2008年 試合速報

2008 J1リーグ 21節 VS.川崎フロンターレ

frontale
frontale

10 勝
3 分
7 敗
34 得点
29 失点
勝点 33
順位 4

2
  • 0
  • 1

  • 2
  • 1

2
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

7 勝
3 分
10 敗
25 得点
28 失点
勝点 24
順位 14

前半
13分
前田 遼一
38分
成岡 翔
ハーフタイム 後半
谷口 博之
12分
13分
上田 康太
村井 慎二
犬塚 友輔
鄭 大世
19分
ヴィトール ジュニオール
大橋 正博
22分
黒津 勝
レナチーニョ
31分
上田 康太
山本 脩斗
37分
加賀 健一
1
川島 永嗣
2
伊藤 宏樹
18
横山 知伸
26
村上 和弘
8
山岸 智
11
ヴィトール ジュニオール
14
中村 憲剛
29
谷口 博之
7
黒津 勝
10
ジュニーニョ
16
鄭 大世
SUB
22
植草 裕樹
6
田坂 祐介
17
菊地 光将
24
大橋 正博
9
我那覇 和樹
23
久木野 聡
34
レナチーニョ
監督
高畠 勉
1
川口 能活
3
茶野 隆行
5
田中 誠
15
加賀 健一
10
成岡 翔
14
村井 慎二
25
駒野 友一
27
上田 康太
38
ロドリゴ
18
前田 遼一
22
カレン ロバート
SUB
31
八田 直樹
2
鈴木 秀人
16
名波 浩
17
犬塚 友輔
37
山本 脩斗
9
中山 雅史
32
萬代 宏樹
監督
内山 篤

14,715
スタジアム名 試合日 キックオフ
等々力 8/17(日) 19:05
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝 水含み 川上 信夫 穴沢 努
天候 試合時間 副審 副審
くもり 90分 高橋 佳久 石川 恭司
気温 湿度 第4の審判員 記録員
22.4度 81% 高山 啓義 花岡 洋之
20 シュート 10
7 ゴールキック 13
7 コーナーキック 2
20 直接FK 6
0 間接FK 4
0 オフサイド 4
0 PK 0

Jリーグ第21節が等々力競技場にて19:05キックオフ。
前節の神戸戦はまたもや終盤に失点を喫しての、痛い敗戦となってしまった。
ここ最近7試合のうち6試合が1点差勝負となっており、さらに、その6試合のうち3点以上奪った試合は1試合も無い。これはあきらかに得点力不足と言えるだろう。
しかも、川崎戦には前節のイエローカードで累積警告が4枚となってしまった、ジウシーニョが出場停止・・・
チーム内得点王(7得点)でもあり、前線の核となるべき選手が出場できないのはかなりの痛手である。
逆に守備の方は、前節ともに警告で出場停止だった茶野隆行とロドリゴが戻ってくる。
ここ9試合、3点以上取られてないDFラインは2人の復帰によってさらに安定感は増してくる。
スタメンを見てみると、DFラインには茶野隆行が戻り、中盤にはJリーグ2試合目となるロドリゴも今節はスタメン復帰。
さらに、なんといってもFWに前田遼一が戻ってきた。ジウシーニョが出場できないため、この選手の活躍がこの試合の鍵を握っていると言っても言い過ぎではないだろう。前田遼一が得点すれば、チームの雰囲気も上昇してくる。そうすれば必然と勝利も近づいてくるに違いない。
その他のメンバーは前節と変わりなし。
10日間で3試合と、厳しい日程は続くがそんなことは言ってられない。
1試合でも多く勝利し、下位から抜け出してもらいたい。

