2014年 試合速報

2014 J2リーグ 18節 vs.FC岐阜

gifu
gifu

6 勝
3 分
8 敗
22 得点
23 失点
勝点 21
順位 15

0
  • 0
  • 2

  • 0
  • 2

4
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

10 勝
4 分
3 敗
28 得点
15 失点
勝点 34
順位 2

前半
15分
前田 遼一
25分
前田 遼一
ハーフタイム
ナザリト
井上 平
難波 宏明
美尾 敦
後半
10分
ポポ
宮沢 正史
比嘉 諒人
12分
ヘニキ
14分
三都主 アレサンドロ
24分
25分
松井 大輔
山田 大記
33分
フェルジナンド
岡田 隆
42分
山田 大記
43分
前田 遼一
阿部 吉朗
22
川口 能活
11
三都主 アレサンドロ
19
益山 司
33
阿部 正紀
35
木谷 公亮
6
髙地 系治
8
宮沢 正史
15
ヘニキ
27
太田 圭輔
9
ナザリト
24
難波 宏明
SUB
31
時久 省吾
4
田中 秀人
17
野垣内 俊
10
美尾 敦
28
水野 泰輔
36
比嘉 諒人
14
井上 平
監督
ラモス 瑠偉
1
八田 直樹
2
菅沼 駿哉
5
駒野 友一
13
宮崎 智彦
33
藤田 義明
4
小林 祐希
22
松井 大輔
32
フェルジナンド
7
ポポ
9
山崎 亮平
18
前田 遼一
SUB
39
藤ヶ谷 陽介
3
岡田 隆
27
木下 高彰
10
山田 大記
11
松浦 拓弥
14
阿部 吉朗
17
金園 英学
監督
シャムスカ

15,138
スタジアム名 試合日 キックオフ
長良川 6/14(土) 13:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 榎原 徹夫 岡部 拓人
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分分 前之園 晴廣 竹田 明弘
気温 湿度 第4の審判員 記録員
30.8度 38% 上田 益也 白木 正成
8 シュート 14
6 ゴールキック 7
5 コーナーキック 5
10 直接FK 11
1 間接FK 2
1 オフサイド 2
0 PK 0

前節のホーム・水戸ホーリーホック戦(6月7日)で3試合ぶりに勝利したジュビロ磐田。磐田市内の小学生たちの後押しも加わり、ピッチとスタンドが一体となり、最高の雰囲気で白星を手にすることができた。順位も3位から2位に上がり、首位・湘南ベルマーレを追走する。
だが、試合後はどの選手も「勝ったことはよかったが、まだまだ…」と課題を口にし、結果・内容に満足している選手はいない。「まだまだすり合わせられる部分はある」と語るのはゲーム主将・松井大輔。今週も攻撃、守備の両面でプレーの精度に磨きをかけた。このアウェイゲームの次はいよいよホームに湘南ベルマーレを迎える。「勝って湘南戦につなげたい」と意気込むのは駒野友一。連勝してさらに勢いに乗り、首位との一戦に臨みたい。
負傷でここ2試合出場のない山田大記は、6月8日に行った大学生との練習試合では45分間プレー。1得点をマークした。この試合もサブとして出番に備える。

対する岐阜は第17節終了時点で勝ち点21の15位。今季より指揮を取るラモス瑠偉新監督の下、新戦力を補強し、新たなチーム作りを進めている。前節はアウェイで大分トリニータと対戦。シュート数では相手を上回りながら終盤に失点し、0-1で敗れた。
前節こそ無得点に終わったが、攻撃陣は強力だ。チームトップスコアラーはナザリトと難波宏明。いずれも7得点ずつを叩き出している。その前線へパスを供給するのはこちらも新戦力の宮沢正史。ボランチの位置でバランスを取りつつ、的確な配給を見せる。大分トリニータ時代に彼を指導したシャムスカ監督は「相手はビルドアップ時に宮沢選手が最終ラインに下がり、3バック気味になって攻撃を組み立ててくる」と分析している。
また、守備では昨季までジュビロ磐田でプレーした川口能活の存在感が光る。ジュビロ磐田の複数得点は第10節・ジェフユナイテッド千葉戦(4月29日)より遠ざかっているが、この“壁”を乗り越え、ゴールネットを揺らしたい。

