2008年 試合速報

2008 J1リーグ 26節 VS.FC東京

fctokyo
fctokyo

11 勝
6 分
8 敗
32 得点
30 失点
勝点 39
順位 6

5
  • 2
  • 1

  • 3
  • 0

1
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

7 勝
5 分
13 敗
28 得点
36 失点
勝点 26
順位 16

前半
カボレ
14分
徳永 悠平
26分
32分
茶野 隆行
佐原 秀樹
33分
34分
前田 遼一
ハーフタイム 後半
9分
加賀 健一
エメルソン
大竹 洋平
10分
オウンゴール
16分
19分
カレン ロバート
中山 雅史
石川 直宏
24分
石川 直宏
鈴木 達也
25分
カボレ
金沢 浄
27分
29分
田中 誠
松浦 拓弥
鈴木 達也
35分
平山 相太
44分
1
塩田 仁史
2
茂庭 照幸
3
佐原 秀樹
5
長友 佑都
25
徳永 悠平
7
浅利 悟
10
梶山 陽平
15
エメルソン
18
石川 直宏
9
カボレ
13
平山 相太
SUB
31
荻 晃太
8
藤山 竜仁
26
小山 泰志
17
金沢 浄
30
大竹 洋平
40
鈴木 達也
20
川口 信男
監督
城福 浩
1
川口 能活
3
茶野 隆行
5
田中 誠
15
加賀 健一
14
村井 慎二
17
犬塚 友輔
25
駒野 友一
38
ロドリゴ
8
ジウシーニョ
18
前田 遼一
22
カレン ロバート
SUB
21
松井 謙弥
6
河村 崇大
23
山本 康裕
24
松浦 拓弥
37
山本 脩斗
9
中山 雅史
32
萬代 宏樹
監督
ハンス オフト

23,036
スタジアム名 試合日 キックオフ
味スタ 9/23(火) 16:04
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 二村 昭雄 岡田 正義
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 村上 孝治 岡野 尚士
気温 湿度 第4の審判員 記録員
26.9度 55% 高山 啓義 遠藤 郁夫
10 シュート 8
11 ゴールキック 7
4 コーナーキック 4
20 直接FK 16
1 間接FK 0
1 オフサイド 0
0 PK 0

J1第26節FC東京戦が味の素スタジアムにて16:04キックオフ。
この日の対戦相手は6位と好調をキープしているFC東京が相手。
オフト監督になってから2試合勝ち星無しと、依然として苦しい状況は続いている。何より3試合連続無得点に終わった攻撃陣の調子が上がってこない。守備陣にしても、前節失点を喫した様にコーナーキックなどのセットプレーのシーンで集中力を切らしてしまっている様に見える。
内容は徐々にではあるが確実に良くなってきているだけに、いかに得点をし、いかに失点を防ぐかが課題になる。
これはどのチームにもあげられる課題かもしれない。しかし今のジュビロにはこの課題より重要なものはない。
その課題が達成できた時、必ず勝利の2文字は見えてくるだろう。自分を信じて戦えば結果はついてくる!
スタメンを見てみると、ジュビロの方は前節とメンバーは変わらず。ベンチ入りしている中山雅史は今日が41回目の誕生日を迎えることとなった。途中から出場し、バースデイゴールでジュビロに勝利をもたらしてほしい。
FC東京は、今野泰幸が出場停止、羽生直剛と赤嶺真吾が怪我により出場できないという状況。
相手はベストメンバーには程遠いメンバーなのに対して、ジュビロはほぼベストメンバーがそろった。
集中力を切らさずに戦い、一致団結さえすれば勝てない相手ではない!
アウェイではあるが、ジュビロサポーターも勝利を信じて応援に駆けつけてくれている。
失敗を恐れず全員でチャレンジし、これからに繋げる戦いを見せたい。

