子どもたちとの交流

子どもたちとの交流

小学校訪問

ジュビロ磐田選手会は磐田市・磐田市教育委員会と共同で磐田市内の全小学校を訪問する「小学校訪問」を実施しています。

訪問予告もなく選手が登場すると、小学生から大歓声が上がり、サッカーや遊びなどで楽しい時間を共有しています。今後ともジュビロ磐田選手会は、子どもたちの夢を育むため、小学生との交流を図っていきます。

小学校訪問

磐田市小学校5・6年生一斉観戦事業

ジュビロ磐田のホームタウン・磐田市では、2011年度より新たに「Jクラブと地域社会が一体となって実現する、スポーツが生活にとけ込み、人々が心身の健康と生活の楽しみを享受することができる町」を目指し、さまざまな取り組みがなされています。

その一環として、ホームタウンに住む子どもたちが、ジュビロ磐田の試合観戦をすることにより、チームへの愛着はもとより、磐田市をふるさととして誇りに想う気持ちを共有し、将来にわたって磐田市を愛する気持ちを持続させることを目的に、磐田市及び磐田市教育委員会との共催により磐田市全小学校の小学生5~6年生をヤマハスタジアムへ招待し、一斉観戦を行っています。

夢先生

(社)日本サッカー協会が実施している「夢の教室」の一環で、静岡県西部地域の小学校をジュビロ磐田の選手や選手OB、クラブスタッフが訪問し、教壇の前で子どもたちに直接夢を語る心の交流を図り、子どもたちの夢を育んでいます。

夢先生

クリーンアップウォーキング

ジュビロ磐田選手会はホームタウン活動の一環で、地域住民の方々と地域の清掃活動「ホームタウン・クリーンアップウォーキング」を実施しています。
小中学生や磐田市職員、磐田市まち美化パートナー会員と選手がコミュニケーションを取りながら地域の清掃作業をしました。ジュビロ磐田選手会は地域の方々と美しい地域づくりに貢献していきます。

クリーンアップウォーキング