2013年 試合速報

2013 J1リーグ 18節 vs.浦和レッズ

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

2 勝
7 分
8 敗
22 得点
27 失点
勝点 13
順位 16

1
  • 0
  • 0

  • 1
  • 2

2
reds
reds

9 勝
4 分
4 敗
34 得点
23 失点
勝点 31
順位 4

前半
28分
永田 充
38分
森脇 良太
42分
梅崎 司
原口 元気
ハーフタイム 後半
14分
宇賀神 友弥
坪井 慶介
駒野 友一
19分
22分
永田 充
マルシオ リシャルデス
松浦 拓弥
山本 康裕
30分
38分
マルシオ リシャルデス
前田 遼一
金園 英学
41分
ペク ソンドン
山崎 亮平
43分
48分
森脇 良太
1
川口 能活
5
駒野 友一
13
宮崎 智彦
19
伊野波 雅彦
24
チョ ビョングク
7
小林 裕紀
8
ペク ソンドン
10
山田 大記
33
藤田 義明
11
松浦 拓弥
18
前田 遼一
SUB
21
八田 直樹
6
田中 裕人
20
山本 脩斗
22
チョン ウヨン
23
山本 康裕
9
山崎 亮平
17
金園 英学
監督
関塚 隆
18
加藤 順大
5
槙野 智章
17
永田 充
46
森脇 良太
3
宇賀神 友弥
4
那須 大亮
7
梅崎 司
8
柏木 陽介
14
平川 忠亮
22
阿部 勇樹
30
興梠 慎三
SUB
1
山岸 範宏
2
坪井 慶介
6
山田 暢久
10
マルシオ リシャルデス
11
関口 訓充
34
山田 直輝
24
原口 元気
監督
ペトロヴィッチ

20,049
スタジアム名 試合日 キックオフ
エコパスタジアム 7/31(水) 19:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 川上 覚 山本 雄大
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 平野 伸一 大川 直也
気温 湿度 第4の審判員 記録員
27.5度 87% 小椋 剛 花澤 秀登
11 シュート 6
9 ゴールキック 13
1 コーナーキック 2
8 直接FK 10
2 間接FK 2
2 オフサイド 2
0 PK 0

“関塚・ジュビロ”としてリーグ4試合を戦い、1勝3分。勝ちきれなかった試合もあったが、新体制の出だしとしては悪くない。順位はいまだに下位だが、その差はわずか。今節の結果次第では14位にジャンプアップできる可能性もある。リーグ再開初戦という意味でも極めて重要なゲームになることは間違いない。

関塚 隆監督もそれはわかっている。7月24日には試合会場となるエコパスタジアムで練習を実施。紅白戦も行い、実戦を通じて芝の感触をチェックした。「やはり“慣れ”は必要」(同監督)。全てはこの一戦でベストパフォーマンスを発揮するために――。日本代表として『EAFF東アジアカップ2013 決勝大会』を戦った駒野友一、山田大記にとってはタフなスケジュールとなるが、それを言い訳にしない“強さ”が両選手にはある。長年共にプレーしてきただけに連係面も問題ない。サックスブルーはこの試合もチーム一丸となって勝利を目指す。

今節ホームに迎えるのは4位・浦和レッズ。2連敗でリーグ中断期間に入っているだけに、上位戦線に残るためにも是が非でも勝ちたい試合だろう。ポイントとなるのはここ3試合で計8失点の守備。この中断期間でどこまで立て直すことができたか。守備面ではボランチ・鈴木啓太を負傷で欠く中盤の並びもキーとなる。前節・横浜F・マリノス戦では那須大亮、前々節の川崎フロンターレ戦では柏木陽介をそれぞれボランチで起用しているが、いずれも敗戦。ペトロヴィッチ監督はいかなるチョイスでこの一戦に臨むか。

