2013年 試合速報

2013 J1リーグ 23節 vs.アルビレックス新潟

albirex
albirex

9 勝
3 分
10 敗
28 得点
30 失点
勝点 30
順位 12

4
  • 0
  • 2

  • 4
  • 0

2
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

2 勝
9 分
11 敗
27 得点
35 失点
勝点 15
順位 17

前半
舞行龍ジェームズ
8分
9分
前田 遼一
24分
前田 遼一
ハーフタイム
藤田 征也
ホージェル ガウーショ
後半
川又 堅碁
6分
川又 堅碁
9分
山本 康裕
ペク ソンドン
20分
松浦 拓弥
伊野波 雅彦
田中 達也
岡本 英也
21分
30分
前田 遼一
金園 英学
三門 雄大
34分
ホージェル ガウーショ
40分
成岡 翔
内田 潤
ホージェル ガウーショ
41分
川又 堅碁
47分
菅沼 駿哉
21
東口 順昭
3
大井 健太郎
19
金 珍洙
24
川口 尚紀
29
舞行龍ジェームズ
6
三門 雄大
7
藤田 征也
8
レオ シルバ
18
成岡 翔
9
田中 達也
20
川又 堅碁
SUB
1
黒河 貴矢
4
金 根煥
17
内田 潤
11
ホージェル ガウーショ
15
本間 勲
16
岡本 英也
28
鈴木 武蔵
監督
柳下 正明
21
八田 直樹
2
菅沼 駿哉
5
駒野 友一
13
宮崎 智彦
33
藤田 義明
7
小林 裕紀
10
山田 大記
11
松浦 拓弥
23
山本 康裕
50
カルリーニョス
18
前田 遼一
SUB
1
川口 能活
19
伊野波 雅彦
8
ペク ソンドン
22
チョン ウヨン
26
松岡 亮輔
9
山崎 亮平
17
金園 英学
監督
関塚 隆

18,926
スタジアム名 試合日 キックオフ
東北電ス 8/28(水) 19:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 河本 弘 東城 穣
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 越智 新次 数原 武志
気温 湿度 第4の審判員 記録員
24.6度 54% 荒木 友輔 河合 悠輝
13 シュート 3
5 ゴールキック 9
5 コーナーキック 4
16 直接FK 10
1 間接FK 2
1 オフサイド 1
0 PK 1

7戦未勝利――。振り返れば7月のホーム・アルビレックス新潟戦より白星から遠ざかっている。「今こそ勝たなければいけない」と意気込むのは新戦力のカルリーニョス。この試合、何としても勝利が欲しい。関塚 隆監督は相手をこう分析する。「新潟はシンプルにボールを入れてくるし、そこに走り込んでくるチーム。それに走り負けてはいけないし、競り負けてはいけない」。前回の対戦ではホームで2-1と競り勝つことができた。その再現を敵地で狙う。
この試合でJ1通算350試合出場となる駒野友一は前節・FC東京戦(8月24日)をこう振り返る。「やはりこういう時期、こういう順位だからこそ、選手一人一人が危機感を持っていた。相手のシュートに体を投げ出してブロックする場面もあったし、それを続けていかなければいけない」。なお、第21節・湘南ベルマーレ戦(8月17日)で後頭部を強打し、途中退場を余儀なくされた伊野波雅彦はすでに戦列復帰。今節はベンチで出番を待つ。
ジュビロ磐田の予想布陣は[4-2-3-1]。GKは八田直樹、最終ライン右から駒野友一、菅沼駿哉、藤田義明、宮崎智彦。ダブルボランチに小林裕紀とカルリーニョス。中盤2列目右サイドから山本康裕、松浦拓弥、山田大記。1トップに前田遼一。

