2013年 試合速報

2013 J1リーグ 7節 vs.サンフレッチェ広島

ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

0 勝
2 分
4 敗
6 得点
10 失点
勝点 2
順位 17

0
  • 0
  • 1

  • 0
  • 1

2
sanfrecce
sanfrecce

3 勝
1 分
2 敗
10 得点
6 失点
勝点 10
順位 6

前半
5分
佐藤 寿人
ハーフタイム 後半
小林 裕紀
15分
金園 英学
山崎 亮平
松浦 拓弥
山本 康裕
29分
34分
佐藤 寿人
野津田 岳人
ミキッチ
ファン ソッコ
宮崎 智彦
小林 祐希
35分
41分
山岸 智
パク ヒョンジン
42分
石原 直樹
1
川口 能活
19
伊野波 雅彦
24
チョ ビョングク
33
藤田 義明
5
駒野 友一
7
小林 裕紀
10
山田 大記
11
松浦 拓弥
13
宮崎 智彦
17
金園 英学
18
前田 遼一
SUB
21
八田 直樹
2
菅沼 駿哉
20
山本 脩斗
4
小林 祐希
23
山本 康裕
26
松岡 亮輔
9
山崎 亮平
監督
森下 仁志
1
西川 周作
4
水本 裕貴
5
千葉 和彦
33
塩谷 司
6
青山 敏弘
8
森崎 和幸
9
石原 直樹
10
高萩 洋次郎
14
ミキッチ
16
山岸 智
11
佐藤 寿人
SUB
13
増田 卓也
2
ファン ソッコ
17
パク ヒョンジン
15
岡本 知剛
24
野津田 岳人
35
中島 浩司
36
川辺 駿
監督
森保 一

8,377
スタジアム名 試合日 キックオフ
ヤマハスタジアム 4/20(土) 15:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝 髙橋 正紀 村上 伸次
天候 試合時間 副審 副審
くもり 90分 安元 利充 蒲澤 淳一
気温 湿度 第4の審判員 記録員
12.8度 48% 上田 益也 花澤 秀登
17 シュート 8
8 ゴールキック 14
13 コーナーキック 2
12 直接FK 14
0 間接FK 2
0 オフサイド 2
0 PK 0

悔しい敗戦だった――。
伝統の静岡ダービーは決定的なチャンスを生かせず、惜敗となった。それでもアウェイながら序盤から主導権を握った。的確なボールポゼッションから相手のギャップを突き、前田遼一がバー直撃のヘディングシュートを放つなどいつゴールネットを揺らしてもおかしくない展開だった。しかし、スコアは0-1。終盤にセットプレーのこぼれ球をつながれ、クロスから失点。試合終了間際には最終ラインを1枚削り前線に人数をかけたが、あと1歩のところで及ばなかった。
「勝てなかったことが全て」。試合後、森下仁志監督はサポーターの歓声に感謝し、選手たちの頑張りを称え上で、勝利できなかった責任を一身に背負った。これでリーグ戦では開幕から6試合未勝利。シーズン序盤とはいえ、前節を終えた段階で勝点2の17位という順位は“屈辱”というほかにない。だが、指揮官はこう続ける。「選手たちはハイパフォーマンスだったし、今年一番の出来ではないかというぐらいの勇気を見せてくれた。今後につながっていくサッカーだと思う」。勝利という“結果”を残していない以上、今この言葉に説得力を持たせることは難しい。ましてや絶対に負けられない静岡ダービーを落とした直後である。しかし、選手、コーチングスタッフがチームの“可能性”を見出していることは事実。ゲームキャプテン・山田大記は「サポーターのみなさんに本当に申し訳ない」と唇をかみ締め、それでも「このサッカーに自信がある。この悔しさを喜びに変えたい」と前を向いた――。

対するサンフレッチェ広島は前節ホームでサガン鳥栖に2-0で勝利。前半を0-0で折り返したものの、後半立ち上がりに昨季のリーグ得点王・佐藤寿人の2ゴールで先行。守備陣もサガン鳥栖のエース・豊田陽平に仕事をさせず、完封勝利を飾った。サンフレッチェ広島のシュート数は6、サガン鳥栖のそれは2と均衡した展開となった中、しぶとく勝利を掴み、今季3勝目。前節を終えた段階で勝点10の6位とまずまずのスタートを切っている。

昨季サンフレッチェ広島とはヤマザキナビスコカップを含め3度対戦し、1勝1分1敗。カップ戦では山田大記のゴールで勝利したが、リーグ戦では勝ちきることができなかった。相手のボールポゼッションは今季も健在だが、ホーム・ヤマハの大歓声と一体となり、序盤からアグレッシブに仕掛けるのみ。ここで何としても今季リーグ初勝利を奪取したい。

