2008年 試合速報

2008 J1・J2リーグ 入替戦 第1戦

vegalta
vegalta

1
  • 1
  • 0

  • 0
  • 1

1
ジュビロ磐田
ジュビロ磐田

前半
31分
ジウシーニョ
ナジソン
41分
ハーフタイム 後半
2分
鈴木 秀人
大井 健太郎
8分
松浦 拓弥
14分
大井 健太郎
15分
ジウシーニョ
萬代 宏樹
ナジソン
中原 貴之
18分
中島 裕希
佐藤 由紀彦
42分
44分
村井 慎二
16
林 卓人
3
渡辺 広大
7
千葉 直樹
17
磯崎 敬太
25
菅井 直樹
10
梁 勇基
11
関口 訓充
27
富田 晋伍
31
斉藤 大介
13
中島 裕希
33
ナジソン
SUB
1
萩原 達郎
2
木谷 公亮
32
岡山 一成
23
田村 直也
24
佐藤 由紀彦
9
中原 貴之
14
平瀬 智行
監督
手倉森 誠
1
川口 能活
2
鈴木 秀人
3
茶野 隆行
19
岡田 隆
14
村井 慎二
17
犬塚 友輔
24
松浦 拓弥
25
駒野 友一
38
ロドリゴ
8
ジウシーニョ
18
前田 遼一
SUB
21
松井 謙弥
4
大井 健太郎
10
成岡 翔
16
名波 浩
23
山本 康裕
9
中山 雅史
32
萬代 宏樹
監督
ハンス オフト

18,974
スタジアム名 試合日 キックオフ
ユアスタ 12/10(水) 19:04
ピッチ状態 コミッショナー 主審
全面良芝、水含み 田中 佳孝 扇谷 健司
天候 試合時間 副審 副審
晴れ 90分 手塚 洋 名木 利幸
気温 湿度 第4の審判員 記録員
6.9度 62% 村上 伸次 平井 恵美子
13 シュート 10
8 ゴールキック 14
3 コーナーキック 7
16 直接FK 10
2 間接FK 0
2 オフサイド 0
0 PK 0

2008 J1・J2リーグ 入替戦 第1戦仙台戦がアウェイのユアテックスタジアム仙台にて19:04キックオフ。
数年前まで幾度となく優勝争いを演じていたジュビロ磐田。
しかし2008シーズンは怪我人の続出、シーズン途中での監督交代などもあり、中々順位を上げることが出来ずにいた。そして土壇場でジェフに逆転を許してしまい、まさかの入れ替え戦を戦うこととなってしまった。
今日が運命の第1戦である。
ここまできたら精神力の強い方が勝利をモノにすることになるだろう。第1戦目のユアテック仙台スタジアムは東北地方に位置しているだけに相当な冷え込みが予想されている。試合前に念入りにマッサージやストレッチなどをし、体を温めてから試合に臨みたい。
大注目のスタメンは、
GKに不動の守護神、川口能活。
DFは鈴木秀人、茶野隆行、岡田隆の3バック。
MFは村井慎二、犬塚友輔、松浦拓弥、駒野友一、ロドリゴ。
FWはジウシーニョと前田遼一の2トップの11人。
ベンチにも古巣との対戦となった萬代宏樹やベテランの中山雅史、名波浩らが控えている。
入れ替え戦はアウェイゴールが採用される。この試合の1点、1点が重くなってくる。松浦拓弥、ジウシーニョ、前田遼一のトライアングルで1点でも多く得点を奪いたい。とてつもないプレッシャーがかかるのは間違いないが、「絶対J1残留!」をもう一度胸に刻み集中力を高めプレーしたい。今日の勝利がジュビロの未来を明るくすることは間違いない。
なんとしても勝利を・・・!

