2012年 試合速報

2012 J1リーグ公式戦 6節 vs.清水エスパルス

spuls
spuls

3 勝
0 分
2 敗
5 得点
4 失点
勝点 9
順位 8

3
  • 1
  • 1

  • 2
  • 1

2
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

3 勝
2 分
0 敗
7 得点
4 失点
勝点 11
順位 4

前半
12分
チョ ビョングク
吉田 豊
河井 陽介
29分
高木 俊幸
46分
ハーフタイム 後半
大前 元紀
3分
村松 大輔
5分
ジミー フランサ
10分
15分
松浦 拓弥
ペク ソンドン
枝村 匠馬
小野 伸二
21分
菅沼 実
阿部 吉朗
23分
千代反田 充
34分
ロドリゴ ソウト
小林 裕紀
ジミー フランサ
高原 直泰
38分
大前 元紀
43分
49分
山本 康裕
31
林 彰洋
2
村松 大輔
3
平岡 康裕
4
カルフィン ヨン ア ピン
28
吉田 豊
33
李 記帝
7
アレックス
8
枝村 匠馬
11
大前 元紀
13
高木 俊幸
9
ジミー フランサ
SUB
1
山本 海人
30
姜 成浩
17
河井 陽介
18
小野 伸二
14
伊藤 翔
19
高原 直泰
23
白崎 凌兵
監督
アフシン ゴトビ
21
八田 直樹
4
千代反田 充
5
駒野 友一
20
山本 脩斗
24
チョ ビョングク
6
ロドリゴ ソウト
10
山田 大記
11
松浦 拓弥
15
菅沼 実
23
山本 康裕
18
前田 遼一
SUB
31
竹重 安希彦
13
宮崎 智彦
22
菅沼 駿哉
33
藤田 義明
7
小林 裕紀
8
ペク ソンドン
30
阿部 吉朗
監督
森下 仁志

16,334
スタジアム名 試合日 キックオフ
アウトソーシングスタジアム日本平 4/14(土) 16:00
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝 田中 賢二 村上 伸次
天候 試合時間 副審 副審
90分 五十嵐 泰之 間島 宗一
気温 湿度 第4の審判員 記録員
14度 76% 竹田 明弘 但馬 佳樹
8 シュート 5
8 ゴールキック 12
9 コーナーキック 2
17 直接FK 12
2 間接FK 3
2 オフサイド 3
0 PK 0

5節の仙台との上位攻防戦では終了間際にゴールを許し、つかみかけていた首位の座を逃すことになった。悔やまれる結果だが、これを糧に攻守において精度をより一層上げていかなければならない。清水との「静岡ダービー」はその悔しさをぶつける一戦でもある。2月のプレシーズンマッチでは得点を奪えず0−1で敗れているが、開幕から磨き続けてきた連動性のある攻撃で、今度こそ相手の守備網を突破したい。質の高いプレースキックを持つ駒野を擁するだけに、こう着した展開となればセットプレーも状況を打開するカギとなるだろう。