前半1分、ジュビロボールで前半キックオフ!
前半1分、ジュビロ、布陣は[3-5-2]、GKに川口能活、3バック右から伊野波雅彦、チョ ビョングク、藤田義明。中盤アンカーに小林裕紀、中盤右ワイドに駒野友一、同左に宮崎智彦。2列目右に松浦拓弥、同左に山田大記。2トップに前田遼一と金園英学。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーはサックスブルー。
前半2分、ジュビロ、敵陣右サイドでFK獲得。キッカーは駒野友一。カーブをかけたボールを送るが、西川周作に直接キャッチされた。
前半3分、広島、布陣は[3-4-2-1]、GKに西川周作、3バック右から塩谷 司、千葉和彦、水本裕貴。ダブルボランチに青山敏弘と森﨑和幸。中盤右ワイドにミキッチ、同左に山岸 智。2列目右に髙萩 洋次郎、同左に石原直樹。ワントップに佐藤寿人。フィールドプレーヤーのユニフォームカラーは紫。
前半4分、ピッチ上空は弱風。バックスタンド側からメインスタンド側へ流れている。
前半5分、広島に先制点。ジュビロが自陣からビルドアップ。しかし、川口能活のパスをゴール前で佐藤寿人にカットされ、そのまま左足で押し込まれた・・・。【0-1】
前半6分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から駒野友一がキック、これは広島にクリアされた。
前半11分、ジュビロ、藤田義明が自陣左サイドから縦パス。これに山田大記が走り込むが、広島にクリアされた。
前半13分、ジュビロ、中盤左サイドの宮崎智彦が前線の前田遼一に縦パスを入れるが、これは広島にカットされた。
前半14分、広島、敵陣でパスをつなぎ、最後は青山敏弘が右足でミドル。これは大きく枠を外れた。
前半16分、ジュビロ、自陣から川口能活、藤田義明、山田大記とパスがつながる。山田大記が前線の前田遼一とのパス交換からクロス。しかし、これはミキッチにブロックされた。
前半18分、ジュビロ、敵陣でパスをつなぐ。左サイドから右サイドへ展開し、最後は伊野波雅彦が右足でアーリークロス。これを金園英学が胸でコントロールしようとするが、ハンドの判定・・・。
前半19分、広島、ジュビロゴール前で髙萩 洋次郎が縦パス。これを石原直樹が受けようとするが、伊野波雅彦がカット!
前半20分、ジュビロ、左サイドの宮崎智彦のクロスからCK獲得。メインスタンド側から駒野友一がキック。これはニアサイドでクリアされた。
前半22分、広島、左サイドから水本裕貴が縦にスルーパス。これは川口能活がキャッチ。
前半23分、ジュビロ、前田遼一のボールキープからCK獲得。駒野友一がバックスタンド側からキック、これをチョ ビョングクが頭で合わせるが、わずかにポスト横に外れた・・・。
前半24分、広島、中盤で水本裕貴、髙萩 洋次郎とつなぎ、最後は右サイドからミキッチがクロス。これはチョ ビョングクがクリア!
前半25分、ジュビロ、前田遼一の突破からCK獲得、メインスタンド側から駒野友一がキック、これは広島にクリアされた・・・。
前半26分、ジュビロ、自陣から伊野波雅彦、チョ ビョングク、藤田義明とパスをつなぎ、左サイドへ展開。最後は山田大記が前田遼一とのパス交換からドリブルで突破を狙うが、広島にクリアされた。
前半28分、広島、敵陣から青山敏弘がスルーパス。これに右サイドのミキッチが走り込むが、パスが長く、ジュビロボールのゴールキックに。
前半29分、ジュビロ、中盤の小林裕紀が左サイドへ展開。これを宮崎智彦が頭でつなぐが、広島にクリアされた。
前半30分、ジュビロ、中盤で前田遼一がボールカット。その後、松浦拓弥、伊野波雅彦、駒野友一とつなぎ、最後は右サイドを上がった伊野波雅彦がクロス。しかし、広島にクリアされた。
前半32分、ジュビロ、敵陣左サイドで相手のクリアをカットした小林裕紀がパス。これを受けた宮崎智彦が左足でクロスを入れるが、広島にクリアされた。
前半33分、ジュビロ、中央の高い位置まで上がった伊野波雅彦がそのまま縦にスルーパス。浮きパスに金園英学が反応し、右足でワンタッチシュートを打つが、これはゴール横に外れた。
前半35分、ジュビロ、中盤の中央でパスを受けた山田大記がロングシュート。これは西川周作が正面でキャッチ。
前半36分、ジュビロ、中盤左サイドでボールカットし、攻撃。最後は山田大記と金園英学がパス交換で密集を突破しようとするが、広島にカットされた。
前半36分、広島、敵陣左サイドからクロス。これをニアサイドの佐藤寿人が頭で合わせるが、川口能活が正面でキャッチ!
前半38分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から駒野友一がキック、これをファーサイドの伊野波雅彦が頭で折り返すが、西川周作にキャッチされた。
前半39分、広島、中盤中央のミドルレンジから青山敏弘が右足でシュート。これは川口能活が正面でキャッチ。
前半41分、ジュビロ、敵陣右サイドの深い位置からクロス。これをファーサイドの金園英学が頭で叩くが、ゴール横に外れた・・・。
前半41分、ジュビロ、広島ゴール正面で山田大記の横パスを受けた前田遼一が右足でミドル。これはゴール横に外れた。
前半42分、ジュビロ、ゴール前の密集で縦パスを受けた金園英学が左足でシュート。これはニアサイドのゴールネットに外れた・・・。
前半43分、ジュビロ、山田大記の右足のミドルからCK獲得。駒野友一がメインスタンド側からキック、これを金園英学が頭で合わせるが、西川周作にパンチングで防がれた・・・。
前半45分、前半アディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム2分、広島が中盤でボールを持ったところで前半終了のホイッスル。【0-1】
後半1分、広島ボールで後半キックオフ!
後半1分、両チーム、ハーフタイムでの選手交代はなし。
後半2分、広島、髙萩 洋次郎が佐藤寿人とのパス交換で突破を狙うが、これはチョ ビョングクがカット!
後半3分、ジュビロ、左サイド・宮崎智彦のクロスのこぼれ球をつなぎ、CK獲得。バックスタンド側から駒野友一がキック。このこぼれ球を山田大記が左足で狙うが、広島にブロックされた。
後半3分、後半開始からスタジアムの照明が点灯。
後半6分、ジュビロ、伊野波雅彦からの浮きパスを受けた金園英学が右サイドへ展開。駒野友一が高い位置からクロスを上げるが、これは広島にクリアされた。
後半8分、ジュビロ、中盤の松浦拓弥が右サイドへ展開。これを受けた伊野波雅彦が深い位置からクロス。ファーサイドの金園英学に通るが、惜しくもコントロールできず、西川周作にキャッチされた・・・。
後半9分、ジュビロ、再び右サイドの高い位置まで上がった伊野波雅彦がクロス。これに金園英学が飛び込むが、広島にクリアされた。
後半10分、ジュビロ、小林裕紀のサイドチェンジからCK獲得。バックスタンド側から駒野友一がキック。これはファーサイドに流れ、広島ボールのスローインに。
後半11分、広島、中盤の髙萩 洋次郎が左サイドへ展開。これを受けた佐藤寿人がためを作り、左サイドをオーバーラップした山岸 智へパス出すが、長くなり、ジュビロボールのゴールキックに。
後半13分、中盤で競り合った石原直樹がピッチに倒れこみ、一時プレーが中断。
後半14分、石原直樹はその後歩いてピッチの外に。ジュビロボールでプレーが再開。その後、石原直樹はすぐにピッチの中に戻った。
後半15分、ジュビロ、中盤で佐藤寿人とコンタクトした小林裕紀にイエローカード。
後半16分、広島、CK、バックスタンド側から髙萩 洋次郎がキック。これを塩谷 司が頭で合わせるが、川口能活が正面でキャッチ。
後半18分、ジュビロ、CK、駒野友一がメインスタンド側からキック。これは西川周作にキャッチされた。
後半19分、ハーフタイムコメント、ジュビロ、「慌てず自分たちのペースでボールを動かし攻撃していこう」、「ヘディングのセカンドボールを拾っていくこと」、「チャンスを確実にしとめ、勝利を掴み取ろう!」。
広島、「後半も前半同様に集中していこう」、「ひとつひとつのプレーをもっと大事にしよう」、「前半以上に走り追加点を狙っていこう」。

