2014年 試合速報

天皇杯3回戦 vs.奈良クラブ

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

5
  • 4
  • 0

  • 1
  • 0

0
naraclub
naraclub

前半
ポポ
19分
山崎 亮平
29分
山崎 亮平
38分
ポポ
46分
ハーフタイム
山崎 亮平
松浦 拓弥
志水 克行
吉田 智尚
桜井 直哉
堤 隆裕
後半
ペク ソンドン
松井 大輔
19分
宮崎 智彦
28分
31分
瀬里 康和
池田 昌広
小林 祐希
フェルジナンド
34分
1
八田 直樹
27
木下 高彰
33
藤田 義明
35
森下 俊
3
岡田 隆
4
小林 祐希
13
宮崎 智彦
25
櫻内 渚
7
ポポ
8
ペク ソンドン
9
山崎 亮平
SUB
39
藤ヶ谷 陽介
2
菅沼 駿哉
5
駒野 友一
11
松浦 拓弥
22
松井 大輔
26
上村 岬
32
フェルジナンド
監督
シャムスカ
15
シュナイダー潤之介
2
三浦 修
3
伊澤 篤
40
野本 泰崇
7
小野 祐輔
13
馬場 悠
20
稲森 睦
27
志水 克行
30
桜井 直哉
9
瀬里 康和
22
鶴見 聡貴
SUB
1
松本 智広
6
橋垣戸 光一
4
塚本 翔平
5
吉田 智尚
11
池田 昌広
23
堤 隆裕
32
岡山 一成
監督
中村敦

2,666
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハスタジアム 8/20(水) 19:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 大澤 隆 飯田 淳平
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 小曽根 潮 八木 あかね
気温 湿度 第4の審判員 記録員
27.2度 86% 森川 浩次 野沢 勝利
16 シュート 6
13 ゴールキック 5
2 コーナーキック 3
7 直接FK 16
7 間接FK 1
7 オフサイド 1
1 PK 0

難敵をヤマハスタジムに迎えるカップ戦。カテゴリーの異なる相手ではあるが、もちろん絶対に油断はできない。一発勝負ならではの緊張感もあるが、Jクラブとしてのクオリティーを見せ、4回戦に進みたい。

ジュビロ磐田の予想フォーメーションは[3-4-2-1]。GKに八田直樹。3バック右から木下高彰、藤田義明、森下 俊。ダブルボランチに小林祐希と岡田 隆(キャプテン)。中盤の右アウトサイドに櫻内 渚、同左に宮崎智彦。トップ下に山崎亮平とペク ソンドン。1トップにポポという並びか。

この試合の最大のポイントは新オプション『3バック』。シャムスカ監督は試合前日の8月19日の紅白戦で[3-4-2-1]をテスト。ビルドアップやアタッキングサードのイメージを選手・スタッフ間ですり合わせた。また、守備面でも4バックと3バックではやはり細かい約束事が変わってくる。公式戦での3バックは“シャムスカ・ジュビロ”としては初となるが、チームとしてどの程度の戦いを見せることができるか。選手登録の関係上、新加入のチンガと坪内秀介はこの試合に出場できないが、その分、出番を得た選手の奮起に期待したい。櫻内 渚、木下高彰の若手コンビのプレーにも注目だ。

対する奈良クラブは関西リーグ1部に所属。Jクラブを目指し、奈良県を地盤に活動している。天皇杯では1回戦で福島ユナイテッドFCに3-1で勝利。さらに2回戦でベガルタ仙台を2-1で下し、3回戦に進出した。格上クラブを次々と撃破しており、今大会の“台風の目”と言っても過言ではない。中村 敦監督は就任1年目。サガン鳥栖や横浜FCでコーチ経験があり、岡山一成、シュナイダー潤之介らJクラブでプレー経験のある選手たちと共にチームを支える。

奈良クラブの予想フォーメーションは[4-4-2]。GKにシュナイダー潤之介。最終ライン右から野本泰崇、三浦 修、伊澤 篤(キャプテン)、稲森 睦。ダブルボランチに馬場 悠と志水克行。中盤右アウトサイドに小野祐輔、同左に桜井直哉。2トップに瀬里康和と鶴見聡貴という並びか。

試合会場はヤマハスタジアム。天候は晴れ。日中の暑さが少し残るが、風がある分、涼しさも感じることができる。キックオフは19時。ご声援よろしくお願いします!!!