ジュビロの予想フォーメーションは[4-2-3-1]。GKに八田直樹。最終ライン右から駒野友一、菅沼駿哉、藤田義明、宮崎智彦。ダブルボランチにフェルジナンドと小林祐希。中盤右サイドからポポ、松井大輔、山崎亮平。1トップに前田遼一という並びか。
対するFC岐阜の予想フォーメーションは[4-3-2-1]。GKに川口能活。最終ライン右から益山 司、木谷公亮、阿部正紀、三都主 アレサンドロ。中盤右からヘニキ、宮沢正史、太田圭輔。2列目に高地系治と難波宏明。1トップにナザリトという並びか。

試合会場は岐阜メモリアルセンター長良川競技場。スタジアムには試合前から大勢のサポーターが駆けつけ、熱気に包まれている。天気は晴れ。ご声援よろしくお願いします!!!

前半1分、岐阜ボールで前半キックオフ。
前半1分、岐阜、難波宏明が敵陣左サイドへ走り込み、スローインに。三都主 アレサンドロがロングスロー。2本連続したが、いずれもジュビロがクリアした。
前半1分、ジュビロ、ポポのパスを受けた小林祐希が中盤中央から左サイドへ展開。これに宮崎智彦が走り込むが、わずかに長く、岐阜ボールに。
前半3分、ジュビロ、敵陣右サイドでボールを持った山崎亮平がドリブル突破。CKを獲得。バックスタンド側から駒野友一がキック。ニアサイドへ。これは岐阜にクリアされた。
前半3分、ジュビロのフォーメーションは[4-2-3-1]。GKに八田直樹。最終ライン右から駒野友一、藤田義明、菅沼駿哉、宮崎智彦。ダブルボランチにフェルジナンドと小林祐希。中盤右サイドから山崎亮平、松井大輔(キャプテン)、ポポ。1トップに前田遼一という並び。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはホワイト。
前半4分、岐阜、波状攻撃。敵陣右サイドを突破したヘニキが右足でクロス。ファーサイドへ流れるが、今度は左サイドからクロス。さらにクリアボールに反応した益山 司が右足でミドルシュートを狙うが、これはゴール横に外れた。
前半6分、ジュビロ、駒野友一のクロスからCKを獲得。バックスタンド側から駒野友一がキック。これは川口能活にパンチングでクリアされた。
前半7分、岐阜のフォーメーションは[4-3-2-1]に近い形。GKに川口能活(キャプテン)。最終ライン右から益山 司、木谷公亮、阿部正紀、三都主 アレサンドロ。中盤右からヘニキ、宮沢正史、太田圭輔。2列目に高地系治と難波宏明。1トップにナザリト。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーは緑。
前半8分、ピッチ上空は晴れ。弱い風が吹いているが、日差しが強く、かなり暑い。
前半10分、ジュビロに決定機。相手ゴール前でボールを奪い、最後は小林祐希のラストパスを受けたポポがシュート。しかし、これは川口能活に防がれた。
前半11分、ジュビロ、自陣からビルドアップ。最後は藤田義明が右足でロングパス。敵陣左サイドの宮崎智彦を狙うが、わずかに長く、岐阜ボールに。
前半15分、岐阜に決定機。敵陣左サイドから三都主 アレサンドロがクロス。これをファーサイドのヘニキが右足で合わせるが、ミートせず、ジュビロがクリア!
前半15分、ジュビロに先制点。ポポのパスを受けた松井大輔が敵陣左サイドから右足で逆サイドへ展開。これを山崎亮平が折り返し、最後はゴール前でフリーになった前田遼一が右足で押し込んだ!【1-0】
前半20分、ジュビロ、自陣の中央でパスを受けた小林祐希が左足でロングフィード。敵陣右サイドの山崎亮平を狙うが、長く、川口能活にキャッチされた。
前半21分、ジュビロに決定機。松井大輔がドリブルで持ち上がり、敵陣右サイドへ展開。これを受けた山崎亮平がクロス。最後はゴール前でパスを受けた小林祐希が右足でシュート。これはゴール上に外れた。