前半0分、清水ボールでキックオフ、試合開始
前半2分、清水 右サイドの敵陣深くでFKを得る。キッカーの李記帝がクロスを上げるも、ゴールラインを割ってしまう
前半10分、清水 スルーパスに抜け出した吉田が、右サイドの敵陣深くからグラウンダーのクロスを送る。しかし、DFにクリアされてしまう
前半12分、磐田 ゴール!!!左からのCKを得る。キッカーは駒野。ファーサイドにクロスを上げると、チョビョングクが頭で合わせて先制
前半19分、清水 左サイドから高木がクロスを上げるも、DFに当たったボールは八田にパンチングで防がれてしまう
前半24分、磐田 ペナルティエリアの右から山田がシュートを放つも、DFにブロックされてしまう
前半30分、清水 右サイドでパスを受けた大前がアーリークロスを上げる。しかし、DFにクリアされてしまう
前半33分、磐田 左からのCKを得る。キッカーの駒野がクロスを上げるも、林にキャッチされてしまう
前半38分、磐田 菅沼実からのパスを受けた山本脩が、左サイドの敵陣深くからクロスを上げる。しかし、林にキャッチされてしまう
前半40分、清水 右サイドでパスを受けた大前がドリブルを仕掛け、ペナルティエリアの右からシュートを放つ。しかし、八田に防がれてしまう
前半44分、アディショナルタイムは1分の表示
前半46分、清水 ゴール!!!右サイドから河井がクロスを上げる。飛び込んだ高木が頭で合わせて同点に追い付く
前半47分、前半終了。1ー1と、同点で前半を折り返す
後半0分、磐田ボールでキックオフ、後半開始
後半3分、清水 ゴール!!!左サイドから高木がクロスを上げる。これをペナルティエリア中央に走り込んできた大前が頭で合わせて逆転に成功
後半10分、磐田 左サイドの敵陣深くから山本脩がクロスを上げる。しかし、林にキャッチされてしまう
後半14分、磐田 駒野が右サイドからクロスを上げる。しかし、味方には合わず、林にキャッチされてしまう
後半23分、清水 アレックスがセンターサークル付近でボールを奪い、そのままドリブルを仕掛けようとするも、DFに阻まれる
後半28分、清水 右からのクロスにファーサイドで反応した大前が、ダイレクトで折り返す。ペナルティエリア内に走り込んできた高木がシュートを放つも、枠をとらえられない
後半34分、磐田 敵陣中央のやや左から山本康がミドルシュートを放つ。しかし枠をとらえられない
後半39分、清水 右サイドでFKを得る。ペナルティエリア中央に上がったクロスに高原が頭で合わせるも、枠をとらえられない
後半43分、清水 ゴール!!!左サイドの高原からのパスを受けた大前がペナルティエリアの左でドリブルを仕掛ける。DFにタックルを受けながらも落ち着いてゴールへ流し込み追加点を奪う
後半45分、アディショナルタイムは4分の表示
後半49分、磐田 ゴール!!!阿部のシュートはポストに当たる。こぼれたボールに反応した山本康がペナルティエリアの中央からシュートを放つ。これがゴールに突き刺さる
後半50分、試合終了。3−2でホームの清水が勝利
森下 仁志 監督

――感想
まず、はじめにこのような天候の中、ジュビロのサポーターに本当にたくさん来ていただき、本当に感謝しています。
勝点を取れずに本当に残念ですが、選手は今持っている力を出してくれたと思いますし、そういう部分では、今日の結果に関しては、選手にも言いましたが、内容うんぬんではなく、結果だけを見ればやはりまだまだエスパルスさんの方が上ということだと思うので、ホームでもう1試合ありますし、その時はエスパルスさんを上回れるようにまた明日からトレーニングに励んでいきたいと思います。
――直近のリーグ戦から先発3名を入れ替えた狙いは?
僕の直感的なところもありますし、その選手たちに関しては本当によくやってくれたと思います。やはり、それで結果が出なければ僕の判断ミスというだけですし、出てくれた選手は本当によくやってくれたと思います。
――セットプレーからの得点もありましたが、スタメンを入れ替えたことはそのあたりの狙いもあったのですか?
いえ、特にそういったことではなく、これまでの2、3か月の取り組みの部分が一番大きいです。もちろんここまでずっと負けなしで来ていたこともみんなのおかげですので、特にこの選手がレギュラーというより、みんなの力が必要ですし、これで結果が出れば一番よかったですが、みんなやれるという部分を見せてくれたと思いますし、僕は選手のパフォーマンスに関しては納得しています。
――前半、ジュビロさんのペースだったと思いますが、後半流れが変わったと思います。その要因をどう見ていますか?
やはり前半最後の失点と後半頭の失点と言いますか。それも少しの集中力というか、やはりディティールだと思いますが、そこでエスパルスさんを生き返らせてしまったと言いますか。特に前半の失点でとどめをさせなかったなというのは一つですが、ただ、この状況でも、僕が評価しているのは3-1で終わるのではなく、最後の2点目というのは普段練習で取り組んでいる形なので、それを最後のアディショナルタイムに出してくれたことは本当に次につながると思います。
――1失点目、2失点目と似たような形での失点だったと思いますが、そのあたりの守備で気になる点は?
1点目と2点目は少しニュアンスが違うと思いますが、1点目はマイボールにしようとしてのミスで拾われてクロスという形でしたし、2点目は少しボールを見過ぎたかなという部分もあります。ただ、そういった部分はトレーニングで突き詰めていくしかないと思います。
1点目に関しても(山本)脩斗がマイボールにしようとした結果です。あそこで「クリアしなさい」といったことになれば、この一年間やり続けることが台なしになってきます。僕はやり続ける必要があると思いますし、今まで通り、(山本)脩斗にも前向きにやってもらいたいと思います。