前回の対戦は4月の埼玉スタジアム2002。前半に前田遼一のゴールで先制したが、後半にCKから森脇良太に同点弾、後半アディショナルタイムに原口元気に逆転弾を喫し、1-2で敗れた。チームトップの7得点をマークしている原口元気はこの試合も要注意人物の一人。東アジアカップの日本代表にも選出されており、代表定着へ向けても高いモチベーションでヤマハスタジアムに乗り込んでくるはずだ。同じく日本代表の槙野智章、森脇良太も守備面のみならず攻撃面でもチームに貢献できるタイプ。警戒すべき選手は多いが、ジュビロとしてはまずは安定した守備でリズムを作っていきたい。

4月の“借り”を返すためにも、絶対に勝ちたい一戦だ!!!

前半1分、ジュビロボールで前半キックオフ!!!
前半1分、浦和、最終ラインからロングボール。これに興梠慎三が走り込むが、これはオフサイドの判定。
前半2分、浦和、ボールポゼッションから再びロングボール。これは駒野友一が自陣ゴール前でカットし、マイボールとした。
前半3分、ジュビロ、布陣は[4-2-3-1]。GKに川口能活、最終ライン右から駒野友一、チョ ビョングク、伊野波雅彦、宮崎智彦。ダブルボランチに藤田義明と小林裕紀。2列目右からペク ソンドン、松浦拓弥、山田大記。ワントップに前田遼一。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはサックスブルー。
前半6分、ジュビロ、鋭い縦パスが前田遼一へ入る。これを受けた前田遼一が左サイドへ展開。山田大記が敵陣左からクロス。際どいボールだったが、これは加藤順大にキャッチされた。
前半7分、浦和、布陣は[3-4-2-1]、GKに加藤順大、最終ライン右から森脇良太、永田 充、槙野智章。ダブルボランチに阿部勇樹と那須大亮、右ワイドに平川忠亮、左ワイドに宇賀神 友弥。2シャドーに柏木陽介と梅崎 司。1トップに興梠慎三。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーは赤。
前半10分、浦和、この試合最初のシュート。敵陣ゴール前で横パスを受けた興梠慎三がミドル。これは大きく枠の外。
前半12分、ジュビロ、敵陣右サイドで横パスを受けたペク ソンドンがライン際でドリブル。しかし、これは外に流れ、浦和のスローインに。
前半14分、ジュビロ、中盤の藤田義明が敵陣左サイドへ大きく展開。これを受けた松浦拓弥がクロス。際どいボールだったが、これはゴール前で浦和にクリアされた。
前半16分、浦和、中央の永田 充が敵陣左サイドへ大きく展開。これを受けた宇賀神 友弥がクロスを上げようとするが、これはゴールラインを割り、ジュビロのゴールキックに。
前半19分、浦和にチャンス。ロングボールに反応し、裏を取った平川忠亮が敵陣右サイドからクロス。これに柏木陽介が飛び込む。しかし、駒野友一がしっかりとブロックに入り、ジュビロのゴールキックに。
前半20分、互いにポゼッションをベースに相手の様子をうかがう展開となっている。ここからゲームがどう動くか・・・。
前半22分、浦和、敵陣右サイドでロングパスを受けた梅崎 司が起点を作り、バックパス。これをつなぎ、右サイドからクロス。これはゴール前でジュビロがクリアした!
前半24分、ジュビロ、敵陣左サイドの深い位置で前田遼一がキープ。しかし、浦和に囲まれ、ボールを失ってしまった。
前半25分、ジュビロ、前線で前田遼一が粘り、縦にスルーパス。これに山田大記が走り込むが、これはオフサイドの判定。
前半26分、ジュビロ、敵陣右サイドの深い位置でペク ソンドンがキープ。バックパス。これを受けた駒野友一が右足でクロス。これは浦和にクリアされた。
前半28分、浦和、コンタクトプレーで永田 充にイエローカード。
前半29分、浦和、中盤からロングボールを入れるが、前線と合わず、ジュビロのゴールキックに。
前半30分、ジュビロ、敵陣左サイドで山田大記、宮崎智彦、藤田義明とパスがつながる。最後は藤田義明のスルーパスに宮崎智彦が反応したが、相手にブロックされ、浦和ボールに・・・。
前半32分、浦和、敵陣左サイドで横パスを受けた柏木陽介が左足でクロス。このこぼれ球を拾った平川忠亮が右サイドから切れ込み、柏木陽介にスルーパス。しかし、これは合わずジュビロボールに。
前半33分、浦和、槙野智章のドリブルからCKを獲得。メインスタンド側から柏木陽介がキック。これはニアサイドで前田遼一が頭でクリアした!
前半35分、ジュビロ、中盤の藤田義明がドリブルで持ち上がり、敵陣中央で横パス。これを受けたペク ソンドンがドリブルし、ゴール正面から左足でミドル。しかし、これは枠の上に外れた・・・。
前半36分、浦和にチャンス。中盤中央でボールを持った柏木陽介が左足でスルーパス。これに興梠慎三が反応するが、ボールをコントロールできず、ジュビロのゴールキックに。
前半38分、浦和、敵陣でのコンタクトプレーで森脇良太にイエローカード。
前半42分、浦和、選手交代、梅崎 司に代わり原口元気を投入。
前半45分、前半アディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム1分、ジュビロ、前線で前田遼一が起点を作り、敵陣左サイドへ展開。これを受けた山田大記が左足でクロス。これは浦和にクリアされた。その後、前半終了のホイッスル。【0-0】
後半1分、浦和ボールで後半キックオフ。ハーフタイムでの選手交代は両チームなし。
後半1分、ジュビロにチャンス。松浦拓弥が敵陣左サイドからドリブルで切れ込み、クロス。これに前田遼一が飛び込むが、押し込むことはできず、浦和ボールに・・・。惜しい場面だった・・・。
