2014年 試合速報

2014 J2リーグ 38節 vs.京都サンガF.C.

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

18 勝
9 分
10 敗
61 得点
47 失点
勝点 63
順位 3

2
  • 1
  • 0

  • 1
  • 2

2
sanga
sanga

12 勝
15 分
10 敗
50 得点
47 失点
勝点 51
順位 10

前半
17分
バヤリッツァ
29分
田森 大己
前田 遼一
32分
35分
横谷 繁
ハーフタイム
横谷 繁
駒井 善成
後半
5分
ドウグラス
18分
ドウグラス
松井 大輔
山崎 亮平
松浦 拓弥
ペク ソンドン
23分
26分
酒井 隆介
小川 大貴
岡田 隆
30分
41分
田森 大己
磐瀬 剛
44分
山瀬 功治
三平 和司
46分
磐瀬 剛
駒野 友一
47分
1
八田 直樹
5
駒野 友一
19
伊野波 雅彦
24
小川 大貴
35
森下 俊
4
小林 祐希
11
松浦 拓弥
13
宮崎 智彦
22
松井 大輔
33
藤田 義明
18
前田 遼一
SUB
39
藤ヶ谷 陽介
2
菅沼 駿哉
25
櫻内 渚
3
岡田 隆
8
ペク ソンドン
32
フェルジナンド
9
山崎 亮平
監督
名波 浩
29
杉本 大地
2
酒井 隆介
16
福村 貴幸
20
バヤリッツァ
30
石櫃 洋祐
8
横谷 繁
10
工藤 浩平
11
ドウグラス
14
山瀬 功治
19
田森 大己
31
大黒 将志
SUB
33
山田 元気
4
内野 貴志
7
駒井 善成
18
石田 雅俊
22
磐瀬 剛
25
伊藤 優汰
9
三平 和司
監督
川勝 良一

8,218
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハスタジアム 10/26(日) 15:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、水含み 古賀 満 西村 雄一
天候 試合時間 副審 副審
雨のち曇り 90分 青山 健太 武部 陽介
気温 湿度 第4の審判員 記録員
20.0度 84% 勝又 弘樹 鈴木 良規
13 シュート 12
9 ゴールキック 8
4 コーナーキック 2
16 直接FK 10
7 間接FK 3
7 オフサイド 3
0 PK 0

今季リーグ戦は残り5試合。長丁場のリーグ戦もいよいよクライマックスへ突入する。
最後にみんなで笑うために――。
まずは目の前のホームゲームに全力で挑む。

ジュビロ磐田の予想フォーメーションは[4-2-3-1]。GKに八田直樹。最終ライン右から小川大貴、伊野波雅彦、森下 俊、駒野友一。ダブルボランチに藤田義明と宮崎智彦。中盤2列目右から松浦拓弥、小林祐希、松井大輔。1トップに前田遼一という並びか。小川大貴がプロデビューを果たす!

前節のロアッソ熊本戦(10月19日)は2試合ぶりにノーゴールに終わった。前半はシュート1本に終わり、巻き返しを期した後半も最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。この点、連係面・シュートの精度など改めて攻撃の精度を高める必要がある。しかし、守備面では伊野波雅彦を累積警告による出場停止で欠いた中、無失点。八田直樹らディフェンス陣が最後まで粘り強いプレーを見せ、3試合ぶりに失点をゼロに抑えたことはプラス材料。この部分は今後も継続していきたい。
第37節終了時点で2位・松本山雅FCとの勝ち点差は『8』。名波 浩監督は「だれが見ても厳しい条件だが、やるべきことは変わらない。1戦1戦勝ち点3を目指してやっていきたい」と前だけを見据える。その思いは選手たちも同じ。けして楽な状況ではないが、最後の最後までチーム一丸となって戦い続けるのみだ。