前半23分、岐阜の三都主 アレサンドロが敵陣左サイドからアーリークロス。これは藤田義明が大きくクリアした。
前半25分、ジュビロに追加点。敵陣右サイドで小林祐希のスルーパスを受けた松井大輔が右足でクロス。これをニアサイドの前田遼一が左足で押し込んだ!【2-0】
前半28分、ジュビロにチャンス。岐阜のCKをカットし、一気にカウンター。小林祐希のパスを受けた山崎亮平がそのまま相手ゴール前までドリブルで持ち上がり、右足でシュート。これは相手にブロックされた。
前半31分、岐阜、敵陣右サイドへロングボール。このこぼれ球を拾ったナザリトがゴール正面から右足でミドルシュート。これは八田直樹の正面。
前半33分、ジュビロ、DFラインからビルドアップ。最後は菅沼駿哉が右足でロングボール。これは前線と合わず、岐阜ボールに。
前半35分、ジュビロ、敵陣左サイドで山崎亮平が松井大輔とのパス交換で突破を狙うが、岐阜のスローインに。
前半36分、ピッチ上空の風は弱く、かなり暑い。
前半38分、ジュビロ、ベンチ裏では山田大記と阿部吉朗がウォーミングアップを行っている。
前半40分、ジュビロ、敵陣左サイドから攻撃。最後は菅沼駿哉が右足でアーリークロス。ゴール前の前田遼一を狙うが、これは川口能活に直接キャッチされた。
前半41分、ジュビロ、宮崎智彦が敵陣左サイドでボールをカット。宮崎智彦のパスを受けた山崎亮平がクロス。これは相手にクリアされた。
前半43分、岐阜、敵陣右サイドでFKを獲得。高地系治がキック。ゴール正面へのボールを難波宏明が頭で合わせるが、これは八田直樹がキャッチ!
前半アディショナルタイム2分、ジュビロ、中盤の松井大輔がロングキック。敵陣左サイドで前田遼一がキープするが、その後岐阜にカットされた。
前半アディショナルタイム3分、自陣でジュビロがボールを持ったところで前半終了のホイッスル。【2-0】
後半1分、ジュビロボールで後半キックオフ!
後半1分、岐阜、ハーフタイムに選手交代、2枚同時、ナザリトに代わり井上 平、難波宏明に代わり美尾 敦を投入。
後半3分、ジュビロにチャンス。敵陣右サイドでボールを持った山崎亮平がドリブルでエリア内に侵入。その後、中に押し返すが、これは岐阜にカットされた。
後半3分、ジュビロにチャンス。エリア内でボールを持ったポポが左足でシュート。これは川口能活にブロックされるが、そのクリアボールを拾い、最後は小林祐希がエリア内に侵入し、クロス。しかし、これは岐阜にカットされた。
後半6分、岐阜、敵陣右サイドでFKを獲得。ゴール前に合わせてきたが、これは八田直樹が直接キャッチ!
後半8分、後半もピッチは晴れ。風は弱く、日差しは強い。
後半10分、ジュビロに追加点。敵陣右サイドでボールを持った駒野友一が松井大輔とのパス交換で突破し、クロス。川口能活のパンチングのこぼれ球をポポが右足で豪快に押し込んだ!【3-0】
後半12分、岐阜、選手交代、宮沢正史に比嘉諒人を投入。
後半14分、岐阜、中盤で小林祐希と激しくコンタクトしたヘニキにイエローカード。
後半15分、岐阜、ショートカウンター。最後は敵陣右サイドの深い位置からクロス。これは八田直樹がキャッチ。
後半16分、ジュビロに決定機。ショートカウンター。駒野友一が敵陣右サイドをドリブルで持ち上がり松井大輔へパス。松井大輔の横パスを受けた山崎亮平がゴール前でフリーとなり、右足でシュートを打つが、これはゴール上に外れた。
後半18分、ジュビロ、再び右サイドを突き、最後はクロスを中央で受けた松井大輔が左足でミドルシュート。これは川口能活の正面。
後半20分、両チームのハーフタイムコメント。ジュビロ、ペリクレス シャムスカ監督、「ボールを奪ったらもっとスピーディーに攻撃していこう」、「セカンドボールをしっかり拾うように」。

