2016年 試合速報

J1 1stステージ第12節 vs.ガンバ大阪

gamba
gamba

5 勝
1 分
5 敗
11 得点
10 失点
勝点 16
順位 8

2
  • 1
  • 1

  • 1
  • 0

1
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

4 勝
4 分
4 敗
15 得点
20 失点
勝点 16
順位 9

前半
17分
小林 祐希
岩下 敬輔
26分
36分
松井 大輔
アデミウソン
45分
ハーフタイム 後半
20分
松井 大輔
松浦 拓弥
遠藤 保仁
21分
31分
中村 太亮
川辺 駿
遠藤 保仁
32分
アデミウソン
倉田 秋
33分
宇佐美 貴史
藤本 淳吾
38分
岩下 敬輔
金 正也
40分
太田 吉彰
上田 康太
井手口 陽介
46分
1
東口 順昭
4
藤春 廣輝
5
丹羽 大輝
8
岩下 敬輔
14
米倉 恒貴
7
遠藤 保仁
9
アデミウソン
15
今野 泰幸
21
井手口 陽介
39
宇佐美 貴史
29
パトリック
SUB
18
藤ヶ谷 陽介
6
金 正也
35
初瀬 亮
11
倉田 秋
25
藤本 淳吾
40
小椋 祥平
20
長沢 駿
監督
長谷川 健太
1
八田 直樹
2
中村 太亮
3
大井 健太郎
5
櫻内 渚
35
森下 俊
4
小林 祐希
9
太田 吉彰
13
宮崎 智彦
15
アダイウトン
22
松井 大輔
23
山本 康裕
SUB
31
志村 滉
24
小川 大貴
33
藤田 義明
7
上田 康太
11
松浦 拓弥
40
川辺 駿
16
齊藤 和樹
監督
名波 浩

17299
スタジアム名 試合日 キックオフ
吹田S 5/13(金) 19:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 臼井 郁夫 佐藤 隆治
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 田中 利幸 川崎 秋仁
気温 湿度 第4の審判員 記録員
22.7度 51% 小曽根 潮 中川 佳裕
12 シュート 11
12 ゴールキック 9
4 コーナーキック 2
14 直接FK 9
0 間接FK 8
0 オフサイド 8
0 PK 0

前節の鹿島アントラーズ戦では、失点直後に小林祐希の同点弾が決まり、その後も選手たちは運動量を落とさず勢いある攻撃をみせた。今日は、ガンバ大阪の新スタジアムへ乗り込み、勝点3を目指して戦う。

今日の試合、ジュビロの予想フォーメーションは【3-4-2-1】。GKに八田直樹。最終ラインは右から櫻内渚、大井健太郎、森下俊。ダブルボランチは、山本康裕と宮崎智彦。中盤右ワイドに太田吉彰、左ワイドに中村太亮。2シャドーに、松井大輔と小林祐希。ワントップに、アダイウトンという並びか。ここまでリーグ戦全試合に出場していたカミンスキーが、コンディション不良のため大事をとって遠征メンバーから外れ、ナビスコカップの湘南ベルマーレ戦で完封に大きく貢献した八田が今季リーグ戦初先発となる。日々の練習の姿勢や試合での立ち振る舞いなどを見て「ジュビロの宝」と指揮官が評価するGKが、今日は最後までジュビロのゴールを守り切ってくれるはずだ。

対するガンバ大阪の予想フォーメーションは【4-4-2】。GKに東口順昭。最終ラインは右から米倉恒貫、丹羽大輝、岩下敬輔、藤春廣輝。アンカーに、今野泰幸。攻撃的な中盤に遠藤保仁と井手口陽介。シャドーに、アデミウソン。2トップに宇佐美貴史とパトリックという並びか。

現在リーグ10位につけているガンバ大阪は、FKの名手、遠藤を筆頭に日本代表の経験者が多く揃う。個の能力が高い相手に対し、ジュビロはチームとして“粘り強く、我慢強く、最後まで諦めない”という姿勢を貫き、敵地で勝利を手にしたい。

