2011年 試合速報

2011 J1リーグ 4節 vs.セレッソ大阪

seresso
seresso

4 勝
6 分
4 敗
23 得点
15 失点
勝点 18
順位 10

2
  • 0
  • 0

  • 2
  • 3

3
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

6 勝
4 分
5 敗
24 得点
15 失点
勝点 22
順位 9

前半
上本 大海
36分
ハーフタイム 後半
キム ボギョン
4分
18分
丸橋 祐介
29分
金園 英学
ジウシーニョ
清武 弘嗣
藤本 康太
倉田 秋
小松 塁
32分
35分
上本 大海
播戸 竜二
39分
41分
山本 康裕
金沢 浄
47分
山田 大記
岡田 隆
21
キム ジンヒョン
3
茂庭 照幸
14
丸橋 祐介
20
高橋 大輔
22
上本 大海
6
山口 螢
7
乾 貴士
13
清武 弘嗣
16
キム ボギョン
23
倉田 秋
9
ホドリゴ ピンパォン
SUB
1
松井 謙弥
2
扇原 貴宏
33
高橋 祐太郎
4
藤本 康太
25
黒木 聖仁
11
播戸 竜二
15
小松 塁
監督
レヴィー クルピ
1
川口 能活
2
加賀 健一
5
駒野 友一
20
山本 脩斗
33
藤田 義明
6
那須 大亮
10
山田 大記
22
小林 裕紀
23
山本 康裕
17
金園 英学
18
前田 遼一
SUB
16
八田 直樹
3
岡田 隆
13
イ ガンジン
16
金沢 浄
15
菅沼 実
28
船谷 圭祐
8
ジウシーニョ
監督
柳下 正明

8,076
スタジアム名 試合日 キックオフ
キンチョウ 7/13(水) 19:04
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、乾燥 田中 賢二 東城 穣
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 名木 利幸 西尾 英朗
気温 湿度 第4の審判員 記録員
27.9度 74% 今村 義朗 筒井 清二
20 シュート 11
9 ゴールキック 16
6 コーナーキック 3
17 直接FK 8
3 間接FK 0
3 オフサイド 0
0 PK 0

2011年Jリーグ第4節が間もなくキックオフされる。
今日の対戦相手は、セレッソ大阪。

ここまでのセレッソは4勝6分4敗で勝ち点が18の10位。
ガンバとの大阪ダービーで幕を開けた今シーズンのセレッソ大阪だったが、そのガンバとの試合で敗れると、開幕から7試合、勝利を奪うことが出来ずにいた。
それでもここ7試合を見てみると、4勝1分2敗とまずまずの成績を収め、徐々に昨年3位の実力を見せ始めている。
また直近の2試合では合わせて8得点を奪うなど、攻撃陣の調子も上がってきているようだ。
波に乗ったら手が付けられないほどの、破壊力を秘めているだけにジュビロDF陣の踏ん張りが必要だ。

一方のジュビロは対セレッソにはいい思い出は少ないかもしれない。
まだ記憶に新しい、2010シーズン最終節、今日の試合と同じ会場のキンチョウスタジアムでの試合で、ジュビロDF陣が崩壊。
まさかの6失点を喫してしまい惨敗・・・。
是が非でもやり返してやろうという気持ちは強いはずで、今日の試合では、あの時と逆のスコアを狙っていく。
エース前田遼一の得点に期待したいところ。

