2009年 試合速報

2009 J1リーグ 20節 VS.ジェフユナイテッド千葉

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

7 勝
4 分
8 敗
28 得点
32 失点
勝点 25
順位 11

3
  • 3
  • 0

  • 0
  • 2

2
jef
jef

4 勝
7 分
8 敗
19 得点
29 失点
勝点 19
順位 16

前半
11分
12分
37分
ハーフタイム
益山 司
ネット バイアーノ
後半
12分
巻 誠一郎
14分
谷澤 達也
19分
谷澤 達也
太田 圭輔
村井 慎二
加賀 健一
20分
茶野 隆行
22分
27分
巻 誠一郎
イ グノ
鈴木 秀人
36分
44分
巻 誠一郎
新居 辰基
1
川口 能活
3
茶野 隆行
4
大井 健太郎
5
駒野 友一
20
山本 脩斗
6
那須 大亮
14
村井 慎二
19
岡田 隆
23
山本 康裕
18
前田 遼一
33
イ グノ
SUB
31
八田 直樹
2
鈴木 秀人
15
加賀 健一
10
成岡 翔
17
犬塚 友輔
13
萬代 宏樹
22
カレン ロバート
監督
柳下 正明
17
櫛野 亮
14
池田 昇平
15
福元 洋平
31
青木 良太
5
アレックス
8
中後 雅喜
10
工藤 浩平
16
谷澤 達也
23
益山 司
9
深井 正樹
18
巻 誠一郎
SUB
1
岡本 昌弘
3
斎藤 大輔
19
ミシェウ
22
米倉 恒貴
24
太田 圭輔
7
ネット バイアーノ
11
新居 辰基
監督
江尻 篤彦

11,297
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハスタジアム 8/1(土) 19:03
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 川崎 英隆 田辺 宏司
天候 試合時間 副審 副審
くもり 90分 相樂 亨 佐藤 秀明
気温 湿度 第4の審判員 記録員
26.1度 80% 武田 進 小林 春樹
14 シュート 13
12 ゴールキック 12
2 コーナーキック 5
11 直接FK 7
3 間接FK 2
3 オフサイド 2
0 PK 0

2009年Jリーグ、第20節がヤマハスタジアムで行われる。
対戦相手は、前節を終えての順位を16位としているジェフユナイテッド千葉。

今シーズンの対戦はフクダ電子アリーナで行われた第5節。
試合は那須大亮のオウンゴールで先制を許すが、後半の29分にエース前田遼一のゴールで追いつく。
その後もジュビロのペースで試合は進み、幾度と無くチャンスを迎えたものの、後一歩のところでゴールに届かず、試合終了のホイッスルが鳴り響く。
しかし、この試合で何かを掴んだのか、その後2連勝をし、降格圏内を脱出している。
千葉との対戦成績はジュビロの17勝6分11敗と決して相性は悪くなく、この試合をモノにし、再び上位浮上を狙いたい。

注目となる選手は、やはり前節復帰し、早速1ゴールを決めたイ グノとなるだろう。
前節を見る限りでは体調は万全ではなさそうだが、ゴールを決めるあたりは、さすが「救世主」である。
心配されるのは、山本康裕、上田康太、ジウシーニョ、西紀寛らの怪我の状態。

なかでもジウシーニョは状態が悪く、誰を左サイドに起用するのか。
しかし、ジュビロにはここのところ好調の前田遼一がいる。
この男が、怪我で不在の選手達を忘れさせてくれるだろう。

対する千葉は、先日監督交代をしたばかりと、今ひとつまとまりに欠けてしまっている。
18節19節も連敗し波に乗れていない。
中でも攻撃陣は今シーズン未だに3得点以上奪った試合がなく、迫力に欠けている。
しかし、巻誠一郎や深井正樹など個々の能力は高いだけに、注意は必要である。

それでは本日のスタメンを見てみよう。
GKは守護神、川口能活。
バックス陣は、駒野友一、大井健太郎、茶野隆行、山本脩斗の4バックは前節と変わらず。
次にハーフ陣は、那須大亮、岡田隆、山本康裕、村井慎二の4人。
ジウシーニョ、西紀寛、上田康太が怪我のため岡田隆、村井慎二を起用。
そして、フォワードには、エース前田遼一とイ グノの2人。
サブには、GKに八田直樹、DFに鈴木秀人、加賀健一、MF犬塚友輔、成岡翔、FWにはカレンロバートと萬代宏樹が待機。

アウェイの千葉は、3-5-2のフォーメション。
フォーワードには、巻誠一郎と深井 正樹を起用。
アレックスもキープ力があるだけに注意が必要だろう。

試合会場は、ヤマハスタジアム。
キックオフは午後7時3分。

サポーターの皆さんには、最後まで熱い熱い声援をお願いします!

