2012年 試合速報

2012 J1リーグ公式戦 20節 vs.川崎フロンターレ

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

9 勝
3 分
7 敗
38 得点
28 失点
勝点 30
順位 5

2
  • 1
  • 1

  • 1
  • 1

2
frontale
frontale

9 勝
3 分
7 敗
26 得点
26 失点
勝点 30
順位 7

前半
17分
田中 裕介
山崎 亮平
43分
ハーフタイム 後半
稲本 潤一
大島 僚太
10分
小林 悠
レナト
15分
井川 祐輔
松浦 拓弥
阿部 吉朗
28分
オウンゴール
30分
31分
楠神 順平
登里 享平
山崎 亮平
山本 脩斗
36分
37分
レナト
21
八田 直樹
5
駒野 友一
13
宮崎 智彦
22
菅沼 駿哉
33
藤田 義明
6
ロドリゴ ソウト
7
小林 裕紀
9
山崎 亮平
10
山田 大記
11
松浦 拓弥
18
前田 遼一
SUB
31
竹重 安希彦
4
千代反田 充
20
山本 脩斗
15
菅沼 実
50
小林 祐希
30
阿部 吉朗
44
ハン サンウン
監督
森下 仁志
21
西部 洋平
3
田中 裕介
4
井川 祐輔
15
實藤 友紀
35
山越 享太郎
14
中村 憲剛
20
稲本 潤一
31
風間 宏希
11
小林 悠
16
楠神 順平
34
風間 宏矢
SUB
1
杉山 力裕
2
伊藤 宏樹
23
登里 享平
25
レネ サントス
28
田中 淳一
30
大島 僚太
10
レナト
監督
風間 八宏

12,972
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハスタジアム 8/4(土) 19:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝 福島 廣樹 高山 啓義
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 高橋 佳久 田中 利幸
気温 湿度 第4の審判員 記録員
28.4度 73% 竹田 明弘 花澤 秀登
16 シュート 12
11 ゴールキック 14
6 コーナーキック 3
8 直接FK 8
2 間接FK 0
2 オフサイド 0
0 PK 0

仕切り直しとなるホームゲーム。ここで連敗はできない。
前節・浦和レッズ戦(7月28日)は0-2と完封負け。前半、後半にそれぞれ失点するなど後手に回る展開となった。2点ビハインドの状況で最後まで攻撃を仕掛けたものの結果的に放ったシュートは6本。アウェイでの勝利は遠かった。加入後初出場を果たした小林祐希がアグレッシブなプレーを見せるなど明るい材料もあったが、上位争いへ踏みとどまるためにはやはり前節以上のパフォーマンスを発揮しなければならない。試合後、森下仁志監督は「今までやってきた攻撃的な守備をもう一度思い出させて、選手が勇気を持ってアグレッシブにプレーできるよう来週のホームゲームへ向けてやっていきたい」と前を向いた。敗戦を糧に気持ちを切り替えて臨む今節。序盤からエネルギーを前面に押し出した積極的な戦いを見せることが勝利への絶対条件だ。

今節ホームに迎えるのは7位・川崎フロンターレ。前節は大宮アルディージャに4-1と逆転勝利を収めている。実に5合ぶりに勝利を掴み、4試合連続無得点とすっきりしなかった攻撃面でも結果を残し、勢いに乗って敵地へ乗り込んでくるに違いない。前節値千金の同点弾を決めた中村憲剛、スピードあるドリブル突破を持ち味とする小林 悠、楠神順平、そしてブラジル人アタッカー・レナトと多彩な攻撃陣をいかに封じるかがゲームのポイントの一つとなる。また、シーズン途中に加入した風間宏希、風間宏矢が前節Jデビューを飾るなど若い力もチームのアクセントとなっている。スタイルとしては浦和レッズ同様、丁寧にパスをつなぎながら攻撃を仕掛けることが多いだけに、相手のパスサッカーと森下仁志監督の言う「攻撃的な守備」が真っ向からぶつかる展開となるだろう。