前半1分、奈良ボールで前半キックオフ!
前半1分、ジュビロのフォーメーションは[3-4-2-1]。GKに八田直樹。3バック右から木下高彰、藤田義明、森下 俊。ダブルボランチに小林祐希と岡田 隆(キャプテン)。中盤の右アウトサイドに櫻内 渚、同左に宮崎智彦。トップ下に山崎亮平とペク ソンドン。1トップにポポ。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはサックスブルー。
前半3分、ジュビロ、パスをつなぎ、最後は敵陣右サイドの深い位置の櫻内 渚が右足でクロス。これはシュナイダー潤之介に直接キャッチされた。
前半4分、奈良クラブのフォーメーションは[4-4-2]。GKにシュナイダー潤之介。最終ライン右から野本泰崇、三浦 修、伊澤 篤(キャプテン)、稲森 睦。ダブルボランチに馬場 悠と志水克行。中盤右アウトサイドに小野祐輔、同左に桜井直哉。2トップに瀬里康和と鶴見聡貴。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはグレー。
前半4分、ピッチ上空は晴れ。風は弱く、メインスタンド側からバックスタンド側へ向かって吹く。
前半6分、序盤戦は均衡した展開。互いにシンプルなプレーが多い。
前半8分、奈良、自陣からロングボール。これは森下 俊がヘディングでクリア!
前半9分、ジュビロに決定機。敵陣右サイドの高い位置の櫻内 渚が山崎亮平とのパス交換で突破し、クロス。シュナイダー潤之介がパンチングでクリア。ゴール前のこぼれ球は奈良にクリアされた。
前半10分、ジュビロ、敵陣左サイドの深い位置でFKを獲得。ボールサイドにはポポと小林祐希。ポポが右足でキック。これは奈良の壁に当たり、ジュビロのCKに。
前半11分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から小林祐希がキック。ファーサイドへこぼれる。これに反応した森下 俊が左足でシュート。しかし、これは大きく枠の上に外れた。
前半12分、ジュビロ、自陣右サイドの藤田義明がボール奪取。その後、森下 俊、ポポ、山崎亮平とつなぎ、最後はペク ソンドンがクロス。このこぼれ球をペク ソンドンが左足で狙う。ファーサイドの小林祐希へこぼれるが、これはオフサイドの判定。
前半14分、奈良、自陣からロングボール。前線の鶴見聡貴を狙うが、これはオフサイドの判定。
前半15分、奈良、前線にロングボール。これに対応した自陣右サイドの櫻内 渚がヘディングでバックパス。これを八田直樹がキャッチ。落ち着いたプレーだった。
前半16分、ジュビロ、自陣からビルドアップ。中盤中央の小林祐希が左足で左サイドへ展開。宮崎智彦を狙うが、長く、奈良のスローインに。
前半19分、奈良に決定機。敵陣左サイドから鶴見聡貴がクロス。これに小野祐輔が飛び込むが、八田直樹が直接キャッチ。そのままカウンターへ。敵陣左サイドから崩し、最後はゴール正面の小林祐希がエリア内でドリブル突破し、シュート。ポストに当たったこぼれ球をポポが右足で押し込んだ。【1-0】
前半24分、ジュビロ、敵陣左サイドの高い位置で宮崎智彦、山崎亮平とパスをつなぐが、これは奈良・野本泰崇にカットされた。
前半26分、奈良、前線に浮きパス。しかし、これはオフサイドの判定。序盤からジュビロDFラインは高い位置をキープしている。
前半29分、ジュビロ、敵陣左サイド・山崎亮平が野本泰崇と競り合い、FKを獲得。ポポが右足でキック。ゴール前に合わせるが、これはシュナイダー潤之介にパンチングでクリアされた。しかし、こぼれ球をつなぎ、ゴール前で混戦に。最後は森下 俊のヘディングのパスを山崎亮平がヘディングで押し込んだ!【2-0】
前半34分、奈良、中盤の右サイドからFK。馬場 悠がキック。ゴール前に合わせてきたが、これはジュビロのゴールキックに。
前半35分、奈良、右サイドから攻撃。小野祐輔がキープし、前線を見るが、ここへ岡田 隆が猛烈にプレス。パスミスを誘い、ジュビロボールに。スタンドからは『岡田』コール。
前半36分、ジュビロ、攻撃参加し、エリア内でポポのパスを受けた木下高彰が相手に倒され、PKを獲得。
前半37分、ジュビロ、PKのキッカーは山崎亮平。右足でゴール左に決めたが、やり直しの判定。
前半38分、ジュビロ、再びPK、キッカーは山崎亮平。右足で今度はゴール右に決めた。【3-0】
前半41分、奈良、敵陣右サイドの高い位置で馬場 悠の横パスを受けた野本泰崇が右足でクロス。これは藤田義明がヘディングでクリア。
前半42分、奈良、敵陣右サイドから攻撃。最後はゴール前の瀬里康和が反転し、シュート。これはジュビロがブロックした。
前半43分、ジュビロ、中盤でパスをつなぎ、最後は右サイドの櫻内 渚が左サイドへ大きく展開。これは長く、奈良ボールに。
前半44分、奈良、自陣からロングパス。ジュビロDFラインの背後に鶴見聡貴が走り込むが、これはオフサイドの判定。
前半45分、前半のアディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム1分、ジュビロに追加点。敵陣右サイドの高い位置でボールを受けたペク ソンドンがスピードを生かしてサイドを突破。右足でクロス。これをゴール前でフリーとなったポポがダイビングヘッドで決めた!【4-0】
前半アディショナルタイム2分、両チームが中盤でボールを競り合ったところで前半終了のホイッスル。【4-0】
後半1分、ジュビロボールで後半キックオフ。
後半1分、両チーム、ハーフタイムに選手交代。ジュビロは山崎亮平に代わり松浦拓弥を投入。奈良は志水克行に代わり吉田智尚、桜井直哉に代わり堤 隆裕を投入。
後半3分、ジュビロにチャンス。敵陣右サイドから攻撃。ポポのパスを受けた櫻内 渚がドリブル突破し、クロス。エリア内で松浦拓弥がボールを受けるが、奈良にクリアされた。松浦拓弥はそのままトップ下の位置に入っている。
後半4分、奈良に決定機。敵陣右サイドの野本泰崇がクロス。これに反応した堤 隆裕がバー直撃のヘディングシュートを打つが、これはオフサイドの判定。
後半6分、奈良、最終ラインからビルドアップ。最後は伊澤 篤がロングパス。しかし、前線と合わず、ジュビロのゴールキックに。
後半7分、両チームのハーフタイムコメント。ジュビロ、ペリクレス シャムスカ監督、「距離感をしっかり保つように」、「集中力を切らさず、無失点でいこう」。

