2013年 試合速報

天皇杯2回戦 vs.サウルコス福井

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

8
  • 4
  • 1

  • 4
  • 0

1
saurcos
saurcos

前半
山本 康裕
12分
山田 大記
22分
山田 大記
25分
山崎 亮平
27分
35分
阿部 優
ハーフタイム 後半
山田 大記
ペク ソンドン
12分
山本 康裕
山崎 亮平
阿部 吉朗
16分
18分
村田 啓輔
堀内 裕太
内久保 亮
原 泰央
山本 康裕
25分
山本 康裕
松岡 亮輔
27分
29分
阿部 優
村上 図夢
阿部 吉朗
38分
前田 遼一
44分
1
川口 能活
2
菅沼 駿哉
5
駒野 友一
13
宮崎 智彦
33
藤田 義明
9
山崎 亮平
10
山田 大記
22
チョン ウヨン
23
山本 康裕
50
カルリーニョス
18
前田 遼一
SUB
21
八田 直樹
6
田中 裕人
7
小林 裕紀
8
ペク ソンドン
20
山本 脩斗
26
松岡 亮輔
30
阿部 吉朗
監督
関塚 隆
1
山内 達夫
2
亀井 拓哉
6
井筒 庄吾
7
鈴木 亮平
17
絹巻 悟
3
梅井 大輝
22
亀山 泰樹
24
村田 啓輔
25
内久保 亮
9
阿部 優
10
坂井 優介
SUB
21
伊藤 聖
5
原 泰央
18
堀内 裕太
26
宮越 竜大
28
長谷川 務
11
平井 完興
20
村上 図夢
監督
佐野 達

2,593
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハスタジアム 9/7(土) 13:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 永田 亨 廣瀬 格
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 原田 昌彦 渡邊 智哉
気温 湿度 第4の審判員 記録員
29.8度 66% 中村 忍 北本 章
18 シュート 7
6 ゴールキック 12
5 コーナーキック 4
5 直接FK 9
0 間接FK 6
0 オフサイド 6
0 PK 0

「リーグ戦につながる戦いをしたい」と語るのは関塚 隆監督。リーグ戦でしばらく勝利がないジュビロ磐田。今季の天皇杯初戦であると同時に、リーグ終盤戦へ向けて“流れ”を変えたい一戦となる。

昨季の天皇杯の2回戦では小林祐希のスーパーミドルが飛び出すなど攻撃陣が躍動し、計7ゴールをマークしている。この試合もけして簡単に勝てる相手ではないが、勝利に飢えているのは選手、スタッフ、そして、サックスブルーサポーターの皆様も同じ。攻守で相手を圧倒し、改修工事を終えた“新ヤマハスタジアム”で公式戦初勝利を飾りたい。

ジュビロ磐田の予想布陣は[4-2-3-1]。GKは川口能活、最終ライン右から駒野友一(キャプテン)、菅沼駿哉、藤田義明、宮崎智彦。ダブルボランチにチョン ウヨンとカルリーニョス。中盤2列目右サイドから山本康裕、山田大記、山崎亮平。1トップに前田遼一という並びか。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはサックスブルー。

サウルコス福井の予想布陣は[4-4-2]。GKは山内達夫、最終ライン右から鈴木亮平、井筒庄吾、亀井拓哉、絹巻 悟。ダブルボランチに梅井大輝と内久保 亮。中盤右サイドに村田啓輔、同左に亀山泰樹。2トップに坂井優介(キャプテン)と阿部 優という並びか。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはホワイト。

サウルコス福井は北信越リーグ1部に所属。福井県史上初のJクラブを目指す。天皇杯は2年連続5回目の出場。福井県大会では準決勝で丸岡高、決勝で福井工業大を下して本大会出場を決めている。8月31日にテクノポート福井スタジアムで行われた1回戦では宮崎県代表・宮崎産業経営大と対戦。接戦となったが、試合終了間際のCKをDFの井筒庄吾が頭で押し込み、1-0で競り勝っている。

ゲームの舞台はホーム・ヤマハスタジアム。天候は晴れ。キックオフは13時。久々のデーゲームとなるが、序盤からアグレッシブな戦いを仕掛けていきたい!!!