試合開始時刻は、19:00。市立吹田サッカースタジアムの天候は晴れ。平日のナイトゲームだが、キックオフ前からスタジアム周辺は盛り上がりを見せている。

前半1分、ホームのガンバボールで前半キックオフ。天候は晴れ。
前半4分、ガンバ、左サイド、宇佐美貴史、遠藤保仁とパスを繋ぎ、ゴール前にクロスを送る。しかし、ファーサイドに流れた。
前半5分、ガンバ、右サイドから遠藤保仁のCK。ファーサイドの岩下敬輔がヘッドで落とし、チャンスを作ろうとするが、ジュビロがしっかりと守ってクリアした。
前半6分、ガンバ、敵陣中央でパトリックの横パスを受けた宇佐美貴史が倒されてFKを獲得する。
前半7分、ガンバ、FKを蹴るのは宇佐美貴史。ゴール前に柔らかいボールを送ると、岩下敬輔がヘディングで合わせるが、ゴール上に外れた。
前半10分、ジュビロ、自陣から森下俊が左足で正確なロングフィードを送る。最前線のアダイウトンがボールを受けようとするが、ガンバDFに対応され、ボールは流れた。
前半11分、ジュビロ、自陣で縦パスを受けたアダイウトンが見事なポストプレーで右サイドの太田吉彰へ。太田吉彰はドリブルでゴール前まで運び、クロスを送るが、GK東口順昭にキャッチされてしまった。
前半14分、ジュビロ、エリア内左で山本康裕からのパスを受けた小林祐希がゴール前に折り返す。森下俊と松井大輔が飛び込むが、わずかに合わず。ファーサイドに流れてしまった。ジュビロ惜しい場面だった。
前半16分、ジュビロ、小林祐希が敵陣右サイドでボールを持つと、太田吉彰、宮崎智彦とのパス交換でゴールに迫る。相手DFに倒されて、FKを獲得する。
前半17分、ジュビロに先制点!敵陣右サイドから小林祐希がFKを直接狙うと、ニアサイドに飛んだボールが東口順昭の手を弾き、ゴールへ吸い込まれる!0-1
前半20分、ガンバ、バイタルエリアで遠藤保仁からの縦パスを受けた宇佐美貴史がドリブル突破から左足でミドル。グラウンダーのシュートはGK八田直樹が落ち着いてキャッチする。
前半22分、ガンバ、宇佐美貴史からのスルーパスを受けて遠藤保仁が八田直樹と1対1の局面を迎える。遠藤保仁は狙いすましたシュートを放つが、八田直樹がスーパーセーブで阻む。
前半26分、ジュビロ、自陣からのFK。ゴール前に放り込むが、ガンバがクリア。セカンドボールに松井大輔が反応し、左足でダイレクトミドル。しかし、弾き返されてしまった。
前半29分、ガンバ、敵陣中央で縦パスを受けたアデミウソンがダイレクトで右サイドへ展開。米倉恒貴が反応し、右足でクロスを送る。ニアサイドのパトリックがヘディングで合わせるが、わずかにゴールを外れた。
前半32分、ガンバ、宇佐美貴史が敵陣左サイドでボールを持ち、縦にドリブルで仕掛ける。しかし、左足でのクロスはタッチラインを割り、ジュビロボールに。
前半35分、ジュビロ、敵陣左サイドで宮崎智彦からのパスを受けた中村太亮が右足でクロス。ゴール前のアダイウトンが高い打点のヘディングで合わせるが、惜しくも枠を外れてしまった。
前半37分、ジュビロ、ゴール前でロングボールのこぼれ球を拾った松井大輔が横パス。小林祐希がこれを受けて、左足でミドルシュートを放つが、枠をとらえることはできなかった。
前半42分、ジュビロ、素早いFKのリスタートからアダイウトンがドリブルでゴール前まで運び、小林祐希へパス。小林祐希はカットインから左足を振り抜くが、ゴール右に外れてしまった。
前半45分、前半アディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム1分、ガンバ、敵陣右サイドで宇佐美貴史がボールを持つと、鋭いパスをゴール前へ送る。アデミウソンがこれに反応すると、見事なトラップでDFを振り切り、右足でシュート。これがゴールに突き刺さった。1-1
前半アディショナルタイム1分、ガンバが同点ゴールを奪ったところで、前半終了のホイッスル。
後半1分、アウェイのジュビロボールで後半キックオフ。
後半1分、ジュビロ、開始早々にシュートを放つ。小林祐希の縦パスをゴール前で受けたアダイウトンが右足でミドル。しかし、枠をとらえきれず。
後半6分、ジュビロ、敵陣右サイドでボールを持った太田吉彰がファーサイドにクロス。アダイウトンがヘディングで合わせるが、ミートせず。
後半8分、ジュビロ、右サイドからのCKを蹴るのは中村太亮。低いボールをニアに送るが、ガンバにクリアされてしまった。
後半9分、ハーフタイムコメント
ジュビロ磐田・名波監督監督
「バランスよくできている、継続していこう。DFラインはもっとマメにラインコントロールをすること。」

