2015年 試合速報

2015 J2リーグ 22節 vs.カマタマーレ讃岐

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

12 勝
4 分
5 敗
34 得点
22 失点
勝点 40
順位 2

1
  • 1
  • 0

  • 0
  • 1

1
kamatamare
kamatamare

6 勝
7 分
8 敗
14 得点
17 失点
勝点 25
順位 14

前半
櫻内 渚
18分
ハーフタイム 後半
11分
アンドレア
木島 良輔
上田 康太
22分
26分
岡村 和哉
アダイウトン
松井 大輔
30分
駒野 友一
坪内 秀介
41分
仲間 隼斗
綱田 大志
松浦 拓弥
小林 祐希
44分
藤井 航大
48分
永田 亮太
21
カミンスキー
5
駒野 友一
19
伊野波 雅彦
25
櫻内 渚
35
森下 俊
7
上田 康太
9
太田 吉彰
11
松浦 拓弥
13
宮崎 智彦
15
アダイウトン
8
ジェイ
SUB
1
八田 直樹
14
坪内 秀介
4
小林 祐希
17
清水 貴文
22
松井 大輔
40
川辺 駿
20
森島 康仁
監督
名波 浩
1
清水 健太
2
小澤 雄希
3
藤井 航大
4
沼田 圭悟
30
エブソン
7
永田 亮太
10
高木 和正
19
仲間 隼斗
25
岡村 和哉
9
我那覇 和樹
20
アンドレア
SUB
24
瀬口 拓弥
6
藤田 浩平
15
綱田 大志
26
山本 翔平
11
高橋 泰
23
木島 徹也
33
木島 良輔
監督
北野 誠

5,875
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハスタジアム 7/8(水) 19:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、水含み 古田 篤良 村上 伸次
天候 試合時間 副審 副審
90分 竹田 明弘 櫻井 大輔
気温 湿度 第4の審判員 記録員
24.1度 96% 唐紙 学志 花澤 秀登
15 シュート 9
6 ゴールキック 14
12 コーナーキック 7
11 直接FK 15
2 間接FK 0
2 オフサイド 0
0 PK 0

長いリーグ戦も折り返し地点を迎え、ここから後半戦がスタートする。

スタメン発表を踏まえ、ジュビロ磐田の布陣フォーメーションは[4-2-3-1]。GKはカミンスキー。最終ライン右から櫻内 渚、伊野波雅彦、森下 俊、駒野友一。ダブルボランチに上田康太と宮崎智彦。中盤2列目右から太田吉彰、松浦拓弥、アダイウトン。1トップにジェイという並びか。
伊野波雅彦、駒野友一は3試合ぶりのスタメン。太田吉彰は7試合ぶりのスタメンとなる。

対するカマタマーレ讃岐の予想フォーメーションは[4-1-4-1]。GKは清水健太。最終ライン右から沼田圭悟、藤井航大、エブソン、小澤雄希。アンカーに岡村和哉。中盤2列目右から仲間隼斗、永田亮太、高木和正、アンドレア。1トップに我那覇 和樹という並びか。