後半19分、ジュビロ、右サイドの駒野友一が左足でクロス、ファーサイドへ、これを宮崎智彦がダイビングヘッドで合わせるが、西川周作の正面・・・。
後半23分、ジュビロ、右サイドの伊野波雅彦がクロス。しかし、長くなり、広島ボールのゴールキックに。
後半24分、弱い雨が降ってきた。
後半25分、ジュビロ、後半ここまで相手より長い時間ボールを支配できているが、なかなか広島の守備を崩せない・・・。
後半27分、ジュビロ、ゴール前で広島からボールをカットした山田大記がミドル、これは西川周作にパンチングで防がれた・・・。
後半28分、ジュビロ、ゴール前で山田大記の縦パスを受けた金園英学が反転で左足シュート。これは西川周作の正面・・・。
後半29分、ジュビロ、2枚同時投入、松浦拓弥に代わり山本康裕、金園英学に代わり山崎亮平を投入。
後半31分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から駒野友一がキック。ゴール前の混戦から伊野波雅彦が右足でシュートを打つが、これはポストに嫌われた・・・。
後半32分、ジュビロ、右サイドの高い位置でボールを受けた駒野友一が中へ切れ込み、左足でシュート。これは大きく枠の外・・・。
後半34分、広島、2枚同時投入、ミキッチに代わりファン ソッコを投入。佐藤寿人に代わり野津田 岳人を投入。
後半34分、ジュビロ、山崎亮平はそのまま前線、山本康裕は2列目に入っている。
後半35分、ジュビロ、選手交代、宮崎智彦に代わり小林祐希を投入。
後半36分、ジュビロ、山本康裕を中盤左ワイドへスライドし、小林祐希が2列目右に入った。
後半37分、広島、ファン ソッコはそのまま中盤右サイドに。野津田 岳人は2列目に入り、石原直樹がワントップにスライド。
後半39分、ジュビロ、前田遼一のパスを受けた山崎亮平がゴールで左足でシュート。しかし、これは広島にブロックされた。
後半40分、ジュビロ、敵陣でボールを持つがなかなか相手の守備を崩せない。最後は伊野波雅彦が右サイドからクロス。しかし、これは長くなり、広島のゴールキックに。
後半41分、広島、選手交代、山岸 智に代わりパク ヒョンジンを投入。
後半42分、広島に追加点。髙萩 洋次郎のスルーパスに抜け出した野津田 岳人が左サイドからクロス、これを石原直樹に右足で押し込まれた・・・。【0-2】
後半44分、ジュビロ、CK、バックスタンド側から山本康裕、続けてメインスタンド側から小林祐希がキックするが、いずれもシュートは打てず。広島のゴールキックに。
後半45分、後半アディショナルタイムは4分。
後半アディショナルタイム2分、広島、カウンターから野津田 岳人が左足でシュート。これはゴール横に外れた。
後半アディショナルタイム2分、ジュビロ、敵陣左サイドで前田遼一のパスを受けた山田大記がクロス。しかし、これは西川周作にキャッチされた。
後半アディショナルタイム3分、ジュビロ、駒野友一が敵陣右サイドからクロス。しかし、これは広島にクリアされた・・・。
後半アディショナルタイム5分、ジュビロ、山崎亮平が左サイドからクロス。これを広島がカットしたところで試合終了のホイッスル・・・。【0-2】
森下 仁志 監督

