2018年 試合速報

明治安田J1 第30節 vs. V・ファーレン長崎

v-varen
v-varen

8 勝
5 分
17 敗
34 得点
51 失点
勝点 29
順位 18

0
  • 0
  • 0

  • 0
  • 0

0
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

8 勝
10 分
11 敗
30 得点
42 失点
勝点 34
順位 15

前半 ハーフタイム 後半
磯村 亮太
新里 涼
15分
22分
松浦 拓弥
大久保 嘉人
27分
上原 力也
荒木 大吾
37分
中村 俊輔
小川 航基
中村 慶太
ハイロ モリージャス
38分
澤田 崇
前田 悠佑
48分
1
増田 卓也
4
髙杉 亮太
5
田上 大地
45
ヨルディ バイス
3
飯尾 竜太朗
10
黒木 聖仁
19
澤田 崇
20
中村 慶太
28
翁長 聖
38
磯村 亮太
9
ファンマ
SUB
21
富澤 雅也
39
チェ キュベック
6
前田 悠佑
23
米田 隼也
27
新里 涼
18
ハイロ モリージャス
37
平松 宗
監督
高木 琢也
21
カミンスキー
3
大井 健太郎
5
櫻内 渚
6
エレン
41
高橋 祥平
7
田口 泰士
10
中村 俊輔
11
松浦 拓弥
19
山田 大記
30
上原 力也
20
川又 堅碁
SUB
36
三浦 龍輝
25
大南 拓磨
14
松本 昌也
23
山本 康裕
27
荒木 大吾
18
小川 航基
22
大久保 嘉人
監督
名波 浩

15,502
スタジアム名 試合日 キックオフ
トラスタ 10/21(日) 16:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 山城 大 松尾 一
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 間島 宗一 作本 貴典
気温 湿度 第4の審判員 記録員
21.2度 41% 中野 卓 山崎 陽介
4 シュート 12
13 ゴールキック 6
5 コーナーキック 5
8 直接FK 19
1 間接FK 4
1 オフサイド 4
0 PK 0

リーグ戦は残り6試合。前節の静岡ダービーでは屈辱的な大敗を喫したジュビロだが、「今こそひとつになって、全員で最後まで戦おう」というゲームキャプテン・大井健太郎の言葉を胸に、選手たちは改めて心をひとつにし、残りのシーズンを戦い抜く覚悟だ。

今日は、J1残留に向けて負けられないV・ファーレン長崎との一戦。ジュビロは3バックではなく4バックの布陣で臨むことになりそうだ。2列目には、中村俊輔と松浦拓弥、そして練習から好パフォーマンスを見せ続けている山田大記が入る。試合のポイントについて、「まずは守備からしっかり入ること、そして攻撃ではより前選択を意識し、一人ひとりがゴールに向かい続けることが大事」と山田。また、「“ピッチで味わった悔しさはピッチでしか晴らせない”という名波監督の言葉が心に残っている。今日の試合でその想いをぶつけたい」と勝利への闘志を燃やしている。
また、1トップに入るのは先日日本代表に選出され、強化試合に出場した川又堅碁。「球際、気持ち、全ての面で相手に勝つことが大事ですし、個人としても点を取ってチームに貢献したい。とにかく長崎戦は、勝利を手にするのみです」と想いを語った。

対する長崎もJ1残留に向けてハードな戦いを続けており、今日もホームで真っ向から勝負に挑んでくるはずだ。ジュビロとしては、相手のそうした勢いに対して決して受けに回らず、それを上回るような勝利への気迫あふれるプレーを見せて、勝点3を磐田に持ち帰りたい。

キックオフは16時。トランスコスモススタジアム長崎周辺の天候は晴れ。爽やかな秋の空が広がっている。

試合速報はこちらをクリック
名波 浩 監督

――試合の総括
まずはセカンドボール、それからプレスの連動というものを、このゲームのテーマとして選手たちには臨ませましたけど、合格点を与えて良いセカンドボールの予測と反応、プレスの連動、もうひとつ言えばその後の分散も非常に良かったのではないかなと思っています。相手が高い位置からのプレスを特長としているチームという中で、我々はそのプレスにはめられないようにボールを動かせたと思いますし、人と人とのギャップの顔出しも非常に良かったので、特にスタートから出た山田と松浦、(中村)俊輔の3人の、前選択がある時のボールのタッチからはチャンスを作れたのではと思っています。
結果的に1点を取れなくて、勝点1でしかないというゲームだとは思うのですが、この失った2をまだまだ挽回出来る残り5試合として、全精力を持ってやっていきたいですし、決定的なチャンスが少ない中で、もう少し深いエリアでのアイデア、精度がないと崩せないですし、シュートチャンスまでいかないと。前の選手をどんどん代えてピッチに送り出しましたけど、もっとアイデアを出して欲しいですし、もっとゴールに向かって欲しいですし、もっともっと流れを変えられるような雰囲気を作り出して欲しいと思いました。