岐阜、ラモス瑠偉監督、「攻守の切り替えを速くすること」、「球際を厳しくプレーすること」。
後半22分、岐阜、敵陣右サイドから攻撃し、クロス。ニアサイドへ。これはフェルジナンドが大きくクリアした。
後半23分、岐阜、再び右サイドから攻撃し、クロス。これは八田直樹が直接キャッチ。この時間帯、岐阜にボールを持たれる時間が長くなっているが、ジュビロがチャンスを作らせていない。
後半24分、ジュビロ、カウンター、敵陣右サイドで山崎亮平がドリブルを仕掛ける。マッチアップした三都主 アレサンドロがコンタクトプレーで止め、イエローカード。
後半25分、ジュビロ、選手交代、松井大輔に代わり山田大記を投入。
後半26分、ジュビロ、FK、駒野友一が右足で直接狙う。バーに直撃し、岐阜にクリアされた・・・。
後半26分、ジュビロ、CK、メインスタンド側から小林祐希がキック。これは川口能活にパンチングでクリアされた。
後半28分、ジュビロ、途中出場の山田大記はそのままトップ下の位置に入った。
後半29分、岐阜、CK、メインスタンド側から三都主 アレサンドロがキック。ゴール前のヘニキが頭で合わせるが、これはゴール上に外れた。
後半31分、岐阜、敵陣左サイドから攻撃。阿部正紀がクロス。これはファーサイドの宮崎智彦がクリア。
後半33分、ジュビロ、選手交代、フェルジナンドに代わり岡田 隆を投入。
後半33分、ジュビロ、途中出場の岡田 隆はそのままボランチに入った。
後半34分、ジュビロ、山崎亮平のシュートからCKを獲得。メインスタンド側から駒野友一がキック。ニアサイドへ。藤田義明が頭で合わせるが、これは岐阜にブロックされた。
後半35分、ジュビロ、敵陣右サイドの深い位置でパスをもらった小林祐希が中に折り返す。このパスを受けた山田大記が反転しながら左足でシュート。これはゴール横に外れた。
後半38分、岐阜、CK、バックスタンド側から高地系治が左足でキック。これは八田直樹が直接キャッチ!
後半39分、岐阜、左サイドから右サイドへ大きく展開。そこから縦にパスを狙うが、これは菅沼駿哉がカット。鋭いボールアプローチを見せた。
後半41分、岐阜、カウンター、敵陣左サイドでボールを持った美尾 敦がドリブルで持ち上がり、角度のないところからシュート。これは枠の上に外れた。
後半42分、ジュビロに追加点。中盤でボールをカットした岡田 隆が左へパス。これを受けた山崎亮平が縦にスルーパス。エリア内でこのパスを受けたのは山田大記。2列目から飛び出し、シュート。さらにそのこぼれ球を左足で押し込んだ!【4-0】
後半43分、ジュビロ、選手交代、前田遼一に代わり阿部吉朗を投入。
後半44分、岐阜、ゴール前の混戦から最後は井上 平が右足でシュート。決定機だったが、これはゴール上に外れた。
後半45分、後半アディショナルタイムは3分。
後半アディショナルタイム4分、ジュビロ、敵陣左サイドから山田大記がクロス。これに山崎亮平が走り込むが、シュートはゴール横に外れた。
後半アディショナルタイム4分、岐阜、川口能活がゴールキックを大きくキックしたところで試合終了のホイッスル。【4-0】
シャムスカ 監督