今季はアウェイで2度対戦しており1勝1敗。5月3日にリーグ戦で対戦した際には3-4と敗戦。点の取り合いを制することができず、風間八宏監督就任後初勝利プレゼントすることになったが、6月9日のヤマザキナビスコカップでは1-0で勝利を収めた。約2か月ぶりの再戦。共に新監督の下で継続的にチーム作りを進めてきたが、その成果をピッチで示すのはどちらか。ジュビロ磐田はチーム一丸となり、アグレッシブなサッカーで“成長”を証明する。

前半0分、ジュビロボールで前半キックオフ!
前半1分、ジュビロ、最終ラインは左から宮崎智彦、藤田義明、菅沼駿哉、駒野友一。ダブルボランチにロドリゴソウト、小林裕紀。2列目左から山崎亮平、松浦拓弥、山田大記。前線に前田遼一。
前半2分、ジュビロ、前田遼一、松浦拓弥が連動してプレス!中盤の稲本潤一からボール奪取。その後フィニッシュまで持っていくことはできなかったが、序盤から出足のいい守備を見せている。
前半5分、ジュビロ、自陣右でボールを持った駒野友一が縦パス。これを山田大記がキープするもボールロスト。そのまま川崎Fにカウンターを受ける。最後は風間宏矢が右足でシュート。これはゴール横に外れた。
前半7分、ジュビロ、敵陣右サイドで山田大記がボールキープし、駒野友一へ。パスを受けた駒野友一がクロス。CKを獲得。
前半8分、ジュビロ、CK、メインスタンド側から駒野友一がキック。これはニアサイドでクリアされた。
前半9分、ジュビロ、敵陣中央で松浦拓弥と山田大記がパスを交換し、右サイドへ展開。パスを受けた駒野友一がクロス。これに前田遼一が飛び込むが西部洋平にキャッチされた。
前半10分、ジュビロ、敵陣左の深い位置でボールを持った山崎亮平がインサイドの山田大記へパス。反転した山田大記がクロス。これをファーサイドの前田遼一が頭で落とすが、ゴール前にだれもつめられなかった。
前半13分、川崎F、敵陣で細かいパスを回し、最後は小林 悠が右足でシュート。これは八田直樹が正面でしっかりキャッチした。
前半15分、ジュビロ、森下仁志監督はここまでベンチ前で大声で指示を出すことが多い。
前半17分、川崎Fに先制点。敵陣で細かいパスをつないでジュビロ守備陣を打開。最後はゴール前の田中裕介が押し込んだ・・・。【0-1】
前半19分、ジュビロ、CK、メインスタンド側から駒野友一がキック。ニアサイドへ飛んだボールに藤田義明が飛び込むが、相手にクリアされた。
前半22分、川崎F、敵陣左の深い位置でFK獲得。キッカーは風間宏希、これはロドリゴソウトが頭でクリア。その後ゴール前で混戦となるが、ジュビロボールのゴールキックの判定。
前半24分、ジュビロ、自陣で相手にボールを回されるが、宮崎智彦がカット。そのままドリブルで持ち上がり、カウンターへ。山崎亮平へパスをつなぐが、相手にクリアされ、シュートまで持って行くことはできず。
前半27分、ジュビロ、敵陣中央で縦パスを受けた前田遼一が上手く反転し、山田大記へパス。これを受けた山田大記が左足で強引にシュートを打つが、相手にブロックされた。得点はならなかったが、徐々に攻撃のリズムが生まれてきている。
前半29分、ジュビロ、山崎亮平のシュートでCKを獲得。バックスタンド側から駒野友一がキック。絶妙なボールがゴール前に飛ぶが、西部洋平にわずかにタッチされ、ファーサイドへ流れた。
前半30分、前半は残り15分。この時間帯は比較的ボールを持てているだけに1点が欲しい!
前半33分、川崎F、左サイドから攻撃。山越享太郎がドリブルで持ち込み、駒野友一とマッチアップ。抜き切らずにパスを選択。インサイドでパスを受けた楠神順平が右足でシュート。これはゴール横に外れたが、決定的な場面だった・・・。
前半36分、川崎F、CK、キッカーは風間宏希、これはジュビロがゴール前でクリアした!
前半37分、ジュビロ、カウンターから一気にゴールを狙う。敵陣右でボールを持った山田大記が右足でアーリークロス。これにゴール前へ走り込んだ前田遼一が飛び込むが、わずかにボールが長く、そのままファーサイドへ流れた。
前半38分、ジュビロ、CK、メインスタンド側、駒野友一がショートコーナーを選択。パスを受けた松浦拓弥がクロスを入れ、ファーサイドへ流れた前田遼一が頭で落とすが、相手にクリアされた。
前半41分、ジュビロ、自陣で相手にボールを動かされるが、ロドリゴソウトがカット。パスを受けた小林裕紀が前線の前田遼一へロングキック。一気に前線を狙うが、これは相手にクリアされた。
前半43分、ジュビロ、山崎亮平の豪快な一振りで同点に追いついた!!!相手を押し込み、ゴール前で左右にボールを動かす。最後は前田遼一のパスを受けた山崎亮平が強引にシュート!右足で強くインパクトされたボールがゴールネットに突き刺さった!!!【1-1】
前半44分、ジュビロ、山崎亮平の勢いは止まらない!右サイド・山田大記のクロスに反応し、フリーで右足シュートを放つが、これは惜しくもゴールの横へ・・・。
前半45分、前半アディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム1分、ジュビロ、ゴール前に侵入した駒野友一がシュートを放つが、相手にブロックされた。さらに小林裕紀が右サイド・山田大記のクロスに飛び込んだが、これもゴール横に外れた・・・。ここで前半終了。
