2013年 試合速報

2013 J1リーグ 6節 vs.清水エスパルス

spuls
spuls

1 勝
2 分
2 敗
4 得点
12 失点
勝点 5
順位 13

1
  • 0
  • 0

  • 1
  • 0

0
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

0 勝
2 分
3 敗
6 得点
9 失点
勝点 2
順位 17

前半 ハーフタイム
チョン ウヨン
松浦 拓弥
後半
3分
山本 康裕
河井 陽介
石毛 秀樹
19分
高木 俊幸
25分
イ キジェ
31分
竹内 涼
八反田 康平
33分
村松 大輔
35分
37分
山本 康裕
宮崎 智彦
43分
藤田 義明
菅沼 実
高木 俊幸
49分
1
林 彰洋
2
イ キジェ
3
平岡 康裕
4
カルフィン ヨン ア ピン
28
吉田 豊
5
村松 大輔
6
杉山 浩太
20
竹内 涼
9
バレー
10
河井 陽介
13
高木 俊幸
SUB
21
櫛引 政敏
30
岡根 直哉
7
八反田 康平
8
石毛 秀樹
18
イ ミンス
34
高木 純平
11
瀬沼 優司
監督
アフシン ゴトビ
1
川口 能活
19
伊野波 雅彦
24
チョ ビョングク
33
藤田 義明
5
駒野 友一
7
小林 裕紀
10
山田 大記
22
チョン ウヨン
23
山本 康裕
17
金園 英学
18
前田 遼一
SUB
21
八田 直樹
2
菅沼 駿哉
13
宮崎 智彦
20
山本 脩斗
6
田中 裕人
11
松浦 拓弥
15
菅沼 実
監督
森下 仁志

15,113
スタジアム名 試合日 キックオフ
日本平 4/13(土) 17:04
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 玉井 朗 扇谷 健司
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 名木 利幸 大川 直也
気温 湿度 第4の審判員 記録員
13.2度 55% 青山 健太 鶴見 智美
8 シュート 12
13 ゴールキック 9
1 コーナーキック 5
13 直接FK 8
1 間接FK 3
1 オフサイド 3
0 PK 0

IAIスタジアム日本平はきれいな青空に恵まれた。キックオフは17時。ピッチにはメインスタンド側から夕日が差し込む。試合前にホースで散水されており、ボールスピードが増すことが予想される。上空にはやや風があるが、素晴らしい環境が整った。アウェイゴール裏には大勢のサックスブルーサポーターが駆けつけ、試合前から熱い声援を送る。これぞ、静岡ダービー。絶対に、絶対に負けられない大一番が今、始まる――。

ジュビロ磐田の予想布陣は[3-5-2]。GKに川口能活。3バック右から伊野波雅彦、チョ ビョングク、藤田義明。中盤のアンカーにチョン ウヨン。2列目右に小林裕紀、同左に山田大記。中盤の右ワイドに駒野友一。同左に山本康裕。2トップに前田遼一と金園英学という並びか。注目はやはり公式戦3戦連発がかかるエース・前田遼一。リーグ第5節・浦和レッズ戦で待望の今季公式戦初ゴールをマークして、徐々にエンジンがかかってきた。幾度となく経験してきた静岡ダービーに燃えないわけはない。「サポーターに勝利を届けたい」と意気込み、貪欲に勝利・ゴールを目指す。
今季リーグ戦では開幕から5戦未勝利。何としても、ここで白星がほしい。

対する清水エスパルスの予想布陣は[4-2-3-1]。GKに林 彰洋。最終ライン右から吉田 豊、平岡康裕、カルフィン ヨン ア ピン、イ キジェ。ダブルボランチに杉山浩太と村松大輔。2列目右から河井陽介、竹内 涼、石毛秀樹。1トップにバレーという並びか。注目はやはりバレーだ。リーグ第5節・サガン鳥栖戦では鋭い反転から決勝ゴールをマーク。加入後ゴールを記録し、波に乗っている。また、この試合は週中のヤマザキナビスコカップでアピールした竹内 涼を中盤に抜擢。この起用も試合のポイントの一つとなりそうだ。

先月のヤマザキナビスコカップでは5-1で勝利しているが、「前の試合や順位は全く関係ないのがダービー」と川口能活。そのリベンジに燃える清水エスパルスを上回るゲーム運びを敵地で見せることができるか。連戦となるが、準備はできている。

運命のビッグマッチが今、幕を開ける!!!