奈良クラブ、中村 敦監督、「自分たちの弱さを出してしまい、サッカーができていなかった」、「後半は、裏を狙うことは継続しつつ、自分たちのサッカーをする」。
後半8分、奈良、敵陣右サイドからFK。馬場 悠が右足でキック。ファーサイドへ。これを野本泰崇がヘディングで折り返し、混戦に。最後は堤 隆裕がゴール左から右足でシュート。しかし、ニアサイドに外れた。
後半10分、ジュビロ、CK、メインスタンド側からポポが右足でキック。ニアサイドへ。これは奈良にクリアされた。
後半11分、奈良、敵陣右サイドからクロス。これをニアサイドの瀬里康和が頭で合わせるが、ゴールの横に外れた。
後半12分、奈良に決定機。敵陣右サイドの高い位置で小野祐輔のパスを受けた野本泰崇が右足でクロス。これをゴール前でフリーとなった堤 隆裕が左足で合わせるが、ゴール上に外れた。ジュビロにとっては危ないシーンだった。
後半15分、ジュビロにチャンス。敵陣右サイドの櫻内 渚が左足でクロス。ファーサイドへ。これを宮崎智彦が競り、こぼれ球に反応したゴール前の松浦拓弥が右足でシュート。しかし、強くミートできず、シュナイダー潤之介にキャッチされた。
後半17分、奈良、吉田智尚の際どいクロスからCKを獲得。バックスタンド側から馬場 悠がキック。こぼれ球を馬場 悠が右足でクロス。ニアサイドへ。これを瀬里康和が頭で合わせるが、枠の横に外れた。
後半19分、ジュビロ、相手ゴール前で宮崎智彦の横パスを受けた松浦拓弥が右足でシュート。しかし、枠の上に大きく外れた。
後半19分、ジュビロ、選手交代、ペク ソンドンに代わり松井大輔を投入。そのままトップ下の位置に。
後半23分、奈良、敵陣左サイドの小野祐輔が瀬里康和とのパス交換からサイドを突破し、クロス。これは八田直樹が直接キャッチ。
後半24分、ジュビロ、ゴール正面のポポが右足でミドルシュート。これはゴール横に外れた。
後半26分、奈良、敵陣左サイドの吉田智尚がクロス。これをゴール前の瀬里康和が頭で合わせるが、これは八田直樹がキャッチ。
後半26分、ジュビロ、カウンター、小林祐希がドリブルで持ち上がり、ゴール右の松浦拓弥へスルーパス。松浦拓弥が左足でゴールを狙うが、枠の上に外れた。
後半28分、ジュビロに追加点。敵陣右サイドでボールを持った松井大輔が松浦拓弥とのワンツーで突破し、クロス。これをファーサイドの宮崎智彦が左足で押し込んだ。【5-0】
後半31分、奈良、選手交代、瀬里康和に代わり池田昌広を投入。
後半34分、奈良、ゴール正面のミドルレンジでFKを獲得。ジュビロ、リスタートの前に選手交代、小林祐希に代わりフェルジナンドを投入。
後半35分、奈良、FK、馬場 悠が右足で直接狙うが、これは大きく枠の上に外れた。
後半38分、奈良、自陣からロングボール。これは藤田義明がカットし、フェルジナンドへつないだ。フェルジナンドはボランチに入っている。
後半38分、奈良、敵陣左サイドの高い位置から吉田智尚が右足でクロス。これをファーサイドの野本泰崇が競るが、宮崎智彦がしっかりと体を寄せ、ジュビロのゴールキックに。
後半41分、奈良、自陣からパスをつなぐが、ジュビロがしっかりブロックを作り、対応。チャンスを作らせず、自陣でマイボールとした。
後半42分、ジュビロ、攻撃参加した森下 俊が敵陣左サイドからクロス。これは奈良にクリアされた。
後半43分、奈良、敵陣左サイドの高い位置から吉田智尚がクロス。これは八田直樹が直接キャッチ。
後半44分、奈良、敵陣左サイドの吉田智尚が右足でクロス。これは森下 俊がヘディングでクリア。
後半45分、奈良、カウンターから最後は池田昌広が左足でシュート。これはゴール横に外れた。後半のアディショナルタイムは3分。
後半アディショナルタイム2分、奈良、自陣のシュナイダー潤之介がロングキック。これは宮崎智彦がカットし、八田直樹へバックパス。八田直樹が大きく前にクリアした。
後半アディショナルタイム4分、奈良、敵陣中央でFKを獲得。シュナイダー潤之介も攻撃参加。馬場 悠が右足でキック。これはフェルジナンドがクリア。その後、試合終了のホイッスル。【5-0】
シャムスカ 監督