前半1分、ジュビロボールで前半キックオフ!
前半1分、サウルコス福井、ロングボールのこぼれ球に反応した阿部 優が右足でシュート。これはチョン ウヨンがしっかりブロック!
前半2分、磐田の布陣は[4-4-2]に近い形。GKは川口能活、最終ライン右から駒野友一(キャプテン)、菅沼駿哉、藤田義明、宮崎智彦。ダブルボランチにチョン ウヨンとカルリーニョス。中盤右サイドに山本康裕、同左に山田大記。2トップに前田遼一と山崎亮平。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはサックスブルー。
前半3分、ジュビロ、敵陣中央の山田大記が右サイドへ展開。これを山本康裕が受け、横パス。これを受けた駒野友一がアーリークロス。これは相手にクリアされた。
前半5分、サウルコス福井の布陣は[4-4-2]。GKは山内達夫、最終ライン右から鈴木亮平、井筒庄吾、亀井拓哉、絹巻 悟。ダブルボランチに梅井大輝と内久保 亮。中盤右サイドに村田啓輔、同左に亀山泰樹。2トップに坂井優介(キャプテン)と阿部 優。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはホワイト。
前半6分、サウルコス福井、中盤の中央・内久保 亮が前線にロングボール。これは藤田義明がカット!
前半7分、サウルコス福井、敵陣右サイドで村田啓輔、鈴木亮平とつなぎ、最後は鈴木亮平が右足でクロス。これはファーサイドへ抜けた。
前半8分、ジュビロにこの試合最初の決定機。敵陣左サイドへのロングパスに山田大記が走り込む。飛び出してきたGK山内達夫がクリアするが、これが山田大記にぶつかり、ゴール前へこぼれる。これに反応した前田遼一がゴール正面から左足でシュート。しかし、これは惜しくもゴール上に外れた。
前半9分、ジュビロ、敵陣右サイドで駒野友一がボールキープし、横パス。これを受けたカルリーニョスが左足でミドル。これはゴール横に外れた。
前半12分、ジュビロに先制ゴール!!!敵陣左サイドで山田大記がキープし、ゴール前の前田遼一へパス。前田遼一が相手のチェックを受け、混戦に。このこぼれ球に反応した山本康裕がエリア内で左足を振り抜き、先制ゴール!!!【1-0】
前半19分、ジュビロ、先制後も最終ライン、中盤でしっかりとボールを動かしながら攻撃を続けている。
前半20分、サウルコス福井、敵陣左サイドから絹巻 悟がロングシュート。これはジュビロがしっかりとブロック!
前半22分、ジュビロに追加点!!!敵陣右サイドで駒野友一のスルーパスを受けた山本康裕がクロス。これをゴール前の山崎亮平がスルー、その背後にいた山田大記が右足で押し込んだ!!!【2-0】
前半25分、ジュビロ、CK、メインスタンド側からカルリーニョスがキック。これはゴール前の相手にクリアされた。
前半25分、ジュビロに3点目!!!敵陣右サイドでパスを受けた山崎亮平がクロス。これをゴール前の前田遼一が右足でシュート。このこぼれ球を山田大記が右足で押し込んだ!!!【3-0】
前半27分、ジュビロに4点目!!!駒野友一の縦パス1本で山崎亮平が相手最終ラインの背後へ抜け出す。GKと1対1となり、左足で冷静にゴール左に流し込んだ!!!【4-0】
前半33分、ジュビロ、中盤の中央のカルリーニョスが左サイドへ展開。これを受けた山田大記が敵陣右サイドからクロス。これをゴール前の山崎亮平が右足で合わせるが、オフサイドの判定。
前半35分、サウルコス福井が1点返す。敵陣左サイドから亀井拓哉がロングスロー。これをゴール前の阿部 優が頭で押し込んだ。【4-1】
前半40分、ジュビロ、中盤のカルリーニョスがドリブルで前進。右サイドへ展開。これを受けた山田大記が右サイドからクロス。しかし、これは長くなり、サウルコス福井のゴールキックに。
前半42分、ジュビロ、駒野友一のFKからCKを獲得。バックスタンド側から駒野友一がキック。これをチョン ウヨンが頭で競るが、サウルコス福井にクリアされた。
前半45分、前半のアディショナルタイムはほぼなく、前半終了のホイッスル。【4-1】
後半1分、サウルコス福井ボールで後半キックオフ!ハーフタイムでの交代は両チームなし。
後半2分、サウルコス福井、縦へのスルーパスを受けた亀山泰樹がゴール右から右足でシュート。これは枠の上に外れた。
後半3分、ジュビロ、カウンター、山本康裕が中央からボールを運び、右サイドの駒野友一へ横パス。駒野友一がゴール前のチョン ウヨンへパスをつなぐが、チョン ウヨンのところでボールを奪われた。
後半5分、ジュビロ、菅沼駿哉の鋭いフィードを受けた駒野友一が敵陣右サイドから右足でクロス。これはファーサイドへ抜け、サウルコス福井のスローインに。
後半5分、ジュビロ、ゴール前で前田遼一から横パスを受けたチョン ウヨンが右足でミドル。これは相手にブロックされた。
後半6分、ハーフタイムコメント、ジュビロ・関塚 隆監督、「前半、左右への揺さぶりがよくできている」、「落ち着いてプレーし、相手の裏を狙っていこう」、「攻守をコンパクトに縦へのスイッチを入れていこう!」。
サウルコス福井・佐野 達監督、「消極的でつまらない。積極的に仕掛けて堂々と2点目、3点目、4点目を狙いにいこう」、「全力でやらなければ何も残らない。プレッシャーを速くしてのびのびやろう」。
後半11分、ジュビロ、ベンチサイドでペク ソンドンがスタンバイ。
後半12分、ジュビロ、選手交代、山田大記に代わりペク ソンドンを投入。
後半14分、サウルコス福井、敵陣左サイドからロングスロー。ゴール前で混戦となり、最後は梅井大輝がゴール左からシュート。これは川口能活がブロックした!
後半15分、ジュビロ、途中出場のペク ソンドンは中盤の右サイドへ。山本康裕が同左サイドへ。
後半16分、ジュビロに追加点!!!敵陣右サイドで駒野友一のスルーパスを受けたペク ソンドンが右足でクロス。これがゴール前の相手に当たり、最後はファーサイドの山本康裕が右足で押し込んだ!!!【5-1】
後半16分、ジュビロ、選手交代、山崎亮平に代わり阿部吉朗を投入。
後半18分、サウルコス福井、選手交代、2枚同時投入、村田啓輔に代わり堀内裕太を投入。内久保 亮に代わり原 泰央を投入。
後半22分、ジュビロ、敵陣右サイドから横パスを受けた前田遼一が左足でシュート。これはゴール横に外れた・・・。
後半25分、ジュビロに6点目!!!敵陣左サイドで宮崎智彦のスルーパスを受けた山本康裕が左足で鮮やかなループシュートを決めた!!!【6-1】
後半27分、ジュビロ、選手交代、山本康裕に代わり松岡亮輔を投入。スタンドからは大きな拍手!!!
後半29分、サウルコス福井、選手交代、阿部 優に代わり村上図夢を投入。
後半31分、サウルコス福井、CK、メインスタンド側からキック。これはジュビロがクリアし、再びCKに。
後半31分、サウルコス福井、バックスタンド側からCK、このこぼれ球に反応した絹巻 悟が右足でシュート。これはゴール横に外れた。
後半32分、ジュビロ、前線は前田遼一、阿部吉朗の2トップ。中盤の右サイドにペク ソンドン、同左に松岡亮輔という並び。
後半33分、ジュビロ、敵陣右サイドでFK、駒野友一がキック。これはニアサイドで相手にクリアされた。
後半34分、サウルコス福井、鈴木亮平のスルーパスに亀山泰樹が飛び込むが、これは川口能活がキャッチ!
後半35分、ジュビロ、敵陣右サイドでペク ソンドン、カルリーニョスとつなぎ、最後はカルリーニョスがクロス。ゴール前で混戦となり、最後は松岡亮輔が右足でシュート。これは惜しくもゴール上に外れた・・・。
後半37分、ジュビロ、中盤の阿部吉朗が粘り、前線へスルーパス。これに反応した松岡亮輔が敵陣右サイドからクロス。これを受けた前田遼一がラストパス。最後はペク ソンドンが右足でシュートを打つが、これはゴール上に外れた・・・。
後半38分、ジュビロに7点目!!!敵陣右サイドの駒野友一のクロスを、ファーサイドの阿部吉朗が頭で豪快に押し込んだ!!!【7-1】
後半43分、サウルコス福井、梅井大輝のスルーパスに反応した原 泰央が敵陣左サイドからクロス。これはジュビロがクリア!
後半44分、ジュビロ、自陣からのロングボールのこぼれ球をつなぎ、相手ゴール前へ。最後は前田遼一がGKと1対1になり、右足で確実に決めた!!!【8-1】
後半アディショナルタイム3分、ジュビロ、駒野友一が中盤右サイドでペク ソンドンへパスを出したところで試合終了のホイッスル!!!【8-1】
関塚 隆 監督