対する京都サンガF.C.は第37節終了時点で勝ち点51の10位。2桁順位ではあるものの、プレーオフ圏内の6位・モンテディオ山形までは勝ち点4差とまだまだJ1昇格の可能性は残されている。
前節はホームで2位・松本山雅FCと対戦し、0-0のドロー。勝ちきることはできなかったが、シュート数では相手を圧倒し、決定的なチャンスも多く作っている。チームの総得点の約半分を叩き出している大黒将志を中心とした攻撃は破壊力がある。
京都サンガF.C.の予想フォーメーションは[4-2-3-1]。GKに杉本大地。最終ライン右から石櫃洋祐、酒井隆介、バヤリッツァ、福村貴幸。ダブルボランチに横谷 繁と田森大己。2列目右からドウグラス、工藤浩平、山瀬功治。1トップに大黒将志という並びか。

前回の対戦は第21節(7月5日)。前田遼一の2ゴール、さらにオウンゴールも加わり前半だけで3ゴールをマーク。しかし、2失点するなど守備面には課題を残す試合だった。今回の対戦では相手の攻撃をいかにブロックし、その上でいかにゴールを奪えるか。名波監督は「大黒選手は“神出鬼没”。大黒選手と工藤選手のホットラインも相手の特長」を語る。出場停止明けとなる伊野波雅彦、古巣対決となる森下 俊ら守備陣とのマッチアップに注目だ。また、攻撃面では前回対戦でゴールを決めているエース・前田遼一、古巣対決となる松井大輔らアタッカー陣が牽引する。