対するアルビレックス新潟の予想布陣は[4-4-2]。GKは東口順昭、最終ライン右から川口尚紀、舞行龍ジェームズ、大井健太郎、金 珍洙。ダブルボランチに三門雄大とレオ シルバ。中盤右サイドに成岡 翔、同左に藤田征也。2トップに田中達也と川又堅碁。累積警告で出場停止となる田中 亜土夢に代わり、前節右サイドバックを務めた藤田征也を中盤の2列目へスライド。先発復帰となる川口尚紀を右サイドバックに置くことになりそうだ。
前節はホームで川崎フロンターレと対戦。前半に今季波に乗る大久保 嘉人にゴールを許したが、後半に川又堅碁、さらに途中出場の岡本英也の連続ゴールで逆転。この勝利で勝点を『30』に乗せ、今節の結果次第では1桁順位へ食い込む可能性もある。相手の攻撃の鍵を握るのはやはりエース・川又堅碁。今季リーグ戦でここまで13得点。得点王のタイトルも狙える位置におり、前回の対戦でもFKからゴールを決められている。関塚 隆監督も「乗せていけない選手の一人」と警戒するストライカーに、絶対に自由を許してはならない。

試合会場はアウェイ・東北電力ビッグスワンスタジアム。アルビレックス新潟はホーム3連勝中。しかし、ジュビロ磐田もアルビレックス新潟には09年以来負けていない。天候は晴れ。やや涼しさも感じる新潟の地で、リーグ8戦ぶりの勝利を目指す!!!!!!