――感想
この試合に向け、みなさんフォーメーションが気になっていると思いますが、それは週末の重要な試合に備えてという意味合いでこのフォーメーションにしました。富山戦では高い湿度の中でプレーしたので疲労感が見えた選手がいた中、我々が疲労を測定しているデータを見たところ、何人かの選手を外さなければいけないと。ただ、その中でもこのメンバーで練習したのはたったの1日ということを考えれば、非常によくやってくれたと思います。ただ、彼らが急にできたわけではなく、先週から3バックの練習をしてきていました。
この奈良戦に向けて選手たちに掛けた言葉の一つは、まずはしっかりと集中力と闘争心を持ってやろうと。相手はJ3のクラブ、そして、J1のクラブに勝ってきている実力のあるチームですし、しっかり戦おうと。高い集中力を求めました。(奈良クラブが)我々に勝っていれば、J2のクラブに勝ったということでJリーグ制覇ということになっていましたし、危ないと思っていましたが(笑)。全てに満足はしていませんが、点差が拡がったことは一番よかったと思います。後半、彼らはフォーメーションを変えてきて、より攻撃的になったところで我々としては少してこずったと思います。特に長いボール、クロスを放り込んでからの攻撃は非常に危険なチームだったと思います。(天皇杯の)セレッソ戦を頭の片隅に置きつつ、まずはベルマーレの分析など最善の準備をしていきたいと思います。
――湘南戦へ向け、3バックの手応えは?
3バックのよかった点、悪かった点はそれぞれありますが、よかった点をさらに伸ばし、そして、ベルマーレの分析を細かく伝えていくと。それを出ていなかった選手にもしっかり伝えて、その中でベルマーレ戦で3バックを使うのか、それとも富山戦までの本来のフォーメーションなのか、しっかりと判断していきたいと思います。
――3バックにおいて攻撃、守備のよかった点と課題は?
まず伝えておきたいことは湘南戦とこの試合は全く違う試合になると思うということです。ただ、この試合について言えば、攻撃ではしっかりと両ウイングを使えましたし、そこからできる三角形をたくさん使うことができたと思っています。初めて空中戦に強い選手なしで試合に臨んだわけですが、ポポ、(ペク)ソンドン、山崎といったスピード溢れるプレーをしてくれる選手たちを今日は使いました。そのスピードに関しては上手く機能したと思っています。ここにいる記者の大半の方は試合前日の練習をご覧になり、3人の動きをしっかりとご覧になっていただけたと思いますし、上手く機能できた時間帯がありました。だだ、ここでさらに細かく言ってしまうと、相手に情報を与えてしまうので・・・(笑)。
守備面では相手の4バックに対して、守備のバランスはよかったと思います。相手がまだ4バックだった時はしっかりバランスを取れていたと思います。ただ、彼らがビルドアップをする時はボランチが一人降りて3バックのような形を取り、両サイドバックが上がるので、そこをしっかりとはめることができたと思います。ただ、その中でDFとボランチのところで曖昧なプレーが垣間見えたと思います。全体的なところではボールを奪う、ボールに寄せるというプレーが一番よかったと思います。激しくいくことに重きを置くことは彼らに伝えていますし、そこはよくなってきていると思います。