前半0分、ジュビロボールで前半キックオフ!
前半2分、仙台がスルーパスを狙ってくるも、長くなりゴールキック。
前半4分、右サイドから駒野友一がドリブルで仕掛けるが、ボールを奪われてしまう・・・
前半5分、ロドリゴのロングパスにジウシーニョが肩でパスを受けるが、その後に繋げることができない。
前半7分、右サイドから駒野友一がセンタリングを上げるが、味方には合わず・・・
前半8分、松浦拓弥のパスカットから右に張っていたジウシーニョへ!ジウシーニョがそのまま右足を振り抜くが、ゴールのわずか左に外れてしまう。
前半10分、前田遼一がフリーでパスを受けるも、キーパーの前で敵のDFに奪われてしまう。
前半11分、仙台、右サイドから中島裕希が一人で持ち上がりそのままシュート!枠には入らず、ピンチを免れる!
前半13分、駒野友一からジウシーニョへ繋ぎ、ジウシーニョが1フェイント入れた後に左足でシュート!ボールは惜しくもポストに当たり、ゴールならず・・・チャンスを逃してしまう。
前半15分、前半の序盤はややジュビロペースか!早い時間に先制点を奪いたい。
前半17分、仙台、右サイドから関口訓充がセンタリングするが、ジュビロDFが余裕でクリア!
前半18分、ジュビロ、右サイドからのコーナーキックは、エリア内で茶野隆行がファウルを犯し仙台ボール。
前半20分、仙台、梁勇基が思い切ってシュートするも川口能活が冷静にキャッチ!
前半22分、エリアやや外からの松浦拓弥のFKは大きくふかしてしまい、ゴールキック。
前半24分、駒野友一のセンタリングのこぼれ球に、松浦拓弥が反応しシュートを放つが仙台のDFの壁に阻まれる。
前半26分、鈴木秀人が縦パスを狙うが、敵にカットされてしまう・・・
前半28分、仙台、梁勇基がエリアの外からシュートするがジュビロDFが何とかクリア!
前半30分、左サイドからジウシーニョがセンタリングするも、逆サイドまで流れてしまう。
前半31分、ジュビロ、ジウシーニョに対してイエローカード。
前半33分、犬塚友輔が中盤から浮き球のスルーパスを狙うが、長くなってしまい直接GKがキャッチ。
前半36分、仙台がゴール手前まで攻めてくるが、ラストパスを出させず、チャンスらしいチャンスを作らせていない!
前半38分、ナジソンと競り合った鈴木秀人がうずくまったまま起き上がらず、担架でピッチの外に運ばれてしまう・・・
前半40分、心配された鈴木秀人だったが、元気にピッチに戻ってきた!
前半41分、右サイドでボールを受けたナジソンが思い切ってシュートを放つ。ボールはサイドネットに突き刺さりゴール・・・【1-0】
前半45分、右サイドからのクロスは相手の頭にさわり、外に出る。ロスタイムは3分!
前半アディショナルタイム2分、ここにきてジュビロが3本連続してコーナーを得るが、ゴールを奪うことができない・・・
前半アディショナルタイム3分、ジュビロDFが大きくクリアしたところでホイッスル。前半はジュビロが攻めていたものの、一瞬の隙をつかれナジソンにゴールを許してしまう。
後半0分、仙台ボールで後半キックオフ!
後半1分、仙台、右サイドからのクロスに梁勇基がヘディングシュートするも、川口能活の正面!
後半2分、ジュビロ、肩を痛めた鈴木秀人に代わり大井健太郎が投入される。
後半5分、後半は仙台ペース・・・ジュビロの左サイドを狙われている。集中して守備をしたい。
後半8分、ジュビロ、ジウシーニョがドリブルから松浦拓弥へマイナスのボール!松浦拓弥が軽く振りぬいたボールは、まさにネットに吸い込まれていく!【1-1】
後半12分、右サイドから、駒野友一のFKはミスキックとなってしまい相手のボールとなってしまう。
後半13分、仙台が細かく繋いでくるが、ラストパスは出させず!ジュビロDFは集中している!
後半14分、ジュビロ、ナジソンを倒した大井健太郎にイエローカード。
後半15分、ジュビロ、足を痛めたジウシーニョに代わり萬代宏樹が投入される。
後半18分、仙台、ナジソンに代わり中原貴之が投入される。
後半21分、ここにきて両チーム共に選手交代を行い、新鮮な選手を入れてきた。
後半22分、左サイド、村井慎二が2本連続でセンタリングを上げるが両方共ミスキックとなってしまう。
後半24分、両チーム共にチャンスらしいチャンスを作れずにいる。
後半26分、仙台、連続してクロスを上げてくるがジュビロDFが何とかクリアし難を逃れる。
後半29分、前田遼一の落としに松浦拓弥がダイレクトでシュートを放つも、やや浮いてしまいゴールならず。
後半30分、スルーパスに反応した前田遼一が、GKと1対1になるも林卓人にファインセーブされてしまう・・・決定的チャンスだった。
後半32分、仙台がゴール前まで攻め上がるも、決定的なシュートだけは打たせない!
後半33分、左サイドからの攻撃の形が徐々に出来上がってきてた。村井慎二のクロスが利き始めている!
後半36分、遠目のFKを梁勇基が直接シュート!ボールはクロスバーを直撃するがゴールには入らず!
後半40分、岡田隆が縦パスを狙うが、直接GKがキャッチ・・・
後半41分、駒野友一のFKはゴールのやや左に外れてしまう。
後半42分、仙台、中島裕希に代わり佐藤由紀彦が投入される。
後半45分、後半のロスタイムは2分!
後半アディショナルタイム1分、萬代宏樹のパスに反応した村井慎二だったが、トラップが長くなってしまいゴールキック。
後半アディショナルタイム2分、ジュビロ、遅延行為の村井慎二に対してイエローカード。
仙台がボールを蹴り上げたところでホイッスル!第1戦目は松浦拓弥のビューティフルゴールにより引き分けに持ち込む。アウェイゴールを奪ったことにより、ややジュビロが有利な展開となった!
ハンス オフト 監督

