2017年 試合速報

J1リーグ 第7節 vs.サガン鳥栖

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

3 勝
1 分
3 敗
8 得点
7 失点
勝点 10

2
  • 0
  • 0

  • 2
  • 1

1
sagan
sagan

2 勝
2 分
3 敗
10 得点
10 失点
勝点 8

前半
川辺 駿
43分
ハーフタイム
高橋 義希
原川 力
後半
17分
ビクトル イバルボ
田川 亨介
松浦 拓弥
松本 昌也
22分
26分
田川 亨介
川又 堅碁
小川 航基
34分
森下 俊
アダイウトン
39分
原川 力
42分
小野 裕二
趙 東建
43分
豊田 陽平
アダイウトン
44分
小川 航基
45分
ムサエフ
49分
21
カミンスキー
3
大井 健太郎
5
櫻内 渚
35
森下 俊
41
高橋 祥平
8
ムサエフ
10
中村 俊輔
11
松浦 拓弥
13
宮崎 智彦
40
川辺 駿
20
川又 堅碁
SUB
1
八田 直樹
2
中村 太亮
9
太田 吉彰
14
松本 昌也
15
アダイウトン
23
山本 康裕
18
小川 航基
監督
名波 浩
33
権田 修一
5
キム ミンヒョク
8
藤田 優人
23
吉田 豊
29
谷口 博之
6
福田 晃斗
7
鎌田 大地
14
高橋 義希
40
小野 裕二
11
豊田 陽平
32
ビクトル イバルボ
SUB
1
赤星 拓
3
フランコ スブットーニ
13
小林 祐三
4
原川 力
20
小川 佳純
9
趙 東建
27
田川 亨介
監督
マッシモ フィッカデンティ

11910
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハスタジアム 4/16(日) 15:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、水含み 臼井 郁夫 高山 啓義
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 唐紙 学志 川崎 秋仁
気温 湿度 第4の審判員 記録員
24.0度 42% 数原 武志 花澤 秀登
10 シュート 4
12 ゴールキック 8
5 コーナーキック 5
14 直接FK 11
6 間接FK 2
6 オフサイド 2
0 PK 0

今日は、リーグ戦では3月4日今季ホーム開幕戦以来となる、約1ヶ月半ぶりのヤマハスタジアムでのゲームだ。前節ジュビロは、横浜F・マリノス相手に好ゲームを繰り広げたが、惜戦してしまっただけに、ホームの大声援を味方に今日は何としても勝利を掴みたい。

ジュビロの予想フォーメーションは【3-4-2-1】。GKにカミンスキー、最終ラインは右から、高橋祥平、大井健太郎、森下俊。ダブルボランチに、川辺駿とムサエフ。中盤右ワイドに櫻内渚、左に宮崎智彦。2シャドウに中村俊輔と松浦拓弥。1トップに川又堅碁という並びが予想される。
今週金曜日に行った紅白戦で、チームは3バックシステムにトライ。昨年から挑戦してきた布陣を、今シーズン初めて用いることになる。注目は、中村俊、松浦、川又の前線3人の関係性だろう。ボランチと両ワイドも含めて、いかに連動したプレーで相手ゴールへと迫ることができるかが、見どころだ。アイデア豊富なシャドウの2人が、どんなプレーを見せてくれるのか、楽しみにしたい。

対するサガン鳥栖の予想フォーメーションは【4-3-1-2】。GKに権田修一、最終ラインは右から藤田優人、キム ミンヒョク、谷口博之、吉田豊。3ボランチに、小野裕二、高橋義希、福田晃斗。トップ下に鎌田大地。2トップにビクトル イバルボと豊田陽平という並びか。
前節鳥栖は、アルビレックス新潟から3得点を奪って勝利。ジュビロとしては司令塔として活躍している鎌田に仕事をさせないことはもちろん、豊田とイバルボの強力2トップをしっかりと封じたい。GKのカミンスキーと高橋、大井、森下のディフェンダー3人が中心となり、今シーズン安定感が増した守備力を存分に発揮してくれるはずだ。