後半0分、川崎Fボールで後半キックオフ!
後半1分、川崎F、ハーフタイムに選手交代、稲本潤一に代わり大島僚太を投入。
後半3分、膠着した展開が続く。川崎Fが左サイドから攻撃を仕掛け、楠神順平がドリブルで持ち込むが、駒野友一がカット。前田遼一へつなぎ、ジュビロがカウンターを仕掛けるが、ロドリゴソウトのところでボールロスト。互いにシュートまで待って行くことができない。
後半4分、ジュビロに決定機!!!敵陣中央で松浦拓弥が上手く反転し、スルーパス。これを受けた山崎亮平が右足でシュート、これは西部洋平に止められたものの、このこぼれ球を山田大記が右足で狙う!しかし、枠内にボールを飛ばすことができず、川崎Fボールのゴールキックに。
後半6分、川崎F、カウンターから一気に相手ゴールを目指す。最後は中央からのパスを受けた楠神順平が右足で狙うが、これは枠の外に。
後半8分、ゲームが動いてきた。ジュビロ、相手ゴール前までボールを運び、山崎亮平、さらに小林裕紀がシュートを放つがいずれも相手にブロックされる。さらに左サイド・宮崎智彦のパスを受けた小林裕紀がワンツーから再びシュートを狙うが、これも相手にブロックされた。
後半10分、川崎F、2枚目の選手交代、小林 悠に代わりレナトを投入。
後半12分、ジュビロ、右サイドからチャンスメイク。右サイドを駆け上がった駒野友一のパスを受けた山田大記がクロス。これに前田遼一が飛び込み、西部洋平がボールをこぼすが、ここへつめることはできず。
後半13分、川崎F、カウンターから決定機。スルーパスを受けたレナトが左足を振り抜くが、間一髪のところで菅沼駿哉がブロック!
後半15分、川崎F、ハーフウェーライン左で山崎亮平の突破を止めた井川祐輔にイエローカード。
後半16分、ジュビロ、ハーフタイムの指示は3点。「縦に仕掛けながらクロスの選択肢を多くしていこう」、「ボールサイドへスライドしながらコンパクトに守ること」、「点を取りにいこう」。
後半22分、川崎F、楠神順平が前線でスルーパスを受けるが、これはオフサイドの判定。この時間帯、互いにシュートまで行けず膠着した展開だ。
後半25分、川崎F、自陣右でボールを持ったレナトがドリブルを仕掛けるが、藤田義明が渾身のスライディングでカット!
後半26分、ジュビロ、浮きパスでスルーパスを受けた前田遼一が絶妙なボールコントロールからシュート!しかしこれは西部洋平にブロックされる。さらに松浦拓弥がこぼれ球を拾い、最後は山田大記が左足で狙うが、これも西部洋平にキャッチされた・・・。
後半28分、ジュビロ、1枚目の選手交代、松浦拓弥に代わり阿部吉朗を投入。
後半28分、川崎F、カウンター、左サイドから攻め、最後は楠神順平が右足でゴールを狙うが、これは八田直樹が正面でキャッチ。
後半30分、ジュビロ、サイドアタックから勝ち越しゴールが生まれた!敵陣右サイドを駆け上がった駒野友一がクロス。グラウンダーのボールを川崎Fがクリアしきれず、オウンゴールとなった!【2-1】
後半31分、川崎F、選手交代、楠神順平に代わり登里享平を投入。
後半33分、ジュビロ、中盤2列目左サイドでプレーしている阿部吉朗がドリブル突破から右足でシュート!西部洋平がブロックしたボールのこぼれ球を拾った山田大記がシュートを狙うが、これはゴール横に外れた・・・。
後半35分、川崎F、途中出場のレナトは前線の右サイド、登里享平は同左サイドでプレーしている。いずれも得点能力の高い選手。十分に注意したい。
後半36分、ジュビロ、2枚目の選手交代、山崎亮平に代わり山本脩斗を投入。
後半37分、ジュビロに決定機!藤田義明のパスを受けた阿部吉朗がゴール前で右足を振り抜くが、ボールは大きく枠の外・・・。
後半37分、川崎Fに同点ゴールを許す。左サイドからの浮きパスを受け、フリーとなったレナトに左足で流し込まれた・・・。【2-2】
後半41分、川崎F、相手ゴール前で細かくパスをつなぎ、最後は實藤友紀が混戦から右足でシュート。シュートが枠内に飛ぶが、これは八田直樹がファインセーブで防いだ!!!
後半42分、ジュビロ、カウンターで一気に相手ゴール前へ。山本脩斗のスルーパスを受けた阿部吉朗がクロスを上げるが、これはゴール前の前田遼一には合わず・・・。
後半45分、ジュビロに決定機!右サイド・山田大記のクロスに山本脩斗が反応。フリーで右足を振り抜くが、シュートは枠の上に・・・。後半アディショナルタイムは3分。
後半アディショナルタイム2分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から駒野友一がキック!タオルマフラーが揺れるスタンドと一体となって相手ゴールを目指すが、シュートを打つことはできず、ゴール前でジュビロにファウルの判定。
後半アディショナルタイム3分、ジュビロ、阿部吉朗と前田遼一のパス交換から右サイドへ展開。サイドの高い位置で駒野友一がボールを受けるが、相手に寄せられクロスを上げることはできず。ここで試合終了のホイッスル・・・。【2-2】
森下 仁志 監督