前半0分、東京ボールで前半キックオフ!
前半1分、東京、中央でボールを持った平山相太から左サイドのカボレへ。カボレから再び平山相太に渡り、そのままシュート。しかしこれはジュビロDFが壁になり、なんとかクリア!
前半3分、ジュビロ、後方でボールを繋ぎ攻める機会を伺う。アウェイにもかかわらずジュビロサポーターはたくさん駆け付けてくれている。なんとしても勝利がほしい!
前半5分、ロドリゴからスルーパスが出されるが、タイミングが合わず塩田仁史にキャッチされてしまう・・・
前半8分、ジュビロ、中盤でボールを持ち攻めようとするものの東京のチェックが早くボールを奪われてしまう。
前半10分、左サイドでボールを持った、村井慎二からふわっとしたセンタリングをあげるが、GKに直接キャッチされてしまう。
前半12分、東京、右サイドからの梶山陽平のFKは川口能活がなんなくキャッチ!
前半13分、左サイドからの村井慎二のコーナーキックに飛び込んだ茶野隆行がダイビングヘッド!ボールはポストをかすめ枠の外へ・・・
前半14分、左サイドを抜け出したカボレがそのまま左足を振りぬきシュート!
川口能活はボールに少し触れるも、ボールはネットに吸い込まれてしまう・・・【1-0】
前半18分、1点は先制されたものの、時間はまだまだ残っている。早い時間に追いつきたい。
前半19分、東京、茂庭照幸からロングボールが出されるが、これは川口能活が冷静に対応!
前半21分、中盤でボールを回すがラストパスの出しどころがなく、最後はロドリゴのパスがカットされてしまう・・・
前半24分、東京、右サイドから長友佑都が仕掛けセンタリング。これに平山相太が飛び込むもジュビロDFがなんとか防ぐ!サイドの守備をもうちょっと徹底したいところ・・・
前半26分、東京、徳永悠平が遅延行為によりイエローカード。
前半28分、東京、こぼれ球に浅利悟がロングシュートを放つもジュビロDFがクリア!
前半30分、ロドリゴのサイドチェンジから、駒野友一が仕掛けセンタリング!しかし東京DFにカットされてしまう・・・
前半31分、右サイドの石川直宏から中央で待っていた平山相太にマイナスのクロス。平山相太が右足を振りぬくも、ボールはバーを遥かに越えていく!
前半32分、ジュビロ、茶野隆行に対してイエローカード。
前半33分、右サイドの石川直宏が縦に抜け出し、逆サイドの佐原秀樹へ。佐原秀樹がダイレクトで蹴り込み、ゴール・・・【2-0】
前半34分、石川直宏のバックパスをジウシーニョがカットし、前田遼一にパス!前田遼一が右足を振りぬきゴール!【2-1】
前半38分、左サイドからジウシーニョが仕掛けるも、佐原秀樹に冷静に対応されてしまいボールを奪われる・・・
前半39分、右サイドからカレンロバートが仕掛けコーナーを奪う!点を奪ってから、ジュビロの動きが徐々に良くなってきた!
前半40分、コーナーキックは誰も合わせることが出来ず・・・
こぼれ球を再びセンタリングするが、最後は前田遼一が塩田仁史と接触しファウルをとられてしまう。
前半44分、ロスタイムは2分!前半の内に同点にしたいところ!
前半アディショナルタイム2分、前半最後は両チームともに、攻め手を欠き前半終了。後半にはなんとしても追いつきたい!
後半0分、ジュビロボールで後半キックオフ!
後半2分、前田遼一のポストプレーから、村井慎二が受け取りそのままセンタリング!中でカレンロバートが合わせるが、枠には入らずゴールキック。
後半3分、石川直宏からのロングボールに反応したカボレが、田中誠と接触してしまう。カボレはいったんピッチの外へ。
後半5分、右サイドに張っていたジウシーニョから、駒野友一に繋ぎ中央の犬塚友輔へ!犬塚友輔がグラウンダーのシュートを見せるが、わずかに左に外れてしまう・・・
後半7分、村井慎二からのコーナーキックはGK塩田仁史にパンチングされてしまう。こぼれ球を犬塚友輔がシュートするが、ミスキックになってしまう。
後半9分、ジュビロ、加賀健一に対してイエローカード。
後半10分、右サイドの駒野友一からセンタリングがあがり、中で待っていたジウシーニョがヘディングシュートを見せるもキーパー正面・・・
東京、エメルソンに代わり大竹洋平が投入される。
後半14分、右サイド、長友佑都に仕掛けられコーナーキックを奪われる。
コーナーキックはショートコーナーを使い、長友佑都がロングシュート。ポストのわずか左に外れる。危ないシーンだった・・・
後半16分、左サイドのカボレから、中に走り込んだ石川直宏へ。石川直宏と競ったボールが茶野隆行の足に当たってしまい、オウンゴール・・・【3-1】
後半19分、ジュビロ、カレンロバートに代わり中山雅史が投入される。
後半24分、左サイドを抜け出したカボレから、中央に走り込んだ石川直宏へ。石川直宏は合わせるだけで、ボールはネットに吸い込まれる・・・【4-1】
後半25分、東京、石川直宏に代わり鈴木達也が投入される。
後半27分、東京、カボレに代わり金沢浄が投入される。
後半29分、ジュビロ、田中誠に代わり松浦拓弥が投入される。田中誠は足を引きずりながらピッチをあとにする。
後半32分、東京、左サイドからのコーナーキックはジュビロDFが冷静に対応。
後半34分、ペナルティエリアの外からの東京のFKは大竹洋平のミスキックに助けられる。
後半35分、バックパスに反応した鈴木達也がそのまま抜け出し、キーパーも抜き左足を振りぬきゴール・・・【5-1】最後まであきらめずにプレーしてほしい。
後半39分、ジュビロ、前田遼一へロングボールを出すもコントロールしきれずゴールキック。
後半41分、左サイドで村井慎二が仕掛けを見せるも、最後はゴールキックになってしまう。
後半44分、東京右サイドからのコーナーキックに平山相太がダイビングヘッドをみせるも、ボールはわずかに右に外れる。ロスタイムは4分。サポーターの為にも何とか得点を奪いたい。平山相太に対してイエローカード。
後半アディショナルタイム4分、平山相太のファウルから、FKを川口能活が急いで蹴るもその瞬間に笛が鳴り試合終了・・・大量失点を喫してしまったが下を向かずに、次の試合に備えたい。
ハンス オフト 監督