山崎 亮平 選手

山崎 亮平 ――試合を振り返って
内容的にまだまだ課題はありますが、結果的に失点0ということでチームとしてポジティブですし、それを継続して、次に向けていい準備をしていきたいです。
――自身の1点目について
(森下)俊くんが上手くボールをくれて、押し込むだけでした。ちょっとしたポジショニングではありますが、最近はいいところにいることができているので、それを続け、また1試合1試合やっていきたいです。コンディションは悪くないですし、しっかり練習と休養をして、いい状態で試合に臨めるようにしたいです。
――チームとしての課題について
時間帯によっては相手にペースを握られたり、つなげるところを簡単に蹴り出してしまっているので、もう少し落ち着いてボールを回し、相手を走らせることがさらにできればと思います。90分を通してさらに楽に試合を運ぶことができればと思います。
――3バックについて
ボールを奪った時に(ペク)ソンドンと自分のところで上手くボールを引き出せれば、味方が上がってくる時間を作れますし、ポポも含めてカウンターの時は3人でいけるので、そこを上手く使い分けていければと思います。
――湘南ベルマーレ戦へ向けて
前半戦でホームで負けていますし、湘南はホームで負けていないですが、リベンジではないですが、やはり勝ちたいです。3バックであれば、相手とのマッチアップが多くなると思いますし、個人で負けないように1対1で勝って数的優位を作れればと思います。