――大久保選手がベンチスタートとなりました
ここ何試合かボールに触る回数がちょっと少なかったので。ゴールを決めたレイソル戦のカウントからいくと、(その数字は)彼も、僕自身も納得する数字ではなかったので、もっとみんなの特徴を知りながらボールに触れて欲しいと。だから今日は最初に松浦を使ってリズムを作り出そう、という意図です。

――4バックにした意図は
そこは伝えられないですけど、先ほども言いましたがセカンドボールと、前線の連動した守備というものがはまったことは事実だと思うので、これは継続していきたいなと。もし3バックだとしても、選択肢が前にある時が我々のストロングだと思うので、常に前選択を持ってやっていってくれれば、今日のような感じになるのではと思っています。いくつかのシーン以外は、ほとんどピンチらしいピンチは無かったと思います。

大井 健太郎 選手

大井 健太郎 ――無失点で引き分けという結果について
この時期に良い材料を探している場合でもないですし、勝点3を取りたかったゲームだったので、非常に残念です。

――長崎への対策は?
相手は前から来るディフェンスで流れを掴んでくるチームだと思っていたので、少し大きいボールが増えてもいいのでまずは裏を狙うということを意思統一して入りました。ただ、思ったよりも前から来なかったこともあり、サイドから突いたり、真ん中でボールを持てる時間もありました。良いところまでは行けたと思うのですが、やはり最後に決め切るところで力が足りなかったです。

――今日は4バックの布陣で臨みました
4バックでも3バックでも意識せずに自分たちはやれていますし、4枚だろうと3枚だろうとチームでの約束事をしっかりと守りつつ、今後もみんなで身体を張って戦っていきたいです。

――ここからの戦いに向けて
まずは天皇杯があるので、そこに向けて集中してやりたいなと思います。湘南戦に関しては、また今日と同じく非常に大事な、お互いにとって非常に大事なゲームです。しっかりホームで勝点3を積み上げたいと思います。

山田 大記 選手

山田 大記 ――引き分けという結果について
本当に勝ちたかったですし、チームとして勝点3が必要だったので、すごく残念です。ただ、痛い引き分けとも捉えられますが、もちろん精一杯戦った結果ですし、勝点0よりは間違いなく良い勝点1なので、本当にこれからのリーグ戦残り5試合をどう戦うかです。この勝点1を意味のあるものにするかどうかというのは、自分たちで変えていけると思うので、もちろん圧倒的に悔しさの方が大きいですが、この気持ちとこの結果をとにかく次に繋げて、ホームで湘南に勝ちたいと思います。みんな悔しさの方が大きいと思いますが、ロッカーでも「次に繋げるぞ」という声が出ていたので、そういう戦いをしていきたいです。

川又 堅碁 選手

川又 堅碁 ――試合を振り返って
決定機があったので、最後の決め切るところです。みんなファイトしていましたし、内容としては良い部分も多かった分、やはり1点取りたかったです。

――4バックになって変わったことは?
システムというよりも、今日はどんどん前で待たずに、前からボールに行っていましたし、セカンドボールの競り合いでも勝てることが多かったと思います。根本的な球際の部分というのは、みんながしっかり意識を持ってプレーしていましたし、勝ちたい気持ちはピッチに出ていて、本当に点数だけだったので悔しいです。ただ、無失点で後ろが耐えてくれたことは次に繋がると思うので、切り替えて次に臨みたいです。

V・ファーレン長崎 高木琢也監督
 

――試合の総括
残りわずかのゲームと、それからポジションとしても結果を出さなくてはいけない状況の中で、選手たちはよく頑張ってくれて最低限の勝点は取れたのですが、自分の仕事としてはマイナス点をつけなくてはいけないかなと、そういうゲームだったと思います。ジュビロさんは通常3バックでずっとプレーされていた中で、(今日4バックで臨んだ)その意図はもちろん僕にも分かりませんが、自分たちがセカンドボールをなかなか取れなくて、最終ラインがボールを受けてマイナスなプレーが多くなってしまったなという印象がありました。

試合日程・結果

J1 LEAGUE

2018 J1参入プレーオフ

ルヴァンカップ

天皇杯