ガンバ大阪・長谷川監督監督
「セカンドボールをしっかり拾おう。FKも必ずチャンスがある。チャレンジ&カバーをしっかり!」
後半11分、ガンバ、自陣からロングパス。最終ラインの裏にパトリックが抜け出すが、オフサイドの判定となった。
後半12分、ガンバ、ゴール前で今野泰幸から横パスを受けたアデミウソンが右足で強烈なシュート。しかし、枠をとらえることはできなかった。
後半14分、ガンバ、敵陣左サイドでボールを受けた宇佐美貴史がドリブルで中に切れ込み、右足でシュート。鋭いカーブのかかったシュートは、八田直樹がファインセーブで阻む。
後半16分、ガンバ、ゴール前でパスを受けたアデミウソンが縦にドリブル。森下俊のハンドを誘い、ガンバが絶好の位置でFKのチャンスを得る。
後半18分、ガンバ、FKを蹴るのは遠藤保仁。直接狙うが、ゴール上に外れた。
後半20分、ガンバ、右サイドから遠藤保仁のCK。低いボールを送ると、クリアボールのこぼれ球をパトリックがボレーで合わせる。しかし、ゴール上に外れた。
後半21分、ガンバ、自陣からのロングボールをパトリックがヘディングで落とすと、最終ラインの裏に抜け出した遠藤保仁が落ち着いてゴールへ流し込んだ。2-1
後半27分、ジュビロ、敵陣左サイドで中村太亮が松浦拓弥とのワンツーで縦に突破を仕掛ける。宇佐美貴史が対応し、ジュビロボールのCKに。
後半28分、ジュビロ、左サイドからのCKのこぼれ球をアダイウトンが右足でシュート。しかし、枠をとらえきれなかった。
後半35分、ジュビロ、自陣から小林祐希が裏へロングパス。右サイドのアダイウトンが抜け出し、クロスを送るが、ガンバDFにブロックされてしまった。
後半36分、ジュビロ、敵陣右サイドから櫻内渚のロングスロー。大井健太郎がジャンピングヘッドで合わせるが、GK東口順昭の正面に。
後半39分、ガンバ、左サイドで攻撃を仕掛けると、倉田秋のトリッキーなパスで遠藤保仁が裏に抜け出す。しかし、ジュビロ守備陣がブロックする。
後半42分、ジュビロ、敵陣中央から小林祐希のFK。距離のある位置から直接狙うが、壁にブロックされてしまった。
後半43分、ジュビロ、右サイドに流れた上田康太が左足で精度の高いクロスを送る。しかし、合わせることはできなかった。
後半44分、ジュビロ、自陣でボールを奪うと、素早くカウンター。前線のアダイウトンへボールを送るが、金 正也に対応され、ガンバボールに。
後半45分、後半アディショナルタイムは4分。
後半アディショナルタイム3分、ジュビロ、敵陣左サイドでボールを受けた小林祐希がドリブルで相手DFを振り切り、左足でクロス。大井健太郎が飛び込むが、惜しくもミートしなかった。
後半アディショナルタイム4分、ジュビロ、自陣でFK。前線へパスを送ろうとしたところで、試合終了のホイッスル。
名波 浩 監督

――試合の総括
開口一番出る言葉としては、(勝点)3が0になってしまったということだと思います。くだらない失点、ミス、それからコミュニケーション不足と、いつも口酸っぱく言っている事が、大事な時間帯で出来なかった。ガンバが60分を過ぎてから(運動量が)落ちてくるのは十分わかっていたので、その前後の時間まではどうにか耐えようと言っていたのですが、我々も集中力を欠いた60、70分間だったなと。そこで失点してしまったのも非常に残念ですし、前半終了間際のミスからの失点も非常に残念だったなと。
ポジティブなことを言うと、ボールは回されていましたけど、攻守に渡って主導権を握っていたのは我々だったというのは十分感じていますし、ガンバのやりたいサッカーをなるべく早く消して、自分たちの前への推進力を十分に生かせたのではないかと。先制点はプレゼントゴールだったと思いますが、もしも0対0もしくは1対1の時間が長かったとしても、十分自信に値する内容だったと思います。