――感想
まずはじめに最後まで声援を送っていただいたサポーターの方々に感謝します。
ゲームに関しては、ミーティングで昨季チャンピオンの広島さんに対して、“サッカー”をやって優勝した広島さんに対して、自分たちが“サッカー”をするんだという姿勢を90分間やり続けようと話しましたし、選手たちはその通り最初から最後までやり続けてくれました。点数を取れなかった、結果が出なかったという部分は、責任は全て僕にあると思います。選手はよくやってくれたと思います。
――序盤の失点場面についてです。ジュビロのサッカーをするためには必要なプレーだと思いますが、どう見ていますか?
(川口)能活に関してはこれまでも、今年、去年に限らず、今までたくさんチームを救ってくれたシーンもありますし、あれはトライしようとして起きたミスですし、全く問題ないと思います。
――前節・清水戦に続き、決定力という部分かと思いますが、そのあたりは?
たくさんボールを持ち、たくさんチャンスも作り、サッカーは難しいですね・・・。解決策は練習を本当の試合のようにやり続けるのみだと思いますし、選手は自信を持ってやり続けてほしいと思います。
――サポーターからはブーイングもありましたが?
この結果だとやはりサポーターの方々の気持ちはそうだと思います。お金を払って来ていただいているということは、やはり結果が出なければ、そういったことが出るのはこの世界では当然です。やはり自分たちのことを思っていただいているからこそ感情を露にしてくれると。やはり全てを受け入れないといけませんし、真摯に、謙虚に、やり続けるだけだと思います。
――ボールを保持し、ゲームを支配していたと思います。ただ、一方で広島が下がると守りはより堅くなると思いますが、そのあたりのゲームの流れはどう見ていますか?
相手も1点先に取れば基本的には引いて守備をしてくるチームですし、より堅くなることはもちろんですが、その中でもあれだけチャンスがあったわけですし、それを決めると言うか、最初の1点を2点、3点で跳ね返すようなチームになってもらいたいと思います。