後半5分、ジュビロにチャンス。前田遼一が前線で起点を作り、右サイドへパス。これを受けた駒野友一が敵陣右サイドからクロス。これに松浦拓弥が飛び込むが、わずかに合わず・・・。さらにこぼれ球を拾った山田大記が左サイドからクロス。しかし、これも合わなかった・・・。
後半6分、ジュビロ、藤田義明が中央からロングシュート。これは大きく枠の外。
後半8分、浦和、敵陣右サイドからクロス。ゴール前でこぼれ、混戦となるが、シュートを打つことはできず。ジュビロがクリア!
後半10分、浦和、CK、メインスタンド側から柏木陽介がキック。このこぼれ球を原口元気が拾い、左サイドへ展開。左サイドからクロス。これはジュビロがゴール前でクリア!
後半11分、ジュビロ、相手ゴール正面でペク ソンドンから横パスを受けた山田大記が右足でミドル。これはゴール横に外れた。
後半12分、ハーフタイムコメント、ジュビロ・関塚 隆監督、「ここからの45分が勝負」、「体を張って、ボールを前へ!みんなで声をかけて!」、「ボランチのところで攻守のコントロールをして、スイッチを入れよう」、「全員で戦うぞ!」。
浦和・ペトロヴィッチ監督、「どこかで必ずチャンスが来るから我慢することが大切」、「どちらがより走れるかが勝負である」、「疲れてきたところで、どれだけ規律をもってプレーできるかが大切」。
後半13分、浦和、敵陣右サイドから平川忠亮がクロス。これはゴール前でジュビロがクリア!
後半13分、ジュビロに決定的チャンス!敵陣右サイドの高い位置で松浦拓弥のスルーパスを受けたペク ソンドンが右足でクロス。これに反応した前田遼一がニアサイドでヘディングシュート!しかし、これはゴール横に外れた・・・。
後半14分、浦和、2枚目の選手交代、宇賀神 友弥に代わり坪井慶介を投入。
後半18分、浦和、ゴール正面のミドルレンジから柏木陽介が左足でシュート。これは藤田義明がブロックした!
後半19分、ジュビロに先制ゴール!!!!!!!!!!!!!!敵陣右サイドでボールを持った駒野友一が松浦拓弥とのワンツーで突破し、右足でシュート!強烈なシュートがゴール左に突き刺さった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!【1-0】
後半22分、浦和、3枚目の選手交代、永田 充に代わりマルシオ リシャルデスを投入。
後半24分、浦和、敵陣中央で柏木陽介、原口元気、興梠慎三と縦パスがつながり、突破しかけたが、これは興梠慎三がオフサイドの判定。
後半25分、浦和に決定機。柏木陽介のスルーパスで起点を作り、敵陣左サイドからクロス。これに反応した平川忠亮が右足で合わせるが、ゴール横に外れた。危ない場面だった・・・。
後半27分、ジュビロにチャンス。敵陣右サイドで松浦拓弥が起点を作り、山田大記とのパス交換から突破を狙う。しかし、浦和にブロックされ、浦和のゴールキックに・・・。
後半28分、ジュビロに再びチャンス。ショートカウンター。松浦拓弥のパスを受けた前田遼一がゴール左から左足でシュート。これは惜しくも加藤順大にキャッチされた・・・。
後半30分、ジュビロ、選手交代、松浦拓弥に代わり山本康裕を投入。
後半31分、ジュビロ、途中出場の山本康裕が早速チャンスを作る!敵陣左サイドでドリブルからパス。これを受けた前田遼一が右足でミドル。これは大きく枠の外。
後半33分、ジュビロ、敵陣右サイドでボールを持った駒野友一が鋭い切り返しから左足でミドル。これは惜しくも枠の上に外れた・・・。
後半34分、ジュビロ、途中出場の山本康裕はそのままトップ下の位置でプレーしている。
後半36分、浦和に決定機。ゴール正面からのFKを柏木陽介がクイックにリスタート。浮きパスに反応した森脇良太がファーサイドから頭で折り返し、興梠慎三が飛び込むが、シュートはわずかにゴール横。危ない場面だった・・・。
後半38分、浦和に同点ゴール。敵陣左サイド・槙野智章からのクロスをゴール前の平川忠亮がタッチ。混戦となり、最後はマルシオ リシャルデスに右足で流し込まれた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。【1-1】
後半41分、ジュビロに決定機。敵陣中央で縦パスを受けた山本康裕が右サイドへ展開。駒野友一がクロス。これに反応したのはファーサイドの宮崎智彦。左足でワンタッチのボレーシュート!しかし、これはわずかにゴール横に外れた・・・。
後半41分、ジュビロ、選手交代、前田遼一に代わり金園英学を投入。
後半43分、ジュビロ、選手交代、ペク ソンドンに代わり山崎亮平を投入。
後半44分、ジュビロ、敵陣右サイドで駒野友一がドリブルでキープし、横パス。これを受けた山田大記が左足でミドル。これはゴール横に外れた・・・。
後半45分、後半アディショナルタイムは4分。
後半アディショナルタイム1分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から駒野友一がキック。これはニアサイドで浦和にクリアされた・・・。
後半アディショナルタイム2分、浦和、ロングボールに興梠慎三が走り込むが、これはオフサイドの判定。
後半アディショナルタイム3分、浦和に逆転ゴール・・・。敵陣左サイドで槙野智章が起点を作り、横パス。これを受けた森脇良太が右足でミドルシュートを決めた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。【1-2】
後半アディショナルタイム5分、浦和、興梠慎三が相手ゴール前でシュートを外したところで試合終了のホイッスル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。【1-2】
関塚 隆 監督