前半1分、ジュビロボールで前半キックオフ!!!
前半1分、ジュビロ、序盤から攻撃を仕掛ける!右サイドでためを作り、最後は駒野友一が深い位置から右足でクロス。これに金園英学が飛び込むが、これは金園英学にファウルの判定・・・。
前半2分、エスパルス、先のプレーで金園英学と競り合った平岡康裕がピッチに倒れ込み、一度ピッチの外に出たが、すぐにピッチに戻った。
前半3分、ジュビロにビッグチャンス!!!カウンター。前線で前田遼一のパスを受けた金園英学がドリブル、左へパス。これを受けた山田大記が左足でサイドチェンジ。右サイドの駒野友一がクロス。これをゴール前でフリーとなった前田遼一がバー直撃のヘディングシュート・・・。さらにこぼれ球を金園英学が頭で合わせるが、これもゴール上に外れた・・・。決定的な場面だった・・・。
前半6分、ジュビロに再び決定機!中央からのパスを受けた山本康裕がゴール左から左足でシュート。さらにこのこぼれ球を前田遼一が右足で狙うが、エスパルスにブロックされた。このプレーで得たCKも生かせず・・・。
前半7分、エスパルス、右サイドを駆け上がった竹内 涼が右足でクロス。これをバレーが頭で合わせるが、ゴール上に外れた。
前半9分、ジュビロ、敵陣左サイドからのFKのこぼれ球をつなぎ、チャンス。最後は右サイドに流れた前田遼一が右足でクロス。これをゴール前に上がっていたチョ ビョングクが頭で合わせるが、惜しくもゴール横に外れた・・・。
前半10分、ジュビロの布陣は[3-5-2]。GKに川口能活。3バック右から伊野波雅彦、チョ ビョングク、藤田義明。中盤のアンカーにチョン ウヨン。2列目右に小林裕紀、同左に山田大記。中盤の右ワイドに駒野友一。同左に山本康裕。2トップに前田遼一と金園英学という並び。フィールドプレーヤーのユニフォームはサックスブルー。
前半10分、エスパルスの布陣は[4-2-3-1]。GKに林 彰洋。最終ライン右から吉田 豊、平岡康裕、カルフィン ヨン ア ピン、イ キジェ。ダブルボランチに杉山浩太と村松大輔。2列目右から竹内 涼、高木俊幸、河井陽介。1トップにバレー。フィールドプレーヤーのユニフォームはオレンジ。
前半12分、ジュビロ、自陣から藤田義明が縦パス。これを受けた山田大記が左サイドへ展開。山本康裕が左足でクロス。前田遼一がゴール前で落としたボールをチョン ウヨンが左足でミドル。これはゴール横に外れた。
前半14分、エスパルス、敵陣右サイドの深い位置でスローイン、カルフィン ヨン ア ピンが3本連続でロングスロー。いずれもジュビロがしっかりとクリアした!
前半16分、ジュビロ、小林裕紀のボールキープ&反転から敵陣右サイドでFK獲得。キッカーは駒野友一。これは相手にクリアされた。
前半16分、ジュビロのエンドはメインから見て右側。夕日を直視する格好になっているが、プレーに影響はないか。
前半18分、ジュビロ、右サイドのチョン ウヨンのクロスに金園英学が飛び込むが、相手と競り合った際にファウルを取られた。エスパルスの守りも堅実だ。
前半20分、エスパルス、敵陣左サイドで短いパスをつなぎ、最後は高木俊幸が右足でミドル。これはゴール横に外れた。
前半22分、ジュビロ、敵陣で相手のパスをカットし、攻撃。パスをつなぎ、最後は駒野友一が右からクロス。これをファーサイドの前田遼一が頭で合わせるが、これはエスパルスにブロックされ、CK。メインスタンド側から駒野友一がキックするが、これもエスパルスにクリアされた。
前半24分、序盤からジュビロがチャンスを作る展開。ここで1点が欲しい・・・。
前半24分、エスパルス、バレーのキープで、敵陣右サイドでFK獲得。竹内 涼が右足でキック、これはジュビロがゴール前でしっかりクリア!
前半27分、ジュビロ、山本康裕のクロスからCK獲得。駒野友一がメインスタンド側からキック、ファーサイドのチョ ビョングクが頭で合わせるが、これは大きくゴール上に外れた。