前半0分、千葉ボールで前半キックオフ!
前半1分、千葉、左サイドからのコーナーキックは駒野 友一が手前でクリア!
前半3分、千葉、今度は右サイドからのコーナー。グラウンダーのボールが中央までいくが、ここはジュビロDFがクリア!
前半4分、千葉、左サイドの深井 正樹のドリブルから、シュート気味のクロスを上げるが、誰も触ることができない!
前半8分、ジュビロ、スローインから攻めを展開するが、ボールをカットされてしまう。
前半8分、千葉、アレックスから青木 良太へと繋ぎ左足でクロス。
ここは川口 能活ががっちりキャッチ!
しかし、この時間帯千葉のサイド攻撃が目立っている。
前半11分、ジュビロ、村井 慎二の横パスを受けた岡田 隆が右足を振り抜くミドルシュート!ボールはネットに突き刺さり先制ゴール!【1-0】
岡田 隆はJリーグ初ゴールを記録!
前半12分、ジュビロ、今度は村井 慎二が自ら持ち込み左足シュート!一旦はGKに弾かれるが、再び村井 慎二が左足で詰めて追加点!【2-0】
前半18分、ジュビロ、今日の試合も前田 遼一のポストプレーが目立っている。
このポストを使い、追加点を奪いたい。
前半20分、千葉、左サイドからのアレックスのFK。アレックスが蹴ったボールはグラウンダーでニアサイドへ。千葉の選手が2、3人詰めるが、またもや川口 能活がキャッチ!
前半23分、千葉、エリア内で谷澤 達也が倒れるが、これはホイッスルなし。
前半24分、ジュビロ、左サイドの村井 慎二と山本 脩斗がワンツー。最後は村井 慎二が左足で上げるが、これはミスキック。
前半26分、ジュビロ、エリア手前で前田 遼一がボールを受けるが、オフサイドの判定・・・
前半29分、千葉、中央でボールを持ったアレックスから右サイドへのロングボール。しかしこれは長くなりジュビロボールのスローイン。
前半30分、千葉、またもやアレックスの左足からのクロス。
ボールはそのままゴールラインを割ってゴールキックとなるが、あとはタイミングの問題だけに、注意したい。
前半34分、ジュビロ、左サイドの山本 脩斗がクロスを上げるが相手にクリアされコーナーキック。
そのコーナーキックは、フォアサイドの前田 遼一のポストプレーをし中に落とすが、誰も詰めることが出来ない。
前半35分、ジュビロ、この日2点目を狙って岡田 隆がミドルを放つが、ゴールを捉えることができず・・・
前半37分、ジュビロ、左サイド、山本 脩斗のスルーパスに反応した村井 慎二が左足クロス!中で待っていたのはエース前田 遼一!フリーでヘディングシュートしたボールは櫛野 亮に触れるも、ゴールに転がり込む!【3-0】
前半43分、千葉、左サイドからクロスを上げるが、川口 能活が飛び出し、事なきを得る!
ロスタイムは0分。
前半44分、千葉が、DFラインでボールを回したところで前半終了のホイッスル。