――感想
結果は残念です。非常にいい内容で90分過ぎまで戦いを挑めていたと思います。勝利への一体感ある攻守で戦えていたと思います。ただ、勝負事は一瞬の隙で決まってしまうというところが表れたのが最後のところかと思います。試合は次に続くので、しっかりと準備し、勝点3を狙って戦いに挑みたいと思います。
――守備面についての狙いと手応えは?
コンパクトに、そして全員が守備の意識を持たないと綻びが出ると。前だけがボールを奪いに行けば、後ろの連係のところで行かれると。行く時はみんなで行くし、行かない時は“網”をはると。そのあたりの使い分けがしっかりとできていたのではないかと思います。シャドーの2人をどう抑えるかというところがポイントだったので、そこを中盤の選手で上手くコントロールできたのかなと思います。
――ペク ソンドン選手を先発起用した狙いと評価は?
非常に好調でしたし、一つは攻撃面の前への推進力を彼が持っていると思ったので。あとは守備面のアプローチのスピードというところもありました。
――後半、山本康裕選手をトップ下で起用した狙いは?
松浦に疲れが見えたことと、あまり布陣を変えたくなかったということです。(山本)康裕も攻守で非常に上手く入り、追加点を取れそうな形を作ってくれましたし、いい入り方をしてくれたと思います。