前半1分、ジュビロボールで前半キックオフ。
前半1分、この試合最初のシュートはジュビロ。敵陣左サイドで前田遼一がキープし、クロス。これをゴール前の小林祐希がスルー。その背後にいた宮崎智彦が左足でシュート。これは枠の上に外れた。
前半2分、京都、敵陣右サイドのドウグラスがアーリークロス。これは八田直樹がキャッチ!
前半3分、京都、自陣のバヤリッツァが縦にロングパス。これに大黒将志が反応するが、オフサイドの判定。
前半4分、京都、敵陣左サイドからクロス。これをドウグラスがつなぎ、最後はゴール前の大黒将志がこぼれ球に走り込むが、カバーに入った森下 俊がクリアした。
前半5分、ジュビロのフォーメーションは[4-2-3-1]。GKに八田直樹。最終ライン右から小川大貴、伊野波雅彦、森下 俊、駒野友一。ダブルボランチに藤田義明と宮崎智彦。中盤2列目右から松浦拓弥、小林祐希、松井大輔。1トップに前田遼一(キャプテン)。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはサックスブルー。
前半6分、京都のフォーメーションは[4-2-3-1]。GKに杉本大地。最終ライン右から石櫃洋祐、酒井隆介、バヤリッツァ、福村貴幸。ダブルボランチに横谷 繁と田森大己。2列目右からドウグラス、工藤浩平、山瀬功治(キャプテン)。1トップに大黒将志。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはホワイト。
前半7分、この日の天候は雨。弱い雨が試合前から降っている。風はほぼない。
前半9分、京都、横谷 繁のパスを受けた石櫃洋祐が敵陣右サイドからクロス。これをゴール前のドウグラスがキープするが、藤田義明が鋭いカットを見せた。ドウグラスのファウルでジュビロのFKに。
前半9分、ジュビロ、自陣の八田直樹が前線にロングキック。これを敵陣左サイドの前田遼一が競り、こぼれ球に反応した小林祐希が角度のないところから左足でミドルシュート。これは杉本大地の正面。
前半12分、京都、石櫃洋祐のクロスからCKを獲得。メインスタンド側から石櫃洋祐が右足でキック。ゴール前で混戦となるが、最後はジュビロがクリアした。
前半13分、ジュビロ、自陣右サイドの小川大貴がビルドアップに参加。前を見つつ、いったんDFラインへバックパス。ここまで卒のない動きを見せている。
前半14分、ジュビロ、敵陣中央で松井大輔、駒野友一とつなぎ、左サイドへ展開。最後は駒野友一のスルーパスに宮崎智彦が反応するが、酒井隆介にカットされた。コンタクトプレーで京都のFKに。
前半17分、ジュビロ、小川大貴の突破で相手ゴール前でFKを獲得。小川大貴を倒したバヤリッツァにイエローカード。
前半18分、ジュビロ、FK、ゴール正面のミドルレンジ。直接狙える位置。小林祐希が左足で直接狙ったが、杉本大地にキャッチされた。
前半20分、ゲームはまだまだ均衡した展開。風はほぼなく、雨は非常に弱い。
前半20分、ジュビロ、八田直樹のロングキックを拾った敵陣右サイドのドウグラスが中央へ浮きパス。これに大黒将志が走り込むが、つながらなかった。
前半21分、京都、敵陣右サイドでパスをつなぎ、最後はゴール正面の田森大己が左足でミドルシュート。これはゴール横に外れた。
前半23分、ジュビロ、敵陣左サイドへのロングパスに小林祐希が走り込むが、思った通りにコントロールできず、京都ボールに。
前半23分、京都、敵陣右サイドで大黒将志、ドウグラス、大黒将志とパスをつなぐが、これは藤田義明がカット!
前半26分、ジュビロ、敵陣左サイドでFKを獲得。駒野友一がゴール前に合わせる。ファーサイドへ。これにゴール前でフリーとなった小林祐希が反応するが、ボールにタッチすることはできず・・。京都のゴールキックに。
前半27分、京都、石櫃洋祐の際どいクロスからCKを獲得。メインスタンド側から石櫃洋祐が右足でキック。ニアサイドへ。これは宮崎智彦がヘディングでクリア。そのままジュビロのカウンターへ。松井大輔、駒野友一、小林祐希、前田遼一らがパスをつなぎ、最後は敵陣右サイドの小川大貴が左足でクロス。これは京都にクリアされた。
前半29分、京都、中盤でのコンタクトプレーで田森大己にイエローカード。
前半32分、ジュビロ、松井大輔の惜しいミドルシュートからCKを獲得。小林祐希がバックスタンド側からキック。ゴール前で混戦となり、最後は前田遼一が右足で押し込んだ!!!【1-0】
前半33分、ジュビロ、敵陣右サイドの高い位置で小林祐希のパスを受けた小川大貴がクロス。ファーサイドへ。これを受けた松井大輔が右足でシュート。これは杉本大地にキャッチされた。
前半35分、京都、中盤でのコンタクトプレーで横谷 繁にイエローカード。
前半36分、ジュビロ、自陣からビルドアップ。最後は伊野波雅彦の横パスを受けた小川大貴が右足で前線へ浮きパス。これに前田遼一が走り込むが、京都にカットされた。
前半38分、ジュビロ、敵陣左サイドから攻撃。最後は宮崎智彦が右足でスルーパス。左サイドのスペースを狙うが、これは京都にカットされた。
前半39分、ジュビロ、敵陣左サイドでFKを獲得。駒野友一の横パスを受けた宮崎智彦が左足でクロス。これは京都にクリアされた。
前半40分、京都、敵陣中央の工藤浩平のパスを受けた大黒将志が左サイドからクロス。これは駒野友一が懸命に戻り、クリアした!
前半42分、ジュビロにチャンス。中盤の右サイドで藤田義明がボール奪取。カウンターへ。最後は敵陣右サイドの松井大輔がクロス。これをゴール前の前田遼一が折り返し、さらに松浦拓弥が走り込むが、惜しくも京都にクリアされた。
前半44分、京都、自陣からビルドアップ。最後は酒井隆介が縦に浮きパス。これをドウグラスが競るが、こぼれ球はジュビロが拾った。
前半45分、前半のアディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム2分、ジュビロ、自陣で八田直樹がロングキックを蹴ったところで前半終了のホイッスル。【1-0】
後半1分、京都ボールで後半キックオフ。京都、ハーフタイムに選手交代、横谷 繁に代わり駒井善成を投入。
後半2分、京都にチャンス。敵陣右サイドでFKを獲得。ドウグラスが左足でキック。これに大黒将志らが飛び込むが、オフサイドの判定。
後半4分、京都、敵陣右サイドの深い位置で工藤浩平のスルーパスを受けたドウグラスが右足でシュート。これは枠の上に外れた。
後半5分、京都に同点ゴール。敵陣右サイドの高い位置で山瀬功治のパスを受けた石櫃洋祐がクロス。これをゴール前のドウグラスに頭で押し込まれた・・・。【1-1】
後半10分、ジュビロ、小川大貴のアグレッシブな仕掛けからCKを獲得。メインスタンド側から小林祐希がキック。ゴール前で混戦となり、最後はエリア内の前田遼一が右足でシュートを打つが、惜しくもライン上で京都にクリアされた・・。
後半11分、ジュビロに決定機。小林祐希のパスを受けた駒野友一が敵陣左サイドの深い位置からクロス。ゴール前で混戦となり、最後はファーサイドの前田遼一が左足でシュート。これは惜しくもゴール横に外れた・・。
後半12分、京都に決定機。敵陣右サイドの石櫃洋祐がクロス。ファーサイドへ。これに山瀬功治が飛び込むが、シュートは枠の上に外れた。
後半13分、ジュビロにチャンス。敵陣右サイドへのスルーパスに抜け出した松浦拓弥がクロス。ニアサイドへ。これに松井大輔が飛び込むが、惜しくも合わず、杉本大地にキャッチされた。
後半15分、ジュビロ、小林祐希の惜しいシュートからCKを獲得。バックスタンド側から駒野友一がキック。ニアサイドへ。これは京都にクリアされ、再びCKに。
後半16分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から駒野友一がキック。これは京都にクリアされた。そのまま京都のカウンターへ。山瀬功治、大黒将志、工藤浩平とつながれ、最後は敵陣右サイドのドウグラスがミドルシュート。これは八田直樹が正面でキャッチ。
後半17分、両チームのハーフタイムコメント。ジュビロ・名波 浩監督、「ボールもよく動いているが、もう少しボールスピードを上げていこう」、「シュートの意識を持っていこう」、「後半、もう一度集中していこう」。