前半は千葉のペースで試合が進むが、11分自身J初ゴールとなるミドルシュートを岡田 隆が叩き込むと、その1分後には村井 慎二が左足でゴールを奪う、さらには37分に前田 遼一が頭で合わせ3-0で前半を折り返すこととなった。
後半0分、ジュビロボールで後半キックオフ!
千葉、益山 司に代わりネット バイアーノが投入される。
後半1分、ジュビロ、山本 康裕がミドルシュートを放つも、櫛野 亮にキャッチされてしまう。
後半3分、ジュビロ、イ グノがボールをキープし、フリーで走り込んだ山本 康裕がシュートを放つが櫛野 亮に弾かれてしまう。
後半4分、ジュビロ、左サイドの岡田 隆からクロスが上がるも中に選手がいない・・・
後半6分、千葉、中盤からネット バイアーノを狙ったスルーパス。ここは川口 能活が素早い反応を見せ、落ち着いてキャッチ。
後半8分、ジュビロ、左サイドからの山本 康裕のクロスにフリーで待っていた駒野 友一がダイレクトボレーを放つが、枠を捉えることができない。
後半9分、ジュビロ、フリーでボールを持った村井 慎二が右に走り込んだ前田 遼一へ!しかし、前田 遼一のトラップが大きくなってしまい千葉DFにカットされてしまう。
後半12分、千葉、谷澤 達也のスルーパスに反応した巻 佑樹がフリーでシュート。
ボールはネットに突き刺さり、千葉が1点を返す。【3-1】
後半14分、千葉、ネット バイアーノのポストプレーから、走り込んだ谷澤 達也がまたもやフリーでシュートを放つ。ボールは川口 能活の横をすり抜けゴールへ・・・【3-2】
後半19分、千葉、谷澤 達也に代わり太田 圭輔が投入される。
後半20分、ジュビロ、村井 慎二に代わり加賀 健一が投入される!
後半22分、ジュビロ、ネット バイアーノを倒してしまった茶野 隆行に対してイエローカード。
後半23分、千葉、右サイドからクロスを上げるが、川口 能活が飛び出しセービング!
後半25分、ジュビロ、中央でボールを持った那須 大亮がシュートを放つが枠には入らず。
後半26分、ジュビロ、左サイドからのコーナーキックはファーサイドに蹴り込むも千葉DFにクリアされてしまう。
後半27分、千葉、巻 誠一郎に対してイエローカード。
後半32分、千葉、右サイドから太田 圭輔が右足でクロス。
中でネット バイアーノが飛び込むが、茶野 隆行がなんとか守備をし難を逃れる!
後半34分、千葉、自陣から、右サイドを走り込んだ太田 圭輔へ。しかしボールが長くなりジュビロボールのゴールキック!
後半36分、ジュビロ、イ グノに代わり鈴木 秀人が投入される!
後半40分、千葉、ネット バイアーノから太田 圭輔へ。太田 圭輔が倒れ込みながらシュートを放つが川口 能活がキャッチ!
後半41分、千葉、エリア内で右サイドを抜け出した太田 圭輔がシュート。しかしボールは枠に入らず、ジュビロボールのゴールキック。
後半43分、千葉、エリア内にクロスをあげ、頭で合わせるが、川口 能活が左足に当てキャッチ!難を逃れる!
後半44分、千葉、巻 誠一郎に代わり新居 辰基が投入される。
ロスタイムは3分。
後半アディショナルタイム2分、千葉、最後まで攻め込んでくるが、ジュビロのDFと川口 能活が鉄壁の守備を見せゴールを死守!
後半アディショナルタイム3分、最後は、ジュビロDFが蹴り上げたところで試合終了のホイッスル!
柳下 正明 監督

最後は、よく選手が踏ん張ってくれました。一番欲しかった勝ち点3がとれたので、それはよかったと思います。しかし、前半も後半も、いままでずっと言っている、自分たちでボールを保持する時間というのかまだまだ足りない。その回数をもっと増やすことで、守備の負担は減るので、そこはトレーニングしていきたいと思います。。
ただ、新しく入った選手が、非常にアグレッシヴにプレーして、結果も出してくれたので、そこは次につながるかなと思っています。
後半は、点をとるために、向こうも前に人数をかけて張り出してきたのに対して、ちょっと下がりすぎていました。2トップにグラウンダーで楔を入れて2列目が走ってくるという予測はしていたけど、あまりに簡単に入れられていた。そのあたりは、もう少しボランチがパスコースを消すことと、相手ボール保持者に対して、厳しいプレスをかけないと苦しい。そのあたりも、またトレーニングをして改善していきたいと思います。
最後はジェフも必死にきていて、ピンチもあったけど、粘り強く戦えて勝ち点3をとれたので、次のゲームにそれをつなげたいと思います。
Q. 鈴木選手をボランチに入れた意図は?
2トップに対してボールが入ってしまうので、その前のスペースを消すようにと。グノを下げて、隆(岡田選手)を前田のひとつ下、ボランチの前でワイパーの役目をやってもらう。那須と秀人は、センターバックの前でワイパーの役目をやってもらってトップへのパスコースを消そうと思って入れました。