ます選手たちをたたえないといけない。土曜日の試合から、しっかり立ち上がって、今日の試合を戦うことができた。プラン通り、イニシアチブをとって戦うことができ、相手にスキを与えなかった。
前半終了間際で失点したのは残念だったが、ハーフタイムに選手たちには、この3カ月で最もいいプレーをしているから、これを続けようと言った。ビルドアップのところでは、今日がベストゲームだった。
松浦のいいゴールで1-1にしたけど、あまり押し上げ過ぎるとナイフに向かっていくことになるので、そこは気をつけた。コントロールされた攻撃をしかけた。
今日は1-1だったけど、土曜日にもう1試合あるから、我々がなし遂げたことはまだ0%です。今日、前半が終わり、土曜日に後半です。
Q.萬代 選手を投入した意図は?
ジウシーニョが消耗していて、そして少しケガをしていたからです。ジウが危険な場面をつくることがなかったからです。
Q.前半、前田選手が厳しくマークされていましたが、後半に向けて、どのように指示を?
特別な指示は与えていません。ただ、常に動きながらプレーしないといけないし、トラップが重要です。最初のボールタッチがよくなければ、そこで2~3人で囲まれてしまいますから。
Q.松浦選手について
ポテンシャルの高い選手です。彼は最初のボールタッチがいいので、いい方向にボールを置き、そのまま流れるようなプレーができる選手です。今日もそのポテンシャルをみせてくれた。しかし、最後の5分間は、若さゆえにボールより前に行ってしまい、攻撃をしかけようとしていた。そこは落ち着いてプレーしないといけない。
Q.鈴木選手を後半2分間だけプレーさせて替えたが、できれば替えたくなかったのか
ハーフタイムにドクターと話しをしたけど、痛みはあるけれど、ケガはないという状態だった。プレーできるということだったので、ヒデに「手をついて地面にたおれてみて」と言って、それをやったら「大丈夫だ」と言ったので、後半もプレーさせたが、最初にキックしたときにあまりにも痛そうだったので、交代しました。

萬代 宏樹 選手

萬代 宏樹 入れ替え戦なのでJ2のチームと入れ替え戦をするという気持ちで、実力とか今の状況はどちらも同じだと思うので、相手どうこうよりも試合に勝ちたいという気持ちが一番強かった。古巣とかいうことよりも、いつも通りということを心がけていた。
1-1だったので、もちろん得点を取ろうという気持ちを強くもって入った。もう終わったことなので忘れて、次にすぐ試合があるので、勝つだけなので気持ちを準備したい。