前半1分、新潟ボールで前半キックオフ。ピッチ上空はほぼ風がなく、過ごしやすい陽気。
前半1分、磐田の布陣は[4-2-3-1]。GKは八田直樹、最終ライン右から駒野友一(キャプテン)、菅沼駿哉、藤田義明、宮崎智彦。ダブルボランチに小林裕紀とカルリーニョス。中盤2列目右サイドから山本康裕、松浦拓弥、山田大記。1トップに前田遼一。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはサックスブルー。
前半2分、新潟の布陣は[4-4-2]。GKは東口順昭、最終ライン右から川口尚紀、大井健太郎、舞行龍ジェームズ、金 珍洙。ダブルボランチに三門雄大(キャプテン)とレオ シルバ。中盤右サイドに成岡 翔、同左に藤田征也。2トップに田中達也と川又堅碁。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはオレンジ。
前半2分、序盤は互いに慎重な入り。互いに長いボールを蹴り、様子をうかがう。
前半4分、新潟、敵陣左サイドの深い位置でジュビロのこぼれ球を拾った田中達也が角度のないところからシュート。これはゴール上に外れた。この試合最初のシュートは新潟。
前半4分、新潟、レオ シルバの縦パスを受けた田中達也が敵陣左サイドからクロス。これはゴール前でジュビロがクリア!
前半5分、ジュビロ、山本康裕のドリブル突破からCKを獲得。両チーム通じて最初のCK。バックスタンド側から駒野友一がキック。これはニアサイドで新潟にクリアされた。
前半6分、ジュビロ・関塚 隆監督、新潟・柳下正明監督は共にピッチサイドに立ち、戦況を見つめている。
前半8分、ジュビロ、敵陣左サイドでボールを持ったカルリーニョスがドリブルから前田遼一とワンツー。エリア内で舞行龍ジェームズに倒され、PKを獲得!!!
前半8分、新潟、エリア内でカルリーニョスを倒した舞行龍ジェームズにイエローカード。
前半9分、ジュビロ、PKのキッカーは前田遼一。右足でゴール左に確実に決めた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!【1-0】
前半12分、ジュビロ、敵陣左サイドでFKを獲得。駒野友一がキック、これは新潟にクリアされた。
前半13分、ジュビロ、中盤からFK、ハイボールを前田遼一が敵陣左サイドで競り、そのこぼれ球に山田大記が走り込む。しかし、これは競り合いの中で山田大記にファウルの判定。新潟のFKに。
前半15分、ジュビロ、自陣で菅沼駿哉の縦パスをカットされ、すぐさま新潟・川又堅碁に縦パスを入れられるが、菅沼駿哉が自らカバーに入り、クリア!
前半16分、新潟、ゴール正面でパスを受けた成岡 翔が反転し、ドリブル、縦パス。これを受けた川又堅碁が左足でシュート。これはゴール横に外れた。
前半17分、新潟、敵陣右サイドで成岡 翔の縦パスを受けた田中達也がシュートを打とうとする。ここへアプローチしたカルリーニョスのファウルで、新潟にFK。
前半19分、新潟、敵陣右サイドからFK。金 珍洙が左足で直接狙う。鋭いシュートはニアサイドのポストに直撃し、外れた・・・。危ないシーンだった・・・。
前半20分、ジュビロ、金 珍洙のFKに反応した際に八田直樹がポストに直撃。しばらくメディカルスタッフのケアを受けたが、プレー再開。直後にサイドからクロスを上げられたが、これをしっかりとキャッチ!
前半21分、新潟に決定機。敵陣左サイドの深い位置からのクロスに川又堅碁がタッチすると、ボールはバーに直撃。この跳ね返りに田中達也が飛び込むが、カバーに入った藤田義明が間一髪のところでクリア!!!
前半24分、ジュビロに追加点!!!山田大記が敵陣左サイドをドリブルで突破し、インサイドへ横パス。これを受けた宮崎智彦がさらに横パス。これを受けた前田遼一が右足でゴールネットを揺らした!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!【2-0】
前半29分、新潟、敵陣中央でボールを奪い、右サイドへ展開。このパスを受けた藤田征也が右足でクロス。これはジュビロがクリア!
前半31分、ジュビロ、相手のボールを奪い、左サイドから攻撃。宮崎智彦、松浦拓弥、カルリーニョスとつなぎ、最後は山田大記が右サイドへ展開。このパスを受けた駒野友一が敵陣右サイドからクロス。これは新潟にクリアされたが、リズムよくパスがつながっている!
前半31分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から駒野友一がキック。これをファーサイドの松浦拓弥が折り返すが、新潟にクリアされた。
前半34分、ジュビロ、宮崎智彦のアグレッシブな攻撃参加からCKを獲得。メインスタンド側からカルリーニョスがキック。これをニアサイドでフリーとなった山本康裕が頭で合わせるが、ジャストミートできず、ファーサイドへ流れてしまった・・・。
前半34分、新潟、CKの守備から素早く切り替え、一気にカウンター。最後は敵陣左サイドからクロス。このこぼれ球をレオ シルバが右足で合わせるが、これは八田直樹がキャッチ!
前半37分、ジュビロ、2点をリードした後も選手一人一人がハードワークを続けている!このまま無失点で前半を終えたい!
前半38分、新潟、川口尚紀のクロスからCKを獲得。メインスタンド側から藤田征也がキック。これはニアサイドで小林裕紀が頭で大きくクリア!