Q.3つのポジションで人が替わった中盤の評価は?
攻撃については難しいだろうなというのはわかっていた。2トップ頼みということではないが、2トップに入れて時間をつくって、サイドに展開すると。前半は、それで3点とれたので、ある程度は予測した通りかなと。
たが、岡田は、ポジションをどんどん変えて、リカバーも早かった。守備の面ではやってくれるだろうと思っていたが、予想以上に、非常にいい仕事をしてくれたと思います。

Q.村井選手の交代の意図は?
あの場面でだいぶ押し込まれていたし、彼は守備はそんなに得意ではない。一番は、最終ラインのところで結果的にやられているんですけど、そこで加賀健一を入れることで守備力をアップしようと。それと、修斗は、中に入ってのプレーもできるし、守備においても、ポジショニングもいいし、1対1の対応もいいものを持っているので、ひとつ前に置こうと。ですから、村井の交代というのは、守備を安定させるためのものです。

Q.ネット・バイアーノに楔が入るのは、仕方がないと?
センターバックには、バイアーノ選手に楔が入ったら、無理にのぞいてやられないように、ターンをしてきたときにブロックにいけるように対応しないといけない、と。それと同時に、キープしている間に相手の2列目が出てくるので、それに対して、前の選手もリカバーをしっかりして対応しなさいということは、ハーフタイムで伝えてあった。思っていた通りのことを向こうはしてきたけど、想像以上にトップに楔を入れてきたので、後ろの選手はちょっとしんどかった。やはり、ボールサイドの人間がもっと厳しいプレスをかけないといけなかったと思います。

村井 慎二 選手

村井 慎二 僕が交代した後も、みんなが攻守に頑張ってくれたので、勝ちにつながったと思います。
自分は、この試合にかけていました。途中で出ても、自分のプレーができないことが続いていたし、なかなかチームに貢献できていませんでした。柳下監督がチャンスをくれたので、ここで勝って恩返しをしようと思って、気持ちを高めて試合にのぞみました。
攻守においての、ボールがないときの動きが課題で、それをずっと考えて過ごしてきたので、まだまだ足りないけど、これからも高めていきたいと思います。
(得点は)前線からのプレスを心がけていたので、相手のトラップミスをカットできて、そのままうまくゴールまでいけたと思います。
アシストは、左サイドでうまく崩せて、修斗がうまくためてパスを出してくれて、前田くんと目があって、そこにしっかり出せました。前田くんはヘディングが強いので、うまく決めてくれました。2点では、ジェフ相手にはまだこわいので、3点目をとってくれて、助けられたと思います。
ここ何試合か、終盤に押し込まれることが多く、今日も似たような形になってしまいましたが、最後、集中してみんなで守り切れたことはプラスになると思います。
Q.次への修正点は?
後半につきると思うんですけど、厳しい時間帯でも、中盤のプレーヤーとして、パスをつないで攻撃の起点をつくれるように、トレ-ニングをしていきたいと思います。

岡田 隆 選手

岡田 隆 勝てたことが本当によかったです。でも3点とってから2点とられてしまいましたし、内容的には、反省すべきことが、個人的にはすごく多かった試合です。まだまだ課題はたくさんあると思います。改善すべきところはしていかないと、これからもっともっと厳しい戦いになると思うので、練習から気を引き締めて、細かいところからしっかり立て直していけたらいいと思います。
ゴールは、練習でもミドルレンジのシュートをいい感じで打てていたので、イメージはしていました。右足ゴールというのはこれまでほとんどないですけど、いい形でボールをもらえて、相手の位置とか考えて、右足でしか打てなかったので迷わずにシュートしました。
点こそ入りましたけど、押し込まれる時間帯が多かったし、相手が前がかりに出てくるのはわかっていたので、そこからカウンターというイメージは持っていましたけど、非常に苦しい前半だったと思います。
最後は、相手が前に人数をかけて、長いボ-ルを多用してきたので、スペースを与えないように意識していました。でも、とった後キープすることができないので、攻められているときから、攻めの準備をしないといけない。もっともっとボランチのところで、攻撃面でも守備面でも、テンポを出せるようなプレーをしていかないと、チームにも迷惑をかけてしまう。練習していきたいと思います。
Q.初ゴールのあと、天を仰いでいましたね。
ひと月ほど前まえに、父が他界してしまったんですけど、小さい頃から本当に応援してくれていたので、感謝の気持ちをあらわしました。