カマタマーレ讃岐は今季ここまで6勝7分8敗。勝ち点25の14位で前半戦を折り返した。前節はホームで愛媛FCと対戦し、0-0のドロー。

試合の舞台はヤマハスタジアム。
天候は雨。朝から叩きつけるような激しい雨が降り続いている。
キックオフは19時。

前半1分、ジュビロボールで前半キックオフ。天候は雨。風はほぼない。
前半1分、ジュビロ、開始直後に左サイドから攻撃。ジェイ、アダイウトン、駒野友一とつなぎ、最後は敵陣左サイドの高い位置から駒野友一がクロス。これは讃岐にクリアされた。
前半2分、ジュビロの布陣は[4-2-3-1]。GKはカミンスキー。最終ライン右から櫻内 渚、伊野波雅彦、森下 俊、駒野友一。ダブルボランチに上田康太(キャプテン)と宮崎智彦。中盤2列目右から太田吉彰、松浦拓弥、アダイウトン。1トップにジェイ。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはサックスブルー。
前半2分、ジュビロ、中盤で短いパスをつなぎ、最後は太田吉彰がクロス。ジュビロのCKに。バックスタンド側から上田康太がキック。これを清水健太がパンチング。ファーサイドへこぼれたボールを伊野波雅彦が折り返す。これをゴール正面の櫻内 渚が頭で合わせるが、ゴール上に外れた。
前半4分、ジュビロ、DFラインの伊野波雅彦が右足でロングパス。これを前線のアダイウトンが頭でタッチするが、そのまま流れ、讃岐のゴールキックに。
前半4分、讃岐の布陣は[5-4-1]に近い形。GKは清水健太。最終ライン右から沼田圭悟、藤井航大(キャプテン)、岡村和哉、エブソン、小澤雄希。中盤右から仲間隼斗、永田亮太、高木和正、アンドレア。1トップに我那覇 和樹。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーは白。
前半6分、讃岐、敵陣右サイドでパスを受けた永田亮太が右足でアーリークロス。これに我那覇 和樹が反応するが、オフサイドの判定。
前半8分、ジュビロ、ジェイの縦パスを讃岐がカット。ジュビロのCKに。バックスタンド側から上田康太がショートコーナー。パスを受けた太田吉彰が右足でクロス。これは讃岐にクリアされた。
前半8分、雨は止んでいる。
前半10分、ジュビロ、敵陣でボールを左右に動かす。最後はゴール正面の太田吉彰が右足でミドル。これは讃岐にブロックされるが、こぼれ球をつなぎ、今後は宮崎智彦がゴール正面から左足でミドルシュート。これは枠の上に外れた。
前半11分、讃岐は守備時には10人が自陣に引き、前線に我那覇 和樹が残る。
前半12分、讃岐、自陣中央でパスをカットし、カウンター。すぐさま仲間隼斗が前線の我那覇 和樹を狙うが、これは伊野波雅彦が冷静にカットした。
前半13分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から上田康太がキック。これをゴール正面のアダイウトンが頭で合わせるが、清水健太に正面でキャッチされた。
前半14分、ジュビロにチャンス。敵陣中央の上田康太が左足で縦に浮きパス。これをDFラインの背後に走り込んだジェイが受けるが、讃岐の選手に囲まれ、クリアされた。
前半15分、強い雨が降ってきた。
前半15分、讃岐、敵陣右サイドの高い位置からFK。これを高木和正が左足でキック。ファーサイドへ。これは櫻内 渚がヘディングでクリア。このこぼれ球を拾ったエリア内のアンドレアが右足でシュートを打つが、枠の上に外れた。
前半17分、讃岐、バックスタンド側からショートコーナー。最後はファーサイドへのクロスを高木和正が頭で合わせるが、ゴール横に外れた。
前半18分、ジュビロに先制点。バックスタンド側からのCKを上田康太がキック。これをゴール正面の櫻内 渚が頭で豪快に押し込んだ。【1-0】
前半21分、ジュビロ、敵陣左サイドの深い位置で駒野友一、ジェイとつなぎ、最後はジェイがエリア内でドリブルを仕掛けるが、讃岐にクリアされた。
前半24分、讃岐、自陣左サイドからFK、前線へロングキック。これをアンドレアが受けようとするが、櫻内 渚がしっかり寄せ、ジュビロのスローインに。
前半24分、讃岐、中盤右サイドの沼田圭悟がドリブルから縦パス。これに我那覇 和樹が走り込むが、オフサイドの判定。
前半26分、ここまではジュビロがボールを保持し、讃岐が自陣で守備をする時間が長い。
前半26分、ジュビロ、駒野友一のクロスからCKを獲得。バックスタンド側から上田康太がキック。これは讃岐にクリアされたが、こぼれ球をつなぎ、最後は左サイドの駒野友一がインサイドへ切れ込み右足でミドルシュート。これはゴール横に外れた。