京都・川勝良一監督、「相手のマークを絶対に外さないこと」、「ラインが深い。もう少し頑張って上げよう」、「まだ45分も残っている。逆転への道を作るのは自分たちだ!」。
後半18分、京都に勝ち越し点。敵陣左サイドの山瀬功治が密集を突破し、左足でクロス。これをファーサイドのドウグラスに頭で押し込まれた・・・。【1-2】
後半23分、ジュビロ、選手交代、2枚同時、松井大輔に代わり山崎亮平、松浦拓弥に代わりペク ソンドンを投入。
後半25分、ジュビロ、敵陣右サイドの小川大貴がドリブルで仕掛け、クロス。これは京都にクリアされた。
後半26分、ジュビロ、敵陣左サイドでFKを獲得。駒野友一が右足でキック。ゴール前に合わせたが、これは杉本大地にパンチングでクリアされた。
後半27分、ジュビロ、相手ゴール前でボールを持った山崎亮平がスルーパス。エリア内のペク ソンドンにパスがつながるが、これはオフサイドの判定。
後半29分、京都、中盤中央で宮崎智彦からボールを奪った山瀬功治が右足でミドルシュート。これは枠の上に外れた。
後半30分、ジュビロ、選手交代、小川大貴に代わり岡田 隆を投入。
後半31分、ピッチ上空の雲が少なくなってきた。バックスタンドを夕日が照らしている。雨はしばらく前に上がっている。
後半33分、ジュビロ、敵陣右サイドの駒野友一が縦パス。これに藤田義明が走り込み、クロス。これは京都にクリアされた。
後半35分、ジュビロ、敵陣中央で前田遼一が宮崎智彦の縦パスを受け、ペク ソンドンへ。ペク ソンドンが左サイドへ展開。これを受けた岡田 隆がクロス。これは京都にクリアされた。岡田 隆は左サイドバックでプレー。駒野友一が右サイドバックに。
後半36分、ジュビロに決定機。ゴール前でバックパスを受けた杉本大地へ小林祐希が猛然とプレスし、ボール奪取。そのまま左足でシュートを打つが、杉本大地のタックルを受け、枠内に飛ばすことはできず・・。京都のゴールキックに。
後半37分、京都にチャンス。敵陣中央で八田直樹のキックをカット。最後は駒井善成のスルーパスに反応した大黒将志がゴール正面から右足でシュート。これは枠の横に外れた。
後半39分、ジュビロ、敵陣左サイドのペク ソンドンがドリブルでインサイドへ。最後は右足でミドルシュート。これは京都にブロックされた。ペク ソンドンが2列目左サイド、山崎亮平が2列目右サイドという配置。
後半40分、ジュビロ、中盤中央の小林祐希がスルーパス。これに山崎亮平が走り込むが、京都にカットされた。
後半41分、京都、選手交代、田森大己に代わり磐瀬 剛を投入。
後半42分、ジュビロ、敵陣右サイドの高い位置で山崎亮平のパスを受けた駒野友一がクロス。これは杉本大地にクリアされた。
後半44分、京都、選手交代、山瀬功治に代わり三平和司を投入。
後半45分、後半のアディショナルタイムは4分。
後半アディショナルタイム1分、ジュビロ、ペク ソンドンの仕掛けでFKを獲得。相手ゴール前の好位置。ペク ソンドンを倒した磐瀬 剛にイエローカード。
後半アディショナルタイム2分、ジュビロ、FK、敵陣左サイド・エリアのすぐ外。やや角度があるが、直接狙える位置でもある。ボールサイドには小林祐希と駒野友一。これを駒野友一が右足で直接決めた!【2-2】
後半アディショナルタイム6分、京都、杉本大地が自陣からロングボールを蹴ったところで試合終了のホイッスル。【2-2】
名波 浩 監督