加賀 健一 選手

加賀 健一 入ったときは、太田選手が入ってきたので、そこをケアするという意識でした。太田選手が張っている感じだったので、攻撃よりは、守備重視でいくつもりでした。位置的な主導は相手が握っていたと思います。自分も裏のスペースを狙っていたけど、その前に守備をしっかりやろうと思っていました。
今日は相手はこちらの左を狙ってきている感じで、人が替わってもやってくることは同じだったので、しっかりおさえて、中にセンターリングを上げさせないようにしようと思っていたけど、何本か上げられてしまいました。3-2で逃げきれたけど、自分が入ってからもスペースを使われて裏をとられていたので、ああいう展開では、もう少ししっかり守らないといけない。修正していきたいと思います

那須 大亮 選手

那須 大亮 相手にとっていい形で楔が何本か入ってしまったので、そこは頑張ってDFラインも上げて中盤との距離を縮めないといけないし、僕らも戻らないといけない。守備の位置がやはり全体的に低かったので、コンパクトにできなかった部分がありました。中盤で、僕たちがルーズボールをもっと拾わないといけなかったと思います。
岡田選手はもともと守備力あるし、最初だから簡単にやってもらえればと。いいシュートを放ってくれて、チームとして乗れたと思います。

大井 健太郎 選手

大井 健太郎 バイアーノ選手に楔が入ったときは、センターバックとしては、前を向かせない、ということを一番意識しました。ボールを奪えればいいけど、それを狙うとターンされてしまうかもしれないし、そうなるとシュートを打たれる。そうなる前に、自分がボランチを動かして、楔のパスコースを消したり、早く相手に体をぶつけて、なるべくペナルティエリアから離れた位置でキープさせたり、もっとできたかなと思います。
もう少し、チームとしてキープする力を上げていければ。3-0で勝っているときにも、こわがらずに、ボールを回したりして、マイボールの時間をもっと多くできたら、と思います。
隆のシュートは素晴らしかったです。正直、入ると思わなかったですけど。そんなことを言ったら失礼ですね。でもチームとして、大きな1点でした。

川口 能活 選手

川口 能活 3-0だろうが4-0であろうが、とれるときはとって、守るときはときはしっかり守る、というように、シンプルにゲームを運べるようになっていきたい。
Q.バイアーノ選手に楔が入るようになってから、ゴールを守るために意識を強めた点は?
特別にそれまでと変わらないけどバイアーノ選手は、高さと、意外に裏に抜けるスピードが速かったので、そこは警戒しました。それと、彼に楔が入ったときに、2列目の動きが良くなっていたので、そこもさらに意識して見るようにしなければいけなかった。でも、大分戦でも、高松選手にキープされて、そこに周囲が絡んでというのがあって、状況が似ていたので、慣れていたというのもありました。相手の動きを全部見ることが、大事でした。

ジェフユナイテッド千葉 江尻 篤彦監督
 

みなさん見ていただいた通り、ジュビロのほうが試合巧者ということは認めざるをえないと思います。前半の3失点は、僕の個人的な未熟さです。選手が悪いわけでもなく、僕がこれからしっかりこの現実を受け止めて、次のレイソル戦まで準備していかなければいけないと思っています。
ただ、1週間かけて、攻守にわたってアグレッシヴに行こうという姿勢は、出してくれたのかなと思いますが、やっぱり勝負事ですから、勝ち負けというものをしっかり受け止めて、2週間準備をしたいなと思っています。

試合日程・結果

J1 LEAGUE

ルヴァンカップ

2017 天皇杯