――感想
まずはじめに、いつもですが、たくさんのサポーターの方に早い時間から来ていただき本当に感謝しています。
ゲームに関しては立ち上がり、少し気合いが入り過ぎていたと言うか、気持ちが前へ出過ぎて判断を共有することが少し疎かになったところで失点しました。ただ、その後落ち着いてやってくれましたし、ゲーム全体を通しては自分たちのスタイルを十二分に発揮してくれたと思います。チャンスもたくさんありましたし、3点、4点、5点と取れるように練習から一つの動き、パス、コントロール、シュートなど全てを要求してやり続けたいと思います。
――共有できなかった部分を上手く修正できた要因は?
修正できたのは普段から選手が理解してやってくれている証拠だと思います。例えばハーフタイムに(指示を)伝えてもその状況を理解できていないとなかなか難しいと思います。そのあたり、選手一人一人、またチームとしても能力が高いですし、そこの判断を共有すればいい守備ができ、いい攻撃に移れます。後半は自分たちのゲームになってきましたし、それを続けてやっていきたいと思います。
――先制点の場面を振り返ると?
シュートは素晴らしかったですし、それまでのボールの動かし方も素晴らしかったですし、あれが自分たちのスタイルだと思います。後半もよくボールを動かしていましたが、相手が攻め残りしている分、もっともっと最後のフィニッシュの質を上げてやれば自分たちのゲームになると思います。2点目のようなことはチャンスを逃し続けると起こりうることですし、たくさんチャンスがあったわけですからそれを仕留めることができるように練習からもっと質を上げていきたいと思います。
――山崎亮平選手に関する評価は?
彼自身、内に秘めたものがあったでしょうし、素晴らしいシュートでした。これから彼の持ち味である仕掛ける部分、シュートのアイディアといった部分がもっともっと出てくると思います。
――久々の先発となった菅沼駿哉に関する評価は?
不足しているのは経験だけですし、彼の持っている能力は本当に素晴らしいものがあります。学ぶ姿勢を続け、真摯にトレーニングを続ければ日本を代表するようなセンターバックになると思っています。