――感想
前半は非常にいい内容でしたが、後半は相手に早い時間帯に追いつかれたことで、昨季あたりから失点した後に下を向くという悪い面が出てしまい、集中していなくて、2点目、リスタートのところと。それから体が動かないのか、スターティングポジションに戻る選手が極端に減った部分があったので、セカンドボールを拾えないというものがずっと続いていて。あとは大黒の動き出しの怖さや、工藤がシンプルに前を向いたりしてスピードを上げかけたプレーとか、そういったものに徐々に圧力をかけられた感じかなと思います。
――失点シーンについてはどう評価していますか?
1点は仕方ないと思っていますし、完封を続けてきたチームでもありませんし、それは仕方ないと思いますが、2点目はドウグラスの前の部分が全てだと思います。そこは映像を見なくてもだれがどういうことをしていたのかは頭に入っています。駒野とミスマッチという感じで、我々もスターティングメンバーの時に(小川)大貴と右と左を入れ替えようかという話をしていましたが、前半の内容を見ていると駒野に引っ張られてドウグラスが上がれなかったところもあったので、後半もその入りでいきました。
――今週、シンプルなプレーを選手たちに意識させていて、それが前半見られたと思いますが?
ポジティブなことを言えば、前半のボール回しは非常によかったと思います。自分が意識して、こういうふうにやっていこうということを具現化してくれたと思います。
選手たちもちょっとずつ立ち位置を変えることによってどれぐらいボールが動くか、それから人も連動できるかということを感じていたと思います。そこにシンプルさがあり、アイディアがありと。非常におもしろい、楽しそうなサッカーをやっていたのではないかと思います。
――小川選手の評価は?
開始5分ぐらいまともにボールを触れなかったので、右にボールを回せと伝えましたが、なかなかいいタイミングでボールが来なくて。ちょっとずつボールに触ることによってクロスだったり、ボールを奪いに行く姿勢だったり、積極性が徐々に出てきましたが、2点目を失ってから消極的になり、自分のサイドからやられたということも大きかったでしょうし、いつ代えようか迷っていました。
――前半内容がよかったということでしたが、中盤の守備のプレッシャー面で評価できる部分もあるのでは?
(藤田)義明と宮崎のところで、体を張る前の予測という部分では非常にいいボール奪取を繰り返してくれたと思います。奪った後のファーストプレーということは就任当初からずっと言ってきて、その質も非常によかったと思います。運んでほしいところでぐっと運べたと思うので。ハーフタイムに伝えたことはあとはパススピードだけだと。それが伴ってくれば、30メートル戻ってきた相手の陣形が35メートルになるでしょうし、その差を今後埋めていかなければいけないと思います。