試合を観ないで結果だけ見れば、5対1だ、ジュビロはノーチャンスだったんだと思われるかもしれません。でも、私はポジティブに捉えています。でも60分までは2対1だったし、追いつくチャンスがありました。でも、3対1になってから、我々は引きすぎて相手にスペースを与え、フィジカルコンタクトもできないような状況になり、相手に得点を与えてしまいました。
そこが分かれ道だったと思います。3対1になるまでの状況があり、5対1で負けたという2つの違う状況があります。2対1になる直前までの状態は、私が来てから最も良いサッカーでした。私にとっては60分間が今後のスタートのポイントになります。これを続けなければなりません。
田中の負傷後はロドリゴがリベロに入りましたが、彼は中盤でも同じような仕事をしています。チームメイトの後ろでフリーマンとしてプレーしたわけですから、全く問題はないです。私にとってはビルドアップが必要でした。(失点につながった)ヘディングの場面では彼を責めることはできるかもしれないけれど、それ以外の部分では、彼からいいパスが出ていたと思います。

中山 雅史 選手

中山 雅史 今日の結果は切り替えていくしかありません。これだけサポーターも応援してくれているし、本当にありがたいです。文句を言いたいだろうけど、最後までコールしてくれているし、彼らのためにも早く勝利を届けたいと思います。この気持ちを僕らもしっかりと汲んで、それをどれだけグラウンドで出せるかだと思います。



川口 能活 選手

川口 能活 勝たなければいけない試合で、こういう結果になってしまい、本当に悔しいです。
でも大量失点して、見逃しがちだった修正点も明らかになったし、逆に開き直れると思います。そう信じて、明日から次の試合のために準備したいと思います。


村井 慎二 選手

村井 慎二 攻めの形をもっと作りたかったです。センタリングを上げても、中に選手がいない、ということがあるし。パスコースも少ない。監督の言っていることはある程度やれているし、あとは選手自身がプラスしていかなければいけない。ときにはシンプルに思い切ったプレーをすることも必要だと思います。



駒野 友一 選手

駒野 友一 点を取らなければいけないので、前へ行くということを意識してやりました。立ち上がりは自分たちのほうが押していた感じがありましたけど、2点を入れられて1点返して、後半を迎えました。そこで自分たちがもう1点取っていれば流れも変わったと思います。結果を引きずっていてもすぐに試合はくるので、切り替えてしっかりやりたいと思います。



松浦 拓弥 選手

松浦 拓弥 とにかく攻撃に絡んで何とかしようと思って途中出場しました。もうちょっと決定的なパスを出せればよかった。これから若手が起用される機会があると思いますが、ただプレーするのではなく、自分でしっかりと考えて結果を出したいと思います。


FC東京 城福浩 監督
 

3日前に非常にハードなゲームをやって勝ち点3を取れて、上位グループに入る権利を得たので、今日は前節と同じようなテンションでゲームに入れるかどうかがキーポイントだった。我々は前節のフロンターレさんに勝つことが目的でやっているわけではなく、上位グループとトップを意識して、一年間やっていくということを再度確認して、そのための新たなスタートが今日始まった。精神的にも肉体的にも、今日は難しいゲームだったが、選手は集中してやってくれたと思う。

試合日程・結果

J1 LEAGUE

ルヴァンカップ

2017 天皇杯