山崎 亮平 選手

山崎 亮平 点が取れていませんでしたし、積極的に行こうと思っていました。点が取れてよかったです。
――前後半で修正できた部分は?
相手が間伸びしていたこともあると思いますが、こちらも前半以上に前に行く意識がありました。ただ、そういった時間帯もあった中でさらに追加点を取れてなかったことがチームとして痛かったと思います。
――ゴールシーンについて
思いきり打って入ったのでよかったです。
――個人的に川崎フロンターレとは相性がいいのでは?
今年に関して言えば、3試合中2試合で(点が)取れているので、自分の中ではいいと思います。

駒野 友一 選手

駒野 友一 相手にパスを回される時間帯もありましたし、先に失点してしまいました。悪い中でも失点しないことを考えてプレーしなければいけませんが、前半のうちに同点に追いつけたことはよかったと思います。
――後半は前半より全体の動きがよくなったが?
前半もゴールに向かう姿勢はありましたが、後半は前半以上にそれがありました。チャンスもたくさんありましたが、それを決めれなかったことが今日の反省点だと思います。
――ゴールシーンについて
監督からもGKとディフェンスラインの間を狙うように言われていましたし、それが今日はオウンゴールにつながったと思います。

菅沼 駿哉 選手

菅沼 駿哉 前半は押し込まれるシーンもありましたが、前半の終わりころから自分たちのリズムを作れてきていましたし、あとは点を決めるだけという感じでした。今日の試合は勝てたというのが(試合後の)ロッカールームの雰囲気でしたし、勝てる試合を落としたという感じです。最後ああいったところで失点したことはもったいないことだと思いますし、やや集中力が切れている時間帯でもあったので、あそこで後ろからもう一声かけられればと思っています。

藤田 義明 選手

藤田 義明 ――この試合、菅沼駿哉選手とのコンビとなりましたが?
相手は裏を狙ってくるとミーティングでも言われていましたし、裏を意識しつつ、ラインを上手く高く保つところを2人で意識していました。ただ、失点場面ではボールの出どころをもっと潰さなければいけません。
――前半で同点としたが?
粘り強くボールを回してヤマちゃん(山崎亮平)のところで上手くチャンスを決めてくれたので、あそこで流れが変わったと思います。

山田 大記 選手

山田 大記 最後の精度を上げていくことが得点にもつながりますし、ああいったカウンターを受けないというところでも大事だと思うので、そういったところを練習を通じてさらにレベルアップさせていきたいです。
自分自身、まだまだ走れていませんでしたし、まだまだな部分が多かったので、トレーニングして来週はさらにいいパフォーマンスを見せられるようにしたいです。

山本 脩斗 選手

山本 脩斗 シュート場面で決めきれなかったことは課題ですし、反省点です。悔しかったです。ボールを持ったら仕掛けることを意識していましたし、持ったら前に行くことはできましたが、最後のシュートのところで決めきることができませんでした。

川崎フロンターレ ■風間八宏監督
 

――感想
前半の始めに得点を取り、それからちょっとの時間までは選手のみんながボールを前に運ぶ、タイミングを合わせるといったことを上手くできましたし、あのゴールもいいゴールだったと思います。ただ、当然相手にボールがある時は自分たちの意思でサッカーができませんから、その時は相手の意思をできるだけ早く読んで消す、そのためにはそのポジションをしっかり取りなさいということを言っていましたが、前半はあまり上手くいきませんでした。後半は多少上手くいったところはありますが、まだまだいい時間をこれからもっと増やさなければいけません。そのためにいいものが少し見えたなというふうに思う試合でした。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