駒野 友一 選手

駒野 友一 前半はいいサッカーと言うか、みんながいきいきして、守備もしっかりできていましたし、先制点も取れましたし、いいサッカーができましたが、後半は前半と違うサッカーをしてしまったと思います。ホームで必ず勝たなければいけませんし、最後同点となってからも勢いが出て、決めれるチャンスはあったと思いますし、最後まで諦めずにやりましたが、引き分けに終わってしまいました。反省しなければいけませんし、次すぐに千葉戦がありますし、そこへ向けてしっかりやっていかなければいけないと思います。
(2失点について)前半になかった形が後半は出てしまいました。中の人数は揃っていた中で決められたという部分で、その繰り返しになってしまっているので、次は出ないようにしなければいけません。
(直接FKからのゴールについて)自分の好きな距離だったので、決める自信はありました。シュートコースはGKが立つ位置で決めていました。

小川 大貴 選手

小川 大貴 自分の特長である攻撃的なクロスだったり、シュートだったり、という部分を出していきたいと思っていました。
プロとして初めての試合でしたが、特別緊張することもなかったです。自分のプレーを出しつつチームが勝てればよかったのですが、結果的に絶対に勝たなければいけない試合で引き分けたことは残念です。
先発は今日の試合前のミーティングで知りました。その時、様々なことをイメージして汗をかいたりしましたが、ピッチに立ってみたら緊張はなく、自分のプレーができたと思います。始まる前はもっと緊張してミスしたり、消極的になると思った部分もありましたが、それ以上にできた部分も多かったかなと感じています。

小林 祐希 選手

小林 祐希 チームとして点が取れる予感はしています。
(自分自身のプレーについて)上がってきた選手が見えたからそこへ出すだけでもいけませんし、自分で打つだけでもいけません。そこのバランスが難しいところです。
(CKについて)(スペースではなく)人を狙って蹴っています。

八田 直樹 選手

八田 直樹 追いついたことを評価したいところではありますが、勝ち点3しか必要ありませんし、残念な結果です。ただ、次から次からへと試合が来ますし、下を向かず、切り替えて次の千葉戦へ向けてやっていかなければいけません。
(失点シーンについて)ドウグラス選手がヘディング強いということはわかっていましたし、そういった部分で構えたところもありましたが・・・。自分自身、反応できなかったことが課題です。自分を含め簡単にやられてしまったと思います。

京都サンガF.C. ■川勝 良一監督
 

前半は引き過ぎて、相手を楽にさせてしまったと。もう少し中盤が下がらないで相手を捕まえてと。駒井が入って、そのあたり、だいぶ中盤でボールを奪うと言うか、相手に圧力をかけて動かすとか。その中で逆転できたけど、やはり3点目が欲しかったなと。やはり1点差だと選手たちの余裕を考えると、3点目のチャンスがあったので。それでも2-1で終われるようにと。交代は選手が2人とも足をつっていたので代えるという選択でした。若い(磐瀬)剛にしても経験で、あそこについ行ってしまうと。それは本人だけのせいでもないので、全体的には3点目を取れなかったことが終わって見れば痛いかなと。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