。外から走りこんでいた山本康裕にはたいて、自分は中に走る。しかし山本康裕のスピードのあるクロスは、エスパルスDFがわずかに先に触ってクリア。惜しい!二人の息のあったプレーにスタンドから歓声が起こる。ロスタイムはなく、ここで前半終了。
後半1分、ハーフタイムの選手交代で、ユースの永井鷹也が3バックの右へ、岡田隆がボランチへ、犬塚友輔がトップ下へ、ポジションチェンジ。森下俊が左目の上にテーピングをしている。前半のプレーで負傷をした様子。少し薄暗くなってきて、ハーフタイムに照明が半分つけられた。
後半3分、エスパルス、山本真希に対してイエローカードが出される。
後半4分、エスパルス大前のドリブルに、森下俊がうまく身体を入れて、最後はスピードで守りきる。スタンドから拍手。
後半8分、ペナルティエリア少し外でエスパルス前田が倒される。エスパルスの選手たちがファウルではないかと激しく抗議。
後半12分、押谷祐樹と清水山本が交錯。キックモーションに入っていた押谷祐樹の足を蹴るような形になり、山本真希に2枚目のイエローカードで退場。その前のプレーで二人が少しもめていただけに、今回も押谷祐樹が山本真希に詰め寄るが、河村崇大がすばやく二人の間に入る。
後半15分、ジュビロのゴール裏からも大きな声が上がる。数的有利になったジュビロ、このタイミングで畳み掛けたい。
後半17分、ジュビロCKのチャンスだが、こぼれ球をエスパルスに奪われ、一転してピンチ。最後は森下俊が奪い取ってクリア。
後半18分、エスパルス選手交代 原一樹→長沢駿 、前田陽平→永畑祐樹
後半21分、ジュビロ選手交代 藤井貴 →森野徹、犬塚友輔→松井優人(ジュビロユース)
後半21分、入ったばかりの松井優人が左からクロスを出すが、エスパルスGK山本海人がキャッチ。 山本康裕がトップ下に入り、森野徹が右サイドに入った。
後半22分、エスパルス高木がミドルシュート。GK松井謙弥がキャッチ。
後半23分、1人多いはずのジュビロだが、数的有利を感じさせない展開になってしまっている。
後半25分、ジュビロ選手交代 GK松井謙弥→GK八田直樹 これでジュビロはサブの選手を使いきった。
後半25分、押谷祐樹がゴール前で相手をかわしてシュート!しかしエスパルスGK山本海人がクリアしてCKに。 松井優人が蹴ったボールは、そのままファーに流れてしまう。
後半26分、中盤でパスカットした河村崇大がドリブルして攻めあがる。タイミングを見計らって、山本康裕にパス。うまく相手DFの裏に出るが、山本康裕のシュートはわずかにゴールの右に外れる。
後半27分、萬代宏樹のシュートはGK山本海人がクリア。続くCKもチャンスにはできない。
後半29分、永井鷹也がエスパルス高木を倒してしまうが、ファウルにはならない。審判が笛を吹くしぐさをしたため、微妙な判定にスタンドからどよめき。
後半31分、試合も終盤になり、両チームゴール裏からの声援も激しくなってきた。
後半32分、萬代宏樹がミドルシュートを放つが、GK山本海人がキャッチ。スタジアム上空に黒い雲が現れ、スタジアムが薄暗くなってきた。もうすぐ雨が降りそうな雰囲気。
後半34分、山本康裕が左に流れて松井優人からパスを受け、クロスを出すが、中の味方に合わない。
後半34分、清水 大前のドリブル突破は、八田直樹が前に出てセーブ。
後半37分、岡田隆が左サイドに大きなパスを出すが、松井優人反応しきれず。しかしタイミングのいいパスだった。
後半39分、雨が降り出した。スタンドの前の方に座っていたサポーターが、一斉に後ろに移動しだした。試合時間は残りわずか。松井優人が自分でドリブル突破を試みるが、相手に阻まれたため2列目に落とす。走りこんだ山本康裕のシュートはキックミスで、ゴール裏2階席に飛び込む。
後半42分、中盤山本康裕から大きく前線にパス。萬代宏樹がドリブルして中央にクロス。押谷祐樹が飛び込むが、GKと交錯。こぼれ球を押谷祐樹とエスパルスGK山本海人の競争でつめ、押谷祐樹が先に触るも、ボールはゴールラインを割る。惜しい!
後半44分、永井鷹也からのスルーパスに山本康裕が走りこみ、そのままシュート!ボールはエスパルスゴールに転がる。ジュビロ待望の追加点! 【2-0】
後半44分、押谷祐樹がフリーでゴールに向かってドリブル。うまく清水GKをかわしてシュート、、、のイメージだったが、倒れこみながらのシュートはジャストミートせず、清水DFがクリア。
後半アディショナルタイム2分、ここにきてジュビロが圧倒的な攻撃を見せている。ボランチの岡田隆も積極的に攻撃にからむ。ここで試合終了。試合終盤になって、やっと「1人多い」サッカーが展開できたジュビロ。前半数多くあったチャンスを決めておきたかったところだが、まずは勝ちという結果が出てよかった。スタンドから、エスパルスの山西尊裕選手に声援が飛ぶ。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