前半29分、ジュビロ、敵陣右サイドで前田遼一がカルフィン ヨン ア ピンと競り合い、そのこぼれ球を拾った駒野友一が左足でミドル。これはゴール横に外れた。
前半31分、ジュビロ、中盤でチョ ビョングクがボール奪取。中盤のチョン ウヨンが右サイドへ展開。これに金園英学が走り込むが、パスが長く、エスパルスのゴールキックに。
前半31分、エスパルス、自陣からのゴールキックのこぼれ球を中盤中央で拾った竹内 涼が右足でミドル。これはゴールから大きく外れた。
前半32分、ジュビロ、テンポよくパスがつながる。伊野波雅彦、山田大記、前田遼一とつなぎ、右へ展開。これを受けた駒野友一がクロスを上げるが、エスパルスにクリアされた。
前半35分、ジュビロ、中盤でパスがつながる。山田大記、小林裕紀、藤田義明、山田大記とつながり、最後はゴール前の山田大記が縦に浮きパスを出すが、これはエスパルスにクリアされた。
前半35分、エスパルス、前線のバレーがキープから左足で強引に反転シュートを打つが、これは大きく枠の外。
前半37分、ジュビロ、山田大記のクロスからCK獲得。メインスタンド側から駒野友一がキック。しかし、これは林 彰洋にキャッチされた。序盤からCKが連続しているが、生かしきれていない・・・。
前半38分、エスパルス、敵陣の右サイドからスローインから最後は河井陽介が右足でクロス。これをゴール前でフリーとなった平岡康裕が頭で合わせるが、ゴール上に外れた。
前半39分、エスパルス、中盤中央でボールを持った河井陽介がドリブルし、右へ展開。これを受けた高木俊幸がクロスを上げるが、中と合わず、ボールはファーサイドへ流れていった。
前半42分、ジュビロ、右サイドで伊野波雅彦、駒野友一らがためを作り、最後は伊野波雅彦が一気に左へ展開。しかし、これは惜しくも左サイドの山本康裕につながらず、エスパルスのスローインに。
前半42分、エスパルス、敵陣右サイドでFK獲得。これはゴール前の伊野波雅彦が頭で大きくクリア!
前半45分、前半アディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム2分、ジュビロ、敵陣右サイドの駒野友一が小林裕紀とのパス交換からクロス、さらにこぼれ球をつなぎ、最後は再び駒野友一がクロスを入れるが、エスパルスに防がれた。ここで前半終了のホイッスル。【0-0】
後半1分、ジュビロ、ハーフタイムに選手交代。チョン ウヨンに代わり松浦拓弥を投入。
後半2分、ジュビロ、スルーパスを受けた金園英学がゴール左からクロス。これに前田遼一が飛び込むが、惜しくも一歩先にエスパルスにクリアされた。
後半3分、中盤で相手を倒して止めた山本康裕にイエローカード。
後半5分、ジュビロ、松浦拓弥は2列目右に。布陣はそのままに小林裕紀がアンカーにスライドしている。
後半8分、エスパルス、敵陣右サイドのスローインからチャンス。クロスをファーサイドの杉山浩太が狙うが、ジャストミートできず、ジュビロボールに。
後半10分、ジュビロ、敵陣右サイドの駒野友一がクロス、これをファーサイドの山本康裕が頭で叩くが、惜しくもゴール横に外れた。
後半11分、ハーフタイムコメント、ジュビロ、「攻撃はペースを守ってフィニッシュへ結びつけよう!」、「守備はクロスボールの対応をしっかりすること」、「先制点を取って勝って帰ろう!」。
エスパルス、「戦術のことを言う以前に闘えていない!我々のホームだぞ!」、「守備の時に離れすぎ、遅れすぎ!恐れるな!もっと積極的に守備に行け!」、「頭と心を切り替えろ!勇敢に行け!」。
後半14分、ジュビロ、敵陣右サイドでパスがつながる。伊野波雅彦、駒野友一、金園英学、松浦拓弥、駒野友一とつながるが、駒野友一のところでプレスを受け、ジュビロボールのスローインに。