山田 大記 選手

山田 大記 ――試合を振り返って
もちろんすごく悔しい気持ちだったり、申し訳ない気持ちがあるのですが、落ち込んでいても勝てるわけではありませんし、とにかく前向きに、とにかく自分たちのサッカーに自信を持ってやっていきたいと思います。
――内容はいいのですが、勝てていません。チームとして足りない部分は?
何が足りないというよりは、とにかく続けていくことが一番かなと思っています。もちろん結果が全ての世界ですが、結果を出すためにこのサッカーを続けていきたいですし、いずれこのサッカーで結果を出したいと思っています。もちろん自分たちの美学、こだわりもありますが、全ては結果を出すためにこのサッカーを続けていきたいと思います。
――サポーターへ向けて
本当にこういう厳しい状況の中、応援に足を運んでくださったり、終わった後も声をかけてくださったサポーターの方々に、こういう辛い時だからこそありがたさを感じますし、本当にそういう方々に早く恩返ししたいと思います。

金園 英学 選手

金園 英学 ――試合を振り返って
今日もやはりすごくチャンスがありましたし、すごく責任を感じています・・・。あとは仕上げの部分だと思います。自分が頑張らなくてはいけないという思いが強いです。ホームということで、サポーターの声援もより多くありましたし、すごくアグレッシブに行けたのですが・・・。あとは決めるだけです。
――内容はいいのですが、勝てていません・・・。
プロである以上、どの試合もプレッシャーを感じていますし、もっともっと精神的に強くなってゴールを決めたいです。口で言うのは簡単ですが・・・、早く結果が欲しいです。

川口 能活 選手

川口 能活 ――試合を振り返って
最初のプレーが全てです。あれが今日の敗戦を招きましたし、試合を壊してしまいました・・・。その後、みんなはよくゴールを取りに行ってくれましたし、頑張って攻めてくれましたが、やはり最初の1点が重くて、その後なかなかシュートが入らない状況が続いて・・・。みんなよく攻めてくれました。でも、今日は自分の責任です。
――1失点目の場面の状況判断は?
サイドチェンジしようとしましたが、そこで食われる形になってしまいました。もちろんプレッシャーが来ているのはわかったのですが、僕のパスの精度が悪くて、食われる形になってしまいました・・・。あれは完全にGKのミスです。

松浦 拓弥 選手

松浦 拓弥 ――試合を振り返って
やはり、つなぐサッカーですし、ああいうこと(※1失点目のシーン)もありえると思います。それより、途中まで1失点まで行っていましたし、あとは前が取るだけというシュートチャンスもありました。真ん中にもボールが入っていましたし、あとはそれをどう決めるかです。

駒野 友一 選手

駒野 友一 ――広島の守備ブロックは堅かった?
ただ、シュートも打てていますし、チャンスは作れていますし、あとはネットを揺らすだけだと思います。
イノ(伊野波)が上がってきた場面ではフリーでしたし、できるだけその状況を生かして、中に入っていくことで中の人数を増やしていこうという思いもありました。やはり勝利がありませんし、勝利のためにやっていきたいと思います。

伊野波 雅彦 選手

伊野波 雅彦 ――試合を振り返って
プレーがどうこうというより、サポーターの方々に申し訳ないという思いです。ここまで勝てないとは思っていませんでしたし、自分たちのことよりサポーターの方々に本当に申しわけないです・・・。
――チャンスもありましたが?
毎回、毎回その繰り返しで・・・。それが結果につながっていないということはプロとして失格です。サポーターの方々に申し訳ない・・・、それに尽きます。

サンフレッチェ広島 ■森保 一監督
 

――感想
この試合、受け身になる時間帯もありましたが、選手たちはゲームを通じて集中力を切らさず、粘り強く戦ってくれ、チームとしても最後まで一丸となって戦ってくれましたし、その上で勝利につながったと思っています。もちろん、もっと攻撃の部分では我々らしいパスサッカー、攻撃的な部分を出すことが今後の課題としてやっていかなければいけないと思いますが、試合の展開の中で相手のミスを逃さずに得点に結びつける、カウンターで試合を決めるゴールを奪うと、みんなが今何をやらなければいけないかという部分で、試合の流れの中で臨機応変に意思統一を持っていけた中での勝利はチームとしても自信になる勝利だったと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