――感想
今日ホームで久々の勝利をサポーターにプレゼントできて本当によかったと思います。(キックオフ時間が)13時という中で選手たちはよく走ってくれたと思います。これを次週のリーグ戦につなげていかなければいけないですし、その意味ではもう一度引き締めてやっていきたいと思います。
――山本康選手、チョン選手、山崎選手などリーグ・甲府戦から入れ替えた選手の評価は?
彼らだけではなく、我々がこれからどうやって戦っていかなければいけないのかという意味でも、今日はまたみんなで“絵を描く”と言いますか、そういった形に持っていきたいなと。その意味では3人が非常によく前へ、ゴールに向かう姿勢を見せてくれたと思います。
――リーグ・甲府戦からメンバーを代えた狙いは?
やはり今までの戦いの中で、今日の試合もしっかりと(リーグ戦の)次節へ向けた戦いにしたいという意味での人選でしたし、戦いにしました。その意味では(甲府戦の)翌日にあった湘南との練習試合も踏まえ、今のチームの総合的な部分を見た中での今日のメンバーという形にしました。
――大勝だったが、あえて課題を挙げるとすると?
やはり1失点のところです。あの時間帯は少し落ちた状況だったのかなというところもあります。また、後半の立ち上がりの入り方などそのあたりを上手く90分の中で戦っていくということが大事だと思います。あとはDFライン、中盤ラインをそれぞれをもう少しコンパクトに90分間戦えるような形をより作っていきたいと思います。
――改めてサウルコス福井の印象やエールは?
今日のような引かずに前へ前へという攻撃の姿勢が必ずつながってくるのではないかと思います。その姿勢でチームの精度を上げていくということが大事なのではないかと思います。