試合開始は19:00
熱いご声援宜しく御願いいたします。

前半0分、セレッソボールで前半キックオフ!
早速、セレッソの攻撃。
右サイドから清武弘嗣がドリブル突破し、倉田秋へ。
そのままミドルを放つが力なく、川口能活の正面。
前半1分、ジュビロ、左サイドからクロス。
金園英学が胸に当て、一旦落とすがこれがつながらない。
前半4分、ジュビロ、藤田義明のドリブルでの持ち込みから山田大記へ。
エリア付近で山田大記が仕掛けを見せるが、相手に倒されてしまった。
しかしホイッスルは吹かれず…
前半6分、ジュビロ、前線でボールを細かく繋げているものの、決定的なパスを出すことが出来ない。
ゴールに近い位置からではなく、サイドから単純にクロスをあげたい。
前半7分、ジュビロ、右サイドからの駒野友一のボールをエリア内で受けた前田遼一。
しかしシュートまで行くことは出来ない。
前半9分、ジュビロ、山本康裕からサイドチェンジのボールを受けた山田大記。
そのまま中に切れ込み、シュートを放つが枠を大きく外してしまった。
前半11分、セレッソ、横向きでボールを受けたホドリゴ ピンパォン。
反転と同時にジュビロDFを交わすと、そのまま右足でゴール左サイドを狙うが川口能活が横っ飛びで弾いた!!!
前半13分、セレッソ、藤田義明から駒野友一へのパスをカットすると、乾貴士がエリア手前まで持ち込む。
ジュビロDFのプレッシャーが甘いと見るや、ミドルシュート。
グラウンダーのボールが川口能活を襲うが、正面に転がり助かった。
前半15分、セレッソ、山本康裕のミスパスをカットした倉田秋。
速攻でエリア内に進入し、シュートを放つがまたもや川口能活がファインセーブ!
前半18分、この時間帯はセレッソボールの時間が続く。
最後の最後を加賀健一、藤田義明、川口能活中心に何とか防いでいる形。
中盤でボールを持ちたい。
前半21分、加賀健一対相手フォワードのホドリゴ ピンパォンのマッチアップは、完勝で加賀健一の勝ち。
前半23分、ジュビロ、今日の試合山本康裕が簡単にボールを失うシーンが目立っている。
相手の速攻に繋がってしまうので気をつけたい。
前半25分、ジュビロ、やや遠目の位置から小林裕紀がミドルを狙うが枠を外れてしまった。
前半27分、セレッソボールのFK。キム ボギョンの蹴ったボールに川口能活が飛び出すが、触れることができず。
何とかクリアは出来たものの、川口能活と加賀健一が接触しピッチに倒れてしまう。
一旦外に出るも、すぐにプレー再開。
前半29分、ジュビロ、右サイドから駒野友一のクロス。
ゴール前の前田遼一に向けてグラウンダーのクロスをあげるが、相手DFに前に入られてしまった。
前半31分、セレッソ、スルーパスに抜け出した清武弘嗣。
フリーとなりエリア内へ進入し、シュート体制にもっていくが、加賀健一が完璧なスライディング!!!
前半32分、セレッソ、右サイドからのコーナーはチャンスに繋がらず。
前半34分、セレッソ、左サイドから丸橋祐介がドリブルで縦への仕掛け。
それにしっかりついた山本康裕が最後までしっかりプレッシャーをかけて相手のミスを誘いゴールキックに!
前半35分、またもや、山本康裕のパスミス。
清武弘嗣がドリブルで仕掛けてシュートを放つが力なく、川口能活の正面。
前半36分、ジュビロ、後方からのボールを受けた前田遼一。
エリア手前で上本大海が前田遼一のユニフォームをつかみファウル。
上本大海に対してイエローカード。

そのFKは駒野友一が直接ゴールを狙うが、枠を捉えきれず。
前半38分、ジュビロ、相手の速攻を最後の最後で形を作らせない。
加賀健一がガッチリホドリゴ ピンパォンをマークしている。
前半40分、セレッソ、清武弘嗣が左足でミドルを放つが枠を捉えきれず。
前半42分、セレッソ、右サイドからのコーナー。
清武弘嗣の入れたボールに高橋大輔が頭で合わせるがゴール左サイドに外れた。
前半43分、ジュビロ、山本脩斗のロングボールに反応した山田大記。
上本大海と競争になり、上本大海が勝手にこけるが、これが山田大記のファウルを取られてしまう。
これには山田大記も少しイラッとした様子。

アディショナルタイムは1分。
前半アディショナルタイム1分、ジュビロ、左サイドでボールを持った前田遼一が左足でクロス。
しかし、これはGKがキャッチ。

この瞬間にホイッスルが吹かれ前半終了。
後半0分、ジュビロボールで後半キックオフ!
後半1分、ジュビロ、山本脩斗のロングボールを前田遼一が落とすが、オフサイドの判定。
後半4分、セレッソのFKから、フリーのキム ボギョンへ。
キム ボギョンが山田大記を振り切り、右足でシュート。
ボールはゴール右隅に吸い込まれてしまった…【0-1】
後半7分、セレッソ、前田遼一と競り合いの際に前田遼一の頭が顔面に入ってしまい、上本大海が負傷。
すぐに立ち上がりプレー再開。
後半10分、セレッソ、ゴール左サイドからのFK。
乾貴士が持ち込みシュート、弾いたところを高橋大輔がシュートに行くがミスキック。
後半13分、ジュビロ、左サイドの山田大記からマイナスのボール。
金園英学がが左足でダイレクトでシュートを放つが、ジャストミートすることが出来ない。
後半15分、ジュビロ、山本脩斗のパスカットから山田大記につなぎ、山田大記から前田遼一へロングボール。
上本大海を交わしにいき、シュートを放つがジャストミートせず。
後半18分、ジュビロ、左サイドから山田大記の強引な突破。
ラインギリギリで金園英学へラストパス。
ダイレクトでシュートに行くと、一旦は相手DFに当たるが、こぼれ球をしっかり詰めてジュビロが同点に追いついた!!!【1-1】
後半21分、セレッソ、乾貴士がゴール正面から左サイドを狙ったシュートを放つが枠を外れた。
後半22分、ジュビロ、左サイドから山田大記の突破。
得意の足をクロスさせるフェイントから、エリア内に進入しシュートを放つが、GKの正面。
後半23分、ジュビロ、ゴール正面、やや遠目の位置からFK。
駒野友一が直接狙うが枠を大きく外してしまった。
後半26分、ジュビロ、最終ラインから駒野友一がドリブルで仕掛け。
ハーフラインを超えたところでカットされてしまうが、金園英学がすぐに戻ってセレッソの速攻を阻止!
後半29分、セレッソ、ゴール前でボールを細かくつなぎ、最後は左サイドでフリーの丸橋祐介にボールがこぼれ、ダイレクトでシュート。
ボールが川口能活の脇の下を通り、ネットへ。【1-2】