キックオフはこのあと15時。ヤマハスタジアムの天候は晴れ。青空のもと、サックスブルーサポーターとともに勝利の喜びを分かち合いたい。

試合速報はこちらをクリック
名波 浩 監督

――試合の総括
試合後のインタビューでも言わせてもらったのですが、44歳にもなってこんなに感動する日を送れるなんて幸せだなと。選手にただただ感謝したいなと思っています。内容としては、3バックで相手の強力な2トップのまずはスペースを消すということを念頭に置きながら、中を非常に速く締めてくるトリプルボランチ気味の中盤のギャップや間であったり、それからアウトサイドの広大なスペースであったり、そこを有効に使おうという手立てで、まず戦術を構築した感じでした。前半の30分ぐらいまではどっちつかずの、お互い中盤で潰し合いのゲームだったと思うのですが、セカンドボールを何回か拾ってボールを回しながら、最後は松浦だったかな、ミドルシュートを打ってCKになったあのシーンくらいから、ボールは握れるなと。立ち位置さえうまく変えていければ相手につかまらずにボールを回せるんじゃないかと。そういう自信に繋がったのは、前半の30分過ぎから後半の途中くらいまでは良かったんじゃないかなと。
ハーフタイムに言ったのは、暑いので体力的にしんどくなる時こそ、ピンチとかチャンスの感度、センサーをちょっと高く自分自身が掲げろと。ちょっと抽象的な言い方で曖昧な表現ですが、選手はよく理解してくれたんじゃないかなと思います。点を取られたシーンは、(中村)俊輔が右サイドでこねたところから始まったので、やはり疲れとともに判断が鈍くなってタッチ数が増えてしまったのがひとつ原因なのと、セットプレーで相手が上手くUの字を描いてブロックされながらやられたので、ヘディングシュート自体もパーフェクトでしたけど、まあ先制される時間帯も含めてやってはいけない失点だなとは思います。ただ、同点ゴールの右サイドでの落ち着き、それからアダイウトンのゴールに関しては、番記者さんで見ていた人もいるかと思うのですが、シュート練習であの形を何度もやっていたので、落ち着いて決して力むことなく上手くミートしてくれたんじゃないかなと思います。

――今日のヤマハスタジアムでの勝利は今後どう繋がっていくか
ヤマハスタジアムで勝つことは大きなミッションだったと思うので、こんなに劇的な勝ち方というのもサポーターの方は喜んでくれると思いますし、新しい我々のスタイルも多少見せられたと思うので今後に期待してほしいなということと、それから今日は途中交代の選手が点を取るというのも、去年の甲府戦の松浦以来、逆転勝ちも去年の新潟戦以来と、久しくなかったことが3つ続いたので、皆さん気持ちよく帰りましょう。

――両ワイドに宮崎選手と櫻内選手を起用したねらいは?
厚みという意味では、そんなに高い位置でフリーになることはないと思っていたので、ミドルサードからアタッキングサードに入る手前で二人ともボールを持てて、そこから(中村)俊輔、松浦、両ボランチを上手く使いながら、もうワンランク上のエリアに入って行ってくれればいいなと思っていましたし、後半は(高橋)祥平がバンバンかぶせに行っていましたし、3バックの両ワイドが出て行くというのも、我々の意図することでした。(森下)俊がちょっと足が痛んだので後半自重していましたけど、悪くなかったと思いますし、バランス整えながらですけど、良いパフォーマンスだったんじゃないかなと思います。あとは言い忘れましたが、スローインには非常に大きな課題を今日のゲームで示したなという気がします。

大井 健太郎 選手

大井 健太郎 ――3バックで臨んだ今日の試合を振り返って
出来たところもあれば、出来なかったところもあります。もう少しボールを保持する時間が長ければ良かったと思いますが、守備のところは問題なく出来たと思います。前半は何度かオフサイドも引っかけることが出来ましたし、後半は相手も警戒してというか、ロングボールが多くなったので、その中でもクリアした後のラインの上げ下げなどはしっかり出来たかなと。ただ、失点の場面は自分のマークだったので防ぎたかったです。そのあと味方が逆転してくれて、本当に良かったです。厳しい時間帯の失点は本当に責任を感じました。ただ、みんなが諦めてなかったので、前へのパワーがすごかったし、身体ごと押し込もうという気持ちをみんな持っていたから、どちらもああいう得点に繋がったんじゃないかなと思います。勝ちながら成長していくというのが出来ないと上には行けないと思うので、こういう苦しいゲームでも勝てたのは良かったですし、逆転出来たことは次に繋がると思います。

ムサエフ 選手

ムサエフ ――試合終了間際に逆転ゴールが決まりました
とても良い気持ちです。もちろんゴールは嬉しいですが、今日勝てたことが何より嬉しいです。ジュビロサポーターの皆さんにおめでとうと伝えたいと思います。失点してしまったときも、まだ時間があると思っていましたし、諦めなかったことが勝利に繋がったと思います。次も満員のヤマハスタジアムでサポーターの皆さんのサポートを受けて勝ちたいです。