前半40分、新潟、敵陣左サイドから金 珍洙がクロス。これは逆サイドからしぼった宮崎智彦が大きくクリア!
前半42分、新潟、レオ シルバのスルーパスを受け、ジュビロ最終ラインの背後へ走り込んだ金 珍洙がクロス。これは八田直樹がキャッチ!
前半43分、ジュビロ、山田大記のスルーパスを受けた松浦拓弥がゴール左から左足でシュート。しかし、角度がなく、ファーサイドへ抜けていった・・・。
前半44分、ジュビロ、駒野友一のドリブル突破から敵陣右サイドの深い位置でFKを獲得。キッカーは駒野友一。これは東口順昭にキャッチされた・・・。
前半45分、新潟、カウンターからジュビロゴールに迫る。最後はレオ シルバが右足でミドルを打つが、大きく枠の上に外れた。前半のアディショナルタイムは2分。
前半アディショナルタイム2分、新潟、敵陣中央でパスを受けた田中達也が右サイドへ展開。パスを受けた藤田征也が右足でクロス。これはゴール前で合わず、ファーサイドへ抜けた。ジュビロのスローインとなったところで前半終了のホイッスル。【2-0】
後半1分、ジュビロボールで後半キックオフ。新潟、ハーフタイムに選手交代、藤田征也に代わりホージェル ガウーショを投入。中盤の右サイドへ入り、成岡 翔が同左サイドへ。
後半2分、新潟、敵陣右サイドでボールを持った田中達也がホージェル ガウーショへ縦パス。これは藤田義明がカット!
後半6分、新潟に1点を返された・・・。敵陣左サイドの成岡 翔のクロスをゴール前の川又堅碁に頭で押し込まれた・・・・・・・・・・。【2-1】
後半9分、新潟に同点ゴールを許してしまった・・・。敵陣左サイドの舞行龍ジェームズのクロスを再び川又堅碁に押し込まれてしまった。今度は左足でのゴール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。【2-2】
後半9分、ジュビロ、選手交代、山本康裕に代わりペク ソンドンを投入。そのまま中盤の右サイドへ入った。
後半13分、新潟、金 珍洙のクロスからCKを獲得。メインスタンド側から金 珍洙が左足でキック。これはジュビロがクリア!
後半14分、ジュビロ、相手ゴール前・正面でボールを持ったペク ソンドンが右足でミドル。これはゴール横に外れた。
後半15分、ハーフタイムコメント、ジュビロ・関塚 隆監督、「まだゲームは終わっていない」、「相手のプレッシャーを受けても前に行けたところが前半よかった」、「空いていればダイレクトで前にボールを入れよう」、「必ず勝って帰るぞ!」。
新潟・柳下正明監督、「怖がらずに集中してプレーすること」、「チャンスは同じ数ある。モノにすれば十分得点は取れる」。
後半16分、中盤で藤田義明と競り合った川又堅碁がピッチに倒れ込む。しばらくしてプレー再開。
後半19分、新潟、前線で縦パスを受けた成岡 翔がおとし、ホージェル ガウーショがミドル。これは八田直樹がキャッチ!
後半20分、ジュビロ、選手交代、松浦拓弥に代わり伊野波雅彦を投入。
後半21分、新潟、選手交代、田中達也に代わり岡本英也を投入。
後半22分、ジュビロ、布陣はそのまま。センターバックに伊野波雅彦、菅沼駿哉。ボランチに小林裕紀と藤田義明。カルリーニョスが1列前にスライド。
後半23分、ジュビロ、敵陣左サイドの深い位置で山田大記のスルーパスを受けた宮崎智彦が左足でクロス。これにカルリーニョスが飛び込むが、新潟にクリアされた・・・。
後半26分、ジュビロ、中盤でボールを奪った前田遼一がカルリーニョスへパス。カウンターへ。カルリーニョスがペク ソンドンへラストパスを出すが、プレスバックした金 珍洙にクリアされた・・・。
後半29分、ジュビロ、敵陣右サイドでFKを獲得。キッカーはカルリーニョス。左足で速いボールを入れるが、これは東口順昭にキャッチされた・・・。
後半30分、ジュビロ、選手交代、前田遼一に代わり金園英学を投入。
後半31分、新潟に決定機。敵陣左サイドで得たFKを金 珍洙がキック。ゴール前で混戦となり、最後は川又堅碁に押し込まれたが、これはオフサイドの判定。決定的なシーンだった・・・。
後半34分、新潟に逆転ゴール・・・。ジュビロゴール前のコンビネーション。最後は最終ラインを突破した三門雄大がゴール右から右足でゴールネットを揺らした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。【2-3】
後半40分、新潟に追加点・・・。敵陣右サイドでボールを持ったホージェル ガウーショがドリブルでインサイドへ切れ込み、左足でシュートを決めた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。【2-4】
後半41分、新潟、選手交代、成岡 翔に代わり内田 潤を投入。得点直後にシャツを脱いで喜びを表現したホージェル ガウーショにイエローカード。
後半45分、後半のアディショナルタイムは5分。
後半アディショナルタイム1分、新潟、敵陣左サイド・金 珍洙のクロスを岡本英也が左足で合わせるが、これはゴール上に外れた。
後半アディショナルタイム2分、プレーと関係のないところでヒートアップした菅沼駿哉、川又堅碁にイエローカード。
後半アディショナルタイム6分、終盤は互いにシュートまで行けず、そのまま試合終了のホイッスル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。【2-4】
関塚 隆 監督