ジュビロ、金園英学に代えてジウシーニョを投入!
後半32分、ジュビロ、エリア内でボールを受けた小林裕紀。
フリーで走りこんだ駒野友一へラストパス!
ダイレクトで蹴りこんだボールがポストに当たり、ゴールラインを割った!!!!
ジュビロがすぐさま同点に追いついた!【2-2】

セレッソ選手交代
清武弘嗣に代えて藤本康太
倉田秋に代えて小松塁を投入
後半35分、ジュビロ、右サイドから駒野友一が突破。
エリア付近までボールを運ぶと、スピードをつけて走りこんだ山田大記へラストパス。
ワントラップから右足でシュートを放つと、ボールは吸い込まれるようにゴール右に決まった!!!【3-2】
後半39分、セレッソ、上本大海に代えて播戸竜二を投入。
後半41分、ジュビロ選手交代。
山本康裕に代えて金沢浄を投入!
後半43分、セレッソ、左サイドからのFK。
これはジュビロDFがクリア!
後半44分、アディショナルタイムは5分。
これは長すぎる。
後半アディショナルタイム1分、セレッソ、ゴール右で播戸竜二がボールを受けるが、加賀健一しっかり体を寄せて対応!
後半アディショナルタイム2分、ジュビロ、山田大記に代えて岡田隆を投入!
後半アディショナルタイム4分、セレッソ、キム ジンヒョンからロングボールが入るが、ヘディングではね返す!
後半アディショナルタイム5分、セレッソ、右サイドから浮き球のクロス。
中で競り合いとなるが、川口能活が飛び出す。
一旦はファンブルするが、これを川口能活は離さない!!!
後半アディショナルタイム6分、セレッソ、右サイドからのクロスをジュビロDFが跳ね返し、サイドラインを割ったところで試合終了のホイッスル!
柳下 正明 監督

――感想
非常に大きな勝ち点3を取れたゲームだと思っています。昨年2敗しているチームですし、非常に攻撃力があり、いい状態のセレッソに対して粘り強くプレーして勝ち点3を取れたことは非常によかったと思います。ただ前半、入りはよかったのですが、中盤でのパスミスによって相手に押し込まれる場面があり、ほとんどそれで押し込まれていたので、そのあたり、怖がらずに前につけてボールを運ぶということをさらにやっていきたいと思います。また、後半に入って少し最終ラインとボランチのラインが下がり過ぎてミドルシュート、あるいはペナルティーエリアの中でボールをキープされて失点しているので、そのあたり、もう一つ前でラインを形成できればもっといい守備ができたのではないかと思います。ただ、2点を失ってからラインを少し高い位置をキープでき、あとは修正できたと思います。非常にタイトな日程ですが、しっかりコンディションを整えて次のゲームに臨みたいと思います。
――駒野選手の積極的な攻撃参加が見られましたが?
前半、接触プレーでももを打撲して、後半に入ってから痛みが出て少し力が入らない状態でしたが、やはりゴールを目指してやっていくプレーを見せていましたし、今まではクロスでアシストをしていましたが、ミドルシュートでいつも練習している通り非常にいいシュートを入れてくれてよかったと思います。

山田 大記 選手

山田 大記 (自身のゴールについて)少しトラップが大きくなってしまいましたが、思いきってシュートを打つことを考えていました。個人的に2失点に絡んでしまったので取り返したいと思っていました。どの試合もそうですが勝ちたいと思っていましたし、(失点しても)下を向かないことを意識していましたし、消極的にならないことを意識していました。ここまで先制して逆転されてしまった試合もあったので、先に(ゴールを)取られた中で逆転できたことはよかったと思います。

駒野 友一 選手

駒野 友一 前半上手くボールをつなげずロングボールが多くなってしまいましたが、後半ボールをつなぐことができましたし、ボールを失わずにいい形でゴールをできたと思います。
(自身のゴールについて)自分で決めようと思っていました。ニアサイドを狙いました。少し浮いてしまいましたが、上手く入ってくれました。
(3点目のシーンについて)(山田)大記がよくスペースに入って来てくれました。

セレッソ大阪 レヴィー クルピ 監督
 

みなさんこんばんは。ジュビロさんも3得点を取られたわけなので、この結果が妥当ではないと言うつもりはありませんが、ただし、前半の数字だけを見ても我々がシュート10本に対しジュビロさんが4本、後半もおそらく我々の方がシュートは多く打ち、チャンスも数多く作っていたと思います。内容的には上回っていたのではないかと思いますが、ジュビロさんのゴールへ向かう意識がより強かった、それが結果となったゲームではないかと思います。

試合日程・結果

J2 LEAGUE

天皇杯