八田 直樹 選手

八田 直樹 ――今日の試合を振り返って
もっと色々な準備や経験が必要だと感じましたし、未熟さが出てしまったように思います。少しでも隙を見せると簡単にやられてしまうと思うので、そうした隙をなくしていかなればいけません。もったいない試合だったなと。1失点目は前半終了間際でした。もう少し我慢できればよかったのですが、相手の方が上手でした。もう一度しっかりと見直して、練習からやっていきたいと思います。

――ファインセーブもありました
そうしたプレーを少しでも出せるのは、自分自身試合が見ることができている証拠だと思います。もちろん、カミックのプレーを見て勉強していますし、一つひとつの積み重ねが繋がっているのかなと。ただ、もっと上手くなりたいので、日々の練習からしっかりと取り組んでいきたいです。今日はアウェイにも関わらず本当にたくさんのサポーターが来てくれました。あれだけ応援していただいて自分自身勇気をもらっているからには、自分も“僕が抑えるから大丈夫だ”という勇気をサポーターの皆さんに与えなくてはいけないと感じています。今日は勝利を届けたかったですし、勝って磐田に帰りたかったなと。次は自分もサポーターの皆さんも笑顔で帰れるように、頑張りたいと思います。

小林 祐希 選手

小林 祐希 ――今日の試合を振り返って
アップの時にグラウンドがすごくウェッティだったので、得点に繋がったFKの場面では強くてGKの前でバウンドするようなボールを狙って蹴りました。ラッキーな部分もありましたが、1点は1点です。良い形で先制できましたが、その後に失点を重ね課題が出てしまいました。攻撃の形やボールを受ける位置、受け方など徐々に良くなってきていますし、相手も捕まえにくいところでボールを受けられているのですが、その後のフィニッシュやラストパスの部分、下げてしまって結局ロングボールになってしまうなど、もっと自信を持ってやらないとこういう相手には勝てないなと。例え内容が良かったとしても、勝たないと何も得られません。1点とっても2点とられてしまったら、負けです。今日は自分自身納得がいかないですし、もう1点とってチームを助けたかったです。

川辺 駿 選手

川辺 駿 ――途中出場で意識したことは?
1点を追いかける状況だったので、まずは前に行ってチャンスをつくらないといけないなと。試合を見ていても、スペースがあるなと感じていたので、自分がその間にいる選手にパスを出せればと思っていました。もっと周囲と連動して良いポジショニングをとることができていれば、もう少し効果的に攻めることが出来たと思いますし、もっとチャンスをつくれたかなと。1本アダイウトンにパスを通しましたが、それくらいしか効果的なパスが出せなかったので、自分ももっと要求していかないといけないと感じました。自分自身の調子は良いですし、試合を重ねるごとに、上手く自分たちの流れで進めることもできていると思います。ただ、それを試合に生かしていかなければ意味がありません。自分も途中からではなくスタートから出場できるように、もっと頑張っていきたいと思います。

ガンバ大阪 長谷川健太監督
 

――試合の総括
ホームでサポーターに勝ちをプレゼントすることが出来てよかったですし、選手たちが良く頑張ってくれたと思います。先制され、アグレッシブに戦わなくてはいけないという状況の中で、前半から何回か良い形が前節よりも作れるようになってきて、ヤット(遠藤)がトップ下に入って色々なところに顔を出して、攻撃のタクトを振ってくれたというのが非常に良かったと思いますし、また前半のうちに1点を返せたというのが、後半に落ち着いて攻撃できた大きなポイントになったと思います。なかなか2点目が取れない中、ヤットが(ゴールを)取るという、今までのうっ憤をはらすようなプレーをしてくれたと思いますし、ホームの勝利をきっかけに、どんどん上を目指して戦っていきたいと思います。

試合日程・結果

J1 LEAGUE

ルヴァンカップ

2017 天皇杯