前半0分、ジュビロボールで前半キックオフ!
前半3分、序盤は両チームともに、お互いを牽制しあう。
前半5分、カレンロバートがドリブル突破を試みるも、これは川崎DFにカットされてしまう・・・
前半6分、中村憲剛からのスルーパス!それを鄭大世がもらい、シュート!ボールはネットに突き刺さりゴール・・・かと思われたが、判定はオフサイド!
前半7分、成岡翔のクロスに中央の前田遼一がフリーとなり、頭で合わせるも強くたたきすぎ、ボールはゴールバーを越えてしまう・・・先制のチャンスをのがしてしまう。
前半10分、中村憲剛を中心に川崎の波状攻撃が続くもなんとか凌ぐ!
先制点は与えたくない!
前半13分、左サイドからの村井慎二のクロスに、中で待ち構えていた前田遼一がうまく合わせ、ボールはネットに突き刺さる!ジュビロがエース・前田遼一のゴールで先制点を奪う!ゴールの後のパフォーマンスとして、自らの子供に捧げるゆりかごダンスを披露!【0-1】
前半18分、ジュニーニョが中央突破から、右のヴィトール ジュニオールにパス。そのまま中に折り返すも川口能活ががっちりキャッチ!
前半21分、川崎の速攻!右サイドからヴィトール ジュニオールがドリブル突破を試みるも、最後は加賀健一がファウルを受けジュビロボールに!ヴィトール ジュニオールには気を付けたい!
前半25分、鄭大世を中心にした3トップは強烈なだけに、DF陣には気を付けてもらいたい!
前半28分、ジュビロが中盤でボールを回すも、逆サイドへのパスはカットされてしまう・・・
前半30分、中盤でボールを持った成岡翔がスルーパスを狙うも、カットされてしまう・・・狙いとしては良かった!
前半31分、前線の前田遼一にボールを集めようとするが、中々届かない。
早い時間に追加点を奪い、突き放したい!
前半33分、成岡翔から、縦に走り込んだ駒野友一にパス!駒野友一がそのままドリブルで駆け上がるが、川崎DFのスライディングタックルに合いカットされてしまう・・・アウェイにもかかわらず、ジュビロの選手に対して大きな声援が轟く!
前半36分、ハーフラインでパスを受けたカレンロバートが、1人で持ち込む!最後は右足を振り抜きシュートを放つもGKの正面・・・
カレンロバートは思い切りの良いプレイが目立つ!
前半38分、中央で抜け出したヴィトール ジュニオールを倒してしまい成岡翔に対してイエローカード。
前半40分、中村憲剛からヴィトール ジュニオール、鄭大世と繋ぎ、シュート!川口能活がキャッチできずにこぼしてしまう。それをヴィトール ジュニオールが押し込んでゴールかと思われたが、またもや判定はオフサイド!凌ぐ時間帯が続く・・・
前半43分、FKからジュニーニョが左足で合わせるも、ボールはゴールバーを叩く。
前半44分、中村憲剛が中央突破し、最後はヴィトール ジュニオールがシュート。しかしミスキックとなり難を逃れる!
前半44分、ロスタイムは1分!このまま前半を折り返したい!
前半アディショナルタイム1分、前半最後まで川崎に攻め込まれるも、どうにか耐え抜きリードしたまま前半を終える!後半には追加点を奪いたい!
後半0分、川崎ボールで後半キックオフ!
後半1分、左サイド、ヴィトール ジュニオールからグラウンダーのクロスが入るも、ボールは逆サイドまで流れていきピンチを逃れる!
後半4分、駒野友一の縦の突破から、上田康太とワンツーで繋ぐも、最後は駒野友一がカットされてしまう・・・後半になり、スタンドのジュビロサポーターも声をからし、選手を後押し!今日はなんとしても勝つ!
後半7分、成岡翔のサイドチェンジから、駒野友一が中に折り返し!あわやゴールかというボールはそのまま逆サイドまで流れてしまう・・・
後半9分、ジュニーニョのパスを受けた、右サイドのヴィトール ジュニオールが縦に突破し、そのままペナルティエリア内に進入!そこで切り返した後、左足を振り抜きシュート!ボールはバーを叩く!
後半11分、ヴィトール ジュニオールからのパスを少ないタッチ数でジュニーニョがシュート!川口能活が片手でかきだす!
後半12分、コーナーキックにフリーの谷口博之が頭で合わせ、ボールはネットに突き刺さる・・・同点に追いつかれてしまう。【1-1】
後半13分、上田康太のFKは鋭い変化をし、ゴール左隅に吸い込まれる!ジュビロが即座に勝ち越しに成功!【1-2】キーパー川島永嗣は呆然とした表情!
後半13分、村井慎二に代えて犬塚友輔を投入!
後半19分、鄭大世にペナルティエリア内で冷静にシュートを打たれ、ゴールに流し込まれる・・・【2-2】すぐさま同点にされてしまう。
後半22分、怪我のヴィトール ジュニオールに代わり、大橋正博が投入される。
後半25分、ジュニーニョのクロスに入ったばかりの大橋正博がフリーとなり頭で合わせる!ボールはゴールポストのすぐ横を抜けていく!危ない場面が続く!
後半29分、攻守の交代が早く体力の消耗が激しくなるが、どうにか勝ち越してほしい!
後半31分、川崎、黒津勝に代わりレナチーニョが投入される。
後半31分、上田康太に代わり、山本脩斗が投入!勝ち越しのきっかけを作ってもらいたい!
後半35分、ペナルティエリアの外から谷口博之がミドルシュートを放つも、バーを遥かに越えていく!
後半37分、加賀健一に対してイエローカードが出される。
後半38分、右サイドからの中村憲剛のクロスは、直接川口能活がキャッチ!
後半39分、山本脩斗のやわらかい右からのクロスは、左に走り込んできたカレンロバートにわずかに及ばず・・・
後半42分、残り3分!両チームサポーターが大合唱を繰り返す!終盤のきつい時間だが、なんとしても勝ち越したい!
後半44分、走り込んだレナチーニョに対してスルーパスが出されるも、川口能活ががっちりキャッチ!ロスタイムは3分!
後半アディショナルタイム1分、左サイドからジュニーニョが強めのクロスをいれてくるも、またもや川口能活がキャッチ!ゴールは奪わせないという気迫が感じられる!
後半アディショナルタイム3分、両チーム、前へ前へとボールを送り込むスリリングな展開もここで試合終了のホイッスルが鳴り響く・・・勝ち点1を分け合う。
内山 篤 監督