後半17分、ジュビロ、敵陣中央で前田遼一、小林裕紀、山田大記とつなぎ、最後は山田大記がゴール正面から左足でミドル。これは林 彰洋の正面。
後半18分、エスパルス、石毛秀樹がベンチ前でスタンバイ。
後半19分、エスパルス、選手交代、河井陽介に代わり石毛秀樹を投入。そのまま前線の左サイドに。
後半20分、後半もここまではジュビロペース。より長い時間ボールを支配できているだけに、ゴールが欲しい!
後半21分、エスパルス、敵陣右サイドでジュビロのパスをカットした吉田 豊 がファウルを受け、FK獲得。高木俊幸が右足でライナー性のボールを蹴るが、これはジュビロがクリア!
後半23分、エスパルス、中盤でのパスカットから一気にカウンター。ジュビロに攻撃を遅らせられるが、パスをつなぎ、最後はサイドからクロス。これは川口能活がキャッチ!
後半25分、ジュビロ、右サイドでパスがつながる。山田大記、金園英学、駒野友一、伊野波雅彦とつなぎ、最後は伊野波雅彦が山田大記へスルーパスを出すが、惜しくも合わず、エスパルスのゴールキックに。
後半25分、エスパルス、ジュビロ陣地で伊野波雅彦と激しくコンタクトした高木俊幸にイエローカード。
後半27分、エスパルス、敵陣左サイドのバレーのクロスを高木俊幸が頭で落とし、最後は石毛秀樹が右足でミドル。これは大きく枠の外に外れた。
後半28分、ジュビロ、伊野波雅彦の縦パスを敵陣中央で受けた松浦拓弥が絶妙な反転から縦にスルーパス。これに金園英学が走り込むが、わずかに長く、林 彰洋がキャッチ。
後半30分、ジュビロ、敵陣右サイドの駒野友一が伊野波雅彦とのパス交換からクロス、これは中と合わず、エスパルスにクリアされた。この時間帯もより長い時間ボールを支配できているが、なかなかシュートを打てない・・・。
後半31分、自陣左サイドで駒野友一の突破を止めたエスパルスのイ キジェにイエローカード。
後半31分、ジュビロ、FK、敵陣右サイドから駒野友一がキックするが、これはエスパルスにクリアされた。
後半33分、エスパルス、選手交代、竹内 涼に代わり八反田 康平を投入。2列目の並びが右から高木俊幸、八反田 康平、石毛秀樹に。
後半35分、エスパルス、敵陣右からFK、高木俊幸がキック、このこぼれ球を今度は左サイドのカルフィン ヨン ア ピンがクロス。これを村松大輔に頭で押し込まれた・・・。【0-1】
後半37分、ジュビロ、選手交代、山本康裕に代わり宮崎智彦を投入。そのまま左サイドに。
後半39分、ジュビロ、自陣から伊野波雅彦、前田遼一、松浦拓弥、山田大記、金園英学と短いパスがつながる。最後は金園英学が宮崎智彦へスルーパスを出すが、わずかに長く、エスパルスボールに・・・。
後半40分、エスパルス、ゴール左でカルフィン ヨン ア ピンの横パスを受けた石毛秀樹が右足でシュート。これはゴール横に外れた。
後半42分、エスパルス、敵陣左サイドでジュビロのパスをカットし、すぐさまクロス。ファーサイドでフリーとなった高木俊幸が右足でシュート。これは大きく枠の外。
後半43分、ジュビロ、選手交代、藤田義明に代わり菅沼 実を投入。
後半44分、ジュビロ、菅沼 実は前線に。最終ラインを2バック気味に。
後半45分、後半アディショナルタイムは3分。バレーが敵陣左サイドで倒れ込み、一時プレーが中断。
後半アディショナルタイム1分、プレー再開。エスパルス・バレーは一度ピッチの外に出たが、すぐにピッチの中に戻ってきた。
後半アディショナルタイム4分、エスパルス、CK、バックスタンドで高木俊幸がボールキープ。激しい競り合いとなり、高木俊幸にこの試合2枚目のイエローカード。退場に。
後半アディショナルタイム6分、ジュビロ、宮崎智彦が左サイドからロングボールを入れるが、エスパルスに防がれチャンスにできず。その後、駒野友一が右サイドからクロスを上げ、エスパルスがクリアしたところで試合終了のホイッスル・・・・・・・・。【0-1】
森下 仁志 監督