――感想
前半我々がリードしながら後半に逆転負けということで、非常に痛い1敗だったなと思います。本当にサポーターのみなさんに申し訳ないです。選手たちはよくやってくれたと思いますが、またしっかりと修正して次節に向かいたいと思います。
――勝敗を分けた分岐点は?
やはり後半の立ち上がりの10分、15分というところだと思います。それと、後半も0-0の気持ちで入っていかなければいけないところでしたが、少し受けてたったというところでみんなの出足が削がれていたのではないかと思います。
――チームとしての修正点は?
やはり勇気と言うか、出て行く、引き下がらないというところが大事だと思います。ただ、そのためにはしっかりとした組織的な攻守のバランスが大事だと思います。そのあたりはトレーニングで積み上げていくしかないのではないかと思います。

駒野 友一 選手

駒野 友一 2点を先に取ることができたのですが、その後相手に押し込まれてしまいました。今同点から逆転という悪い流れがあり、今日も前から来た相手に対して、後半はかわすことができませんでした。そのあたり、前半はうまくかわしていたのですが・・・。相手の距離感がよく、ボールを奪っても相手に転がってしまいました。前半は自分たちの距離感がよかったのでマイボールにできましたが、後半は相手がセカンドボールを拾う回数が多くなってしまいました。前半はきっちりと守れていた中で、後半それをできなかったことは反省しなければいけません。前半はシュート、クロスに全員が最後まで体を張って守っていましたが、後半は4失点とも簡単にやられてしまいました・・・。

八田 直樹 選手

八田 直樹 情けないです。その言葉しか出てきません。なんと言っていいかわかりませんが・・・、力不足です。試合の途中から受け身になってしまいました。

松浦 拓弥 選手

松浦 拓弥 2-0の時に3点目を取れるチャンスが僕自身も含めチームとしてありましたし、前半のうちに3-0にできれば試合を決定付けることができたと思います。後半の立ち上がりにもチャンスがありましたし、相手に1点返される前までは機能していたと思います。ただ、理由があるからこそ失点するのだと思いますし、チームとして修正していきたいです。

藤田 義明 選手

藤田 義明 前半粘り、前田さんが2点取ってくれ、そのまま後半に入ることができましたが、後半の早い時間帯に立て続けに失点してしまい、もったいなかったですね・・・。自分たちとしては後ろ向きと言うか、受け身になるという考え方はなかったのですが、結果的にセカンドボールを拾われてしまいました。後半に2失点した段階でまだイーブンではあったのですが、チームとしてその流れを断ち切ることができませんでした。そこでもう一度盛り返すことができれば、まだまだわからない展開でしたが、力不足です。

カルリーニョス 選手

カルリーニョス (前半にドリブルからPKを獲得したが?)連係としてはよくなっていますが、ただ、勝てなかったことは非常に残念です。もう一度自分たちを見つめ直し、勝てるようにしなければいけません。ただ、我々がよくなかったという試合ではなく、新潟が非常に集中していい試合をしたというゲームだったと思います。次の試合はホームゲームです。とにかく勝つのみです。

アルビレックス新潟 ■柳下正明監督
 

――感想
前半は同じくらいのチャンスがあったと思いますが、今でやってきた守備が全くできていませんでした。相手がパスして走る。その走っていく選手について行くことができず、ああいう結果になってしまいました。後半は自分たちが勝つという気持ちがそのまま表れ、前へ行く、ゴールへ向かっていくプレーが増えて相手に圧力をかけることができました。前節も言ったと思いますが、後半45分間のプレーを前半からできるようにと。それができれば間違いなく勝点を取り続けることができると思います。45分間は素晴らしいゲームができたと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