山本 康裕 選手

山本 康裕 簡単な試合になるとは全く思っていませんでした。どの試合でも全力で戦うことに変わりはありませんでしたし、福井さんも最後まで全力で戦ってきてくれたので、僕らもそれに応えるために全力でプレーしましたし、チーム一丸となって戦うことができました。
(ハットトリックはいつ以来?)高校3年以来だと思います。たしかクラブユースの時だったと思います。全てゴールを取るためにゴール前に入っていますが、僕一人の力では取れなかったゴールですし、仲間のみなさんの支えがあって取れたゴールだと思っています。みなさんに感謝したいと思います。サポーターのみなさんにもハットトリックを見せることができてよかったです。
自分自身、リーグ戦でここ数試合でぶがいないプレーをしてしまっていたので、何とかこの状況を打開するために、僕自身としては“ラストチャンス”のつもりで臨みました。相手のレベル、勢いは違いますが、3点取れたことは僕自身何かかふっきれるものがあったと思います。

宮崎 智彦 選手

宮崎 智彦 改めて勝つということはすごくいいですね。チームとしても雰囲気がよりよくなりますし、何よりサポーターのみなさんがすごい笑顔で迎えてくれたので。これを1試合でも多くできるように頑張りたいと思います。
相手のカテゴリーは違いますが、難しい試合になると思っていました。何とか早い時間帯にゴールを取ることができましたし、いいリズムになり、途中から落ち着いてゲームを運ぶことができたと思います。リラックスしつつも、多少硬くなってしまった部分もあったかもしれませんが、それをふっきるような先制ゴールを取ってくれたので、攻撃陣にとても感謝しています。

藤田 義明 選手

藤田 義明 どの選手も積極的にゴールに向かっていましたし、自分もゴールに直結するようなパスを狙っていました。やはりこの勢いを無駄にしないためにも柏戦に絶対に勝たなければいけませんし、勝ってアウェイから帰ってきたいです。(残留を)諦めていません。

阿部 吉朗 選手

阿部 吉朗 (得点場面について)コマちゃん(駒野友一)がすごくいいボールを上げてくれました。(前田)遼一との絡みも意識していました。修正点もありますが、最後まで走って前半も後半も最後まで得点を取り続けることができたということで、次にいいイメージを持てると思います。自分自身としても久々のゴールでしたし、ベンチを含めみんなも喜んでくれました。いい雰囲気でしたし、改めて勝つっていいと思いました。
やはりチームとして誰が出てもしっかり戦うことができればと思います。僕を含め、今日ベンチ入りしていない選手も準備していますし、競争しながらやっていければいいと思います。

松岡 亮輔 選手

松岡 亮輔 ヤマハスタジアムのピッチに立ったのは今季初めてでしたし、サポーターのみなさんの声援がすごくよく聞こえました。正直、ピッチに入る前に涙が出そうになったのですが・・・、それを汗に変えようと思っていました(笑)

サウルコス福井 ■佐野 達監督
 

――感想
まずは、J1で今ちょっと苦戦していますが、J1でトップクラスのタレントを誇るジュビロを相手に素晴らしいステージでプレーさせていただき、本当に感謝しています。
対戦方法や戦略を様々考えましたが、本当でしたら甲府が戦ったように[5-4-1]とか、リトリートしてボックスに人数を多くして守ればある程度は戦うことはできたと思います。ただ、我々は将来Jリーグを目指すクラブですし、今Jリーグとの差がどれほどなのかというところで真っ向勝負で、我々のスタイルで戦いました。これだけ前線からのプレッシャーをかけ、ラインを上げれば、裏を狙われることは十分承知していましたが、選手は非常によく戦ってくれましたし、最後まで我々のスタイルを貫いて戦ってくれました。8点取られましたが、これをいい物差しにして次からの戦いに備えたいと思っております。
ジュビロの関塚さんは個人的によく知っている方ですし、ぜひJ1に残ってほしいと思います。ジュビロは個人的にも愛着のあるクラブですから。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