――感想
本当に素晴らしい雰囲気の中で、その雰囲気を作ってくれたサポーターの方々に感謝します。結論から言うと、ダービーは勝たなければ意味がないということだと思います。しかし、選手たちは本当にハイパフォーマンスでしたし、今年一番の出来ではないかというぐらいの勇気を見せてくれましたし、今後につながっていくサッカーだと思います。
――ゲームを支配して中でワンチャンスを決められることになりましたが、勝敗を分けたポイントは?
選手たちはよくやってくれましたし、結論から言えば僕の責任だと思います。ただ、昨年の4月14日でしょうか、無敗でここに来て、自分たちのサッカーをあまりできずに敗戦した後のコメントを思い出しましたが、その頃と比べるとここまで圧倒できるほどの成長を見せています。選手個人としても、チームとしても今後につながっていくプレーだったと思います。
――リーグ戦では開幕6戦勝ちなしとなりましたが、これからのモチベーションをどう高めていきますか?
どういう状況であれ、いいからモチベーションが上がるとか、悪いからモチベーションが下がるとか、そんなことを言っていたらこの世界ではやっていけませんし、人生でも生きていけないと思います。
――内容は素晴らしいのですが、結果が伴っていない状況です。それでも続けることが大事と考えるか、何か変化が必要なのか、そのあたりはいかがですか?
僕の哲学としてはやり続けるという生き様で来ました。もちろん細かい部分で微調整が必要なところもあるかもしれませんが、やはり大枠のところでやり続けることが全てだと思います。これをどう捉えるかで今後につながってくると思います。
――カップ戦で勝っている中、リーグ戦で勝ちがなく、もどかしさもあると思いますが、そのあたりはどう感じていますか?
もどかしさは全くありません。本当はもう少しここでサッカーの話をしたいのですが、みなさんが結果論を。もちろん結果はすごく大事ですが、サッカーを突き詰めていきたいです。もちろん勝たなければいけない試合でしたし、サポーターの方のことを考えると本当に、絶対に勝利が必要でしたが、繰り返しになりますが、今後につながるプレーだったと思います。特に選手たちの立ち上がりからの勇気です。バスが入った時からあれほどのブーイングをされることはたぶんここだけですし、その中でもこれだけプレーできるということは、選手は成長していると思います。
――チョンウヨン選手は怪我ですか?
けがです。(前半の)最後のプレーで足を痛めました。無理な状況だったので、仕方なく交代させました。