前半の得点に関しては、村井のところと駒野のところで多少時間ができるというのは予想されたことで、そこからいいタイミングでクロスが入った結果。
あとは前半の途中からラインを引きすぎたのと、相手が3トップ気味で、ヴィトールの壁パスとかくさびのボールをもっとウチの中盤がきっちり潰していかなければいけなかった。あとはやはり背後。その辺のところで押し込まれて失点してしまった。
カウンターのチャンスがあっても、もうひとつスピードが上がっていかない。左サイドで村井がフリーになってもらったときにもう少しスピードを上げたかった。あれくらい時間がかかってしまうと、相手も下がってしまう。その辺も含めて、もう少しカウンターのところをスピードアップしたい。そこが相手との差かなと。前へ出て行くスピードはフロンターレさんのほうがあった。追い越す動きも含めて、前へボールを入れていくということを高めていかないと、追加点を取れないし、もう少し押し込んでいけない。
前田のコンディションは、当然まだ少し甲の痛みも残っているから、それをかばうことによってふくらはぎの張りも訴えていたんですが、よく90分間頑張ってくれたと思う。気持ちも乗っていた。やはり前田が起点になったとき、サイドに散らしてチャンスを作ることができる。彼が起点になったとき、追い越す動きも含めたスピードがもう少し上がってきて、もっとチャンスが増えると思う。
Q.相手の3トップに対する守り方は?
駒野を下げてスタートポジションは4枚(4バック)で受けて、攻撃になったときは駒野を少し高い位置へ上げて、3—5−2にした。駒野のところで時間ができるし、左サイドの村井のところでも起点を作れる。それが意図だった。だからもう少し早めにサイドに起点を作ってから揺さぶるとチャンスになる。実際にサイドからもう1回サイドへ展開するとチャンスになっていた。1点目もGKの能活から駒野がスッと出て、あそこはスローからですけど、意図的な狙いから逆サイドへ展開して生まれた。

前田 遼一 選手

前田 遼一 ゴールを決める前に、翔君がいいボールを上げたのに外してしまったので、決めたいと思っていたところに、村井さんからいいボールが来ました。ゴールはボールは顔に当たってラッキーでした。ミスが多かったのでもっと練習してミスを減らしたいと思います。コンディションはすごいいいというわけではなかったです。後半は バテバテでした。でも痛みはなかったです。次も強い相手(浦和)なのでプレーの精度を上げていきたいですね。

上田 康太 選手

上田 康太 FKは得点を狙ったわけではなく、相手DFとGKの間に速いボールを入れることを意識して蹴った結果です。前半はいい形で自分たちの攻撃ができていたので、後半も続けられればよかったけれど、やっぱり相手も修正してきて、リズムを持って行かれてしまったので、その流れをもう一度変えたかったです。中盤はロド(ロドリゴ)が後ろにいて、翔君はスペースへ出てきてくれたし、自分もトップ下という意識ではなく、試合の中でポジショニングを変えていきましたが、そこは上手くいったと思います。攻めの時は、相手の間でボールを受けようと意識していました。次につなげていかないと意味がないので、次は勝ち点3を狙っていきたいです。

加賀 健一 選手

加賀 健一 やはり相手はスピードがあるので、ずっとカウンターを警戒していました。もう少ししっかり対応できていたら、と思います。今日は勝てた試合だった。先制しているのだから、戦い方をもっと工夫していれば、1対0でも勝てたのではないかと。先制したら後ろはしっかりと守って、なんとか勝ち点3を取りたいですね。3バックの左は、まだ違和感があります。右とは視野も違うし、ステップも違うので。7年間ずっと右サイドをやっていたので、慣れるにはやはり時間がかかると思います。でも、左右両方できるのに越したことはないので、新しい挑戦と考えて、このポジションにも取り組んでいきたいです。

高畠 勉 監督
 

始めに、最後まで勝ち点3を取りにいってくれた選手たちと後押ししてくれたサポーターに感謝したい。試合のほうは残念ながら勝ち点3を取ることができなかったが、中断明けから取り組んでいる4−3−3のフォーメーションで、攻撃での形は狙いどおりにできている。失点をなくすということを今後の課題にして、あとはチャンスでしっかり決められるようにしたい。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