――感想
厳しい試合になると思っていましたが、前節に比べてさらにいいパフォーマンスを見せることできました。そして、決定機をたくさん作ることができました。前半、特にクロスのところでてこずるところがありました。特にナザリト選手と中盤から入ってくる選手です。岐阜さんが後半、2枚のカードを切ったところでさらに素早くプレーしてきて、前線からプレッシャーをかけてきました。ただ、そのプレッシャーを逆に生かし、裏へ飛び出すことができたと思います。決定機を数多く作った我々が勝利にふさわしかったと思います。次の試合に向けて最善を尽くしたいと思います。
――前線からの守備の部分でも連動性が上がってきているのでしょうか?
そうですね。前線からのプレッシャーの部分において、今週やってきたことがしっかりと反映されたと思います。スペースを与えることがなかったと思いますし、決定機を作ることにもつながったと思います。記者のみなさんには常に練習場に来ていただき、練習を見ていただいているのでわかると思います。
――この試合、大量得点できた要因は?
前節に比べ、ポポと山崎のスピードをしっかりと使うことができたと思います。前田もよりゴールに近いところでプレーできたと思います。そういうところが前節に比べて決定機を多く作ることにつながったと思います。両チームにとって暑い中での試合でしたが、我々の方がよりよいプレーを見せることができたと思います。特に球際のところで戦えたと思いますし、そのこともいいパフォーマンスにつながった要因だと思います。
――エースの前田選手が2点、復帰した山田選手が1点を決めました。次の湘南戦へ向けてどんな手応えがありましたか?
チームとして得点を決めていかなければいけないという中で、(前田)遼一がしっかりと得点を決めてくれました。そして、今日の試合、(山田)大記というクオリティ-の高い選手を後から投入することができました。この点は他のチームにはできない特別なことだと思っています。このリーグではしっかりとチーム全員の力を使いたいと思っています。この試合、フェルジ(フェルジナンド)も交代させましたが、そのことが交代の理由でもあります。
それと、今日、初めて岐阜に来ましたが、満員のスタジアムでプレーできました。クラブの運営の方々にお礼、お祝いをお伝えしたいと思っています。

前田 遼一 選手

前田 遼一 ――岐阜・川口能活選手について
やはり長年一緒にプレーしてきた方ですし、いい意味で恩返しができればと思っていました。(マッチアップは)ちょっと不思議な感じがありました。とにかく(川口)能活さん相手にゴールを取ることしか考えていませんでしたし、よかったです。
――チームとして久々に複数得点だが?
スペースがあったので、それを上手く使えたと思います。次大事な試合があるので、それに向かってやっていきたいです。

ポポ 選手

ポポ この暑さでしたが、いい試合ができました。とても幸せです。追加点は常に狙っています。勝っているから、得点できているからと言って満足はできません。さらに練習していきたいです。監督には常にスピードを要求されていますし、そのことを意識しています。暑さの影響もありましたし、動きにも影響しましたが、それは相手も同じことです。そのあたりはチームとしてよく理解してプレーできていました。

山田 大記 選手

山田 大記 ――試合勘は?
試合勘が足りなかったことで、イエローカードをもらいそうになってしまいました(苦笑)
――得点シーンについて
シュートを打って、そのこぼれ球が前に来てくれました。(岐阜・川口能活選手からの得点は特別?)特別と言うか、やはり複雑な部分もあります。

山崎 亮平 選手

山崎 亮平 ポポと自分のところでどれだけボールを運べるかという部分が大事だと思っていました。1点目は相手の裏を突き、前田さんが決めてくれました。あの時間帯に先制点が取れたことはよかったと思います。相手がゴールのカバーに入っていましたし、前田さんが見えたのでパスを出しました。ただ、個人的に2、3回チャンスがありました。さらに練習しなければいけません。

駒野 友一 選手

駒野 友一 暑い中での試合でしたが、結果としてはよかったと思います。前半のうちに2点目を取ることができてよかったです。相手が前がかりになった時間帯でさらに追加点を取れたこともよかったと思います。

FC岐阜 ■ラモス瑠偉監督
 

前半のスタートは結構よかったです。大分戦の後半、立ち上がりのミスが重なり、自分たちのリズムを取り戻せずに大分さんのペースで試合が終わってしまいました。今回も同じです。前半の20分までそこそこ戦っていましたが、1つのミスでああいったことが起きるということはやはりまだまだ甘いなと。2点とも同じ形です。前に行こうとしたところでしてはいけないミスが起き、カウンターにつながってしまいました。彼らの狙いというより我々のミスです。そういったチャンスを逃さないのはやはりジュビロさんです。残念です。
ハーフタイムに選手を入れ替え、高地、(井上)平、美尾らにポジショニングなしで好き勝手前でやってくれと言いました。阿部のチャンスがあって、面白くなると思ったら3点目が入ってもうだめ。3点目が入ったことで試合はきつくなりました。せっかくサポーターがたくさん来てくれたのに1点くらい取ってほしかったです。残念です。文句なしの0-4です。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