八田 直樹 選手

八田 直樹 前半の最後、後半の最初と試合前に言われていた部分からやられてしまいました。受け身になってしまった部分もあったかもしれませんし、もったいない部分もあったかなと。
(失点場面は)あそこで(自分自身が)どう止めるか、です。もう一度映像を見直して、反省して、自分たちにできることを続けていきたいです。
最後の1点は望みのゴールだったと思いますし、最後ああいった形で取れたことはプラスだったと思います。次、連敗しないことが大事です。もう一度トレーニングからやっていきたいと思います。

山本 脩斗 選手

山本 脩斗 やはり自分のところで起きた1失点目、2失点目が反省点です。チームとして先制点を取ることができましたが、前半終了間際にコーナーキックが続き、少し(後ろに)重たくなったところで自分のミスが絡んでやられてしまいました。
(1失点目の場面は)インターセプトができたのですが、トラップが大きくなってしまいました。もっと大事にしていかなければいけません。
ダービーで勝点3を取れなかったことは残念です。ただ、下を向かず、自分たちにできることはトレーニングの中で自分たちのサッカーの質を高めていくことですし、そこを意識してトレーニングしていきたいです。

ロドリゴ ソウト 選手

ロドリゴ ソウト 前半、自分たちのサッカーができていたのですが、前半終了間際の失点が大きかったと思います。前半、グラウンダーのパスをつなぎながらプレーできていたのですが、失点でロングボールが増え、それを相手に拾われることが多くなりました。
カップ戦でもリーグ戦でも自分自身、ゲームの入り方やゲームに対する気持ちは変わりません。今日は残念な結果となってしまいましたが、すぐにカップ戦があるので気持ちを切り替えていきたいです。大切なことはしっかりトレーニングをしていくことです。

山田 大記 選手

山田 大記 とにかく結果が一番大事なので、本当に悔しいです。
ゴール前まではやらせていませんでしたが、少し修正しなくてはいけない部分もあり、修正しようとしたところでやられてしまいました。
ただ、やり続けることが大事なので自分たちのやるべきことを積み重ねていきたいです。
チーム一丸となり次に向けて頑張ります。

チョ ビョングク 選手

チョ ビョングク アウェイということでしたが、多くのサポーターが駆けつけてくれ感謝しています。
負けた悔しさと反省点がありますが、これを糧にこれからにつなげていきたいと思います。
ゴールを決めたことよりも3失点してしまった悔しさが大きいです。
前半終了間際の失点がよくありませんでした。小さなところの改善をしていかなければいけません。
次もチームが一つとなり、戦っていきます。

清水エスパルス ■アフシン ゴトビ監督
 

――感想
ファンが喜んでいる姿を見れて本当に嬉しく思っています。清水エスパルスの素晴らしいサポーターの皆様に選手、スタッフを代表してこの勝利を捧げたいと思います。このダービーが彼らにとってどれほどの意味があるかということも我々はわかっていますし、非常にいい結果を出せたことに非常に嬉しく思っています。
試合についてですが、序盤は非常に悪いスタートだったと思いますし、選手たちの集中力が欠けていたと思います。そして、我々の集中力の欠場と相手のコーナーキックの素晴らしい質によって失点してしまいました。ただ、その中でよくできていた点は自分たちのサッカーをしようとし、ボールをしっかりとつなごうとしたことです。そして、前半の終了間際に同点弾を決めることができました。そして、嬉しく思っていることは河井が途中から入って素晴らしいボールを入れてくれましたし、高木も素晴らしいヘディングだったと思います。
後半に関しては最後の30秒以外は非常にいいプレーができていたと思います。
本当に素晴らしい結果だったと思いますし、3つの素晴らしい得点が入ったと思います。次の試合もまた自信を持って行ければと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