前半28分、讃岐、自陣左サイドから縦にロングパス。これにアンドレアが走り込むが、櫻内 渚がブロックし、ジュビロのゴールキックに。
前半29分、ジュビロ、敵陣左サイドでFKを獲得。上田康太がクイックにリスタート。クロスにジェイが飛び込むが、清水健太にパンチングでクリアされた。
前半30分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から上田康太がキック。これにゴール正面の櫻内 渚が飛び込み頭で合わせるが、枠の横に外れた。
前半31分、讃岐、敵陣左サイドでFKを獲得。これを永田亮太が右足でキック。ライナー性のボールをゴール前に入れてきたが、これはジュビロがクリア。
前半33分、讃岐、バックスタンド側からのCKを永田亮太が右足でキック。ニアサイドへ。これはジュビロがクリア。
前半34分、ジュビロ、敵陣右サイドの深い位置から櫻内 渚がクロス。これをゴール正面のジェイが頭で合わせるが、強いシュートは打てず、清水健太にキャッチされた。
前半36分、ジュビロ、自陣からビルドアップ。敵陣へ侵入し、短いパスをつなぐ。最後は左サイドで駒野友一、アダイウトンとつなぎ、上田康太が左足で浮きパス。エリア内に松浦拓弥が走り込むが、讃岐にブロックされ、讃岐のゴールキックに。
前半37分、讃岐、自陣のエブソンが前線へロングボール。これは森下 俊がヘディングでクリア。
前半38分、讃岐に決定機。エリア内でアンドレアのスルーパスを受けた沼田圭悟が右足でシュート。これはジュビロがブロックし、讃岐のCKに。
前半39分、讃岐、CK、メインスタンド側から高木和正が左足でキック。これは宮崎智彦がクリアし、再び讃岐のCKに。
前半39分、讃岐、バックスタンド側からCK、これをジュビロがクリアし、カウンターに。敵陣左サイドの高い位置で松浦拓弥のスルーパスを受けた太田吉彰がクロス。これにアダイウトン、ジェイが飛び込むが、惜しくも讃岐にクリアされた。
前半42分、ジュビロ、自陣からビルドアップ。短いパスをつなぐ。最後は敵陣右サイドの高い位置でジェイがポイントを作り、マイナス方向へパス。これに反応した櫻内 渚が右足でミドルシュート。これは枠の上に外れた。
前半43分、雨は強弱をつけながら降り続いている。
前半44分、ジュビロ、自陣からビルドアップ。最後は伊野波雅彦がグラウンダーの縦パス。前線のアダイウトンを狙うが、讃岐にカットされた。
前半45分、讃岐、敵陣右サイドからクロス。こぼれ球をつなぎ、最後は高木和正がゴール正面から左足でミドルシュート。これは枠の横。
前半45分、前半のアディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム2分、讃岐、CK、2本連続するが、いずれもジュビロがクリア。その後、前半終了のホイッスル。【1-0】
後半1分、讃岐ボールで後半キックオフ。雨は弱くなっている。風はほぼない。
後半1分、ハーフタイムでの選手交代は両チームなし。
後半1分、ジュビロ、敵陣左サイドの高い位置で櫻内 渚のパスを受けた駒野友一がクロス。これは讃岐にクリアされた。
後半2分、讃岐、カウンター、敵陣右サイドからクロス。これを拾った敵陣左サイドのアンドレアがクロス。これはカミンスキーがパンチングでクリア。
後半4分、讃岐、自陣の清水健太が左サイドへ展開。これを受けた小澤雄希がインサイドへパスを出すが、ジュビロがカット。
後半6分、ジュビロ、上田康太の浮きパスからCKを獲得。メインスタンド側から上田康太がキック。ニアサイドへ。これは讃岐にクリアされ、再びジュビロのCKに。
後半7分、ジュビロ、CK、メインスタンド側から上田康太がキック。このこぼれ球を拾い、最後はゴール正面の太田吉彰が右足でミドルシュート。これは讃岐にブロックされた。
後半7分、ジュビロ、敵陣左サイドのジェイが起点となり、インサイドへパス。これを受けた松浦拓弥が右足でミドルシュート。これは枠の横に外れた。
後半8分、讃岐、ジュビロのDFラインの背後へグラウンダーのスルーパス。これに我那覇 和樹が走り込むが、カミンスキーが飛び出し、キャッチ。
後半9分、ジュビロ、CK、メインスタンド側から上田康太がキック。これは清水健太にパンチングでクリアされた。
後半10分、ジュビロ、敵陣左サイドの高い位置からFK、これを駒野友一が右足でキック。ゴール前に合わせるが、清水健太にパンチングでクリアされた。
後半10分、ハーフタイムコメント。ジュビロ、名波 浩監督、「クロスボール、シンプルに上げていこう」、「プレーの切り替えを素早くすること」。