――ゴールシーンを振り返って
ミヤ(宮崎)からロングボールが入ったときに、自分が上がるチャンスかなと、セカンドボールがこぼれてくるかなと思い前に走りました。シュートはとにかく枠内に打つことを意識していました。ボランチとコンビを組む(川辺)駿の落としを受けて決まったゴールだったのですが、息が合ってきたなと感じています。それは日々の練習の賜物だと思うので、嬉しかったです。ヤマハスタジアムでの勝利から少し遠ざかっていると聞いていました。やっと勝利できて嬉しいですし、また次もサポーターの皆さんと喜びを分かち合いたいです。

中村 俊輔 選手

中村 俊輔 ――劇的な勝利となりました
ヤマハスタジアムでの開幕戦で勝ちたかったのですが、勝点3をとることだけを考えてやっていたので、自分の中ではやっとという感じです。ただ、まだまだミスも多いですし、自分がボールを取られて、そこからCKまで行って、そのCKから失点してしまったので、それが一番の反省点です。いつも取られた後に割り切って良いプレーが出来るので、そこのエンジンを失点する前からかけないとだめだなと感じています。あとは、途中から入ってきた選手たちがものすごく機能して、責任感あるプレーというか、躍動していたので非常に良かったと思います。航基から競ったボールが自分のところに転がってきて、顔を上げたらアダがしっかりマイナスで落ちてきていたので、頭に合わせるよりボレーの方がいいかなと思って、少し優しめに出しました。

――次節に向けて
今日はファンやサポーターの皆さんの応援というか、声がすごく大きくて。みんなが躍動出来たのは、そのおかげかなと思っています。次はアウェイだからこそ勝点を持って帰れるように頑張りたいです。

アダイウトン 選手

アダイウトン ――後半途中からピッチに立った時の心境は?
とにかく1点を決めないといけないということで、ベンチでは強く背中を叩かれたのですが、そこで気合いが入ったというのはもちろんありました。ただ、自分がスタートからピッチに立とうが、途中出場しようが、チームのためにすることは変わらないですし、どんなときでも最善の準備をしたいなと改めて強く思いました。

――失点直後に自身の同点ゴールが決まりました
いつも監督からはたとえ失点しても下を向くなと言われていますし、今日も失点されても自分たちは決して諦めず、そしてサポーターの方々が大きな声で声援を送ってくれたので、前を向くことが出来ましたし、前体重でプレーすることが出来ました。

――久しぶりのヤマハスタジアムでの勝利でした
どうしてもヤマハスタジアムで勝たなくてはいけないと思っていました。勝つことが出来てとても自信がつきました。次はアウェイで鹿島とやりますが、王者に立ち向かうだけの自信を持って敵地に乗り込みたいなと思います。

川辺 駿 選手

川辺 駿 ――決勝ゴールのアシストの場面を振り返って
トップ下になっていたので、クロスに入って行こうと思っていました。アダがちょっとゆるめの良いボールを入れてくれたので、自分が競りに行こうと。相手の選手は上からヘディングしていましたが、自分はゴールを決めようと思ってそこにいたので、上手くムサのところにこぼれてくれて良かったです。

――攻守の切り替えで意識したことは?
球際や走力というのは相手の得意な部分なので、試合前からそこでは負けないと思っていました。そういう部分に関しては、チーム全体として良かったと思いますし、良い守備から良い攻撃が出来たのかなと思います。

――ボランチでコンビを組むムサエフとの関係性は?
チャレンジとカバーが必要ですが、個人個人の能力で奪えるシーンを増やしていけたらなと思いますし、前の試合よりも今日の方がボールを奪う回数が増えたので、その回数を今後ももっと増やしていきたいです。

サガン鳥栖 マッシモ フィッカデンティ監督
 

――試合の総括
お互いが守りに人数を割いていたので、あまり見ていて面白いサッカーではなかったかなと思います。チャンスをつくる機会も少なかったので。ただゴールが入ってからはお互いが少しオープンになったのかなと思います。1対1になったゴールというのは、完全にこちらがやる必要のないミスをしたところから取られてしまいました。2点目のところも形をつくられたところまでは完全に、自分たちがそういうシーンをつくらせてしまったので非常に残念です。