藤田 義明 選手

藤田 義明 ――試合を振り返って
ここ数試合失点が多かったので、まずはゼロで抑えられたことはよかったです。リードした後、富山戦ではどこかで集中力が切れて2失点してしまいましたが、リードした後も全員で集中していこうと声をかけ合い、チームとしてみんなで集中できたと思います。流れが悪くなった時、セカンドボールが拾えなかった時も全体を引き締める意味でも声を出し、ポジショニングについても言い合うことができています。
――3バックについて
3バックになって(森下)俊だったり、木下がどんどん前に絡んでいけるので、そういった意味で攻撃の厚みは出せたかなと思います。3バックだと(森下)俊、木下がタイミングよく上がっていくことで、相手も捕まえにくいと思いますし、得点にも絡めているので、そこはよかったと思います。
――3バックの守備面について
後半、立ち上がりに受けに回っていました。やはりああいう場面は1試合通じて必ずあると思いますし、そういう時だからこそ、後ろがクロスを上げられても跳ね返せるようにしっかり準備していきたいです。改めてチームとしてのサイドの守備を意識していきたいです。
――湘南ベルマーレ戦へ向けて
まだどの布陣でやるかはわかりませんが、3バックをやるとすれば、相手も3バックということで(ジュビロとして)はめやすいと思いますし、真っ向勝負となると思います。相手よりも絶対に走らなければいけませんし、その部分でも相手に負けないようにしなければいけません。やはり自動昇格をしなければいけないですし、まずは松本を追い抜くことを考え、そのためには相手がどのチームであっても1試合ずつ勝ち点3を積み上げなければいけません。アウェイで勝ち点3を目指してがんばります。

木下 高彰 選手

木下 高彰 チーム全体としては相手が全体的に攻め残りしていたので、そこに対するリスクマネージメントをさらにしっかりさせて、カウンターで何度か危ない場面があったので、そこでもう少し落ち着いて対応できればと思います。それと、奪ったボールをさらにしっかりとつなぐことができれば、さらに落ち着いたゲームになったと思いますし、自分自身久々の試合でしたが、また次につなげます。
――攻撃参加について
練習の時から監督から攻撃参加していいと言われていました。そういう意味では僕の中で行けるかなと思って行った結果、PKをもらえてラッキーでした。

八田 直樹 選手

八田 直樹 早い時間帯で得点を取ってくれ、助かりました。前の試合でも3-0から3-2にされていますし、この試合もカテゴリーの異なる相手ではありますが、関係ありませんし、その中でゼロに抑えられたことはチームとしてプラスだと思います。勝ち方を覚えていって、苦しい時も勝てる試合をさらに増やしていければもっと強くなると思います。
――3バックにしてよかったことは?
前線に山崎とポポでしたし、(ペク)ソンドンも含めて特長を生かした攻撃ができたと思います。後ろでしっかりとブロックを組み、そこでボールを奪って前にボールが入った時に3人ともキープ力もありますし、前に行く力もあるので、それが上手くはまって前半得点が取れたと思います。3人が前に引っ張ってくれていましたし、裏に抜けてくれていたので、そのあたりがよかったと思います。先に点が入りましたし、自分たちがやりたいことを確認しながらできたこともよかったと思います。

宮崎 智彦 選手

宮崎 智彦 ――試合を振り返って
自分自身としてはゴールだけがよかった部分です。あとは反省点ばかりで、もっともっとやらなければいけない部分が課題として出たので、練習から取り組んでいきたいです。守備陣がゼロに抑えてくれ、久々のゼロでしたし、その分、手応えもありました。
――自身のゴールについて
あのあたりを狙っていこうという話はありましたし、(松井)大輔さんがプレゼントのようなボールをくれたので、本当に感謝しています。

森下 俊 選手

森下 俊 ――3バック、4バックで意識を変えたことは?
特にないですね。みんなでやること、スライドしていくことなどは3バックでも4バックでも一緒ですし、そこまで変えたことはありません。3バックでも4バックでも自分としてはそこまで変わらないと言うか、だれがボールに行くということは常に意識していますし、違和感はないです。

奈良クラブ ■中村 敦監督
 

――感想
やはり前半が全てかなと。後半ある程度こちらがつなげたわけですが、本来はああいうサッカーを最初からやりたかったのですが、一つはグラウンドがスリッピーでボールのスピードが速かったこと。それに対して対応が遅れてしまったこと。また、相手のプレッシャーに対して、こちらのスリッピーな速いグラウンドにおいての技術がまだ足りていなくてプレッシャーに感じてしまったこと。それによって蹴り急いでしまったこと。それによってジュビロのポゼッションの時間が長くなってしまって、やられる要因になったと考えています。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