讃岐、北野 誠監督、「守備の距離を意識する」、「攻守の切り替えをはやく」、「点を取る」。
後半11分、ジュビロにチャンス。敵陣右サイドの深い位置から櫻内 渚がクロス。このこぼれ球に反応したゴール正面のアダイウトンが左足でシュート。これは大きく枠の外。
後半11分、讃岐、選手交代、アンドレアに代わり木島良輔を投入。
後半13分、讃岐、敵陣中央の永田亮太が左足でロングシュート。これは大きく枠の外。
後半14分、讃岐にチャンス。敵陣でパスをつなぎ、最後はゴール正面の永田亮太が右足でループシュート。カミンスキーの頭上を越すが、枠の上に外れた。
後半15分、讃岐、途中投入の木島良輔は前線に入り、我那覇 和樹と2トップに近い形に。
後半17分、ジュビロ、敵陣右サイドの深い位置で太田吉彰のスルーパスを受けた櫻内 渚が右足でクロス。これはそのままゴールラインを割り、讃岐のゴールキックに。
後半19分、讃岐、中盤左サイドの小澤雄希が縦に浮きパス。DFラインの背後に木島良輔を走らせるが、飛び出したカミンスキーがキャッチ。
後半19分、ジュビロ、DFラインの伊野波雅彦が右サイドへ展開。これをジェイが受けるが、その後がつながらず、讃岐にカットされた。
後半21分、ジュビロ、敵陣左サイドの高い位置でFKを獲得。これを駒野友一が右足でキック。ゴール前に合わせる。一度は讃岐にクリアされるが、こぼれ球をつなぎ、最後は右サイドの太田吉彰がクロス。ジュビロのCKに。
後半22分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から駒野友一がキック。ニアサイドへ。これは讃岐にクリアされた。
後半22分、ジュビロ、中盤中央でのコンタクトプレーで上田康太にイエローカード。
後半24分、ジュビロ、カウンター、最後は敵陣右サイドでボールを受けたジェイがインサイドへ切れ込み、左足でシュート。これは清水健太にキャッチされた。
後半24分、讃岐、中盤左サイドから一気にゴール前へロングパス。これは合わず、ジュビロのゴールキックに。
後半26分、讃岐、岡村和哉に異議によるイエローカード。
後半27分、讃岐、ゴール正面でパスを受けた永田亮太が反転しながら右足でシュート。これは伊野波雅彦がブロック。さらに木島良輔にミドルシュートを打たれるが、これは上田康太がブロック。
後半28分、讃岐に決定機。敵陣右サイドからクロス。これをゴール前でフリーとなった仲間隼斗が頭で合わせる。これはカミンスキーがパンチングでクリア。讃岐のCKに。
後半29分、讃岐、メインスタンド側からCK、これを木島良輔が左足でジャンピングボレー。枠内にシュートが飛ぶが、これはライン上の上田康太がクリアした。
後半30分、ジュビロ、選手交代、アダイウトンに代わり松井大輔を投入。
後半32分、讃岐、カウンター、中盤左サイドの小澤雄希がアーリークロス。これを受けた木島良輔が右サイドからクロス。最後は左サイドの仲間隼斗が右足でシュートを打つが、ジュビロがクリアした。
後半34分、ジュビロ、敵陣左サイドのコーナーアーク付近でFKを獲得。これを駒野友一がキック。これは讃岐にクリアされた。
後半35分、ジュビロ、松井大輔は中盤の左サイドへ入っている。
後半37分、この時間帯は讃岐がボールを保持する時間の方が長い。ジュビロは坪内秀介がスタンバイ。
後半38分、讃岐、右サイドから攻撃し、最後はアーリークロス。これはカミンスキーがキャッチ。
後半41分、ジュビロ、選手交代、駒野友一に代わり坪内秀介を投入。そのまま左サイドバックに。
後半41分、讃岐、選手交代、仲間隼斗に代わり綱田大志を投入。
後半42分、ジュビロに決定機。敵陣右サイドを突破した松浦拓弥がスルーパス。これを受けたジェイが角度のないところから右足でシュート。これは清水健太にパンチングでクリアされた。
後半44分、ジュビロ、敵陣右サイドの深い位置で松浦拓弥がドリブル突破。これを止めた藤井航大にイエローカード。ジュビロ、選手交代、松浦拓弥に代わり小林祐希を投入。
後半45分、後半のアディショナルタイムは4分。
後半アディショナルタイム2分、讃岐、敵陣右サイドからクロス。これはジュビロがクリア。
後半アディショナルタイム3分、ジュビロ、敵陣右サイドのコーナーアーク付近でジェイがボールキープ。讃岐のプレッシャーを受けるも、粘って、ジュビロボールのスローインに。
後半アディショナルタイム3分、讃岐に同点ゴール。敵陣右サイドから高木和正がクロス。これをゴール前でフリーとなった永田亮太が頭で押し込んだ。【1-1】
後半アディショナルタイム5分、讃岐が自陣左サイドからスローインしたところで、試合終了のホイッスル。【1-1】
名波 浩 監督