駒野 友一 選手

駒野 友一 逆転負けですし、それも後半アディショナルタイムに逆転ゴールを決められてしまったので、やはり、すごく悔しい敗戦です。
守備面では上手く前からプレッシャーをかけることができましたし、追加点のチャンスは作っていました。ただ、その中での失点ということで、やはりちょっと自分たちにしてみれば、もったいない失点だったと思います。
(自身の得点場面について)レッズ戦に向けて3人が絡み、中からああやってスペースに走っていく形をトレーニングしていましたし、得点が取れたので、狙い通りのゴールだったと思います。
(次節へ向けて)こけら落としですし、やはり負けられない試合です。今日のような戦いを90分間しっかりとして絶対に勝ちたいと思います。

山田 大記 選手

山田 大記 先制した試合だったのですごく残念ですし、すごく悔しいです。まだまだ未熟な部分が多い試合だったと思います。サッカーは1人の力で勝てるものではありませんし、1人のせいで負けるものでもないので、全員がしっかりと責任を持ち、次の試合につなげていかなければこの状況は打開できないと思います。もっともっと一人一人が責任を持ってやっていかなければいけないと思います。
(次節へ向けて)とにかく勝つしかないですし、力を合わせて勝ちたいです。

藤田 義明 選手

藤田 義明 チームとしては1点取った後も絶対に引かず、いつも通りどんどん前からプレッシャーをかけると。そのあたり、追加点を取ろうと話していましたし、相手が前がかりに来たので、それを抑えつつ、どんどんカウンターができればと。何度かカウンターでチャンスがありましたが、それが得点に結びつけることができませんでした・・・。
(次節へ向けて)引きずらず、次もう1度ホームゲームですし、自分たちは1試合1試合負けられません。そういうところを踏まえ、切り替えてやっていきたいです。

松浦 拓弥 選手

松浦 拓弥 終盤に相手にリズムを持っていかれてしまいました。データ的にも浦和が終盤に多く点を取っていることはわかっていましたし、そこを何としても乗りきらなければいけなかったのですが・・・。やはり2点目を取るチャンスは多くありましたし、取れなかった自分たちに責任がある、という試合だったと思います。ただ、次の試合はすぐに来きます。次の試合に向けてできることはあると思います。

浦和レッズ ■ペトロヴィッチ監督
 

――感想
まずは気温、湿度がかなり高い中での試合ということで、両チームにとって非常に厳しい試合だったと思います。今日は勝ちましたが、勝利に値にするプレーができていたかと言えば、そうではないと思います。引き分けという結果が妥当だったと思います。今後も上位で戦っていくためには多くのことを変えていかなければいけないと思っています。やはり気温が高いということはありますが、それを言い訳にしてはいけないですし、ハードワークして、たくさんのことを修正していかなければいけません。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