川口 能活 選手

川口 能活 動きは悪くない中で、不運な形で失点したけど、そこで慌てずにプレーをキープしておけば勝てるという自信があった。
今日でどういうプレーをしてくるかわかりましたし、ベガルタ仙台の素晴らしいサポーターに特に前半は圧倒されて、自分たちのリズムを作れずに相手にとって優位な状況で、勝てれば一番よかったが、アウェイゴールをとったので前向きにとらえていい。
次の試合は、2トップをしっかりケアすることが重要になる。立ち上がりからボールを支配して、圧倒できるゲームができればいい。
今シーズン最後のゲームですから悔いの残らないよう、ゼロに押さえればチームはJ1に残れますから、全体に得点を与えない。そして味方が得点を決めてくれて気持ちよく勝利したい。
ジュビロ磐田を愛するすべての人たちのために、気持ちをひとつにしてやっていきたい。

茶野 隆行 選手

茶野 隆行 最低ラインの結果だと思うけど、モノにできた。
松浦のゴールは大きい。(彼には)最初からガンガンいけよと言っていたし、そろそろ点をとって欲しかった。よかった。
今日は仙台はホームということもあって勢いはあった。でも、徐々にペースもつかめた。大宮戦より、みんなかたくならずに落ち着いてできていたと思います。
仙台の声は、楽しめた。そういうのは大好きなので。
次はホームだし、そのアドバンテージをうまくモノにしたい。点をとって勝つだけ。絶対に引き分けは狙わない。
自分自身は、Jリーグの終盤の大事な試合に出られなくて、入れ替え戦ということになったので、借りは返さないといけない。残留に貢献できるによう、死ぬ気でやるだけです。

村井 慎二 選手

村井 慎二 点をとれてよかった。同点に追いついてから、相手も勢いがとまってきたし、いけるぞ、という気持ちでみんなやっていた。アウェイだし、前向きの引き分け。最低限の結果は出せた。
後半は、ディフェンスがうまくいって、いいプレッシャーをかけることができてボールがとれるようになって、それで上がれて攻めることができたけど、最後のところで守られてしまったという感じです。サイドから攻めることができたけど、最後に跳ね返されているので、そこをもう少しつめていきたい。
普通にやっても相手も頑張ってくるので、中盤でひと工夫して攻めることができたらと思います。

ジウシーニョ 選手

ジウシーニョ 仙台は非常にスピードがあるチームで、強い印象を受けたが、今日は我々の本来の試合運びを思いだせた。ボールをつなげたし、チャンスも沢山つくれて、同点に追いつけた。
仙台の熱狂ぶりは最初から予想していたし、前半は、失点して終えたが、自分たちの力で追いついて、その後も、もう少しで逆転できるところまでチャンスをつくれた。
いま思うことは、ホームで自分たちで残留を決められるということ。そういう展開にもってこれたのは、収穫だと思う。ホームに帰ってきっちりと決めたいと思います。

松浦 拓弥 選手

松浦 拓弥 いつもよりは攻撃的にいこうというチームのコンセプトがあった。
両サイドがすごく高い位置で仕掛けたり、チームとしては良い入り方だったと思う。
後半もそんなに慌てることなく、試合に入れた。
ゴールが入ってよかった。来たボールをミートできた。
まだ1-1ですし、アウェイゴールがすごく重要になりますけど、そういう気持ちを持たずに次ホームでしっかり勝って残留を決めたい。
チームに貢献できるように一生懸命走ってゴールに絡みたい。

ベガルタ仙台 手倉森監督
 

まずゲームプランのしっかりとした守備からの攻撃というところが、前半機能してうまく先制できたところまではよかった。後半立ち上がり相手のリズムになった時に、アウェイゴールを許してしまって1-1。
確実に次に繋がるゲームだったし、次は相手より1つより1点でも多く得点をとれば勝てれば昇格が決まる可能性を残した引き分けだと前向きにとらえて次に進みたい。
大勢のサポーターの声援で先制点をとれた以上、勝利をプレゼントしたかったが、それが出来なかった分、アウェイで勝利して今日来ていただいたサポーターにお礼をしたい。

試合日程・結果

J1 LEAGUE

ルヴァンカップ

2017 天皇杯