山本 康裕 選手

山本 康裕 悔しいです。サポーターのみなさんに申し訳ないです。ダービーということで注目されている試合でしたが、いつも通りできればと心がけピッチに入りました。決められるところで決めておかなきゃいけないという内容でした。サポーターのみなさんの気持ちは僕たちに伝わっています。
選手たちは歯を食いしばって戦っていかなければいけないと思います。

山田 大記 選手

山田 大記 すごく悔しいです。浦和戦の結果よりは内容的にはよかったのですが、しっかりとこの結果を受け止めていきたいです。自分たちのサッカーで何とか勝ちたいという思いです。サポーターのみなさんには本当に申し訳ないのですが、自分としてもチームとしてもこのサッカーに自信があるので、この悔しさを喜びに変えられるようここからまた頑張ります。清水に負けたことは、本当に悔しいです。

川口 能活 選手

川口 能活 勝たなければ意味がありません。これを続けて次は勝ちたいです。勝つチャンスは十分ありました。ただ、清水が体を張ったハードワークを見せ、そこで乗らせてしまいました。ただ、これを続けて、次、何としても勝ちたいです。負けは負けです。潔く気持ちを切り替えていきたいです。

松浦 拓弥 選手

松浦 拓弥 前半からずっとチャンスがありましたし、本当に危なかったピンチはあの1本だけだと思います・・・。それも崩されたわけではありませんし、セットプレーの崩れからで、相手のストロングポイントでやられてしまいました。自分を含めチャンスはありましたし、自分自身もっともっとシュートを打たなければいけません。ターンするまではいい形ができていたので、ラストプレーの精度を上げていくしかないです。もっともっとやりこむしかありません。ただ、自分たちのサッカーが間違っているとは思いませんし、しっかりできているので、あとは勝つことです。

駒野 友一 選手

駒野 友一 立ち上がりから主導権を握ることができましたが、最後セットプレーの流れから決められてしまいました。チャンスで決めておけばとも言えますし、守備のところでしっかりマークできていればとも言えると思います。やはり勝つためには点を取らなければいけませんし、先に得点するチャンスもたくさんありました。強いチームは最後まで失点0で抑えられるチームだと思いますし、得点もしっかりと取って勝てるようにしないと。

金園 英学 選手

金園 英学 チャンスで決めきる力がないことは事実ですし、悔しいです。序盤からパスを上手く回すことはできていたと思いますが・・・。後ろが本当にがんばってくれているので、前がしっかり点を取るだけだと思います。

前田 遼一 選手

前田 遼一 僕がシュートを外したことが全てだと思います。みんなに申し訳ないという気持ちです。決めるべきところで決めることだと思います。

清水エスパルス ■アフシン ゴトビ監督
 

――感想
まず始めに選手、コーチングスタッフ、そして全てのエスパルスファミリーを代表して、この勝利を山田(泰寛)さんの家族に捧げたいと思います。山田さんは元エスパルスの選手で、ジュニアユースでもコーチをしていたエスパルスファミリーの1人です。その彼が月曜日にお亡くなりになりました。その家族に対して我々の祈り、我々の想いを届けたいと思います。彼がどこにいようとも彼は平穏に暮らしていると思います。今日は12人目の選手として山田さんが一緒に戦ってくれたんだと思います。
ゲームに関しては今日は前半と後半で全く異なる試合だったと思います。前半に関しては我々がスタンダードよりも低く、悪かったと思います。それはダービーで負けるという恐れだったり、試合の中のストレスだと思います。ただ、試合が進むにつれてよくなってきて、ハーフタイムの話し合いでもよくなったと思います。後半はもっとよくなっていき、守備も高い位置から、プレスも前からかけられるようになったと思います。1点目を取った後にも何点か取れるようなチャンスがありました。村松(大輔)が磐田キラーとして毎試合ゴールを決めるのを見て嬉しく思います。去年からのダービー6試合の中でこれが5勝目だと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