――相手を崩すという部分ではどういった部分をポイントに置いていたのでしょうか?
ボール自体はよく動いていたと思いますし、そこまで難しい突っ込みはなかったと思います。セットプレーがチャンスになるということはわかっていましたし、太田が非常にアグレッシブに右サイドを突いてくれてCKを何本も取ってくれましたし、クロスも何本も上げてくれました。戦い方としては悪くなかったのではないかと思います。

櫻内 渚 選手

櫻内 渚 ――ゴールシーンについて
いいボールが来ましたし、タイミングさえ合えば、得点のチャンスが増えると思っていました。そのタイミングがばっちりだったので、決めることができたと思います。
――試合全体について
勝ちきれなかったこと、勝ち点3を取れなかったという悔しさがあります。自分たちの力不足が出た試合だと思います。讃岐にはアウェイで負けていますし、その借りを返そうと声をかけ合っていましたし、チーム全体としても勝ちにいくというポジティブな姿勢で入りました。
ボールも人も動いていた部分もありますが、追加点という部分ではなかなか取れませんでした。自分たちのゲームができたかもしれませんが、結果的には引き分けということで、詰めの甘さが出てしまった部分もあると思います。

カミンスキー 選手

カミンスキー 前半はよかったと思いますが、後半はよかったとは言えないと思います。ホームで勝てていないことは悔しいですが、次の試合に勝ちきることで流れを変えたいです。

松浦 拓弥 選手

松浦 拓弥 最後に失点してしまったという部分では、チームとして引くか、出るのか中途半端になってしまった部分もあったかもしれません。チームとしていく時はみんなで行かなければいけませんし、そのあたり、さらにコミュニケーションを取っていければと思います。

伊野波 雅彦 選手

伊野波 雅彦 前半に比べ、後半はチームとして切り替えの部分が遅くなってしまった部分がありました。チームとして2点目、3点目を取りに行くという状況もさらに作り出していかなければ進歩がないと思いますし、それがあるからこそ勝ちきれる試合につながると思います。連戦ですし、試合が続くので、改めて確認していければと思います。

太田 吉彰 選手

太田 吉彰 試合は続きます。順位が下がったわけでもありませんし、下を向いてばかりはいられません。ただ、同じようなことを繰り返しているようではJ1に行けないと思います。最後、自分も含めしっかり守りきるのか、攻めきるのかという部分をチームとして改めてしっかりやっていかなければいけないと感じています。

上田 康太 選手

上田 康太 勝利に近づいていた試合だったと思いますし、悔しいです。先制するまではいい形が作れたと思いますし、内容もよかったと思います。どの選手もここ数試合のホームゲームの展開を繰り返してはいけないという気持ちが強かったですし、よく声も出ていたと思います。自分たちの時間帯が長かったですし、もう1点取れなかったことが残念です。
負けてはいませんが、勝ち点3を取るためにやっているので、悔しいです。
次は勝ち点3を取りたいです。

カマタマーレ讃岐 ■北野 誠監督
 

――感想
前半は(失点)ゼロでいければ後半チャンスかなと思いましたが、ああいう形でセットプレーからやられてしまったということはうちにとってはよくない試合でした。それでも後半はしっかりボールを動かしながらゴールに迫ることができました。守備陣も頑張りました。最後に追いつけたことはうちに力がついたなと思います。でも、後半戦まだ始まったばかりですし、またしっかりと準備して、次のホームゲームに臨みたいと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